ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ゲーム新作情報

『けものフレンズあらーむ』の感想。これ気に入った人はぜひ「りりとも」もプレイして、、、

旧アプリ版をプレイしていたジャパリパーカー念願の、けもフレ新アプリ第一弾『けものフレンズあらーむ』がついにリリースされました!

2016年末に旧アプリ版が終わった時、「『けものフレンズ』というコンテンツはこのままひっそり消えてしまうのだろうな・・・」と思っていた人間としては、ここまで発展するとは驚愕の一言です。

※ ※ ※

というわけで、私も早速購入してインストールしました!
こちらがスタート画面です。
photo_1068










うん、なんだろう。
なんだかものすごく既視感が・・・。




photo_1069













いつもやっている、猫娘なでなでアプリ『りりとも』と微妙にコンセプトと画面配置が似ているからそう思うのですかね、、、

というか、実質『りりとも』サーバル版と言っていいような!
サーバルも猫だし。
なでなですると反応するし。
なつきレベル(?)が上がると色々喋るようになるみたいだし。









ただ、サーバルは流石にサバンナのけものだからか、『りりとも』のイエネコたちよりもガードが堅い感じがありますね!(なでなでしてもそこまでフニャフニャした感じにならない)

このアプリ、『りりとも』みたいに着せ替え&コスプレさせられるようになったり、他のフレンズも登場させられるようになったら、かなり発展性があるように感じます!

ある意味、旧アプリ版のプレイヤーが求めていたものの一つが「自分のお気に入りのアニマルガールといちゃいちゃするモード」だと思うので、ぜひぜひ旧アプリ版の多種多様なアニマルガールを出すことを検討して欲しいと思いますよ!

チェシャ猫の女の子も出ますよ!『ラビ×ラビ パズルアウトストーリーズ』

DSiウェアで配信されていた迷宮脱出アクションパズルゲーム『ラビット×ラビリンス』。
そのシリーズ4作品が1つになったPS Vita移植版『ラビ×ラビ パズルアウトストーリーズ』が7月20日より発売中です!

この機会に早速購入してプレイしてみましたー
(気になったらダウンロードしてすぐにプレイできるなんて、良い時代になった、、、)

可愛い見た目とは裏腹にかなり高難度のゲームです。
パズル自体、一筋縄でいかないレベルの難しさなのですが、敵やギミックの動くタイミングに合わせて素早く正確なコントローラーさばきが必要とされる場面があり、微妙なタイミングのズレで悔しい思いをすることもしばしば。
でも1ステージが短くて、リトライもワンボタンでできるので、何度でも挑戦してしまう中毒性があります。

感覚としては懐かしの『ロードランナー』っぽいところがありますね。

Vita版は幕間ストーリーデモでの可愛いキャラグラフィックがリファインされている上に、ステージごとにヒントを喋ってくれます。
このヒントがあまりヒントになっていないこともあるのですが、内容にキャラの性格が垣間見れて面白いので、つい見てしまいますね。

※ ※ ※

猫耳女の子が登場するのは、外伝の『Witch's Cat』です。
ワンダーランドの女王に仕えるチェシャ猫でありながら、ある人とお友達になりたくて女王を裏切った元・チェシャ猫のアリシアが主人公のお話です。

『ラビ×ラビ』本編がコミカルな雰囲気なのに対して、『Witch's Cat』は物語・音楽ともに憂いを含んだ夜の雰囲気になっています。

気品のある性格ながら、ところどころ猫っぽさが抜けないアリシアがとても可愛いのですよ。

※ ※ ※

ちなみにこの作品も、アリシアの猫耳と尻尾を「コスプレ」でごまかし通します。
『オオカミ少年 こひつじ少女』の記事でも過去に触れましたが、最近は下手に隠したりせずに、堂々とケモミミ尻尾を見せて「コスプレ」で押し通す作品が増えましたねー



萌え ブログランキングへ

アリスと二面性をテーマにした最新作! アリスなので兎耳の人も出るみたいです。『白と黒のアリス』

IF乙女ゲーブランドのオトメイトから、不思議の国のアリスに吸血鬼要素を組み合わせた新作、『白と黒のアリス』が6月8日より発売中です!(ちなみに工画堂スタジオも関わってるみたいです。コンシューマーゲームで久々に工画堂の名前見たかも)

音楽と主題歌がそれぞれ鞠氏とヒサノ氏、 コミカライズが藤丸豆ノ介氏と、一部スタッフがQuinroseのアリスシリーズと同じなので、ターゲットはQuinroseのゲームのファンにあるのでしょうか?
プレイした人の感想を読んだ感じでは、どちらかというとオトメイト色が強いような印象を受けます、、、

本作のケモミミキャラとしてはウサ耳の「三月うさぎ」ネロ、ネズミ耳の「眠りねずみ」ラッテが登場するようです。


またミニキャライラストでは「黒うさぎ」レイン、「白うさぎ」スノウ、「チェシャ猫」ミネットにも獣耳が生えています。



萌え ブログランキングへ

獣人メインじゃないのに獣人がパッケージ絵なのは珍しい。『ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~』

オンラインRPG『アルケイディア』の世界に閉じ込められた少女と少年の恋と冒険を描く、ADV『ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~ 』が5月19日より発売中です!

『アルケイディア』の世界には人間以外にも天使や悪魔や竜、そして獣人が住んでいるらしく、登場人物の中にもケモミミを持った人物が見かけられます。
パッケージ絵にもなっている彼氏役「ヒロヤ」もケモミミ付きですね。
ピリオドキューブ ~鳥籠のアマデウス~
ただ、『SAO』等のMMO-RPG的世界観の作品と同じく、獣人としてのヒロヤはあくまでゲーム中のアバターであり、現実世界では普通の人間の学生(主人公・カズハの幼馴染)のようです。

※ ※ ※

本作、パッケージ絵が獣人のヒロヤになっていて、珍しいなあと思ったり。
女性向け男性向け問わず、恋愛ADVで、恋人役が人間&ケモミミで混合しているようなメンバーの場合、ケモミミは中心に据えられない傾向があるんですが・・・・・・。

乙女ゲージャンルでは、QuinRoseのアリスシリーズが微妙にその法則を打ち崩したので、そのあたりが影響しているのかな? 今後もケモミミメインなパッケージの作品が増えることを期待しています。




萌え ブログランキングへ

「獣人」にクラスチェンジできるみたいです。『不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ』

 「1000回遊べるRPG」を豪語する、新機軸ローグライクRPG『不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ 』がPS4およびPSvitaで7月30日より同時発売予定です!
不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ 
不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ

 選択することのできる「クラス」として「獣人」が登場するようですよ。槍とブーメランの扱いに長けているらしい。
不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ
不思議のクロニクル 振リ返リマセン勝ツマデハ 


※ ※ ※

 あと、クラス「盗賊」の女も猫っぽい格好をしています
 「泥棒猫」イメージからの猫耳風の盗賊というのは、『ディスガイア2』で原田たけひと氏がデザインした盗賊っ娘が、はしりなんですかね。



萌え ブログランキングへ

記事検索