ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報

狼娘に迫られる調教師の運命は!?『調教師は魔物に囲まれて生きていきます。』1巻

田舎の牧場で馬や牛を相手に平凡な生活をしていた調教師。

魔獣フェンリルとの出会いにより、彼の運命は一変します!

小説家になろう発の、人外娘たちとの冒険ノベル『調教師は魔物に囲まれて生きていきます。』の初単行本が11月15日より発売中です!



リュウは田舎の牧場で「調教師」の仕事を務める17歳の青年。
調教師に特になりたかったわけでもなく、「教会が人物を見極めて職業を決める」というこの世界の慣例にしたがって調教師になったにすぎません。

リュウの二人の幼馴染はそれぞれ「勇者の卵」と「魔術師」の適正を見出され、広い世界に旅立って活躍しているという話を風のうわさで聞きます。しかし、リュウはもはや自分とは関わりのない世界のことだと諦観して、馬と牛の世話に明け暮れる毎日を送っています。

そんなある日、彼は猟師の罠にかかっていた美しい狼を助けてやります。普段なら家畜の天敵である狼を見逃したりはしないのですが、その狼は殺すには惜しいほどの美しさだったため、リュウはつい助けてしまったのです。

後日、その狼がリュウのところにやってきて、なんと人語で彼に語り掛けてきます。どうやらその狼はただの獣ではなく「魔獣」だったらしく、彼女(その狼は女の子!)との出会いにより、リュウの運命は大きく変わっていくことになります・・・!

※ ※ ※

単行本1巻ではWeb版の『始まり』から『龍皇国』までの話が収録されています。
実のところ、本作がより面白くなるのは単行本の収録分より後の話からですね。
リュウが伝説の魔獣たちを従える調教師として成長していき、ずっと先を走っていた勇者と魔術師の幼馴染に追いついていく、という所が物語の軸になっていて、そのあたりが描かれるのが単行本の収録分より後になっているので。

※ ※ ※

リュウと親密になる魔狼フェンリルのお嬢さんは、例のごとく人型に変身して、狼耳尻尾のついた女の子の姿になります。耳と尻尾が出ているのは、まだ変身術が不十分だということもあるようですが「出しておかないと落ち着かないのよ」という話。

妖怪娘漫画『あやかしこ』でも「ケモミミは飾りとして付いている(機能としては必要ない)」という例がありましたが、本作もそれに近いパターンのようです。

ケモミミと尻尾があるだけで女の子が超絶可愛くなるので、やっぱり耳と尻尾は最重要ですね!



萌え ブログランキングへ

古き良きラノベの魅力がたっぷり。ウサギ推しの人は読むべし!『うさみみ少女はオレの嫁!?』1巻

変な美少女ウサミミ宇宙人にUFOでアブダクションされた少年。
なぜかいきなり花婿候補にされてしまってさあ大変!?

王道のラブコメ展開から、ぶっ飛んだ結末へと飛び立っていく月世界ギャグラノベ『うさみみ少女はオレの嫁!?』の第1巻が11月10日より発売中です!


浦島麟太はごく平凡なオタク高校生。
少し人と違う所といえば、両親が熱狂的なほどに「月」に思い入れを持つ人物であり、麟太もその影響を受けて「月」に特別な想いをもっていること。

彼はある日、空から降ってきたUFOに轢かれて死んでしまいます!

再び目覚めた麟太の目の前にいたのは、同年代くらいの、肌の白い、頭から大きな兎耳を生やした美少女。
月に住む宇宙人「月の民」の姫だと言うウサミミ少女・輝夜は、いきなり麟太に「私と結婚してよ!」と言い出します!

・・・よく事情を聞くと、輝夜は本当に好きで麟太と結婚したいわけではなく、嫌いな相手と政略結婚させられそうなので、それを断るために一時的に偽装結婚の相手役になってほしいだけのようです。

仕方なく輝夜の計画に協力することにした麟太ですが、輝夜の計画があまりにも杜撰だったせいで、さらなる大トラブルに巻き込まれてしまうことになりますが、、、

※ ※ ※

ドタバタラブ&コメディ、暴走系トラブルヒロインに巻き込まれる少年といった内容で、90年代~ゼロ年代くらいの「古き良き」ラノベの雰囲気をものすごく感じさせてくれる作品です。

『ピリオドからはじまる魔導機書』もそうだけど、流行のWeb小説のフォーマットに対抗して、書籍ラノベはあえて昔のラノベの雰囲気で攻めているのかなと考えたりもします。


輝夜はかなり破天荒なヒロインで、色々策をめぐらすものの全部裏目に出てしまう(それでもドヤ顔している)という残念な娘だったりもします。そんな彼女のボケを麟太のノリツッコミが巧く引き立てていて、なんだかんだで良いカップル(?)だなと思ったり。

あと、なぜか輝夜の中では「代表的な日本人=織田信長」という価値観ができあがっているらしく、自分のことを「うつけ者」と自称したり「日本の中心は岐阜」と言ったりするなど、かなりトンチンカンな言動も笑える要素のひとつです。

フルーツパンチ氏の挿絵が、輝夜の「かわいい」「破天荒」「残念」な感じを見事に描き出していて、流石だと思いますね!



萌え ブログランキングへ

本当に泣ける最終巻!『猫神じゃらし!』4巻

海に面した田舎町・藍ヶ浦を舞台に、猫神さま(2代目)の猫娘こまりが猫と人のためにがんばります!
超キュートな山口県的ネコミミ漫画『猫神じゃらし!』の完結編4巻が11月8日より発売中です!

藍ヶ浦に古くから伝わる恐ろしい「ネコガミ様」は、実は猫耳の生えた可愛い女の子でした!
といっても、今のネコガミ様である「こまり」は二代目であり、一代目のような立派な(?)ネコガミ様になれるように修行中。

今回は藍ヶ浦のトレジャーハンター(?)である目陽子、虎知こころとお宝を探して町中を駆け巡ったり、雪子が保護している猫・たぬのしんの飼い主・回里くるみがやってきて、たぬのしんとの再会を果たしたり・・・。
こまりは新たな人・猫と出会いながら、少しずつ成長していきます。

そして、本作における最大の謎・・・一代目ネコガミ様・しっぽの過去の物語と、こまりとしっぽが融合した理由についても語られます!

※ ※ ※

本作、雰囲気からすると『侵略!イカ娘』並みに続くのかなと思っていたのですが、ここで惜しくも終幕です。
でも、マンネリ化する前に良い雰囲気で終わったとみれば、素晴らしくまとまった作品だったと思います。
20歳の作者の次作に期待したいです。

個人的に、第65話・第66話の、たぬのしんが元の飼い主・くるみの所に戻る話が涙腺崩壊してやばかったです。
雪子は本作中ではボケ役ですけど、ボケ役の子があんな普段と違った一面を見せる展開はくるものがある。
あの話の話運び・コマ割り・テンポは、本当に神がかった出来だと思いましたよ。

※ ※ ※

第57話で、例のごとく人間を煽るような言動をして、トレジャーハンターのこころちゃんに殴られるしっぽ。
こまりと身体が繋がっているので、こまりも巻き込まれているような感じになっているのが面白い。
photo_1113


















『猫神じゃらし!』4巻P5(福地カミオ/秋田書店)


こういう尻尾と本体が別人格、という特徴的な獣耳漫画は、本作以外にはもう出てこないだろうなあと思うのですが、せっかくの面白い設定なので他にこの設定を使った作品が出てくることを期待したいです。



萌え ブログランキングへ

狛犬娘は太眉。『ひとはくん、ひとりぼっち?』1巻

なぜか妖怪や幽霊や神様といった人外ばかりに好かれてしまう病弱な小学四年生・ひとは。
ついに彼は狛犬の化身にまで懐かれてしまうことになってしまいますが・・・。
人外姉ショタコメディ『ひとはくん、ひとりぼっち?』の単行本版1巻目が11月4日より発売中です!

九分咲ひとは は、病弱で長期入院中の小学四年生。
彼の病室には、なぜか彼のファンである幽霊や妖怪といった人外(それもお姉さんの姿をした)が押しかけ、ひとは は彼女たちの相手に日々神経をすり減らしています。

その上、普通の人には人外たちの姿は見えないので、「独りごとばかり言う子」として周囲の人からも距離を置かれています。彼は普通の人間の友達が欲しいと切望していました。

そんなある日、病院を抜け出した ひとは はたちの悪い悪霊の追っかけに遭遇し、途中で巫女姿のお姉さんに助けてもらいます。
ひとはと同じく、人外の存在を見ることができるらしい親切なお姉さん・・・「こまこ」さんに共感を覚えた ひとは は彼女と友達になりたいと願うのですが・・・・。

再びこまこさんと出会った ひとは は、彼女の頭に犬耳が生えていることに気づくのでした・・・!

※ ※ ※

もともとは「みんなのコミック」で連載されていたWEBコミックで、電子版はすでに2巻まで発売されているようです。


妖怪&神様と人間が同居するパターンの日常物作品ですが、本作の最大の特徴はヒロインが全員主人公の ひとはくん よりも年上であること!
病院で仲良くなる同年代の女の子「けむり」もどうやら ひとはくん よりちょっと年上のようで、なかなか徹底されています。

※ ※ ※

妖怪のモブキャラにも結構ケモミミなお姉さんが多く出てくる本作ですが、メインとなるのはやっぱり狛犬の化身・こまこさんです。
狛犬だけあって、通常の妖怪とは違って ひとはくん をしっかり守護しようとする頼りがいのあるお姉さんですが、ひとはくん はそれでも彼女が人間じゃないのが不満なようです。

こんなワンコお姉さんと一緒にいられるなら、普通の人間なんて目じゃないと思うのになあ、、、
photo_1110























『ひとはくん、ひとりぼっち?』1巻P27(東皓司/扶桑社)


「狛犬擬人化キャラは太眉になる」傾向があるのかなと、最近考えています。『ねこむすめ道草日記』の独楽&獅子丸も特徴的な太眉だし、『ひとはくん、ひとりぼっち?』においてもお姉さんズのうち こまこさん だけ太眉なんですよね。
ねこむすめ道草日記(2) (RYU COMICS)
いけ
徳間書店(リュウ・コミックス)
2013-12-14


単純に狛犬の外観をそのまま擬人化に取り入れているだけだとは思うのですが、「オスの三毛猫の擬人化」⇒「三毛猫の男の娘」みたいに、うまいこと現在の萌え要素と合致してそれを強化する形になっているのが面白いです。
狛犬
宮忠

元・動物の女子高生、動物に戻る!?『しましまライオン』2巻

サバンナにいた動物たちが、なぜか現代日本の女子高生に転生!?
元・動物っ娘たちが織りなす弱肉強食系ほのぼの日常四コマ『しましまライオン』の1年ぶりの新巻(完結)が10月27日より発売中!

ある日「神様」にスカウトされて、現代日本の女子高生に転生した元・シマウマの縞崎まこ。

人間の生活に戸惑いつつも、これでライオンに追われることが無くなったと安心していた彼女ですが・・・シマウマのまこを追いかけていたライオンも同じく、女子高生「来城いおん」に転生していたのでした!

人間になってからも結局、まこはシマウマ大好きな元・ライオン女子につきまとわれることになります。

とにもかくにも、他にも動物から転生した仲間たち・・・
元・トリのちっこくてちょこまか動き回る雨野千鳥、
元・ワニで、いおんが苦手とするサバサバ系女子の和田新菜、
元・ハイエナで、いおんをライバル視する灰島えりな、
元・キリンで、動物時代からまこの友達だった葉月凛奈、
・・・とともに賑やかなJK生活を送っていた縞崎まこ。

しかし、ここにきて急に神様が「動物に戻らないか」と提案してきて・・・!

※ ※ ※

動物娘・大集合な作品ですが、本作、他の同ジャンル作品と大きな違いがあります。
それは肉食動物-草食動物間の捕食関係が、ぼかされずに作中の話題として出てくる点。

デスマッチが中心である『キリングバイツ』は別として、様々な動物娘が仲良く交流するような作品では、捕食関係はかなりぼかされて描かれる事が大半です。

『けものフレンズ』のネクソンアプリ版は、作中でフレンズが食するものに一切肉料理が出ないように配慮してあったほどですし、アニメ版の「ジャパリまん」の設定も捕食関係が類推されることがないように考えられたものであると思われます。

この『しましまライオン』では、元・動物娘たちがサバンナを取材した動物番組を見て、草食動物を襲った/肉食動物から逃げた、みたいな話をする場面が結構出てきます。

下手をするとほんわかな雰囲気を壊しそうな危険な話題を、巧くほんわか四コマの中に収めているのは流石です。

※ ※ ※

本作における元・動物娘たちの獣耳尻尾は驚いたときや怒った時など感情が高ぶった時に出るようになっていて、一種の漫符に近い使われ方がされていますが、まこについては「ネガティブな感情の時」に獣耳が出てくるのが特徴的です。

例えば下の場面では、試験のことをすっかり忘れていて青ざめるまこに馬耳が生えています。
photo_1109























『しましまライオン』2巻P73(はなこ/芳文社)


漫符的には、「怒った時」や「興奮した時」などのオフェンシブな感情を表現する時に獣耳が使われることが多いのですが、この場面のまこのようにネガティブな形で使われるのは珍しいパターンです。
(※犬耳尻尾は「怒られた時」「怯える時」に使われることがありますが・・・)



萌え ブログランキングへ
記事検索