ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報(漫画)

「ダブルフォックス!!」な勢いで『ぶんぶくティーポット+』3巻

食べることに人一倍執着する女子高生・屋島ふみの正体は化けタヌキ!
化けてない狸の兄と、化けている狐・猫・コウモリの同級生と共に、今日もごく普通??の学生生活を送っています。

『ぶんぶくたぬきのティーパーティー』の続編、超シュールなアニマルコメディ『ぶんぶくティーポット+』の3巻目が8月10日より発売中です!
今回も屋島ふみとその仲間?たちは
ダイエットしようとして生首(?)だけになってしまったり、
コウモリブームについて語ったり、
SNSで#タヌキのタグのついたアライグマの写真に激怒したり、
日本史のテストの赤点を取り消すためにタイムスリップしたりと、

ごくごく普通の高校生活を営んでいるのでした!!

※ ※ ※

「ダブルフォックス!!」のシュールさが凄く好き。
化け狐の間に流行らせたい仕草ですね!

今回「タヌキはイヌ科」というネタが繰り返されていますが、『ラブ・ミー・ぽんぽこ!』3巻でもその点が強調されていた事を思い出します。

狼と狐はイヌ科のイメージがあるけど、タヌキはイヌ科という印象が薄いので、狸クリエイターの方々は、そのあたりの一般認識を変えようとしているのかなと考えたり。

※ ※ ※

今回注目したコマ。
『ティーポット+』になってから、尾崎りさのケモミミ化率がわりと高いような気がします。
photo_1691










『ぶんぶくティーポット+』3巻P105(森長あやみ/まんだらけ)


りさはふみたちから「狐らしさが無い」と酷いことを言われたりしてますが、こうやって狐火を操っているところは十分に(化け)狐らしいですよね。

りさは(狡猾な印象のある)狐キャラにしては真っすぐで単純(直情的)なせいで、狐らしくないといわれちゃうんでしょう。

人と狐と龍、さらに猫と蛙!だれと一緒になる?『どらコン!』4巻

好きな同級生と恋人同士になりたいと願う、どこにでもいる15歳の少年・天野トオル。
近所の神社で「恋人ができますように」と熱心に願っていたら、縁結びの女神様(狐と龍)が出現し、恋愛成就に向けて色々と世話を焼いてくれるようになったのですが・・・。

神様と関わりを持ったことで、神様の罹る病「大神隠し」の影響を受け、周囲の女の子たちが大変けしからんことになってしまいます!

果たして、トオルは「大神隠し」を鎮めて、同級生とのごくごく普通の恋を実らせることができるのか!?

えっちな縁結び神様ラブコメ『どらコン!』の最終巻・4巻目が好評発売中です!

隣の席の可愛い女子・観音寺マイと恋人になりたいと願う、天野トオル。

縁結びの神様二柱・・・龍神ラミと稲荷神ウカノの協力を得て、マイと恋人になる!はずだったのですが、、、

ラミには遠回しに関係を迫られ、ウカノは自分のわがままボディに無自覚、さらに安産祈願の蛙神グク、猫娘の姿をした死神ケルにも目をつけられてしまい、トオルがマイと恋人になれるのか怪しくなってきました。

そのうえ、黄泉の国からの伝染病「大神隠し」により、トオルの周囲の女の子たちもおかしくなって、世界全体がトオルを巡る女の子たちのバトルロワイヤルの様相を呈してくる始末。

トオルが最後に結ばれるのは・・・!?

※ ※ ※

基本は王道えっちなラブコメでありながら、ケモミミや龍&蛙娘も含めて、マニアックな描写に魅力のあった良作でした!

というかこの作品、絶対、ふんどしになにかこだわりがあるよね。
女の子の相撲シーンを30ページ近く描いているところに、並々ならぬ熱量を感じてしまった、、、

※ ※ ※

今回気になった描写。

ケルに迫られて、ケルと結婚する想像をするトオル。
子供ができるところまで想像しているのが、なんとも勢い余っている感じで好き。
人間と猫神の子供なので、人耳と猫耳の両方を持つ風に描かれている点が面白い。
photo_1689























『どらコン!』4巻P108(触媒ヒロオミ/秋田書店)


人間の主人公が、恋人のケモっ娘と本当に子供を作ってしまう作品って少なくて(わりと「種族の違いで子供ができない」設定の作品が多い)、おそらく一番有名な例は『かのこん』だと思います。

最近の作品で一番、ケモ×人の子供が生まれる可能性があるのは『狐のお嫁ちゃん』かなあ。
ちなみに女性向けジャンル(特にBL)だと、ケモミミ×人間カップルで子供がいる描写をそれなりに見かけます。このあたりはジャンルの違いが感じられて興味深いですね。



萌え ブログランキングへ

猫っぽい娘が猫になるとどうなる??『セントールの悩み』20巻

【六本肢】で進化した人類の、ごく普通(?)の現代社会を描く『セントールの悩み』、記念すべき単行本20巻目が7月13日より発売中です!

COMICリュウ連載作品としては初の20巻目とのことですね。
これからもこの世界を楽しんでいきたいところ!

今回のラインナップは次のとおり。
 「修学旅行から帰った話」
 「両棲類人の都会進出の話」
 「御魂家三つ子が猫の呪いにかかる話」
 「姫のバイトの話」
 「ヘンテコな創作の話」
 「御魂家すえちゃんが留守番する話」
 「誘惑する鴉羽さんの話」
 「御魂家すえちゃんが迷子になる話」

今回は日常回が多めの巻でしたが、本作の「日常」ってかなり異質な部分があるので、読んでいて常に新鮮な印象を受けます。
セントール体形や獣耳尻尾といった形態の違いによる部分もあるのですが、それ以上に登場人物の思想や考え方に独特なものがあるんですよね。

独特と言っても、極端なギャグ的・変人的なものというよりは、都会人が田舎の村社会を見るような、逆に田舎の人間が都会の希薄な人間関係に驚くような感じの、カルチャーギャップに近いものがあります。面白いです。

あと、この巻は御魂家の末っ子のすえちゃんの印象が強い回でした。
だいぶ成長しているな~と、しみじみと感じてしまいます。

 ※ ※ ※

今回気になった描写。
御魂家の三つ子が猫の呪いで猫化するとヒゲが生える。
photo_1687























『セントールの悩み』20巻P40(村山慶/徳間書店)


こちらの世界の人間が猫化するとき、猫耳と尻尾が生えてくる、というのが一番わかりやすい描写ですが、セントールの世界の三つ子たちはそもそも猫耳も尻尾も生えているので、猫化するとヒゲが生えるという変化になるんですね~

『セントールの悩み』は、(こちらの世界から見て)人外種族メインな世界の人外orモンスター種族漫画がどのようになるのか、という点について、わりと本気で考察しているフシがあって(第163話もそんな感じ)興味が尽きないです。



萌え ブログランキングへ

下北沢の半猫娘たち!『ヒールをはいた猫』1・2巻

アイドルグループ「夢みるアドレセンス」が演じた伝説のファッションショーを元にした漫画!

下北沢を舞台に、クールでポップな猫又見習い「半猫(はんにょ)」の娘たちの日常を描く『ヒールをはいた猫』の、2017年からのWeb連載版を完結まで集約した書籍版1巻・2巻が7月9日より発売中です!
普段はごく普通の猫だけど、新月の日から8日間だけ人型になれる5匹の「半猫」。

運動神経抜群の、活発で元気な三毛猫「ミケ」。
感受性が強く、人やモノの真理を見抜く能力を持ったアメリカンショートヘアの「メイ」。
地域猫を従えている姉御肌のアビシニアンの「アビ」。
IQ270の天才で、甘え能力も高いラクドールの「ラグ」。
いつも本ばかり読んでいる無口で無表情なロシアンブルーの「ルシア」。

彼女たちは完全な「猫又」になるために、日々修行を・・・しておらず、
お洒落な若者の街・下北沢で、猫らしく自由気ままな日常を送っているのでした!

※ ※ ※

最初の1話は『東京ミュウミュウ』風というか、半猫たちが特殊能力を使って異変を解決する――みたいな雰囲気があるのですが、わりと早い段階で半猫たちが下北沢でイチャイチャする日常が描かれる漫画になります。

ある特定地域に住む猫娘たちを描く、という作品としては、先行作品として『ネコノクラスム』(2003~2005年)があります。これは武蔵野に住む猫娘たちの日常を描いた作品ですね。
ネコノクラスム (Xコミックス)
淺木 柚乃
フランス書院
2005-12-27


ちなみに『ネコぱら』は、神奈川県の猫娘を描いた作品だったり・・・。

※ ※ ※

今回気になった描写。
迷子の子猫を確保?したらしいミケのもとに駆け寄ってくる他の半猫たち。
だけど、ミケはなぜか逃げ出してしまいます。
photo_1685


















『ヒールをはいた猫』2巻P8(浅井結衣/堂島高博/講談社)


猫に限らず、動物はだいたい追いかけると逃げるか威嚇するかのどちらかの動作をするのですが、そういうシチュエーションがしっかり描かれている点に興味を持ちました。

まあ、人間も急に大勢が迫ってきたら、ちょっとたじろいでしまうよね、、、

本作、他にもメイが雷を怖がるシーンがあったりするので、細かい描写にも注目です!

日本全国の有名な狸妖怪と狐妖怪が大集合!『奇異太郎少年の妖怪絵日記』12巻

様々な妖怪をチートすれすれの技でぶっとばしてきた霊感少年・奇異太郎と、そんな彼を真正面からぶっ飛ばすことのできる座敷童女・すずの日常を日記形式でつづった人気WEBコミック『奇異太郎少年の妖怪絵日記』。

のんびりしていた本作も、今回、ついに最強の妖怪種族たちと対峙することになります!
「ω」の謎とはいったい・・・・!?

一年おきの愉しみである書籍版の新刊!
抱腹絶倒間違いなしの、最新12巻が7月20日より発売中です!
前回11巻は有名河童対決でしたが、今回は狸と狐の妖怪がメインの話になります。

狸だと「豆狸」「芝右衛門狸」「団三郎狸」「刑部狸」「太三郎狸」。

狐だと「管狐」「白蔵主」「葛の葉」「九尾の狐」が登場します。

今までわりとマイナーな妖怪が登場することの多かった本作ですが、ここに至って有名な狸&狐妖怪であることについては、あとがきで作者の強い想いを知ることができます。

『異世界妖怪サモナー』でもテーマになっていた、日本妖怪の「驚かす」能力の重要性が、この『奇異太郎少年』でも語られているのが興味深いです。

この12巻は、奇異太郎少年とホネ子の絡みが多くて、すずの影が薄いです。
ホネ子は物語上だいぶ後からの登場なのに、ここまでがっつりと嫁ポジションに入ってくるとは、かなり強力なヒロインですね~

古風な口調でしゃべるという時点で、すずと微妙に属性的にもかぶっていますし。

次の巻ではすずと奇異太郎少年の痴話ゲンカが見られるでしょうか?

 ※ ※ ※

本作、「葛の葉」には狐耳が生えていて、「九尾の狐」は狐のお面で狐要素を表現している点が独特です。
photo_1681
























『奇異太郎少年の妖怪絵日記』12巻P261(影山理一/マイクロマガジン社)


現代日本のサブカルチャーでは「葛の葉」と「九尾の狐」の性格が融合して一人の化け狐キャラクターになっていることが多いのですが、本作は別々のキャラとして登場します。

葛の葉は落ち着いた・・・というよりやや陰気な感じである一方、九尾の狐は派手好きで感情表現の激しい、正反対の性格をしているのですが――

どちらも母親属性持ちというところが、(他の獣耳とは違う)化け狐キャラの最大の特徴を表している感じです。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS