ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報

吸血鬼に蝙蝠の耳が生えていることは意外と少ない。『血と灰の女王』1巻

富士山が噴火して以来、猟奇事件が頻発するようになった街。
実は降り注ぐ火山灰をかぶった一部の人間が、恐るべき力と狂気を宿す吸血鬼へと変化していたのでした。
自らも吸血鬼と化してしまった高校生・佐神善は、本来の優しい心を失うことなく、大切な誰かを守るために戦います!

異形の吸血鬼たちが死闘を繰り広げるホラーバトル漫画『血と灰の女王』の1巻目が5月12日より発売中です!

富士山が噴火してから四か月がたち、大災害の混乱がようやく落ち着いてきた頃。
動物の世話と絵を描くことが好きな高校生・佐神善(サガミゼン)は、最近街を騒がせている動物虐待事件に心を痛めています。

その日も校門で猫が惨殺されているのを見つけ、善は猫を弔ってやろうと人目に付かない路地に入りました。
そこで、彼はフランス人形のような外国人の少女に出会います。
目を惹く容姿とやたら偉そうな態度が気になりましたが、猫を弔おうとしている善に助言してくれて、その場では特に何の問題もなく別れました。

その後、自分の家で飼育している猫が一匹いないことに気づいた善は、夕闇の迫る街に探しに出かけます。
噴火の爪あとが残る廃墟地域に入り込んだ彼は、そこで自分の飼い猫と、動物虐待の犯人・・・・・・どう見ても人間ではない化け物に遭遇します!

化け物の一撃を受け殺された・・・かに思えた善を助けたのは、昼間会った外国人の少女。
ドミノと名乗る彼女は、自分は「ヴァンパイア」だと語るのですが、、、

 ※ ※ ※

異様な姿をしたヴァンパイア同士の凄惨な戦いもさることながら、登場人物たちの狂気度合いがなかなか凄い作品です。
ドミノもやや狂ったところがありますが、後に戦うことになる狩野京児がかなりぶっ飛んでます。
まだ物語的には導入部なので、これからの展開が愉しみですね!

 ※ ※ ※

ドミノはヴァンパイア形態になると蝙蝠耳が生えます。
実際には、闇のオーラ?みたいなものが具現化したもののようですが、獲物の動きをとらえる耳(レーダー)としてちゃんと機能しているようです。
蝙蝠の動画を見た感じでは、本物の蝙蝠も下のコマのように耳が結構大きく動くみたいですね。
photo_1031


『血と灰の女王』1巻P103(バコハジメ/小学館)




吸血鬼と蝙蝠はよく関連づけられますが、実際に蝙蝠耳が生えている吸血鬼キャラは希少だったりします。

たいていは全身のシルエットで蝙蝠の姿を模していたりとか、頭から生えているのが蝙蝠の耳じゃなくて翼だったりするのですよね。
(たぶん↓このゲームの影響だと思うのですが、もっと根源には『デビルマン』あたりの影響があるのかもしれませんね)


近年の作品で蝙蝠耳が生えているのは、純粋に蝙蝠の擬人化キャラということが多いです。
『けものフレンズ』のコウモリ科フレンズなどが代表例ですね。

短編集第2弾!狼嫁との夫婦生活ですよ。『狼と香辛料XIX』

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の短編集第2弾です!
賢狼ホロと行商人ロレンスが一つの旅の終着に至った後の、“旅の続きの物語”が描かれる、『狼と香辛料』19巻目が5月10日より発売中です!

2016年末~2017年に『電撃文庫MAGAZINE』に掲載された三つの短編『狼と甘い牙』『狼と花弁の香り』『狼と羊の毛づくろい』と、書下ろし中編『狼と香辛料の記録』の、全四編から構成されています。

『狼と甘い牙』は行商人時代の旅の思い出。
『狼と花弁の香り』は「狼と香辛料亭」にまだミューリとコルが居た頃の思い出。
そして後半二編はミューリとコルが出て行った後、漠然とした不安を抱えているホロの物語。

前巻より湯屋に加わった狼の娘であるセリムについて、ホロが色々と複雑な感情を抱いていたり(同族に対してはわりと人見知りらしい)、あまりにも穏やかで幸せな日々に、ロレンスがいなくなってしまう時が来ることを恐れて不安になってしまったりと、ホロの繊細な感情の揺れ動きが描かれています。

あと四編目の最後で、ホロに関する衝撃的な事実が明らかに。
もしかすると今後、ホロの新たな一面が見られることになるかも・・・。

※ ※ ※

あとがきで支倉氏が『けものフレンズ』について触れていることが本編以上に衝撃でした。
もしけもフレの小説化企画があるなら、支倉氏くらい実力がある方がノベライズしてくれたらいいんだけどなあ。

狼娘(=赤ずきん)も集う御伽最終戦争、一時終結です!『オニマダラ』3巻

鬼の血を引く桃太郎、狼と化した赤ずきん・・・・・・あまりにも強大な力を持つために忌み嫌われてきた「超越者」たちは、今、半神のもとに集められ、世界の維持と破滅を決する戦い「御伽最終戦争」に向けて送り出されます!

様々な童話や物語の登場人物が集い、グロテスクな戦いを繰り広げる『オニマダラ』、最終巻3巻が5月2日より発売中です!

古の二人の超越者・・・・触れたもの全てを無にする兄「アダム」と、触れたもの全てを活性化させる妹「イヴ」。
二人は人々の迫害を受けて殺されたのち、それぞれ世界を破滅させようとする勢力(黒類・クロル)と、世界を維持しようとする勢力(半神が集める超越者たち)の始祖となり、対立するようになりました。

その二つの勢力がぶつかる時こそ「最終戦争(オトギマニア)」であり、鬼の血を引く「桃太郎」こと朧はその戦いに巻き込まれてしまったわけです。
しかし、彼の目的は黒類と化してしまった戦友・潤葉を助けること。それ以外にはありません。

黒類化を解く薬があるかもしれないと聞いて、半神の指示で黒類の本拠地に向かう朧たち。
そこで彼は、黒類の中核メンバーとなった潤葉と再会しますが・・・!

※ ※ ※

本来3巻くらいかけてやる内容を1巻の尺に詰めているせいなのか、話がだいぶ駆け足になっている感があるのがもったいないです。黒谷氏独特のグロテスク描写によるバトルが見られる貴重な作品だったのに・・・。

狼娘メイリィの魅力はこれからもっと引き出されるべきだったと思うのですよ。
彼女も独特な狼娘キャラだったのに、これで終わりなのは悲しい、、、
出番としては、やっぱり彼女が表紙になっている2巻の方が多いです。


3巻の人物紹介ページでは朧とメイリィが並んでいて、なんだかメイリィがメインヒロインみたいな扱いになってます。実際、エピローグでも恋人っぽい立ち位置に収まってますしね。

2巻は潤葉が朧と並んでいましたし、プロットから推測しても本来潤葉がヒロインになるんじゃなかったのかなあ・・・とも思うのですが。
photo_1030





『オニマダラ』3巻P4(黒谷シュウジ/集英社)











私説として「ケモミミメインじゃない複数ヒロイン物だと、ケモミミ娘はほぼ100%主人公と結ばれない」という仮説を掲げているのですが、本作の場合はもしかすると打ち切りが決まったことで、狼娘メイリィが恋人枠に収まる流れが来たのかな?とも考えたりします。

狼娘、海へ!『狼と羊皮紙』2巻

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の新シリーズ!

賢狼ホロの娘・ミューリと、成長した聖職者見習いコルの新たな旅を描く『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』2巻の電子書籍版が5月10日より発売中です!
(書籍版は3月10日にはすでに発売済でしたが、その時に紹介しきれませんでしたので、このタイミングで、、、)

本格的に聖職者になることを目指して、「狼と香辛料亭」のある温泉地ニョッヒラを旅立った青年コル。
厳しい自己研鑽の旅のはずだったのですが、なぜかホロとロレンスの娘、齢十そこそこの半狼の娘ミューリがついてきてしまい、そのまま旅の道連れとなりました。

今、世界は、教会の課す「十分の一税」の是非を巡って、教皇庁と島国ウィンフィール王国が対立している真っただ中。

ウィンフィール王国の王族ハイランドの正義を信じて、ウィンフィールに味方することにしたコルは、ハイランドから依頼を受けて、港町アティフの北にある島嶼地域に向かいます。

島嶼地域はどの貴族の支配も受けていない無主の地であり、地域の独立勢力・・・いわゆる「海賊」と呼ばれる者たちが住みついている場所。

島国であるウィンフィール王国としては制海権を握るために島嶼地域の独立勢力を味方につけたいのですが、教会の主流とは異なる一風変わった宗旨を信仰しているらしく、正しい信仰を広めたいウィンフィールとしては下手に味方に引き入れると風評の上で痛手を受ける可能性があります。
そこで、神学に通じているコルに島嶼地域の信仰が正しいものであるか、見極めさせようというのです。

ミューリは初めての船旅に「海賊」という冒険心をそそる言葉を聞いて大はしゃぎ。
コルも正しい信仰を確立する手助けになればと、(はしゃぐミューリを時々たしなめながら)勇んで海に乗り出します。

しかし、二人はそこで想像だにしないものを見ることになるのでした・・・!

※ ※ ※

平原や田園や荒野を旅するイメージの多かった『狼と香辛料』と対になるように、『狼と羊皮紙』2巻目は海が舞台です。

狼娘のミューリとしては、獣肉よりも魚料理中心になる海辺の生活はそこまで好みではないようですが、なんだかんだで魚もよく食べているのはいつもの事ですね。

今回は船旅とはいっても陸地に沿って二、三日ごとに港に停泊していくという中世的な航海の仕方なのですが、作中の世界情勢からすると、そのうち大航海時代っぽい雰囲気になっていくのですかね~

※ ※ ※

作者・支倉凍砂氏のあとがきによると、「どのページを開いても可愛いもふもふがいて飛び跳ねているような本」を目指したつもりが後半の展開が重くなってしまったと書かれていますが、確かにかなり考えさせられるような内容になっています。

子供っぽいお転婆娘のように見えるミューリですが、実は理想家肌のコルよりも冷静に物事を見ていて、母狼のホロゆずりの性格が見て取れますね。

新しいカンパニーにも獣耳少女がいますよ!『パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者』1巻

実は数千回も異星人からの侵略を受けていた地球。
それらの侵略は衛星軌道上を周回する超兵器が全て撃退していましたが、超兵器が撃破し尽せなかった侵略者勢力の残骸?のいくつかは地球まで到達していたのでした。

残骸・残党とはいえ、地球の普通の警察・軍隊では太刀打ちできない存在を、防衛組織<サキモリ>が掃討します!

<サキモリ>に関わる事になった少年と少女の不思議な青春を描く、《萌える侵略者》新シリーズ『パラミリタリ・カンパニー 』1巻が5月2日より発売中です!

風呂無し・便所共同・築四十年のボロアパートに住む極貧高校生・阿倍野晴克は、ある日突然、謎の美少女とその仲間に拉致されてしまいます。

晴克の身体目当て(?)だという少女の言葉が理解できないままに、今度はオークのような怪物の集団に襲われることに!

少女は髪をまとめているバレッタに触れると、瞬く間に獣の耳と尻尾の生えた異形の姿に変身し、さらに謎の機械兵装を装着して怪物に向かっていきます!

・・・そして、苦も無く怪物を撃破した少女・天王寺美緒は改めて晴克に説明します。
「初任給、手取り月三十万」という条件で、晴克に自分たちの防衛組織<サキモリ>の司令官の座に就いてほしいと。
<サキモリ>は古の超兵器が捕捉・撃破しきれなかった異星の侵略者を掃討する組織なのですが、現在司令官が不在となっており、晴克が様々な要素から新たな司令官に最適なのだと。

状況がさっぱり飲み込めない晴克は、美緒の要請を拒否するのですが・・・。

※ ※ ※

極めつけの変化球だった『アウトブレイク・カンパニー』とは打って変わって、ド直球の日本SF・ラノベSFを展開している新シリーズです。

作者あとがきによると、物語や世界観に『アウトブレイク・カンパニー』との繋がりはなく、《萌える侵略者》というコンセプトを共通にする意味で同じサブタイトルを付けたとのこと。

異星人(来訪者)ハーフの美緒が自分が「普通」でない事を意識しすぎていて、「普通」の人間になる事にやたらこだわっている点など、自意識過剰な青春期とSFが融合している感じが、ひと昔前のラノベ(「セカイ系」という言い方が流行っていた頃)の雰囲気をリバイバルしているようで興味深いです。

今のなろう系異世界転生が90年代に流行ったライトファンタジーのリバイバルとみなせるように、そのうち「セカイ系」リバイバルが流行る時も来るのかな?

※ ※ ※

『アウトブレイク・カンパニー』と同様に、本作も美緒という獣耳少女が登場します。
榊一郎氏の最近の作品は獣耳少女がよく出ますね。


本作、エピローグで獣耳が効果的に使われていて良い感じです。
ラストシーンで獣耳を効果的に使っているラノベとしては他に『浮遊学園のアリス&シャーリー』がありますが、単にイラストで獣耳を見せるだけでなくて、ちゃんと獣耳があることならではのストーリーを展開してくれると嬉しいですね!




萌え ブログランキングへ
記事検索