ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

ゲーム新作情報

今話題の犬耳悪魔っ娘ゲーをプレイしてみたよ!『Helltaker』

悪魔っ娘たちを集めてハーレムを作る!!
SNSで話題の、ポーランド発のミニパズルゲーム『Helltaker』が、5月11日よりSteamで配信中です!

ゲーム的には手数制限付きの『倉庫番』といったところですね。

適当に思いつきで進めると、ほぼ必ず1手、2手不足してしまう、まさに悪魔的なバランスで作られているパズルで感心してしまいます。
(だいたい最初に思いついた流れとは、違う手順を考えないとクリアできない)

1ボタンで瞬時にリスタートできたり、極限までUI周りがストレスレスな環境になっている所も素晴らしい。

ちなみに、最終ステージだけ弾幕ゲーっぽくなるので、アクション苦手な人はちょっと注意です。
(某巫女さんシューティングのステージ2くらいの難易度なので、そこまで難しくはないです)

(最後だけ違うゲームになっちゃうって、DODかな?と思ったり)

少し考えたとしても2時間もあればクリアできるボリュームで、かつ無料でプレイできるので、時間がある人はぜひダウンロードしてやってみましょう!

※ ※ ※

Steamで「このゲームと類似」として『ネコぱら』が関連づけられているのですが、、、
『ネコぱら』がネコ娘ハーレムだから、悪魔っ娘ハーレムで共通点になっているということかな??

とにもかくにも、個性的でラブリーな悪魔っ娘が多数登場する素敵な作品です。

デフォルトの日本語版は無いのですが、有志の方々が日本語化パッチを作成していますし、文章量もそこまでではないので、洋ゲーor英語に慣れている人なら英語のままでもストーリーを楽しめるレベルだと思います。

※ ※ ※

犬耳な悪魔っ娘としてケルベロスが登場します!
ステージ3での登場なので、わりと早く出会えるかと。
人懐っこいところとか、わんこ感があります。
photo_1649












何度か話題にしていますが、ケルベロス娘に関しては元の魔物の伝承にある「三つの首を持つ」をどう表現するかが、創作者の腕の見せ所であります。

一つの体に三つの人格が宿っていたり(例:『今日のケルベロス』)、三つ子にしたり(例:『大上さんとケルベロスゥ!』)というパターンがありますが・・・




本作のケルベロスは、一つの魂を三つの体に分けているという事情になっているみたいです。

だから三人いるのに英語名が"Celberus" 、"the Triple Demon"で単数形になっているのかな?
(Tripleの後が単数形になるのは「三位一体」のニュアンスと習った覚えが、、、)

デスクトップで踊るAI! 猫耳娘Noyがデフォルトでついてきますよ。『DesktopMMD』

あなたのPC上に、可愛いAIの女の子がやってくる!
デスクトップアクセサリーアプリ『DESKTOP MMD』が、5月9日よりSteamで配信中です!

懐かしの『伺か』というか、MMDモデルを使った超強化型の「デスクトップマスコット」のソフトですね。
好きなMMDモデルを準備して、ある程度調整すれば、このソフトのアニメーションに適合させることができるみたいです。


愛らしい猫耳っ娘のモデルNoy(ノイ)がデフォルトで付いてくるので、特にMMDの知識が無くても、この娘の仕草を見ているだけで十分に癒されます。
こちらの動かすマウスカーソルを目で追いかけてじっと見つめたりして、なかなかの猫っぽさです。
photo_1640














PC内の音楽をリストにして、好きなモーションを選んでダンス!ダンス!させることもできるので、音楽に華を添える役を任せるのも良いかもしれません。
Steamのワークショップからもいろいろダウンロードできます。
photo_1642























それにしても、こういう可愛いモデルを見ると、自分でもMMDモデル作って動かしてみたいなあと思ってしまいます(なかなか実行に移せないのですが、、、)


※Noyのモデルを作成されたbute氏のアカウントもぜひ訪問しましょう!

待望の猫耳少女アドベンチャー!この世界観に惹かれるモノがあったら買いです!『ジラフとアンニカ』

インディーズ制作の大型作品として話題になっていた猫耳少女アドベンチャー『ジラフとアンニカ』が、本日2月18日よりSteamで配信開始となっています!




2017年のコミケの時に一目惚れ(?)して体験版を入手して以来、本配信の時をずっと待っていたのですが、ついにプレイできる時がきました・・・!

ジャンル的には猫耳少女リズム&アドベンチャーということですが、プレイ時間90分くらいの時点では、スピカ島を猫耳少女アンニカと一緒に散策する雰囲気ゲーといった印象です。

とにかくゲーム中で見られる景色に感動・・・!
ゲーム内では朝・昼・夕・夜と時間が移り変わっていくのですが、同じ場所でも時間帯で雰囲気がだいぶ変わるのが素敵なのです。

朝には少し霞ががかかり、昼は澄んだ青空に綿毛が飛び、夕暮れには窓や木々の間からまばゆい夕陽が射し、夜は島の灯台が闇を照らし出す――

思わず見入ったり、スクショを撮ってみたくなる場面がいっぱいです。
20200218204005_1
20200218204441_120200218204616_1







































洋ゲー的なリアリティよりも、絵本的・アニメ的な雰囲気にこだわった世界観がたまりません。

なぜか記憶喪失になっているアンニカと、島で起こったらしい連絡船の遭難事故の断片的な情報が、不穏な空気を醸し出しているところも凄く良いです。物語の先行きが気になります。

・・・と、様々な魅力のあるゲームですが、私がこのゲームに惹かれた最大の理由は、主人公が猫耳少女だからという点に尽きます。

ケモミミキャラがいるかいないかで、ゲームに対するやる気が変わる人間なので、アンニカが猫人間であることは最重要なのですよ。

アンニカはちゃんとネコネコした子なので、ケモミミにこだわりのある人も満足できるゲームかと思います。

20200218203818_1













この、顔出しの意味があるのか全くわからない「ねこじゃらし看板」が、凄くいい味出してる。
アンニカとスピカ島を観光しているような気分になれるよね。
こういうゲームに直接関係あるのか分からない謎スポットも多くて、愉しめます。

※ ※ ※

これからプレイする人へのアドバイス!

ゲームスタート時は海辺や水辺に近づかないのが吉です!
アンニカは猫なので(?)、泳ぐのは苦手らしい。

私はプレイ開始10分くらいで、アンニカを10回くらい水没させてしまいました・・・。

『けものフレンズ3』だよ!!!!!

本日からついに配信開始です!






ツイッターで先に色々呟いていますが・・・プレイヤー=主人公、廃墟じゃなくてテーマパークであるジャパリパーク、着せ替え機能、アニマルガールとのコミュニケーション、と本当にネクソン版の正統後継作品という感じです。

ストーリーもすごいワクワクする感じで、唯一の問題はプレイするための私のリアル時間が足りない・・・!という点くらい。
10月中旬まで仕事とか試験とかいろいろあるので、あんまりハマりすぎないように、楽しんでいきます~

※ ※ ※

約10K円課金して揃ったパーティがこんな感じ。
リセマラとかはしないタイプなので、一発勝負で出たキャラで楽しみます。
photo_1474
















アルマ―?オルマー?がわりと好きなので、この娘を初代アシスタントに。
トキちゃんは今回も鉄板でカワイイ。
あとフォルカさんも招待できたので、うまく編成を考えたいなあ。



萌え ブログランキングへ

尊い・・・という評判に120%同意。一度体験するべき!『狼と香辛料VR』(Nintendo Switch版)

VR世界で賢狼ホロと触れ合える!!!
PCで先行発売されていた『狼と香辛料VR』の家庭用ゲーム機版(PS4版・Switch版)が9月5日より発売中です!



いや~、このソフト、先にSteam版が出た時に凄くプレイしたかったんですが、自分のPCのスペックだとちょっと厳しいのと、PC自体買い替えて2年経って無かったので、VRのためだけに新PCを買うのもな~と二の足を踏んでいたのですが・・・。

ニンテンドースイッチ版がかなりお手頃な値段で体験できそうだったので、そちらで購入してみました。
スイッチ本体さえあれば、VRキットのちょびっと版+本編ソフトの組み合わせで、6000円くらいで体験できるので、他のメディアよりはかなり安く上がります。



※ ※ ※

本編ドラマは30分くらい。
アニメというより、「演劇」っぽい印象を物凄く受けます。
ホロが舞台で演じているみたいな臨場感があって、不思議な感覚です。

プレイヤーはロレンス視点で、ホロがいろいろ話しかけてくるのを聞いたり、ホロの仕草を眺めたりすることになります。

しばらく視聴していると・・・ホロ、思ったよりもちっちゃいんだな~・・・というか、なんだこの可愛い生き物・・・っていう感情がふつふつと湧いてきます。

ちょっと大きめの犬科の獣が目の前にいるみたいな、そんな感じ。

顔を覗き込んでくる時とか、隣に座って側に寄ってくる時とかに「おおっ」と思うんですよ。
ちょうど、無関心そうにしていた野良猫が急に側に近寄ってきた時と、同じような感情が湧いてきます。

※ ※ ※

ニンテンドースイッチ版も本編後の「ふれあい」モードがありますが、残念ながらSteam版にあったナデナデ機能はオミットされているようです。

凄く残念だけど、このモードでホロがパンを食べる様子が尊すぎるので、それが見られるだけでOKなのです。
いかにも動物っぽい野性味あふれる食べ方をするから、本当にかわいい・・・かわいい。

・・・とりあえず、そのうちPC買い換えたら、あらためて完全版をプレイしたいです。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS