ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報(漫画)

闇のウマ娘レース!!『セントールの悩み』21巻

【六本肢】で進化した人類の、ごく普通(?)の現代社会を描く『セントールの悩み』、新たな単行本21巻目が好評発売中です!

今回の表紙は真奈美さんと姫乃。
ちなみに前に真奈美さんが表紙だった時(17巻)も、ちょうど某ウマ娘が話題になった頃だったのが、奇妙な因縁を感じてしまいます。

今回のラインナップは次のとおり。
 「みんなの進路の話」
 「魂とは何ぞやの話」
 「某ホラー映画の物質転送装置の話」
 「人気映画・印税ジョージの話」
 「ちびちゃんたちの水浴びの話」
 「両棲類人を研究する民俗学者の話」
 「宇宙キノコが将棋に熱中する話」
 「きりひき山での肝試しの話」
 「人馬の闇レースの話」
 「お姉ちゃんは大変かもという話」


今回も日常回多めでしたが、いつものように姫乃たちはやたら小難しい議論をしていたり(そのあたりはある意味、学生らしいかも)、宇宙キノコや超常存在が普通に同居していたりして、「日常とは何ぞや?」と哲学的な問いを発したくなるような内容になっています。

あと、17巻でもあった某ウマ娘コンテンツを意識したネタが、今回はさらに過激な形で描かれている点が流石だと思うのです。

このセントールの世界でウマ娘なことをやっちゃうと、やっぱり闇なアレになっちゃうんですね、、、
解決エンドっぽいコマの上で、この世界の思想犯罪者に対する扱いの黒さが淡々と描かれている点が、やはり凄い漫画だと思ったり。

 ※ ※ ※

今回気になった描写。
KONKONニュースのキャスターは狐なのかな?
photo_1839











『セントールの悩み』21巻P132(村山慶/徳間書店)


巫女服のケモミミにコンコンで、狐耳っぽく見せているフシがあります。

本作、典型的なケモミミ像からわざと少しズラしているらしい種族設定がされていますが、こういう小ネタの部分では、漫画の典型を使っている感じがしますね。



萌え ブログランキングへ

今度はメイド姿の皐&柚が見られるよ!『このはな綺譚』12巻

神様や死者が訪れる不思議な温泉宿『此花亭』。
そこを飛び出した狐っ娘・皐と、彼女についてきたもう一人の狐娘・柚の旅が描かれます!

新たなケモミミっ娘も登場する百合漫画『このはな綺譚』の単行本12巻目が3月24日より発売中です!
此花亭を飛び出した皐と柚。

といっても、完全に家出(宿出?)したけではなく、女将から音沙汰の無くなった「客」の近況を調査してほしい、という使命を与えられた二人。

二人は皐の実家で彼女の両親と会ったり、街で偶然会った過去の「絵筆の神様」と一緒に山へ登ったりと、様々な体験を経て、此花亭の姉妹店?といわれる「秋津洲ホテル」にたどり着きました。

二人は少し立ち寄って挨拶するだけのつもりでそこを訪れたのですか、なぜかあれよあれよという間にメイド服を着せられて、ホテルの従業員として働くことになってしまいます!

状況が理解できないまま、持ち前の仲居魂で宿泊客のもてなしを始める柚&皐ですが・・・

 ※ ※ ※

前回11巻は皐に焦点を当てた話が多かったですが、今回は柚の心境について描かれている話が多め。

昔はいろいろあった柚。
ここ最近の巻では性格的にも非常に安定していて、まさに「いい子」を体現したような娘だったのですが、今回の『親心』の回ではその態度について疑問が投げかけられます。

秋津洲ホテルでは従業員として上手く振舞えなかったりして、まだまだ柚が成長途上であることを感じさせてくれます。

 ※ ※ ※

秋津洲ホテルの話から、表紙の二人のケモミミ娘、サラとレイシが登場します。
この二人も狐なのかどうかはまだ分かりませんが・・・。
特にサラの方、ニャハハハと猫っぽい笑い方をするのが気になります。

猫娘だったら『このはな』の物語としては新機軸で良いですし(過去にウサ耳メイドさんは登場したことがあって、12巻でもさり気なく登場している)、猫っぽい狐だったとしてもケモミミキャラとして興味深い例になるので、今後の活躍に期待ですね!

お金大好きシグレさん。『けものみち』8巻

人と竜と魔獣の住まう異世界に召喚されたのは、変態的なまでに獣を愛するプロレスラー・ケモナーマスクこと柴田源蔵!

「ペット」という概念がない異世界でペット飼育を普及するべく、ペットショップを開いた彼ですが・・・すでに商売をするよりも、新たな魔獣を探して交流(?)することに熱心になっています。

紆余曲折を経て、ついに源蔵は魔獣の長である「魔王」にアプローチしようと本格的な準備を始めますが、その前哨戦として伝説の・・・というより、"嘘から出たマコト"な大怪獣「クビナガリザードクラーケンギドラ」と対面することになりますが・・・!

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめ氏と、漫画版『バカとテストと召喚獣』のまったくモー助氏&夢唄氏が送る、残念系異世界転移ストーリー『けものみち』。

最新単行本8巻目が好評発売中です!
本来は魔獣を倒すための勇者として召喚されたはずの、プロレスラー「ケモナ―マスク」こと柴田源蔵!

ここにきて、最強の魔獣と噂される「魔王」を捕獲することを、ようやく最終目標として定めた彼は、王家を騙くらかして資金を獲得し、魔族領へ向けて出航します!

魔王捕獲の前哨戦となる、クビナガ(略)ギドラとの対戦に挑む源蔵一行。
しかし、なぜか源蔵は「クビナガ(略)ギドラを口説く」と意気揚々としていて、皆当惑しまくりますが・・・。

『けものみち』史上、最大の激戦が繰り広げられる8巻目です!

※ ※ ※

カーミラの描いたアホみたいな落書き「クビナガ(略)ギドラ」が、超カッコいいモンスターとして実際に登場します。

一見激しいバトルが繰り広げられるのですが、よくよく見ると源蔵は魔獣に無差別の愛を振りまいて全然攻撃してませんし、カーミラはあっという間に自滅するし、花子は食べ物につられていなくなるし、シグレは金目の物を追いかけているしで・・・いつもの「けものみち」メンバーの残念感が漂っています。

とりあえず「どうして人間なんかに戻したんだ!!」という源蔵の叫びには、ケモミミ好きとしても同意する部分があるかも。
(参考:「人間になりたいケモミミキャラのジレンマ」

※ ※ ※

今回の狼っ娘シグレさん。
王家からの資金援助を獲得した源蔵。その大金の入ったかばんを嬉しそうに抱きしめているシグレ。
表情だけでも喜んでいるということは分かりますが、尻尾をさり気なく振っているところが本当に嬉しいんだなあと思わせてくれます。
photo_1836





















『けものみち』8巻P42(まったくモー助・夢唄/原作・暁なつめ/KADOKAWA)


普通の人間キャラだと、表情以外に「(通常よりも)嬉しい」ことを漫画で表現するには、効果線を追加する以外に方法がないのですが、ケモミミキャラだと尻尾や獣耳で「(通常よりも)嬉しい」が表現できるのですよね。

魚捕るキツネ。火を吐くキツネ!?『うそつきキツネの恋噺』5話・6話

動物娘ハーレム漫画『けもっ娘ど~ぶつえん!』を著した、めぷちん☆先生の新作『うそつきキツネの恋噺』の連載6話目が、3月25日に更新されています!
5話の内容とまとめて感想を!

最愛の幼馴染・さくらを失い、廃人同然だった信太郎を救うために、さくらに化けて一緒に暮らすことにした狐娘もみじ。

当初は信太朗と一緒にいられることのみに関心があって、さくらに化けたことの意味を深く考えていなかったもみじですが、鴉天狗のヒイラギとの喧嘩を通じて、その意味を改めて考えさせられることになりました。
そして、どんなことがあっても「しんたろーを幸せにする」覚悟を決めたもみじ!

意気揚々と新生活を始めようとした矢先・・・生活費が無くなりそう!という重大危機が(早くも)訪れます。

生活を守るためにもみじはどうするのか!?

今回も(いろんな意味で)ドキドキのラブストーリーです!

※ ※ ※

5話・6話は信太朗に対するもみじの想いが語られている場面が多め。
もみじに対する信太朗の想いが語られていた4話とは逆になっています。

6話は一般的なキツネのイメージとややかけ離れたシーンが出てくるのが面白い。
「火を吐くキツネ」の発想のヘンテコさも好きなのですが、「魚を捕るキツネ」のイメージを描いている点も好きなのです。

キツネが魚を捕る図は狐モノ漫画でほとんど見かけないのですが、実際のキツネは魚も普通に捕って食べているらしく、このあたりの描写は動物漫画を描いていためぷちん☆先生だからこそだなあと思ったりします。

※ ※ ※

ちなみに5話にはもみじが狐耳を生やしているシーンがありますが、6話は狐耳を出しているシーンはないです。
狐耳無くても、もみじはキツネキツネしていて可愛いのですけどね!

反則的な橙のかわいさ。『東方智霊奇伝 反則探偵さとり』2巻

《東方Project》公式の“探偵”コミックス!
地霊殿の主・古明地さとりが、幻想郷全域を巻き込む怪事件に挑む!!
『東方智霊奇伝 反則探偵さとり』の2巻目(完結)が3月27日より発売中です!

「パチュリー襲撃事件」に端を発する幻想郷の異変は、凶悪な怨霊「反獄王」の仕業だと目星をつけた、究極探偵こと古明地さとり。

魔理沙や紫といった、幻想郷でも有数の実力者に軽々ととり憑いて姿をくらまし続ける、変幻自在の「反獄王」を、さとりは追い詰めることができるのか・・・!?

※ ※ ※

これから盛り上がりそう!なところで惜しくも中断となっています。
1巻の時は助手のお燐が情報収集を行っていましたが、2巻ではさとりが直々に現場に出て、様々な場面に顔を出しています。

「心を読める」という推理モノではチート的な特殊能力を持ちながらも、この幻想郷では犯人探しにうまく活用できない、という流れにしている点がなかなか面白い。

※ ※ ※

本作の登場人物は皆、服装や髪型が『智霊奇伝』のオリジナルバージョンになっていて、ゲームとは違った装いなのですが、その中でもかなりデザインが変わっているのが橙。

妖々夢の頃からちょっと成長した橙」みたいな姿になっていて、とても可愛らしいのです。
橙は様々な二次創作で子供っぽく描かれがちですが、私は中学生くらいの娘を想定しているので、智霊奇伝の橙は凄く好みなんですよ。
photo_1834

































『東方智霊奇伝 反則探偵さとり』2巻P30(銀木犀・ZUN/KADOKAWA)


上のような説明シーンではかなりしっかりした印象のある橙ですが、妙に演技じみたセリフで喋ったり、お燐とイチャイチャして話を聞かなかったりして、悪戯な猫らしさを漂わせていてかわゆいのですよ。

この智霊奇伝の橙が活躍するところを、もう少し見てみたかった、、、



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS