ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐 を含む記事

けもフレとは異なる道をゆく、もう一つの擬人化動物園!『けもっ娘ど~ぶつえん!』2巻

オスばかりに不幸が続いて、メスばかりが残ってしまった動物園。
園長さんによる謎の研究によって日が沈むと人間の姿に変身するようになった動物のメスたちは、オスを求めて人間(男)の飼育員に襲い掛かります!

動物ガールと健全に(!)コミュニケートする、かなりえっちぃケモミミ漫画『けもっ娘ど~ぶつえん!』の2巻目が5月19日より発売中です!

とある地方にある「極楽島動物園」は、オスばかりに不幸が続いて動物が激減してしまったため、お客さんも減少し、存亡の危機に陥っていました。

そんな中、園長の怪しい研究が功(?)を奏して、夜になると動物たちは人間の女の子の姿に変身できるようになりました!

当初は女の子になった動物たちが動物園にいる数少ないオス・・・飼育員の種田君を頻繁に襲っていましたが、最近は逆に種田君が女の子をたぶらかしているとして彼を敵視するけもっ娘も出始めて、なんだかんだで種田君は苦労することになるのですが・・・・。

※ ※ ※

本作の帯が『けものフレンズ』を思わせるものになっているんですが、まさかこの作品よりも『けもフレ』の方が有名になって、その宣伝効果を利用するようになるとは1巻の時点(昨年11月)には思いもよらなかった事態です、、、

もともと2015年くらいから、本作も含めた動物擬人化作品が流行り始めていたので(例:『キリングバイツ』『DNAは教えてくれない』)、その中で頭一つとびぬけたのが『けもフレ』ということなんでしょうね。

『キリングバイツ』が動物の戦闘能力、『DNAは教えてくれない』が動物のコミュニケーション方法、『けものフレンズ』が(子供向けになることも意識した)動物全般のウンチクを中心に擬人化しているところで、本作は(大人向けの)動物の恋愛や性に関わるウンチクを中心にかなりえっちぃ漫画に仕上げている点が特徴です。

登場する主なケモミミ娘は次のとおり。
●母性あふれる砂漠の女神、ラクダのファティマ。
●家族が欲しくて脱走する!フェネックのフェネ。
●メスだけどメスのハーレムを作る!ブチハイエナの女王様・ブチ。
●初めての発情期に戸惑うアナウサギのイナバ。
●超恥ずかしがり屋のトナカイのコメット。
●種田君に恋するハシブトカラスのクロ。
●動物園のために搾乳を頑張りたいホルスタインの育美。

個人的にはフェネが狐というより犬っぽくてカワユイのと、『お父さんココに穴掘ろう!穴!』という、けもフレのフェネックにはなかった穴堀りネタが出てくるのが良かったかな~

ちなみに全員、けもフレでも登場する動物なので、吉崎観音デザインと比較してみると面白いかも。

※ ※ ※

下のコマは種田君に対してかなり反発しているアナウサギのイナバが抵抗するシーンですが、彼女のウサ耳の描き方には特徴があります。両耳の根元の間隔がかなり狭い。
photo_1033







『けもっ娘ど~ぶつえん!』2巻P73(めぷちん☆/秋田書店)











このタイプのウサ耳の描き方は2010年ごろから時々見かけるようになったもので、他の漫画では『らびっとアリス』の兎アリスがこのタイプのウサ耳を持っています。



確かにこのタイプのウサ耳はウサギっ娘がより本物のウサギっぽいフォルムになるので、工夫されている感じがします。
誰が最初に描き始めたのかが気になるデザインです。



萌え ブログランキングへ

ゴスロリ美少女狐(657歳)が登場しますよ。『下僕ハーレムにチェックメイトです!』

魔王に対抗する英雄として、異世界に召喚された少年。
魔王を倒す報酬として「全世界の女の子を下僕にしてハーレムをつくる」ことを女神様に希望し、その要求自体は受け入れられたのですが、大変困ったことに魔王が戦いの途中で逃亡していなくなってしまいました!

ハーレムを作れなくなった少年がとった行動は・・・!

チェックメイトされているのは実は主人公だったりする、いろいろとえっちぃ異世界転生ノベル『下僕ハーレムにチェックメイトです!』が5月2日より発売中です!

いつもエロいことばかり考えていた17歳の高校生リクは、憧れていたクラスの女の子が先輩と付き合い始めてかなり関係が進んでいるという話を聞いて、ショックのあまり引きこもりになってしまいました。

MMORPG《セブンス・オラクル》を飲まず食わずでレベルカンストするまでやりこみ廃人と化したリクは、そのままゲーム中に意識を失い、気づいてみると神々しい雰囲気を纏った幼女の前に立っていました。

幼女は女神見習い・ナンナと名乗り、ゲームのしすぎで死んでしまったリクに対して、異世界アースガルムに転生するチャンスを与えると言います。
アースガルムを脅かしている魔王を命がけで倒してくれたら、何でも願いを叶えてくれると。

その話を聞いて、リクは女神見習いナンナに「異世界の美少女を全て自分の下僕にしたい」と申し出たところ、なんとあっさり要求が通ってしまいます!

それから、エロい願望を原動力にガリガリと魔王軍と戦ってきたリク。
ついに魔王を追い詰めるところまできたのですが、分が悪いとみた魔王は態勢を立て直すと言って何処かへと転移し、異世界アースガルムから影も形も無くなってしまいます。

一応、平和になった世界。
しかし、「魔王を倒す」こと自体ができなくなってしまったリクは歯噛みします。
これでは「美少女下僕ハーレムをつくる」という夢を叶えようがありません!

こうなったら・・・ということなのかは分かりませんが、リクは魔王を探すという口実で各地を巡り、顔なじみの女の子たちに直接アプローチをかけ始めるのですが、、、

※ ※ ※

とてつもなく不純な動機で異世界転生して、正義もへったくれもなくエロい欲望だけを胸に戦うという、エロコメライトノベルです。

似た設定の作品として『異世界妖怪サモナー』がありますが、あちらの主人公・琥珀にはまだ「みんなからちやほやされたい!」という名誉欲のようなものがあるのに対して、本作のリクは「仲間の美少女エルフのおっぱいに触りたい」レベルのえっちぃ欲望のみで動いているところが、なんとも変態的で笑いをさそう内容になっています。


エルフ、サキュバス、人魚と、主に人外系の女の子と関係を結んでいくリクは、獣耳少女にも魔の手(?)を伸ばします。

登場するのはロアという名のゴスロリ銀狐少女。
実年齢657歳だけど恋愛は未経験というかなりアンバランスなキャラクターになっていて、作中でもそれをネタにした話が繰り広げられます。



萌え ブログランキングへ

5月発売予定のケモミミなフィギュア&ドール その1

ロングセラー執事ラブコメディ『ハヤテのごとく!』より、今年1月に発売されたヒロインの三千院ナギと桂ヒナギクの猫コスチュームフィギュア。
そのリペイントバージョンが5月15日に発売予定です! ホワイトとピンクのコントラストがまぶしいキュートな白猫ナギと、より大人っぽくセクシーな佇まいになった黒猫ヒナギクがお披露目。



FateシリーズのPSP専用RPG『Fate/EXTRA』より、あなたの良妻狐・キャスターのねんどろいどフィギュアが5月31日発売予定です!
可動フィギュアなのでいろんなポーズをとらせることができるようですよ。


同じくねんどろいどのシリーズから。『ストライクウィッチーズ2』バージョンの坂本少佐のねんどろいどフィギュアが5月31日発売予定です!

ねんどろいど ストライクウィッチーズ2 坂本美緒 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
ねんどろいど ストライクウィッチーズ2 坂本美緒 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア [おもちゃ&ホビー]

前に出ていたペリーヌも『(スト魔女)ねんどろいど10体目』と説明書きがされているのですが、順番に数えると坂本少佐で「10人目」で間違いなさそう。(芳香とリーネは衣装違いバージョンがあるので、それをカウントしないとした場合。衣装違いもカウントすると合計で13体になるので、また計算が合わなくなる)




AZONE社のコンセプトドール《サアラズ ア・ラ・モード》より、それぞれのキャラクターをイメージした猫コスチューム着せる企画 『meow×meow a・la・mode (ミャウミャウ ア・ラ・モード)』の第三弾!
「ロシアンブルー」アリサのドールが5月21日より発売予定です!
シャイな甘えん坊の仔猫、をイメージしたコーディネートということです。


 萌え ブログランキングへ

狐娘の勇者と、村人の少年の物語。『逆成長チートで世界最強』1巻

世界中に魔物がはびこり、誰もが戦わなければならなくなった時代。
女神の加護によって戦闘力が決まってしまう世界で、勇者の力を得た幼馴染の狐娘と、村人にしかなれなかった少年の、過酷な戦いの記録が綴られます!

狐娘もいるWebファンタジー小説『逆成長チートで世界最強』の書籍版1巻が4月28日より発売中です!

魔王に率いられた魔物が人間の国を蹂躙するようになってから長い年月が経った頃。
少年フォンシエと狐獣人フィーリティアは、魔物の侵略を受け崩壊する都市アルマトから一緒に逃げ出して以来、ずっと共に助け合って生きてきました。

そんな二人も15歳になり、ついに女神マリスカから「加護」を与えられる時がきました。

女神の「加護」によって、人それぞれの魔物と戦うための力を授けてもらえるのが、この大陸の習わしなのでした。剣士の「加護」を得れば膂力が上がり、魔術師の「加護」を得れば魔力が増えるという感じです。

愛する人々を護るために戦いたいと思っていたフォンシエが得た「加護」は・・・・・・戦闘力の無い「村人」としてのクラスと「レベル上昇1/100」という意味不明な力(スキル)。

その一方で、フィーリティアは女神に真に選ばれし者である「勇者」の加護を得ていました。

勇者としての義務を果たすために本格的に戦いの道を行くことになったフィーリティアと、戦う道を閉ざされて道を見失ったフォンシエ。長い間一緒だった二人は別々の道を歩み始めます。

戦う能力が無くなったと思い込み失意に暮れるフォンシエ。しかし、実は意味不明だったスキルが、驚くべき潜在能力を秘めていたのです・・・!

※ ※ ※

女神マリスカによって大陸全土の人間の職業が15歳で固定されてしまうというやや理不尽な設定や、イラストを手掛けているのが『幼女戦記』の篠月しのぶ氏であることから、女神と対立するような話になるのかなと思ったんですが、公開されているWeb版を読んだかぎりでは、王道的な魔王との戦いがメインっぽいですね。

不利な出発点からひっくり返していく、というタイプの話ですので、『盾の勇者の成り上がり』といった作品が好きな人にオススメです。

Web版の第一章にあたる部分が収録されていますが、かなり展開が違ってますので、Web版を読んだ人も一読する価値があるかと思います。

※ ※ ※

『転生魔術師の英雄譚』『魔物と始める村づくり!』といった作品で狐娘ヒロインにこだわってきた佐竹アキノリ氏の作品だけあって、今回もヒロインは狐娘です。
転生魔術師の英雄譚 2 (ヒーロー文庫)
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2017-02-27




ただ、他の作品が狐娘ヒロインとイチャラブする場面が多いのに対して、本作『逆成長チート~』は全体的にシリアス。フィーリティアとも一旦離れ離れになったりと、他作品と少し雰囲気が異なっている点に注目です。



萌え ブログランキングへ

見田竜介氏の80年代狐耳娘。~『月刊PCエンジン』1989年11月号「PC小町倶楽部」

見田竜介氏は過去から現在にいたるまで同系統の絵柄のクリエイターが存在しない、といえるほど独特の美少女絵を描かれる方。
また、今ようやくメイドラゴンやFGOで一大ジャンルを築きつつある「竜娘」ジャンルの先駆となる、『ドラゴンハーフ』を描いた方でもあります。

(現在は「はながたみ あや」名義で漫画を描かれています)

ゲーム関係の仕事も多い見田氏ですが、小学館のゲーム雑誌『月刊PCエンジン』のイラストコーナーにて、講評・挿絵も担当されていました。
【中古】ゲーム雑誌 付録無)月刊PCエンジン 1990年2月号
【中古】ゲーム雑誌 付録無)月刊PCエンジン 1990年2月号

photo_1026






photo_1027















『月刊PCエンジン』1989年11月号P72(見田竜介/小学館)


もともとこの雑誌の創刊号(89年1月号)から『ミスPC小町』という女性写真紹介ミニコーナーがあり、それが女の子キャラのイラストを投稿する『イラスト版PC小町』という1/2ページのコーナーに変化したのですが、イラスト投稿がかなり多かったらしく、89年11月号からまるまる1ページを占める『PC小町倶楽部』という形に大発展しました。

その時から見田氏のイラストと講評が掲載されるようになり、コーナーの看板娘として「コンコン」というキャラクターが登場するようになりました。

注目は、この子が(たぶん)狐っ娘であること!
狐耳漫画が片手で数えるほどしか無かった80年代末に、RPGっぽい恰好をした狐耳娘、というのは時代の先取り感が凄まじいです。

※ ※ ※

90年代に入ってから、急に小中学生向けの雑誌・メディアで獣耳キャラが増える、という現象がみられるのですが、本コーナーにおけるコンコンもその流れに一役買っていた可能性があります。
(『月刊PCエンジン』は『コロコロコミック』の増刊から発展した雑誌なので、小中学生の読者は多かったはず)

この頃の獣耳キャラに洗礼を受けて、獣耳キャラを描くようになった人も多いと思うので(ゼロ年代の作品は特に)、80年代末~90年代初頭の流れは獣耳史的にとても重要ですね!



萌え ブログランキングへ
記事検索