ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報

『ねこ耳少女の量子論』の新装版です!――『まんがでわかる量子論』

2009年に出版された『萌える最新物理学・ねこ耳少女』シリーズの新装版!
『まんがでわかる量子論【新装増補版】』が8月2日より発売中です!



基本的には下の本の新装増補版となっています。


このシリーズ、萌えキャラ参考書で猫耳キャラが出てくる点もわりと珍しいのですが、タイトルが『ねこ耳少女』なのに猫耳が実際に登場するのは1割以下という、猫耳物として見ても一風変わった作品だったりします。

タイトル詐欺というわけでなくて、猫耳の登場をギリギリまで抑えて、一番いい場面で登場させている感じ。演出がなかなか凝っている漫画です。

漫画に関してはほぼ前の本と同じ内容なのですが、章ごとについている解説の内容が新装版はかなり変わっています。
特に最終話の解説は謎の猫耳ヒロイン「あいり」の正体に関するヒントが提示されているので、前の本を一度読んだことがある人も、読み直してみるのはいかがでしょうか?



萌え ブログランキングへ

黒猫が嫌われる世界。『異端の神言遣い』2巻

異世界フレアルードに飛ばされてしまった4人の学生。

フレアルードは神に祈りの言葉を捧げるだけでどんなものでも現実化できてしまう魔法の世界ですが、過去の大災厄の結果、魔法の使用に厳格な制限【ルール】がつけられています。

しかし、他の世界から来た4人の学生にはルールなど関係ありません。
学生たちはある人物を助けるために規定を超えた魔法を使ったことで、異世界の人々から「異端」として追われることになってしまいますが・・・。

異端として追われる者たちが世界を変えてゆく、本格ファンタジー『異端の神言遣い 俺たちはパワーワードで異世界を革命する』の2巻目が7月29日より発売中です!

全国トップレベルの剣道少女・奈々子、
様々な本を読んでいるため異世界文化への洞察が深い、物静かな文学少女の萌絵、
軽いギャル風のいでたちながら、セミプロ並みの音楽的素養を持つ清花、
そして黒一点の、やや中二病な一面を隠している駿介。

放課後の教室から異世界フレアルードに飛ばされてしまった四人は、異世界をさすらう自由騎士マリカの助けを借りながら、どうにか生活の糧を得るために旅芸人を始めることにしました。

神言の禁忌に触れた異端者として最初の国を追い出された四人が次にたどり着いたのは、獣人の治める国ボルスモル。

もともと人間に差別されていた獣人たちが独立・建国した国だけあり、異端の存在にある程度寛容な国ではありますが、そんな国にもまた虐げられている存在がいたのでした。

ひょんなことから、黒猫獣人の少女・ミアに出会った駿介たち。
過去の災厄時に魔王に加担した存在として忌み嫌われている黒猫種の彼女のために、何かできることはないかと考えた駿介ですが、その試みが思いもよらぬ事件の発端に・・・!

※ ※ ※

黒猫獣人のミアを中心として、虐げられている者の立場と救済をガッツリ描いている第2巻です。
それに加えて、こちらの日本から転移した人間の価値観が色々ぶつかる感じなど、『サモンナイト』の1や4あたりが好きな人にはかなりオススメ。

ミアはその境遇のため、猫は猫でも野良猫的な警戒心の強い性格をしています。
駿介に対しては妹的な立ち位置のキャラクターになってますね。

ちょっと面白いのが、彼女がどんな感じの声をしているかについて、実在するアニメのエンディングテーマを歌わせる(あくまで作中では曲名は出ていなくて類推させるだけ)という形で表現している点。

もしかすると過去に例がある表現なのかもしれませんが、かなり巧い方法だと感心してしまいました。



萌え ブログランキングへ

一匹狼ならぬ、ぼっち狼娘と群れなす!『群れなせ!シートン学園』1巻

様々な動物が通う、私立シートン学園。
この学園の数少ない「人間」である男子高校生は、群れをつくる狼のはずなのに「一人(ぼっち)」なポンコツ狼娘と仲良く(?)なってしまいますが・・・。

学園動物ラブコメ『群れなせ!シートン学園』の第1巻が7月28日より発売中です!

間様人(まざま じん)はシートン学園に通う数少ない「人間」種。
彼はそもそも動物嫌いであり、やたら騒がしいクラスメート(他の動物)たちとは距離を置くようにしていました。
そんな彼が密かに想いを寄せているのが、クラスのもう一人の人間・牝野瞳(ひの ひとみ)。

なんとか瞳との距離を縮めようと考えていたジンですが、たまたま学食で相席になったぼっちの狼娘・大狼ランカに餌?をやったことで、ランカに異様に懐かれてしまいます。

「お前を私の群れにいれてやる!!」となぜか上から目線で、ランカがやたらとジンに絡んでくるようになったために、瞳から距離を置かれてしまい歯噛みするジン。

ランカを追っ払おうとするのですが、ポンコツだけれどいろいろと真っ直ぐな彼女を見ていると、ジンはなぜか放っておけないのでした。

こうして、意中の人との距離が全然縮まらない、ランカとの「群れ」生活が始まるのですが、、、

※ ※ ※

今もって大ヒット中の『けものフレンズ』を代表とする「多種多様な動物の擬人化モノ」の一作になります。
(本作の連載開始時期は『けもフレ』のヒットの約1年前。2015~2016年頃に動物擬人化作品が多数出現していて、頭一つ抜けたのがアニメ版『けものフレンズ』というのが実情です)

他に『けもっ娘ど~ぶつえん!』、『ケモノキングダムZOO』、『キリングバイツ』といった作品がありますが、本作と一番比較対象になる作品は『DNAは教えてくれない』ですね。


舞台が「学園」で「動物同士のコミュニケーションに関するウンチク」に重点が置かれているという点が共通しています。
ただ、『DNAは教えてくれない』は百合でしたが、『群れなせ!シートン学園』はヒロインのランカがめちゃくちゃ犬可愛い男女ラブコメなので作品のテイストはだいぶ違いますね。

ヒロインが狼なのは文字通り「シートン」動物記をネタにしているからかな、、、(シートン博士の著作は狼ネタが多い)

※ ※ ※

ランカは動物種としては『ゴールデンカムイ』にも出てくる大型のタイリクオオカミ亜種「エゾオオカミ」なのですが、それにも関わらず「体が小さい」キャラとして設定されています。


ニホンオオカミの狼キャラは「小柄」という設定になることがありますが、ランカが小柄な理由については、作中でそれを推測させるエピソードが描かれています。体が小さい(弱い)ことがコンプレックスになっている所も、なかなかカワイイです。

※ ※ ※

ランカのキャラデザの特徴として、頭の後ろ側にも模様があるところに注目ですね。
この荒々しい感じの独特の模様が、ランカに狼っぽさ・野性味を付与しています。
photo_1064

『群れなせ!シートン学園』1巻P17(山下文吾/Cygames)





萌え ブログランキングへ

「うっ ウマ娘だーーーー!!?」(byスペシャルウィーク)『STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービー』1巻

Cygamesが展開する競走馬擬娘化プロジェクト『ウマ娘プリティーダービー』の漫画版がついに出ました!

『STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービー』の初単行本が7月28日より発売中です!

舞台は国民的アイドル候補のウマ娘たちが通う教育機関「トレセン学園(日本ウマ娘トレーニングセンター学園)」。

この学園では大人気のエンターテインメントレース「トウィンクル・シリーズ」で活躍することを目指して、耳と尻尾の生えたウマ娘たちが日々学業に、トレーニングに勤しんでいます。

そんな学園に入学するためにド田舎から上京してきたウマ娘・スペシャルウィーク。

とにかく明るく、人当たりが良く、走るのが大好きな彼女は、瞬く間に学園でも知られた存在になっていきます。

でも実は、彼女には一つ、重大な問題があったのです、、、

※ ※ ※

私が競馬についてほとんど知らないので、モデルになった馬との関係を考察することができないのですが、競馬を知っている人からはウマ娘の容姿を見ただけでどの馬か分かるくらいには、きちんと擬人化されているという評判ですね。

『けもフレ』がそうだったように、作品を通じて元のモデルとなった馬を知ることができれば良いなと思います。

ちなみに動物擬人化キャラとして見た場合、ウマの神経質な性格が反映されているのか、本作のウマ娘は全体的に精神面でやや不安定な部分を抱えている感じがあります。

物凄いポジティブっぽいのに、ちょっと危うい面のある主人公のスペシャルウィークがまさにそうですしね

※ ※ ※

(正確にはこのちょっと前のコマでも一瞬姿は出ているのですが)、スペシャルウィークの初登場シーンが「ケモミミ登場シーンの様式美」(「獣耳」→「尻尾」→「顔」または「尻尾」→「獣耳」→「顔」の順でコマ送りされる)を見事に満たすものだったので指摘しておきます。

『STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービー』1巻P11・12(S.濃すぎ/Cygames)
photo_1062





















----
photo_1063





















本作の場合は「尻尾」⇒「獣耳」⇒「顔(上半身)」の順にコマが移り変わっていました。



萌え ブログランキングへ

ついに最終巻!ミュセルやエルビアたちの運命は・・・?『アウトブレイク・カンパニー』18巻

ファンタジーな異世界にある国家「神聖エルダント帝国」に日本のオタク文化を輸出するべく尽力してきた、元・引きこもりのオタク・加納慎一。

実は、異世界だと思っていた世界が遠い未来の地球であったことが判明し、あらゆる危険事態を想定した末、ついに日本政府は異世界からの完全永久撤退を決定します。

慎一はこのまま神聖エルダント帝国に残るか/日本に戻るかの究極の選択を迫られていながら、態度を明確にできず、ふらふらと女の子たちと過ごして完全撤退までの残りの日々を浪費していました。

そんな中、最後の、決定的な大事件が起こることになりますが・・・!

約5年半続いた『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』の最終巻、18巻が8月2日より発売中です!

様々な分析の末に、これまで異世界だと思っていた場所は遠い未来の地球であり、両方の世界がこのままタイムパラドックス的に干渉を続けることは、想定外の大災害を招く可能性が大きいと結論づけた日本政府。

日本政府は異世界からの撤退準備を始めたのですが、その一方で新たにこの異世界へと接点を持つことになったアメリカ合衆国が神聖エルダント帝国への干渉を開始します。

これまでファンタジー世界を文化的侵略していた慎一が、日に日にファンタジーな街中に増えるアメリカ兵に違和感を覚える、という皮肉な状況になってしまいました。

とはいえ、現代では単なる引きこもりオタクでしかない慎一が大国アメリカ相手に何かできるわけもなく、異世界の未来に漠然とした不安を覚えながら、それを紛らわすように女の子たちと残りの日々を過ごそうとします。

そんな中、神聖エルダント帝国を揺るがす決定的な大事件が勃発し、慎一は最後の決断を迫られるのでした・・・!

※ ※ ※

(ここから先はネタバレなので、ページを分けます、、、)





続きを読む
記事検索