ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報

チョロいほうの神様には獣耳が付く。『やおよろず』

万物に魂が宿り、八百万の神が住む日本には、もちろん冷蔵庫の神様だっている!

冷蔵庫を司る神様・冷冷白室命と、なぜか神様が見えてしまう大学生・浜田譲の、ごくごく普通の日々を描く日常系神道漫画『やおよろず』(1巻完結)が2月22日より発売中です!

大学生の浜田譲は締め切り直前のレポート作成に苦しんでいる最中、謎の小動物が部屋の冷蔵庫からサイダーを取って飲み始める場面に出くわします!

「なんだこいつはー!?」と戦慄していると、似たような小動物・・・獣の耳が生えた子供のような生き物が、続々と部屋にやってきます。

その生き物が言うには、自分たちは八百万の神であり、譲の部屋が町内の神力の中心として絶妙なスポットなので集会場として使わせてもらう、ということらしい。

集まってくる神様は冷蔵庫の神様・冷冷白室命をはじめ、エアコンの神や掃除機の神など、あまり位の高くない日用品の神様・・・譲いわく「チョロいほう」の神様ばかり。

まるで野良猫の集会のような感覚で集まってくる小さな神様たちに悩まされ、譲のレポート作成は危機的な状況に陥ってしまいますが・・・・・!

 ※ ※ ※

こんな日用品にも神様が!というような八百万の神々を描く作品で、テーマ的にはサバの味噌煮の神様が主役の『ミソニノミコト』と同じですが、『やおよろず』は四コマ漫画ではなく一話完結型の日常漫画になっています。
基本はユーモア漫画ですけど、後半はちょっと切ない雰囲気に。



 ※ ※ ※

本作の特徴は、いわゆる「チョロいほう」の神様にみんな獣耳らしきものが付いている点。
後半に登場する月読命(つくよみのみこと)の姿を見るかぎり、神位の高い神様には獣耳は付かないようです。
こういう獣耳の使い方はあまり見たことが無いので興味深い。

photo_1003












『やおよろず』P17(斎藤かよこ/スクウェア・エニックス)

キャラデザ的には近年では珍しくなった「髪の毛と一体化したような獣耳」が特徴です。
80年代の獣耳はこういう描き方のほうが主流だったんですけどね。

メインヒロインは狼っ子騎士なんですかね。『箱庭王国の創造主サマ』2巻

王国創造箱庭ゲームに中学三年間を費やして、ついにケモミミ種族だけが住む理想の王国を完成させたハジメ少年。
さらにその理想の王国の中に異世界転移するという素晴らしい幸運に恵まれたわけですが、転移したケモミミ王国は、ゲーム上存在するはずのない“敵”に脅かされていたのでした!
王国の「創造主(クラフトマスター)」としてハジメ少年にできることは・・・?

ケモミミ好きにダイレクトアタックする異世界転移モノ『箱庭王国の創造主サマ(クラフトマスター)』の2巻目が2月27日より発売中です!

『クラフトキングダム』という某マインクラフトに似た王国創造箱庭ゲームに中学三年間のすべてを費やして、理想のけもみみ王国「アリアンロッド王国」を完成させた阿形ハジメ少年・15歳。

完成直後にゲームの中へと転移してしまったハジメは、ケモミミ住人しかいない理想の王国を堪能する間もなく、正体不明の“敵”――クローズドの箱庭ゲームにはありえない存在――との戦いに巻き込まれてしまいます。

ハジメのことを「パパ」と慕う天然狼っ子の騎士クゥに、スコティッシュ猫系のツンデレ王女様アリアンロッド、そしてクゥが大好きすぎて変態的になっている兎耳魔法使いマギ・マビノギオンといったケモミミ娘たちの力を借りながら、自ら創造した王国を守るために戦うことを決意したハジメ。

異世界に来たことで建築物造成や地形変化を起こす能力(ゲームでやっていたことと全く同じ能力)を得たハジメは、もともと全く戦争向けでは無いアリアンロッド王国を城塞に造り替え、今後の戦いに備えます。

そんな中、“敵”の最強の刺客ともいえる存在が王国に単騎斬り込んでくるという事態が発生し、ハジメたちは窮地に陥ることになりますが・・・!

※ ※ ※

「もともと戦争の無い世界として造られていた」という点が、なかなか興味深い形で物語に絡んできて、先が気になる展開になってきました。

中世ファンタジーっぽい世界を舞台とする物語では、つい創作者が「騎士」という役職のキャラを作ってしまいがちなのですが(ハジメも良く考えずに「創って」しまった)、そもそも戦いの無い世界における「騎士」の役目とは・・・?という点を掘り下げていっているのが面白いです。

こういう視点から見ると、アリアンロッド姫をはじめ魅力的なケモミミ娘が多く登場する作品ですが、メインヒロインとして想定されているのは「騎士」の狼っ子クゥなのかなとも思います。
1巻の表紙もクゥでしたしね。

※ ※ ※

今回気になったコマ。
クゥは刺客との後半戦で、ほぼ頭からマントをかぶった格好で戦います。
photo_1002








(『箱庭王国の創造主サマ』2巻P122(七桃りお/アスキー・メディアワークス)
















こういう「せっかく魅力的な獣耳が生えているのにわざと隠してしまう」ような服装をするキャラ(『ダンまち』のリリルカ・アーデなど)を、近年ときどき見かけます。

少し前だと『狼と香辛料』のホロもそうですね。
狼と香辛料 (12) (電撃コミックス)
小梅けいと
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-08-27


物語上の仕掛けとは別に、わざと隠すことで読者の想像を膨らませて、フードを脱いだ時に見える獣耳をより魅力的に感じさせる、という効果も発生しているのかもしれません。



萌え ブログランキングへ

【腹黒子ギツネ】じゃなくて、狐っ娘はちゃんと可愛いよ!『俺の部屋ごと異世界へ!ネットとAmozonの力で無双する』1巻

会社を辞めてネット三昧の自堕落な生活をしている主人公。
こういう物語の例のごとくファンタジーな異世界に召喚されるわけですが、主人公はそもそもインターネットのある現代社会の便利さに骨の髄までどっぷり浸かっているので、文明レベル江戸時代以下の不便なファンタジー世界に憧れなんて一切持ってません。
そこで、主人公を召喚した女神様はネット環境も含めた『部屋ごと』主人公を異世界に転移させるわけですが・・・!

可愛いキツネ娘がナビゲートする異世界実況ファンタジー『俺の部屋ごと異世界へ!ネットとAmozonの力で無双する』が2月26日より発売中です!

霧野ユウは激務で身体と精神をやられて退職し、そのまま5年間ニート生活を続けています。
そろそろ貯金も底を尽きつつありますが、あまりやる気が出てきません。

そんなある日、彼は例のごとく異世界の女神様に召喚されます。
女神様が言うには、ユウは無限の魔力を持つ究極の存在なのだが、ユウの住む地球には魔法が無いためその魔力が全く意味のない状態になっているということ。
魔法のある異世界に来てくれれば、その魔力で世界を救う英雄になれるだろうとのこと。

しかし、ユウは異世界が江戸時代以下の文明レベルであると聞いて、行くのを渋ります。冷暖房、ネット、家電、通販の四点セットが無いような不便極まりない場所では生きていけない、と。

すると、女神様は異世界召喚の特典として「ユウの部屋」ごと転移してくれると、ぶっ飛んだ提案をしてくれます。しかも、現代世界とのネット環境や通販受け取り環境まで維持したまま!

このとてつもなく至れり尽くせりな条件で異世界転移を果たしたユウ。
それだけで飽き足らず、ユウは女神様が遣わした眷属の狐娘マユキを看板娘にして、異世界召喚の状況を動画サイトで実況するという、とんでもないことを始めてしまいますが・・・!

果たしてこの現代社会に染まり切ったユウが、異世界を救うことができるのか??

※ ※ ※

現代技術で無双するタイプのネタでありながら、なかなか絶妙な制限がかかっているのが面白い作品です。
まず、持ち込める現代技術は「通販サイトAmozonで買えるもの」に限られている関係で、本物の現代兵器を買うことはできないこと。
なので、武器として入手できる物は意外と異世界と変わりなかったりして(斧とかナイフとか)、日用品やサバイバル・サバゲ―用品を武器として使えないか考える必要があります。

あと、異世界のお金をAmozonで使えるわけではないので、「Amozonでは貯金残高の50万円以内でしか購入できない」ということ。
やたら高価な道具を大量に購入することはできず、物量で無双するわけにもいかないという点です。
(追加資金はとりあえず動画配信で稼ぐという、これまた微妙な収入源を頼ることになる)

さらに、主人公のユウは長年ニート生活をしていたせいで、まともに冒険する体力も無い、というおまけつき。

ユウの旅する異世界についても「料理が美味しくない(農業・畜産が発達していないため素材が悪い)」という、あまりロマンチックでない一面が出てきたりして、全体的に現実的なネタで攻めるユーモア・ファンタジーとなっています。

※ ※ ※

ケモミミ娘としては、女神様の眷属であり、主人公を手伝うために遣わされた狐娘マユキが登場します。
あまりユウのことを好きでは無いようで、最初はユウに尻尾や耳に触られるのをひどく嫌がっていましたが、中盤くらいからはわりとよく撫でられて気持ちよさそうにしています。

動物のキツネの姿になることもできて(むしろこちらが本性)、その時の描写もなかなかカワイイ!のでオススメです。

キャラデザ的には、片目が隠れた髪型になっているのが特徴ですね。
本作のイラストを担当された冬空実氏は『サラリーマン中二病』でもクールな猫耳娘を描かれていたり、獣耳の描き方講座をされていたりと、ケモミミ描きに定評のある方です。


本作のマユキのような、ややツン気味のケモミミ娘の表現が素晴らしいです!



萌え ブログランキングへ

これはこれでありかも・・・。『ねこむすめ道草日記』15巻

のどかな地方都市・群馬県渋垣市を舞台に、化け猫・黒菜と妖怪の仲間たちとの摩訶不思議な日常を描いた『ねこむすめ道草日記』、最新15巻が2月13日より発売中です!

15巻の表紙はコンビニに集う妖怪たち。
過去に別の記事でも書いた
のですが、2010年代っぽい地方・田舎を描くのにコンビニは欠かせない風景です。
黒菜の「ばーちゃん」の店「藤森商店」が昔ながらの雑貨店といった感じなので、この点、時代の対比が作中で上手くできていると思います。

残念ながら、表紙のモデルになっている群馬拠点のコンビニチェーン「セー〇オン」は某大手コンビニに転換されるということで、これもまた一つの時代の区切りを感じさせる表紙になったといえるかもしれません。

※ ※ ※

15巻のラインナップは以下6編。
 「深夜のコンビニを騒がす化け蛙の話」
 「化け学道場と黒菜の過去の話」
 「矯正地蔵君で化け蛙を美女化?する話」
 「女子高生式神使い登場!の話」
 「河童vsJK式神使い!の話」
 「いろいろあって丸く収まる話」

15巻前半は妖怪が化け方を習う「化け学道場」を舞台に展開され、黒菜の過去が少し明らかになります。
後半はJK式神使い・九条小夜子を中心とした、本作では珍しいアクション・バトル中心の話です。アクションシーンは苦手・未熟と、あとがきで作者は述べられているのですが、独特の構図で描かれていてこれはなかなか・・・だと思いますよ!

この15巻の最初から最後までで、きちんと起承転結がついているのも素晴らしいです。
この単行本から読む人にも十分オススメできます。

※ ※ ※

第89話にて、作者の同人誌『妖怪っぽい』に出ていたケモノっぽいもふもふ狐巫女の「朱音」と、ハーピーっぽい伝言雀の「ちーちゃん」がついに登場します!
あらためて『妖怪っぽい』#16を見直してみると、ちーちゃんはちゃんと「(化け方を)化け狸の所で修業した」と語っていて、世界がきちんと繋がっているんだなあと感動したり。

そして、黒菜の「化け方が未熟だった頃」の描写も出てくるのですが・・・!
photo_998






『ねこむすめ道草日記』15巻P43(いけ/徳間書店)














これはこれでかなりイイのでは!

この動物っぽいもふもふ感を出せるのが、ケモノ娘ならではの魅力なんですよね~
ケモミミ娘だと、髪の毛や服装をもふもふにするといった工夫がいるので。

それにしても、ケモミミ娘を出すことにすら相当のエクスキューズが必要だったり(例:天乃咲哉『此花亭奇譚』)、ケモノヒロインは気味が悪いからとキャラデザ変更を余儀なくされていた(例:計奈恵『無敵冒険シャクマ』)頃・・・10年~20年前と比べると、だいぶケモノヒロインキャラに寛容になってきている感があって、良い時代になりましたね~



萌え ブログランキングへ

キツネとタヌキの百人斬り勝負!『もののけ◇しぇありんぐ』3巻

ぼっち女子高生(貧乳)が妖怪(巨乳)たちとルームシェアリング!
ドラゴン娘アニメ『小林さんちのメイドラゴン』も好評なクール教信者氏による妖怪漫画『もののけ◇しぇありんぐ』の3巻目が2月20日より発売中です!

親元を離れて勉強する苦学生のヤタ。
彼女が下宿先として見つけた家賃二万円の激安ルームシェアリング物件は、実は人間社会に紛れて暮らす妖怪たちの住処でした!

2巻でシェアハウスが爆発(!)してしまったわけですが、3巻ではどうにか新しいシェアハウスも完成し、再びヤタ&妖怪5人娘の生活が始まる・・・・・・かと思われたところ!

妖怪世界の偉い人である般若の「智慧姫」がやってきて、「シェアハウスの解散」を要求してきます。
どうやら智慧姫は妖怪が人間と仲良く暮らしているのが気に食わないらしく・・・。

ヤタも妖怪5人娘もシェアハウス解散には大反対し、ついに智慧姫側が準備した刺客との五番勝負により決着をつけることになります!

・・・勝負とはいっても、雪女同士の氷細工対決とか、お笑い志望ろくろ首ロクvsのっぺらぼうのお笑い対決とか、わりとのどかな勝負ではあるのですが、対戦する者はお互い譲れない想いもあり、かなり真剣です。

勝負の行方やいかに!?

 ※ ※ ※

五番勝負の三番目は妖狐のよーこと、化け狸のソウコとの対決になります。
どちらも好色趣味な妖怪ということで、勝負内容はナンパ対決・・・というか、もっと露骨な〇人斬り勝負を競うことに。
photo_916





『もののけ◇しぇありんぐ』3巻P91(クール教信者/講談社)











もともと二人は知り合い同士のようなのですが、幕間に付いているおまけ設定資料を読むと、なかなか凄い関係を持っているようです。
本作、ゆるい日常ギャグマンガのように見せて、結構設定が重いキャラが多い、、、

※ ※ ※

「ソウコ」の名前は、茨城県の伝説の化け狸「宗固狸」が由来かな?



萌え ブログランキングへ
記事検索