ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐 を含む記事

猫耳娘を甘やかしたいよね!『クロミケ妖奇譚』2巻

宮沢ジョウジ31歳。
人生に絶望して自殺するつもりだったはずが、数奇な運命から猫又の少女が駅長を務める、妖怪のための鉄道路線「黒三毛鉄道」の運転士となりました。

今日もまた、その列車に新たな妖怪と人間が乗り込んでくることになりますが・・・。

鉄道&妖怪奇譚『クロミケ妖奇譚』の2巻目が2月9日より発売中です!

人間界と妖怪の村「猫又村」を繋ぐ路線の運転士として、だいぶ仕事にも慣れてきたジョウジ。
富山弁で喋るワガママな駅長・・・ゴスロリ猫又娘のクロミケに振り回されながらも、長年の夢だった運転士としての仕事に意欲的に取り組んでいます。

そんなある夜、首輪でつないだ狐娘を連れた青年と、おどおどした狸娘を連れた軽い雰囲気の男が、黒三毛鉄道に乗車しようとします。

ジョウジは青年が狐娘を乱暴に扱う様子を見かねて、青年に厳しい言葉で注意したところ、青年からの思わぬ反撃を受けることになりますが・・・!

 ※ ※ ※

猫耳娘のクロミケに加えて、狐耳娘の狐羅々(きらら)と、狸耳娘の狸里子(りりこ)が登場します。
最近の妖怪モノはやっぱり、狸耳キャラの登場率が高いね!
もう数年もしたら『狸耳史』で一冊同人評論が書けるくらい作品例が揃いそうな感じ。

『うどんの国の金色毛鞠』の記事で、狸耳キャラと関連づけられやすいものに「四国」と「寺」があると考察しましたが、狸里子は四国出身のようだけど、所属は寺ではなく神社のようです。
このあたりは狐耳キャラの考え方と混じっているのかな?

 ※ ※ ※

本作、ジョウジがクロミケの世話をする描写が個人的に凄くツボで良い!のです。
photo_1134






















『クロミケ妖奇譚』2巻P95(ロクザキ/小学館)


上のコマはジョウジにご飯を食べさせてもらうクロミケですが、今までの猫耳作品でありそうでなかった場面なのですよね。

女の子に命令されたりいじめられるのが良いというのとはちょっと違って、あくまでワガママな「猫」と「飼い主」的な関係になっているのが良いのですよ。ワガママな所にも甘えてる感があるというか・・・。

猫耳娘の猫っぽさを出すのに、猫耳娘に猫っぽい仕草をさせる、という手法は一般的ですが、こういう「飼い主」役との関係性によってクロミケの猫っぽさを出しているという点で、本作は秀逸だと思うのです。



萌え ブログランキングへ

「僕を飼育して下さい」(byキラキラした狼少年)『みみつきのクロ』1巻

雨の日に拾ってきたわんこが、お風呂に入れてみると突然男の子になってさあ大変?!
困っている人は放っておけない生真面目少女と、彼女に忠実な狼少年のドキドキ共同生活を描く『みみつきのクロ』の初単行本が1月25日より発売中です!

吾田くるみはしっかり者の15歳女子。
人が困っているとどうしようもなく気になってしまうタイプで、常日頃から他人の世話ばかりしており、実際人からもよく頼られている少女です。

ある日、彼女は雨に濡れてびしょぬれになった野良犬(?)を可哀そうに思い、寮の自分の部屋に連れて帰ります。
汚れた犬をお風呂に入れてタオルで拭いてみると・・・なんとその犬は裸の男の子になってしまったのでした!!

犬耳尻尾の生えたその少年は「黒木光」と名乗り、人間社会に紛れて暮らす狼人間(獣人種/ステラ)なのだと自己紹介します。
狼人間は人型への変身を安定させるために愛情で結ばれたパートナーを探す必要があるらしく、光はくるみをパートナーと定めたようなのでした!

まさに犬のようにベタベタ甘えてくる上に、やらたくるみの世話をしようとする光。
他人の世話をしたい自分の性格とかぶってしまっていることで、くるみは光への対処に悩むことになりますが、、、

 ※ ※ ※

作者の「ケモミミ男子描きたい!!」という想いが溢れまくった作品です。
少女漫画のケモミミ男子・・・特に狐・狼系はわりと高慢なタイプ(ある種のツンデレ)が多い傾向にあるのですが、本作の光は物腰丁寧&ベタ甘で、狼少年としてはちょっと独特の印象があります。

狼少年が狼なのに終始犬のように見なされている点や、「少女漫画」という共通点から、『オオカミ少年こひつじ少女』と比較してみると興味深いかと。


 ※ ※ ※

過去のケモミミ作品を再確認していないのであくまでイメージなんですが、「拾ってきた動物がケモミミ人間になる」という展開の時、少年・青年漫画だと猫→猫耳少女が多く少女・女性向け漫画だと犬→犬耳or狼耳少年のパターンが多いイメージがあります。

昨年末のコミケで出した個人誌『総解説・狼耳史犬耳史』でも、イヌ科ケモミミキャラは男性向けより女性向け作品に多く登場していると分析したのですが、そのあたりとも相関があるのかもしれません。

 ※ ※ ※

最近、興味を持ってチェックしている「猫耳娘をブラッシングorグルーミングする描写」( 例1 例2 例3 例4 )

本作にも、似たような描写が出てきました!
狼耳少年が飼主の少女をブラッシングするという形で!

photo_1133

















『みみつきのクロ』1巻P56(かるき春/集英社)


この描写は欄外の作者コメントから、かなり意図的に狙ってやったものみたいですね。
(世話するはずの対象に世話されている、世話好きのくるみの居心地の悪さが表現されている)

最近、「ケモミミ&ブラッシング」という描写が全体的に増えてきていて、面白い状況になりつつあるなあと思ってます。


萌え ブログランキングへ

しっぽだらけの最終話!『ノーゲーム・ノーライフ、です!』4巻

大人気のゲームバトルノベル『ノーゲーム・ノーライフ』に登場する最強ケモミミ幼女・初瀬いづなを主人公にしたスピンオフ漫画『ノーゲーム・ノーライフ、です!』の完結編4巻目が1月23日より発売中です!

いづなはゲームにおける自分の「勝ち方」を模索し続けています。
カギになりそうなのは、空&白と中途半端に対戦した日の夜に現れた、自分とそっくりな存在「ブラックいづな」。
東部連合の首都で行われる「大祭」にブラックも参加するはずだと考えたいづなは、人波でごった返す首都・巫鴈にその身を躍らせますが・・・。

いづなの「勝ち方」探しの結末やいかに!?

 ※ ※ ※

#16話『幼女救出統一戦線』といった完全ギャグ回を交えながらも、いづなの悩みの決着に向けて、徐々にシリアス・・・というか少年漫画的な熱い展開に移行していく最終巻です。

今回のいづなコスプレの見所はウェディングドレス!
あと、着物脱げかけ&すっぽんぽんの場面も多かったり。
さらにクラミーがウサミミコスプレしてます。

 ※ ※ ※

過去に『奇異太郎少年の妖怪絵日記』の記事で「多数の尻尾を持つ狐系キャラを漫画に登場させる時は、うまく処理しないと画面が尻尾だらけになる」と書いたことがあるのですが、本作は終盤でいづなと巫女が対面するにあたって、画面の結構な割合が尻尾になります(巫女の二本尻尾はいうに及ばず、いづなの尻尾も結構大きいので)。
photo_1132


















『ノーゲーム・ノーライフ、です!』4巻P139(ユイザキカズヤ/原作・榎宮祐/KADOKAWA・メディアファクトリー)


本作の場合、尻尾だらけになるのは最終局面なので、もう尻尾だらけになっても構わないというか、むしろ尻尾がサービスだよ!というか、そういう割り切りでやっている感があって良いです!

2月発売予定のケモミミなグッズ類 その4

オトメイト×KADOKAWA×マーベラスによる人狼戦国恋愛ファンタジー『戦刻ナイトブラッド』の、アニメ版準拠の缶バッジが2月28日発売予定です!


先月に引き続き、狐耳ジャンルの一盛期を築き上げた伝説キャラクター『幽☆遊☆白書』・妖狐蔵馬の、TVアニメ化25周年記念アクリルスタンド&ポストカードブックが発売中です!


バンナム発の豪華声優陣によるフルボイス本格リズムゲーム『アイドリッシュセブン』より、アルジャーノンプロダクトの展開する「けもみみ缶バッジ」シリーズのグッズが2月28日に発売予定です!

最近の動物モノはハイエナ人気だね!『群れなせ!シートン学園』3巻

様々な動物が通う、私立シートン学園。
基本的に同じ動物同士でつるんでいる(群れなしている)ことが多いこの学園ですが、その中で異彩をはなっているのが「料理部」!

元・一匹狼(ぼっち)のランカが部長(自称)を務める料理部は、様々な動物種が集う珍しい部活・・・もとい「群れ」なのです!

しかし、その状況をよく思わない生徒会長が、料理部の廃部を企みますが・・・!

動物ドタバタ学園ラブコメ『群れなせ!シートン学園』の第3巻が12月28日より発売中です!

動物嫌いなのに、なぜかシートン学園に通う希少な「人間」種の間様人(まざま じん)。
ジンが密かに想いを寄せている、クラスのもう一人の人間・牝野瞳(ひの ひとみ)。
ジンに異様に懐いてくる、“群れを作りたい”ぼっちエゾオオカミの大狼ランカ。
超超虚弱体質なのになぜか運動大好きなナマケモノの獣生ミユビ。
う●ちを食べることに究極のグルメを見出してしまったコアラの子守ユカリ。
部活に興味ないと言いつつも、実は部員のみんなと遊びたくてたまらない天邪鬼なラグドールの猫米クルミ。

こういった個性豊かな面々がそろっている料理部ですが、生徒会長の肌野ミキ(ハダカデバネズミ娘)は「ジンが料理部を隠れ蓑にして不自然異種族交流をしている=異種族ハーレムを作ろうとしている!」と考えて、料理部を廃部にしようと画策してきます!

廃部の危機に、料理部のメンバーはいかに立ち向かうのか!?

※ ※ ※

1、2巻を経て、料理部メンバーのキャラ立ちが凄まじくなっていて、最初に読んだときは始めから最後まで笑いが止まりませんでした!

ミユビがものすごく素早くなる(※ナマケモノ比)第17話は、もうツボに入ってやばかったです。
あと、生徒会メンバー(ハダカデバネズミ)vsクルミの場面の、クルミの喜びっぷり(尻尾がめっちゃ立ってる)も可愛くて良かった!

本作は多種の動物を擬人化する作品の中でも、『DNAは教えてくれない』と同じく「動物同士のコミュニケーションに関するウンチク」に重点が置いた作品なのだろうと考えていましたが、料理部と対立する生徒会の動物種を、哺乳類で数少ない真社会性(蜂や蟻のように女王を中心とした社会を作る)動物の「ハダカデバネズミ」にしているところが巧いなあと感じました。
異種族で仲良く(?)している料理部とは、全く正反対な社会を作る動物を対立軸に持ってきているわけですね。


※ ※ ※

第14話の男勝りなブチハイエナ娘・イエナのエピソードを見て、今更ながらこの作品が「オス⇒全ケモ」「メス⇒ケモミミ娘」という描かれ方をしていることに気づきました、、、

だから顔(頭)を見ただけでイエナがメスだってわかっちゃうわけだね、、、(まあ彼女は体つきもわりと女の子っぽいのですが)
photo_1121


















『群れなせ!シートン学園』3巻P45(山下文吾/Cygames)

『このはな綺譚』みたいにケモミミ娘と全ケモのキャラクターが入り混じる作品は時々あったりしますが、本作のような方針で描かれている作品は珍しいかも。


ブチハイエナ娘は『けもっ娘ど~ぶつえん!』にも『けものフレンズ』にも登場しています。
最も大きいハイエナ種ということで、どの作品でも「強気」属性が付与されている感じがありますが、それぞれでわりと描かれ方が違っているので比較してみると面白いと思います!

それにしても、一昔前はハイエナってあまり人気の無い動物だったのに、最近はよくネタにされているように感じます。
・・・やっぱりこの『シートン学園』でも描かれているあのネタが、とある属性と似ている点が好まれているんですかね・・・。



萌え ブログランキングへ
記事検索