ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐 を含む記事

狐耳アニメの感想~『このはな綺譚』第2話/『縁結びの妖狐ちゃん』第14話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。
時代は狐耳ですよ!


●『このはな綺譚』第2話 春の旅路

柚がものすごい美少女だ・・・。

いや、柚はもともと美少女狐なんですが、もう少し子供っぽいというか芋っぽいイメージが強かったので、アニメ柚のキラキラした笑顔を見ていると、ちゃんと百合アニメのヒロインになっているなあと。

前回第一話についてケモミミ好きの人たちの評判を見たところ、「ケモミミ尻尾があまり動いてない」というのがマイナス点として挙げられていましたが、今回はわりと尻尾が動いていましたね。
皐にお出かけに誘われた柚が湯船につかったまま尻尾をバシャバシャしたり、柚にお礼を言われた皐が尻尾をパタパタさせたり。

耳尻尾による演技は確かにケモミミアニメの真骨頂だと思うので、今後回を重ねるごとに洗練されていくことを願います。


※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第14話 金面火神

「月紅篇」2話目~

「え、もう終わり?」という感じで、時間が早く感じました。
第1話と比べると圧倒的に面白くなっているんですが、日本の視聴者でここまでついてきている人が少なさそうなのが残念。やっぱり最初の数話でゴタゴタしすぎなのが・・・。

ここは今話題のア〇ールレーンあたりとコラボして、きちんとテコ入れしたらどうかと思いますよ。
ほら、中国だし、狐耳だし、なにかのケモミミ艦として出せば・・・。

冗談はいいとして、塗山ココの性格が少しずつ分かってきました。意思疎通に声でなくテレパシー?を使っているところとか、大人になったヤヤの振る舞いは、元・塗山の長であるココの立ち振る舞いを真似ているだけというのは間違いなさそう。

あと、小さい頃のロロは今とあまり変化がないのかなと思っていたら、ちゃんと喋り方が子供っぽい喋り方になっていました(性格は変わらず)。金元寿子さんの演技は流石だと感じたり。

新しいOPの内容がものすごく不吉な展開を予感させるので、早く先が知りたいですね。
東方月初とココに何があったのかはもちろんのこと、それが白月初とスースの関係にどう繋がっているのか、先の気になる話運びがなかなか巧みです。

※ ※ ※

物語ともケモミミとも関係ないのですが、劇中に出てくる中華料理が本当に向こうの国で出てくる料理っぽくて、やっぱり微妙な文化の差異がアニメにもあらわれるのだなあと思ったり。



萌え ブログランキングへ

狐憑き飛車丸と夜光の過去編ですよ!『東京レイヴンズ』15巻

霊的災害「霊災」テロを警戒する現代東京。
治安維持活動の裏で陰謀をめぐらす陰陽庁と、それに対立する陰陽師(レイヴン)の少年少女たち。

・・・しかし、そもそも現代の世に呪術を復興した「土御門夜光」とは、一体どのような人物だったのか?
舞台は過去・・・太平洋戦争開戦直前まで戻り、若き日の陰陽師・夜光と、彼の式神・狐憑きの飛車丸が軍部に組み込まれていくまでを描きます。
クライマックスに向けて突き進む人気の陰陽バトルノベル・シリーズ『東京レイヴンズ』、最新15巻が9月20日より発売中です!

戦前に軍部に荷担して呪術の禁忌を犯した極悪人として知られる、現代陰陽術の祖・土御門夜行。
忌避される一方で、一部の信者からは教祖のように崇められている人物でもあります。

その人物が実際どのような軌跡をたどって現代陰陽術を生み出したのか、そして軍部に荷担することになったのか、その経緯が青年時代から詳しく描かれる巻です。

『東京レイヴンズ』の世界は今回描かれる太平洋戦争の時点から現実世界と分岐したパラレルワールドのような世界なので、陰陽術がどのように軍に必要とされて組み込まれていったのかがかなり事細かに描写されます。作者あとがきからも、この時代の事をもっと色々書きたかったのだろうなあという想いが感じられます。本シリーズが完結したら、次はぜひ歴史物を書いてほしいですね!

※ ※ ※

本作の狐耳ヒロイン代表の飛車丸は、今回メインで活躍します。
コンは春虎、飛車丸は夜光、というペアである方が、やっぱりしっくりきますね。
今回の飛車丸は狐耳軍服姿という、なかなかコダワリあふれる服装です。
さすが狐耳メイド喫茶を出していた作品だけある・・・・。

飛車丸の生真面目すぎて少しズレてしまう感じは、ちゃんとコンに引き継がれているのだな・・・としみじみ感じてしまう15巻です。


萌え ブログランキングへ

「もう絶対!本能には負けない・・・」(by猫耳JK)『宮尾さんは生えている』1巻

人々にごくごく自然にケモ耳と尻尾が生えている世界。
そんな世界の猫耳女子高生・宮尾さんのごくごく普通(?)の日常を描きます!
『宮尾さんは生えている』の初単行本が9月27日より発売中です!

宮尾なお は真面目な猫系女子高生。

でも猫の本能が強すぎて、ゆらゆらするものにじゃれつくのに夢中になって課題を疎かにしたり、暖かくなってうとうとして寝過ごしてしまったり、様々な問題行為をついやってしまうので、真面目な なお はいつも思い悩むのでした。

そんな悩み多き十代の彼女は、ウサギ系JK宇佐美ミツキにからかわれたり、キャラ作り迷走中のキツネ系生徒会長・稲荷塚妖狐に「猫キャラが確立している」と羨ましがられたり、人見知り狼JKの大賀美るうにストーカーされたりと、様々な生徒・先生から構われるのですが、、、

※ ※ ※

真面目だけど猫の本能に逆らえない、猫系女子高生の主人公が可愛い四コマ漫画です。
この系統の猫娘は珍しくて(だいたい「猫の本能に忠実」か「普段は一切猫らしさを出さない」の二系統に分かれて中間的な性格は少ない)、他の例としては『ねこ球9』の主人公「猫神るい」がいるくらいでしょうか。

猫神るいはどちらかというとツッコミ役でしたが、本作『宮尾さんは生えている』の なお はボケ役になっているところがまた可愛いですね。


※ ※ ※

本作、四コマ漫画としての構図に独特の点があります。
それは、登場するケモ耳娘たちのケモ耳が大抵の場面でコマからはみ出していること。
下の場面でも、宇佐美ミツキ、宮尾なお のケモミミがコマから(かなり大胆に)はみ出しています。
photo_1093










『宮尾さんは生えている』1巻P72(TOもえ/竹書房)


ケモ耳キャラを漫画に描く時の弱点として、頭の上に生えているケモ耳をきちんとコマの中に入れようとすると、キャラに接近した大写しの構図が描きにくくなるという話があるのですが(耳の長いウサ耳キャラはより問題になる)、本作はあえてケモ耳をコマに収めないことで「どアップ」の構図を積極的に使っており、同時にコマからはみ出したケモ耳に注意を向けさせることにも成功しています。

ケモ耳創作の手本にもなる、巧みな手法だと思いますね。


萌え ブログランキングへ

ついに完結!化け狸マミゾウの企みの顛末は・・・『東方鈴奈庵』7巻

貸本屋「鈴奈庵」を舞台に幻想郷の不思議な日常を描く、《東方Project》公式コミック『東方鈴奈庵』もついに完結!
最後の7巻目が9月25日より発売中です!

最後の表紙は八雲紫。
意外な選定ですが、黒幕・・・というかラスボス感がある存在として、最終巻を飾るには相応しいのかもですね。

最終巻の収録作は・・・
〇マミゾウが阿求=覆面作家「アガサクリスQ」に接触する話。
〇妖怪と幻想郷の謎に近づきすぎた小鈴。ついに妖怪・マミゾウが正体を現す!話
〇小鈴が行方不明に!妖怪と霊夢たちが互いに疑心暗鬼に陥る話。
〇ふらりと戻ってきた小鈴。しかし・・・!

いつも通りに、それぞれ前編・後編構成の全八話構成となっています。

※ ※ ※

最終巻では、前々から妖魔本や妖怪に興味を持ちすぎて危うかった小鈴が、とうとう妖の領域に足を踏み入れてしまいます。

妖怪に興味を持つ人間は妖怪になる。
そして、妖怪になった人間は巫女が退治する。
幻想郷の妖怪と人間の力は、常に均衡していなければならない。

幻想郷に関する様々な謎が明らかになる巻で、東方projectのファンの人は必読です。
最終話直前の第五十話・五十一話の小鈴もかなりカッコいい!

※ ※ ※

本シリーズのメインケモミミ勢であるマミゾウさんは、今回もかなり話に絡んできます。
黒幕になろうとしているけれど、ややツメが甘くなってしまうのは、化け狸ゆえのサガなのでしょうか。


最近、『日本人の動物観―変身譚の歴史』という本を読んだのですが、この本で化け狸が化け狐に比べて「間抜け」に描かれる理由について色々考察されています。
日本人の動物観―変身譚の歴史
中村 禎里
ビイングネットプレス
2006-06


もともと17世紀までは化け狸も強大な妖怪として語られていたのに、近世後期・18世紀以降の講談の中で「間抜けな妖怪」イメージが付いてしまった点が一因として挙げられています。

今回、マミゾウが化け狸の勢力拡大のために、阿求に本を書かせて狸の新たな逸話を拡散しようとしますが、このネタは「化け狸の物語」成立の歴史をきちんとなぞっていて、流石だなあと思わされました。



萌え ブログランキングへ

狐耳アニメの感想~『このはな綺譚』第1話/『縁結びの妖狐ちゃん』第13話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。
狐耳&狐耳になりました。
(ガッツリケモミミなアニメでもう一つ『戦刻ナイトブラッド』もありますが、今秋の感想は下記二作品で、、、)


●『このはな綺譚』第1話 さくやこのはな

掲載誌の消滅や、ケモミミ物に対する冷遇など、様々な苦難を乗り越えてついにアニメ化した狐耳百合作品です。
アニメの題名は『このはな綺譚』ですが、物語は『此花亭奇譚』のエピソードから順番にやっていくみたいですね。

大野柚布子さんボイスの柚はわりと思っていた感じそのままなんですが、秦佐和子さんボイスの皐は「厳しい先輩」感が原作よりも強くなっていて、なかなか良い感じです。柚から何か気の利いた事を言われて照れる時のギャップが良い。

あと、櫻は動きのちょこまか感が出せる分、漫画よりもアニメ向きのキャラなんだなあと再認識。

※ ※ ※

アニメにおける描写で特徴的なのは、狐っ娘たちの「牙」がかなり強調して描かれている点。
狐っ娘が口を開くシーンではほぼ必ずといっていいほど描かれています。

『ウルタールの憂鬱』の記事でも考察したのですが、「登場人物が全て同種の獣耳娘」という作品の場合、ともすると獣耳娘としての特徴が薄れてただの人間キャラと同じになってしまう恐れがあるので、「この作品のキャラクターは人間じゃなくて、狐なんですよ」ということを視聴者に常に認識させるための工夫なのだと思われます。


※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第13話 絶対零域

新しい章、「月紅篇」1話目~
ついに塗山ココが本格的に話に絡んできました。この章も過去の話が中心になるのかな?
ストーリーはよりシリアスに、作画のクオリティもぐっと上がって、やっぱり最初からこういう雰囲気でやるべきだったんじゃないかと感じますね。次の話が毎回気になります。

ヤヤの小さい頃が今回も可愛い。大人になったヤヤの振る舞いは、元・塗山の長であるココの立ち振る舞いを真似ているだけで、小さい頃の性格の方が本来の彼女なのかな?
今のところ東方月初と一番いい感じの仲のように見えるのですが・・・ココと東方月初の関係はこれからの話に期待ですね。

ロロは今回の行動を見る限り、本心からスースを心配しているように見えるのですが、まだ結論を出すのは早そうな感じ。エンドロールの一場面で仲良さそうにしているので、本当に仲が良いのかもしれませんが。

※ ※ ※

スースら塗山妖狐三姉妹には尻尾が無いのですが、今回出てきた南国の姫に加担する狐族には尻尾があったりして、同じ妖狐でも一族によって容姿が違うのが相変わらず興味深い描写です。



萌え ブログランキングへ

記事検索