ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐 を含む記事

タヌキもイヌ科だから犬っぽい。『もふもふの神様さがし』2巻

郊外の書店にあらわれた変な子供は、なんと化け狸&化け狐!?

ひょんなことから化け狸&化け狐の子供の世話をすることになった、二人の若者の姿を描く『もふもふの神様さがし』。
単行本2巻目が3月10日より発売中です!

東京郊外の書店で働くちさとと、ちさとの学生時代の後輩・トモ。
二人はひょんなことから、住処を失ったやんちゃな化け狸・茶子助と、やたら偉そうな化け狐・銀ノ真を引き取って世話をすることになりました。

壊れてしまった山の祠を修理すれば、神様が戻ってきて茶子助と銀ノ真も元通りの生活に戻れるようなのですが、祠を修理するには単純見積もりで300万円ものお金が必要とのこと。
流行らない書店の店員でしかないちさとには、なかなか簡単に出せる金額ではありません。

そんな折、茶子助が仲良くなった女の子・ゆうちゃんの父親が大工であることが分かり、祠の修理に協力してもらえないか相談する過程で、一波乱が起きてしまいますが・・・!

※ ※ ※

獣耳作品ですが、2巻はほぼ獣化した茶子助と銀ノ真の登場シーンが多く、ケモノ作品としての要素も結構強めです。
獣耳としてもケモノとしても見ることのできるキャラクターの描き方は、『いぬミケ』の時からのたまき氏の作風ですね。タイトル通り、もふもふ感たっぷりの作品です。

いぬミケ (ふゅーじょんぷろだくと)
たまき
ふゅーじょんぷろだくと
2018-01-19


※ ※ ※

近年、狸耳キャラクターがだいぶ増えてきましたが、そのスタンダードとなる描き方はまだまだ模索されている感じがします。
少し気になった所が「狸っ子には牙(八重歯)を描くべきかどうか」。
本作では茶子助にしっかりと牙が描かれます。
photo_1168
















『もふもふの神様さがし』2巻P70(たまき/角川書店)


近年の狸耳作品の代表作『うどんの国の金色毛鞠』でも、狸っ子ポコは牙が目立って描かれていました。

逆の例。
わりと知名度の高い狸耳キャラクターである『けものフレンズ』のタヌキは、牙が描かれません。

東方projectのマミゾウも(二次創作含めて)あまり牙が描かれないキャラクターだったりします。

『けものフレンズ』のタヌキはおそらく、一見似たような姿で性格が真逆であるアライグマ(牙が描かれる)との対比で牙が描かれていないのだと思われ、狸っ子を他の獣耳キャラクターと区別する上で、牙をわざと描かないようにする一派があるようです。

最近、兎耳キャラクターは前歯が目立つような描き方で他の獣耳と区別されることが多くなっているので(代表例がキリングバイツの稲葉初)、今後、狸耳キャラクターにおいて「牙有り/無し」のどちらがスタンダードになっていくのか要注目ですね。
キリングバイツ(4) (ヒーローズコミックス)
村田 真哉
小学館クリエイティブ
2015-09-05


本作『もふもふの神様さがし』では茶子助が犬のように匂いをたどったり、かなり犬っぽい仕草を見せるので、牙が描かれるのはイヌ科としての要素を強めに盛り込んだ上での描き方なのかもしれません。



萌え ブログランキングへ

妻 兼 母親ののじゃロリ狐。『世話やきキツネの仙狐さん』1巻

疲れた男のもとにやってくる、モフモフとツヤツヤの暴力!

新感覚・癒し系狐耳漫画『世話やきキツネの仙狐さん』の初単行本が4月10日より発売中です!

ブラック企業に勤める独身男・中野がいつものように残業して深夜に帰宅してみると、部屋には狐の耳と尻尾の生えた幼女がいました。

ついに過労で幻覚を見るようになったのかと、中野は幻覚(?)の狐耳幼女を部屋から追い出すのですが、幼女はすぐに部屋に舞い戻ってきます。

彼女の名は仙狐。齢800歳の狐の神使であり、中野の家系に恩があって、世話をしにきたのだと言います。
最初は不審に思っていた中野ですが、彼女の幼女とは思えない包容力(主に尻尾や耳のモフモフ)に、次第に虜になっていきます・・・!

※ ※ ※

見た目は幼女の狐娘にたっぷりと甘やかしてもらう作品。

日本の物語では女狐は母親役になることが多いですが、本作の仙狐の場合、母親を通り越してそこはかとなく「おばあちゃん」感が漂っています。
添い寝シーンもあるんですが、エッチな感じは無くて、とことん癒しを感じます。

※ ※ ※

気になった表現がこちら。
初めて自分一人で掃除機をかけようとして、音に超びっくりして威嚇する仙狐さん。
photo_1164




















『世話やきキツネの仙狐さん』1巻P138(リムコロ/角川書店)


近年の狐耳作品で少しずつ見られるようになってきた傾向として、「狐はコーン!とは鳴かない」という点が挙げられます。
例えば狐娘子育て漫画『きつねとパンケーキ』でも、紺乃はコーンとは鳴いていませんでした(名前は「コン」なのに)。


以前も考察しましたが、昔と違って今は狐動画が多数アップロードされているので、狐がどんな風に鳴くかすぐに参照できるようになったこと。
また、狐にこだわりのある作者・読者は「宮城蔵王キツネ村」などの専門施設に本物のキツネをちゃんと見に行くようになったので、漫画・小説のキツネの鳴き声がリアル志向になりつつあると考えられます。

まあ、仙狐さんの「うやーっ」はリアル狐というより、仙狐さん独特の鳴き方(?)ですが。
威嚇する時以外にも、しっぽをモフられて声が出る時とか、言葉にならない声が出る時に「うやぁ」的な声を出しています。

※ ※ ※

これまでにも何度か出している「獣耳ジャンルで新しく出現した(目立つようになった)描写・設定リスト」に狐の鳴き声の件を付け加えておきます。

(1)猫耳キャラが蛇を怖がる。
(2)猫耳キャラをブラッシングする。
(3)狼耳キャラが「文明を知らない野生児(狼に育てられた狼少女的な存在)」になっている。
(4)神道(神社)→狐耳に対して、仏教(寺)→狸耳の関係性。
(5)狐耳キャラは「コーン!」とは鳴かない。



萌え ブログランキングへ

4月発売予定のケモミミなグッズ類

アニメ1期が好評だった『このはな綺譚』より、仲居狐でいちばんちっこい櫻のマウスパッドが4月4日に発売予定!

柚と皐のマウスパッドは先月末より発売中です。




MMORPG風ラノベ流行の発端になった『SAO』の劇場版『オーディナル・スケール』より、猫耳シノンのアクリルつままれキーホルダーが4月30日に発売予定!


激しい戦争(デート)を繰り広げるラノベ『デート・ア・ライブ』より、ヒロインたちのネコネコしいラバープレイマットが4月27日発売予定!

これも時崎狂三フィギュアと同じく、原画家つなこ氏の画集『-Conserves-』のイラストがもとになっているようですね。
つなこ画集 -Conserves-
つなこ
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-25





人気のスマホゲーム『グランブルーファンタジー』より、ギャルっぽいエルーン・クロエの水着ver.タペストリーが4月30日発売予定!


先月に引き続き、オトメイト×KADOKAWA×マーベラスによる人狼戦国恋愛ファンタジー『戦刻ナイトブラッド』のグッズが今月も発売されます!
真田軍のキャラクターが勢ぞろいしたスクウェアポーチが4月30日発売予定!


こちらも先月・先々月に引き続き、『幽☆遊☆白書』TVアニメ化25周年記念グッズ!
狐耳ジャンルの一盛期を築きあげた伝説のキャラクター・妖狐蔵馬の、600×1200mmサイズの
ビジュアルバスタオルが4月30日発売予定です!


4月発売予定のケモミミなフィギュア&ぬいぐるみ

新年度もケモミミを愛でていきますよ!

新しい世代を取り込んで人気を拡大しつつあるFateシリーズの『Fate/EXTELLA』より、貴方の素敵なキャス狐のサマー・ヴァカンスver. が4月30日発売予定!


新作ゲームの発表もあった『けものフレンズ』プロジェクトより、待望のかばんちゃんのねんどろいどが4月30日発売予定!

また、『ぴたぬい』シリーズのぬいぐるみも4月30日発売予定です!
ラインナップはサーバル&かばんちゃんとフェネック&アライさんとなります。


先月紹介した『冴えない彼女の育てかた♭』の加藤恵バニー1/4スケールフィギュア、および『けものフレンズ』サーバルフィギュアは4月30日発売に延期になっています。





萌え ブログランキングへ

狐耳種族が戦争する相手は、当然・・・『放課後アサルト×ガールズ』5巻

狐型宇宙人(?)同士の戦争に巻き込まれてしまった福岡県立織峰高等学校の女子生徒たち。
現代戦の戦場を模したFPSゲームのような異世界で、謎のゾンビ兵士との戦闘を繰り広げながら、元の世界へ帰るための手段を探し続けます。

ようやく狐たちの軍の本隊との合流を果たし、元の世界に戻してもらえるかと思ったのですが・・・。
女子生徒たちのあずかり知らぬところで、不穏な思惑が動き出していたのでした!

銃と狐と魔法少女!に彩られた新感覚ミリタリー・SFファンタジー『放課後アサルト×ガールズ』の5巻目が3月9日より発売中です!

教室に突然現れた狐耳少女によって、地球の平行世界「中空地球」にクラス丸ごと転送させられた織峰高校の女子生徒たち。

そこはさらに別の平行世界である「第5太陽地球」の二大勢力「イズナ」と「フタナ」が争う戦場でした。

「イズナ」の士官(陸軍少尉)だという狐耳少女・諏訪原サキの指揮の下、女子生徒たちは臨時徴募兵となって敵勢力「フタナ」の人形兵士(ゾンビ兵士)の哨戒圏を突っ切り、ついにイズナ軍の上陸部隊本隊との合流を果たしました。

これで非戦闘員である女子生徒たちはイズナ本国に移動。本国の転送装置で元の日本に戻る、という流れになるはずでしたが・・・。

女子生徒のキヨミはふとしたことから、ともに戦ってきたイズナ士官・笠森シマ中佐が他の士官と不穏な話をしているのを聞いてしまいます。

口止めされたキヨミが密かに苦悩する中、一部の女子生徒が謎の人物に拉致される事件が発生しますが・・・!

※ ※ ※

今回は無表情(感情表現が下手)で誤解されやすいキヨミが中心の巻。
アヤコと淡いガールズラブっぽい雰囲気になるのですが、アヤコの方は全くその気がないので、そのあたりのすれ違いがなかなか良い感じ。

本作、前回も「『バトルロワイヤル』的なゼロサムゲーム・ホラーの雰囲気が漂っている」って評したんですが、そう感じるのは他の女子高生ミリタリーものと違って、クラスメート全員が仲が良いわけじゃない(一部はかなり仲が悪い)という前提で描かれているからなんだなあと考えたり。

そのあたりが現実の学校の人間関係っぽくて、ホラー感があるんですよね。

※ ※ ※

少人数での空港襲撃、輸送機への攻撃など、ミリタリー面のでの緊迫する描写も見逃せません。
あと、この巻では敵軍・フタナに関する大きな謎の一つが明らかになります。
狐耳種族が戦う相手はやっぱりアレなわけですね、、、

※ ※ ※

今回気になったコマ。
初登場のイズナ軍・兵器管理中隊:栄フジミ二等兵がアヤコとキヨミに話しかけるシーン。
フジミはアヤコとキヨミのことを見て「丸頭」と口にします。
photo_1152
























『放課後アサルト×ガールズ』5巻P44(高田慎一郎/フレックスコミックス株式会社)


これは近年ラノベ界隈で話題になっている「亜人種が自分たちのことを「亜人」と呼ぶのはおかしい(亜人種からみたら、自分たちの方が「普通の人間」で、自分たち以外の人種の方が「亜人」のはずだから)」という点に、きちんと対応している一例ですね。

ケモミミ人間から見たら、ケモミミが無い人間に対して特別な呼び方が必要になるわけで。

ライトノベル『セントレイン戦記』では、尻尾のある獣人系種族が普通の人間を「尻尾の無い者」みたいな呼び方をしていましたが、本作『放課後アサルト×ガールズ』のイズナ人は狐耳があって尻尾のない種族なので、「丸頭」という頭に注目した呼び方になるのですね。





萌え ブログランキングへ
記事検索