ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報

お子様狸&狐に翻弄される人間たち。『もふもふの神様さがし』1巻

東京郊外の書店にあらわれた変な(?)子供は、実は化け狸&化け狐の子供だった!?

ひょんなことから化け狸&化け狐の子供の世話をすることになった二人の若者の姿を描く『もふもふの神様さがし』。
単行本1巻目が8月10日より発売中です!

ちさとは東京郊外のはやらない書店で働く書店員。
ある日、やたらおどおどしている迷子(?)のような子供が書店にやってきます。
気にかかって声をかけたり、飴をあげたり、折り紙を作ってあげたりしたところ、子供は突然「ぼくのおうちも作って!」とちさとをどこかへと引っ張っていきます。

ちさとが連れていかれたのは、今にも潰れてしまいそうな古い祠。
そこにはもう一人、偉そうな態度の銀髪の子供がいました。

二人の子供は「この祠が自分たちの家だ」と言うのですが、ちさとは子供たちが家出少年なのだろうと考え、とりあえず自分の部屋に連れて帰ることにします。

学生時代の後輩・トモも巻き込んで、子供たちをどうするべきか思案するわけですが、そうしている間にも子供たちの頭から獣の耳が生えてきて・・・!

そう、二人の子供は本物の化け狸と化け狐だったのです!

こうして、ちさと&トモの男子二人は、やんちゃな化け狸・茶子助と、やたら偉そうな化け狐・銀ノ真の世話をすることになるのですが、、、

※ ※ ※

疑似親子系のケモミミ作品の一作です。
他作品との大きな違いとしては、男子二人でケモミミ子供二人の面倒を見る、という構図になっていること。

似たような狸&疑似親子な作品『うどんの国の金色毛鞠』は狸っ子の正体を知っているのが父親役の宗太ひとりなので、周囲に秘密にしながら孤軍奮闘といった感じの話になるのですが、本作の場合は男子二人で相談しながら事を進められるので、物語的な自由度がもう少し広がるのではないかと思われます。

まだ物語の導入部といった感じなので、今後の展開に期待ですね!

※ ※ ※

本作のケモミミ描写的な特徴として、茶子助&銀ノ真が人間⇒獣形態の間で、かなり自由自在に姿が変化すること。
下のコマのように、狸耳&尻尾が生えただけ人間の姿から、手だけ獣に変化したり、全身ほとんど動物の狸の形態に変化したりということが、わりと自然な流れで行われます。

民話的な化け狸&化け狐の場合、人間に変身するのに「木の葉を頭にのせる」などの呪術的な一手順が加わることが多いので、本作のように変幻自在な描写がされるのは珍しいです。
photo_1066




『もふもふの神様さがし』1巻P44(たまき/角川書店)










萌え ブログランキングへ

読んでいると群馬に行きたくなるケモミミ漫画。『ねこむすめ道草日記』16巻

のどかな地方都市・群馬県渋垣市を舞台に、化け猫・黒菜と妖怪の仲間たちとのドタバタな日常を描いた『ねこむすめ道草日記』、最新16巻が8月12日より発売中です!

16巻の表紙は鏡分身黒菜とそれを追う妖怪&人間たち。
単行本の帯文に「カバーイラストの場所も実在します」と書いてあるので、群馬県渋川市に聖地巡礼もできそうですね!

群馬人ではないのでイラストを見ただけではどこの風景なのか分からないのですが、裏表紙に描かれている公園&石碑がヒントになりそうかな? 「アロハワーク」=「ハローワーク」(?)の看板もヒントになるかも。

※ ※ ※

16巻のラインナップは以下7編。
 「紫陽花の花穂落としで暗躍する妖怪!の話」
 「獅子丸と黒菜、珍しい組み合わせの話」
 「雲外鏡によって千夏ちゃんが黒菜っぽくなる話その1」
 「雲外鏡によって千夏ちゃんが黒菜っぽくなる話その2」
 「雲外鏡によって黒菜が大量発生する話」
 「温泉地を旅する雪女・伊吹&真白と、奇妙な旅人の話」
 「黒菜と藤森商店のおばあちゃんの、出会いの秘話」

作者コメントによると15巻がバトル中心の話だったので、16巻は日常物をあえて強化したそうです。

作者も言及しているように魔女っ狐・千夏ちゃんの登場率がかなり高いのですが、第94話の獅子丸と黒菜のやり取りや、第97話で雲外鏡が独楽の正体に気づいた時の獅子丸の態度など、獅子丸にもわりとスポットが当たっています。

個人的に独楽と獅子丸みたいな、「強気な姉」と「大人しいけど芯の強い弟」という組み合わせの姉弟は好きなので、今後も丁寧に関係を描いてくれると嬉しいです。

※ ※ ※

『セントールの悩み』もアニメ化されたし、同じCOMICリュウ掲載の本作もアニメ化されないですかね~
かなりアニメ映えしそうな内容だと思うのに、、、




萌え ブログランキングへ

キツネたん魔王とアナログゲームで遊ぼう!『チェックめいと! 魔王さん手番ですよ!』2巻

「どうだね勇者よ・・・我と共に世界の・・・・・・アナログゲームで遊ぼう!!」

アナログゲームが大好きだけど対戦相手がいなくて寂しいお子様魔王は、世界征服よりもゲームがしたい!
今日も勇者や姫や猛獣(?)相手に、カードやゲーム盤を使って激闘を繰り広げます!

実在のアナログゲームで戦うゲーム漫画『チェックめいと! 魔王さん手番ですよ!』の2巻目が8月10日より発売中です!

王国歴78年。
魔王に「アナログゲーム」でやられてしまった勇者は、知力を鍛える必要があると悟り、なぜか畜産農家へとクラスチェンジして修行を始めました。

一方、遊び相手の勇者を失った魔王は下僕の蝙蝠猫に勇者を探しに行くように命じますが、蝙蝠猫は遭遇した「猛獣使い」にペットにされそうになったため慌てて逃げ帰ります。

勇者が巨乳の猛獣使いとイチャイチャしているという蝙蝠猫の報告を聞いて、魔王ではなくなぜかお姫様が激怒し、お姫様は魔王を引き連れて(?)勇者を懲らしめに出かけますが・・・。

※ ※ ※

1巻からひきつづきアナログゲーム対決が繰り広げられます。
羊繁殖ゲームの『シェフィ』、ロシアのモンスター命名ゲーム『ナンジャモンジャ』、じゃんけんカードゲーム『グースカ・パースカ』、ダンジョン探索&妨害カードゲーム『ダンジョン・オブ・マンダム』、中世からある古典的ボードゲーム『フォックス&ギース』が今回のネタになってますね。



アナログゲームに詳しい方には基本的なゲームなのかもしれませんが、私のような素人には「こんなゲームがあるのか~」と凄く参考になりますね。

『ダンジョン・オブ・マンダム』では鎧を捨てる=服を脱ぐという解釈で、お姫様と猛獣使いが裸になるサービスシーンがあったり、『フォックス&ギース』では魔王が本当にキツネ役になったりと、2巻は演出もいろいろ豪華になっています。

※ ※ ※

2巻では魔王がお子様すぎるのと、お姫様が鬼畜すぎるのとで、お姫様の方が魔王っぽくなってしまってます。

猛獣使いからは「キツネたん」扱いされるようになって、魔王の威厳も台無しです。
というか、本当にこの魔王、キツネなんですかね、、、
photo_1065






『チェックめいと!』2巻P15(猫砂一平/小学館)











中世RPG風の世界にキツネっ娘の魔王が降臨する、という似たような設定の作品としてファミコンの『まじゃべんちゃー麻雀戦記』があります。
奇しくも、どちらも「アナログゲームで勇者と魔王が対決する」作品なのが面白いと思ったり。


キツネのキャラクターは和風・伝奇・妖怪物で大ボスになることが多いので、中世RPGの世界で魔王になっても、(実力的には十分だろうから)そこまで違和感はないですねー
これが「猫」の魔王だったら、なんか違和感がありますが・・・。

猫キャラは本作の蝙蝠猫みたいにザコ~中ボスクラスならアリなのですが、大ボスクラスだと違和感がある、というのが興味深い所です。



萌え ブログランキングへ

世界一の村人と狐勇者の戦い!『逆成長チートで世界最強』2巻

世界中に魔物がはびこり、誰もが戦わなければならなくなった時代。
生まれつきの運命によって戦闘力が決まってしまう世界で、勇者の力を得た幼馴染の狐娘と、村人にしかなれなかった少年は、世界最強を目指して旅を続けます!

狐耳ファンタジー小説『逆成長チートで世界最強』の書籍版2巻が7月31日より発売中です!

15歳になり、女神マリスカから魔物と戦うための「加護」を与えられたフォンシエ少年と狐獣人フィーリティア。
フィーリティアは女神に真に選ばれし者である「勇者」の加護を得ましたが、フォンシエの得た加護は戦闘力の無い「村人」でした。

愛する人々を護るために戦いたいと思っていたのに戦う力が得られず、失意に暮れていたフォンシエ。
しかし、合わせて授かった「レベル上昇1/100」のスキルにより、他のクラスの使う戦闘術(スキル)を(本職には敵わないものの)複数身につけられることに気づいた彼は、多種多様な戦闘術に通じていくことでめきめきと実力を伸ばしていきます。

そして、勇者のフィーリティアと並ぶほどの力を身につけた彼は、彼女と一緒に魔物との戦いの最前線に身を投じることになりました。

魔物の侵略を受け崩壊した故郷の都市アルマト。
故郷を復興したいというフィーリティアの願いを聞いたフォンシエは、魔物からのアルマト奪還を目指す連合部隊に参加することにしたのですが、その戦いで異様な敵と対峙することに・・・!

※ ※ ※

Web版の第二章にあたる部分が収録されていますが、前の書籍版1巻のようにかなり展開が違ってますので、Web版を読んだ人もあらためて読む価値がありそうです。

篠月しのぶ氏によるフィーリティアの挿絵が凄くカッコイイ&可愛いので、この挿絵を見るだけでも書籍版を買う価値はあると思いますよ~

フィーリティアとフォンシエの関係は今回もシリアスです。
「フォンシエが布団代わりの布からはみ出しているフィーリティアの尻尾を押し込む」みたいな細かい(狐耳作品ならではの)恋人描写も見所なのですが、2巻になって良いキャラが立ってきたなあと思ったのが、いつのまにか旅の道連れになった狐獣人の錬金術師ミルカ。

大食いで、ワガママで、魔物の研究のことになると周囲が見えなくなって、それでいてちゃっかりしていて憎めない、というミルカは今までの作者の作品ではあまり見なかったタイプのキャラだと思うのですが、彼女の存在が常にシリアス展開が続く物語をうまく和ませていて、適度なメリハリをつけるのに一役買っていると感じます。



萌え ブログランキングへ

『ねこ耳少女の量子論』の新装版です!――『まんがでわかる量子論』

2009年に出版された『萌える最新物理学・ねこ耳少女』シリーズの新装版!
『まんがでわかる量子論【新装増補版】』が8月2日より発売中です!



基本的には下の本の新装増補版となっています。


このシリーズ、萌えキャラ参考書で猫耳キャラが出てくる点もわりと珍しいのですが、タイトルが『ねこ耳少女』なのに猫耳が実際に登場するのは1割以下という、猫耳物として見ても一風変わった作品だったりします。

タイトル詐欺というわけでなくて、猫耳の登場をギリギリまで抑えて、一番いい場面で登場させている感じ。演出がなかなか凝っている漫画です。

漫画に関してはほぼ前の本と同じ内容なのですが、章ごとについている解説の内容が新装版はかなり変わっています。
特に最終話の解説は謎の猫耳ヒロイン「あいり」の正体に関するヒントが提示されているので、前の本を一度読んだことがある人も、読み直してみるのはいかがでしょうか?



萌え ブログランキングへ
記事検索