ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報(漫画)

赤ずきんをめぐる狼vs狼の戦い!!『恋する狼とミルフィーユ』3巻

伝説の人狼の軍団《森》と、人狼狩り組織《嵐の猟団》の争いに巻き込まれた女子高生。
《森》最強の人狼・天狼星姫と、《嵐の猟団》の一匹狼アカネとの死闘の行方やいかに!?

本物の狼娘との出会いにより、女子高生の運命が大きく変わる!
狼×狼のガールズラブ・バトル漫画『恋する狼とミルフィーユ』の単行本3巻目が9月27日より発売中です!

蘇芳麻綾(すおうまあや)は、常人離れした格闘能力を持つ女子高生。
これまである種の非日常な生活を送ってきた麻綾ですが、ある時、突然ビルの上から落下してきた赤頭巾の狼娘・・・アカネを助けたことで、彼女はさらなる非日常の世界に足を踏み入れることになります。

父母を喰い殺した《狼》に復讐するのだと語るアカネ。
そして、麻綾は自らの血によって《狼》の力を倍加する《赤ずきん》としての素質を持つのでした。

ついに出会ったアカネのカタキ・天狼星姫。
全く攻撃が通じないほどの、桁違いの強さを持つ天狼星姫に対して、アカネと麻綾はどう戦うのか・・・!?

 ※ ※ ※

1巻からひきつづき、麻綾とアカネ、強い絆で結ばれた二人の戦いを描く、ガールズラブ&バトル漫画です。
彼女たちの敵も《狼》なので、全体的に画面がオオカミだらけになります。
セクシーな描写もありつつ、この作品の《狼》は吸血鬼的な側面も持つので、流血表現も多めです。

 ※ ※ ※

《狼》の攻撃的な性質は、本作では「嫉妬心」に変換されやすいというのも面白い表現です。

アカネは狼というより忠犬っぽい印象のある真面目な娘ですが、わりと嫉妬心が強いタイプなので、その性格が麻綾との関係にどう影響してくるか、気になる展開となっています。

ハードボイルド女子高生狸!『ぶんぶくティーポット+』5巻

正義の味方に憧れる女子高生・屋島ふみの正体は化けタヌキ!
化けてない狸の兄と、化けている狐・猫・コウモリの同級生と共に、今日もごく普通??の高校生活を送っています。

今回はなんだかハードボイルド?なシュール・アニマルコメディ『ぶんぶくティーポット+』の5巻目が10月1日より発売中です!
今回も屋島ふみとその仲間たちは
化け動物としての秘密を知ったクラスメートを拉致したり(?)、
見つけた拳銃で校長先生を脅したり(?)、
誤って死んでしまった友達を土に埋めたり(?)
デスゲームに参加したりと、

いつも通りの高校生活を営んでいるのでした!!

※ ※ ※

今回の表紙はふみ母(屋島あや)ですね!
娘ふみの良い面も悪い面もすべてグレードアップしたようなキャラで好きです。

ふみ母が「知識を蓄えれば、葉っぱにできる"概念"が増えて、狸は無敵になれる」みたいなことを言っていて、ある意味化ける妖怪の強さの本質を衝いてるなあと考えたり。

他の化け動物作品『きび様といっしょ』でも、化け狸の強さは化けられる"概念"の広さで表現されていたことを思い出しました。
きび様といっしょ 3巻 (LINEコミックス)
みやまるん
LINE Digital Frontier
2021-05-14


※ ※ ※

なんだか自分の年齢を実感させられるエピソードが多かったかも。
『ンュ日』にでてくる「古いゲーム機」がスーパーファ〇コンである時点で、「高校生のふみの年代だと、ファミ〇ンはもはや見たことも無いマシンなんだろうなあ」と思わされたり。

こちらのぽんぽこ&ピーナッツくんコラボの紹介漫画でも、お兄ちゃんの台詞「お前が生まれる前からそうなんだよ」の台詞に、ふみとの世代ギャップを感じさせられたり。


今回本作とコラボレーションしているVtuber甲賀流忍者ぽんぽこ&ピーナッツくんは、本編の『りさちゃんの大予言』『まなざし』『コズミック・コスメティック』にも登場しているので探してみましょう!

ケモミミ系Vtuberが通行人的に描かれるというのは『紅殻のパンドラ』19巻でもあったけど、のちのち「プロレスするネコミミ」みたいな一時代を現す表現になっていくのですかね~

こういうケモミミ漫画もある。実用書系ケモミミについて。『マンガでわかるパーソナリティ障害 もっと楽に人とつながるためのヒント』

偏った考え方や行動パターンに由来する生きづらさにヒントを与える、
『マンガでわかるパーソナリティ障害』が9月22日より発売中です!

単なる「性格の問題」と片付けられがちなパーソナリティの問題の中でも、他人を巻き込んでトラブルを起こす傾向のある以下の問題について丁寧に解説されています。
 ● 境界性パーソナリティ障害
 ● 自己愛性パーソナリティ障害
 ● 妄想性パーソナリティ障害
 ● 回避性パーソナリティ障害

本書の特徴の一つは、実例を漫画として分かりやすく解説している点。
もう一つは、なぜか登場する医療関係者がケモミミキャラにされている点にあります。

本書で一番登場回数の多い臨床心理士の「猫山みぃこ」(表紙右や帯に描かれている)は、ネコミミが付いています。

※ ※ ※

実在の事物を萌え擬人化キャラにして解説する本はしばしば見かけますが、それとは別に、その題材とはあまり関係の無いケモミミキャラが解説役になっている実用書というものが存在します。
ここではそんな本を何冊か紹介してみます。

まずは『萌える株式投資』。
この本はいわゆる「萌え株」とはそこまで関係なく、どちらかというと初心者向けIPO投資実例集になっています。登場人物は全員ケモミミです。
萌える株式投資―一獲千金!超豊かなオタク生活
ミルミル
ベストセラーズ
2004-12-01


『ねこ耳少女の量子論』シリーズは、量子論のとらえどころのない不思議な感覚を、どことなくメランコリックな雰囲気の漂う漫画で描いてみせている点が素晴らしい作品。
猫耳漫画としてもなかなか独特な表現のある作品なので、ぜひ一読をおススメします。

『綿の国星ケーキの本』は元祖ネコミミ漫画『綿の国星』のチビネコを使ってレシピの解説をしているお料理本。
お菓子料理の本として普通に使える一冊です。
綿の国星ケーキの本
今田美奈子
復刊ドットコム
2014-02-18




萌え ブログランキングへ

源蔵は理解不能だけど、シグレもわりと謎行動するよね。『けものみち』9巻

人と竜と魔獣の住まう異世界に召喚されたのは、変態的なまでに獣を愛するプロレスラー・ケモナーマスクこと柴田源蔵!

今のところは「ペット」という概念がない異世界でペット飼育を普及する「ペットショップ店長」という立場ですが・・・。

最強を追い求める「プロレスラー」の本質を捨てたわけではありません!

源蔵は魔獣好きのペットショップ店長として・・・そして、強大な敵と戦うことを喜びとする「プロレスラー」として、魔獣の長である「魔王」にアプローチしようとしますが・・・。
・・・なぜか、花子と対決することになってしまいます。
なぜ花子と戦わなければならないのか!??

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめ氏と、漫画版『バカとテストと召喚獣』のまったくモー助氏&夢唄氏が送る、残念系異世界転移ストーリー『けものみち』。

最新単行本9巻目が9月25日より発売中です!
今回は源蔵の「プロレスラー」としての一面が強く出ている巻です。
無茶苦茶な経緯ながらも、源蔵と花子がバトルする時のやり取りはなかなかカッコいい!

しかし、事情を知らない人間からすると、どう見ても源蔵がいたいけな少女を虐めているようにしか見えないわけで、この誤解が延々と巡り巡ってネタにされています。

源蔵のケモノ好みも磨きがかかってより変態的になっていますが、サキュバスよりコボルト奥さんの方が魅力的だというのは、私も同意するところがあったり、、、

※ ※ ※

今回の狼っ娘シグレさん。
森で凶暴化している猿の魔獣とバットルする。
photo_1901












『けものみち』9巻P107(まったくモー助・夢唄/原作・暁なつめ/KADOKAWA)


シグレはおおむね何をするにも能力高いんだけど、こと戦闘となると、わりと謎行動している場合が多い気がする・・・。

それはそれとして、一般的イメージだと「猿と仲が悪いのは犬」なんですが、実際の野生動物の関係としては、シグレが言っているように「猿の天敵は狼」なんですよね。

「ケモミミキャラクターに実際の動物の特徴をより色濃く盛り込む、という近年の傾向が、ファンタジーの獣人にも影響を与えている」例の一つといえそうです。

ペチカの尻尾攻撃!『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』3巻

べりべりキュートな魔王様(?)に召喚された、ごくごく普通の青年。

言葉が通じないために、召喚されたけれども何をして欲しいのかさっぱり分からず、結局魔王様(?)とただの日常生活を過ごすことになってしまいますが・・・。

そしてようやく、片言ながら彼の話す言葉が通じるケモミミ娘と出会い、この世界のこと、そして魔王様(?)のことが分かるようになるかと思いきや・・・!

言葉の通じない世界で、世界の謎を解き明かす!?
『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』の単行本3巻目が9月10日より発売中です!

学校の講義をサボって部屋でゴロゴロしていたら、突然、角の生えた紫髪の美少女に異世界召喚されてしまったレン。
何が起こったのかと少女を問い詰めようとしますが、彼女の喋る言葉がさっぱり分かりません!

どうも召喚された場所が魔王城っぽい所で、召喚者が雰囲気的にも魔王・・・というか魔王の娘のような美少女なので、魔王様(?)と仮定して接することに決めたレン。

どうにか彼女の名前が「マリィ」であることまで突き止めましたが、根本的に言葉が通じないので状況はさっぱり分かりません。

そんな時に、ついに出会った言葉の通じるケモミミ娘・ペチカ。
ペチカは片言でしか話せないので完璧なコミュニケーションをとれるわけではありません。
でも、これでようやく少し状況が分かるようになる・・・と期待したのですが・・・。

※ ※ ※

引き続き、異文化コミュニケーションネタの異世界転移ファンタジーです。

「通訳が来たからようやく言葉の問題が解決するかと思ったら、中途半端に意思疎通するせいで、状況が余計に混沌としてしまう」という、異文化あるあるネタを、異世界転移ファンタジーにしてしっかり描いている点が素晴らしい作品です。
(個人的に、今、仕事でこのことを実感しているところであり、なかなかタイムリーなネタなのですよ・・・)

あと、ファンタジー世界としても謎めいた状況が広がっているので(特にマリィが何者なのかという点について)、その世界観を紐解いていくのも愉しいです。

※ ※ ※

マリィも可愛いですが、ケモミミ娘ペチカが超可愛いのですよ!
今回メイド服姿になりますが、レンが口にしている評価に完全同意なのです。
淑やかな服装の中に、獣っぽい野性味のあるところがたまらないのです。

あと、ペチカはかなり尻尾でレンを攻撃(ツッコミ)をするので、そのあたりの描写も注目。
(最近ケモミミ娘の尻尾攻撃の記事をよく書いている気がする・・・ 例1 例2

本作、他にも注目の描写があります。
ペチカがレンに聞き返す時に、手を当てている位置。
photo_1899










『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』3巻P7(うたしま/COMICメテオ編集部/フレックスコミックス株式会社)


聞き返すときに耳に手を当てる、という仕草は「耳の大きさを広げる」という意味合いの仕草だと思うのですが、元から耳の大きいケモミミ娘だと、手を当てる位置はこの位置になるんですね。
こういう仕草をするケモミミ娘を見たのは彼女が初めてなので、とても新鮮です。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS