ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報

狼少女は人間社会を知らない。『赤ずきんの狼弟子』1巻

「人間」、「獣人」、そして「狩人」の三種族が住む世界。
獣人の天敵である若い「狩人」は、ひょんなことから、はぐれ狼獣人の子供を自分の弟子として育てることになりますが・・・。

狩るモノと狩られるモノが紡ぐ壮大なファンタジー『赤ずきんの狼弟子』の初単行本が2月9日より発売中です!

イグアニマ大陸には三種の人種が棲んでいます。
最も数が多く、巨大な社会を築いている「人間」。
人間と相容れず、時に彼らを襲撃の対象としている「獣人」。
その獣人を狩ることを生業としている人間のはぐれ者「狩人」。

人間社会に害をなす獣人を狩るので、狩人は人間から尊敬されているかといえばそうでもなく、“得体のしれない殺戮者”として恐怖と蔑みの目を向けられており、大陸に棲む三者の関係は非常に悪い状況にあります。

「狩人」の中でも異様に目立つ血のような赤毛をした男・ウル——通称「赤ずきん」はひょんなことから、親とはぐれたらしい人狼の少女・マニを拾います。

最終的に狩るモノと狩られるモノの関係になり、寝覚めの悪い結末になりかねないという周囲からの忠告をよそに、ウルはマニを自分の弟子として育て始めるのですが・・・。

 ※ ※ ※

近年の狼耳作品では良く題材になる、赤ずきんと狼の「狩る-狩られる」関係が逆転しているタイプの作品です。
このタイプは「狼耳少年—赤ずきん少女」という組み合わせになることが多いのですが(例1『愛狼童話赤ずきん!』 例2『赤ずきんちゃんは狼さんを泣かせたい!』)、本作は赤ずきんが男で、狼が少女になっています。あと、ギャグじゃなくてかなりシリアス寄りのファンタジーになっているのも特徴。



狩人は獣人の言葉を本能的に認識できない(ウルは狼少女マニの言葉が分からない)というのが、非常に面白い設定になっています。認識のずれでマニがピンチに陥ってしまうとか仲違いしてしまうとか、様々な展開を生み出せそうな設定なので、今後の展開に強く期待ですね。

 ※ ※ ※

昨年末のコミケで出した個人誌『総解説・狼耳史犬耳史』で、最近の狼耳キャラは「狼に育てられた野生少女」のイメージを備えつつあると分析したのですが、本作でもそのような描写が出てきます。
マニがスプーンの使い方を知らず、手掴みで食べようとする場面。
photo_1135














『赤ずきんの狼弟子』1巻P34(茂木清香/講談社)


「文明を知らない狼少女」は一時期少女漫画で流行したジャンルで、長い間途絶えていたのですが、それが狼耳キャラクターの形をとって再興の兆しを見せつつあるのは、とても興味深い流れだなあと思っています。


萌え ブログランキングへ

偉そうだけどめちゃ弱い、狼少女と冒険!『勇者のお兄さまは、ある日オオカミ少女を拾いました!!』

貴族としての地位を捨てて、冒険者として生きる青年。
彼はある日、やたら偉そうな狼獣人の少女(弱い)と出会い、彼女を連れて旅をすることになりますが・・・実は、その狼少女には大きな秘密があったのでした!

『小説家になろう』発の狼少女もふもふヒロイック・ファンタジー『勇者のお兄さまは、ある日オオカミ少女を拾いました!!』が2月15日より発売中です!

レイ・ガルネーレは王国騎士団長を務める家に生まれた長男。
将来は彼も騎士団を率いる立場になるはずでしたが、弟のパルス・ガルネーレが隣国の悪名高い魔王を討伐するほど優秀な「勇者」であったため、家督を弟に譲り、自らは家を出て剣の道一つで生きる冒険者へと転身しました。

広い世界に出て家の事情を外側から見るようになって、ようやくレイは弟が自分を家から追い出すために策動していたことに気づきましたが、もはや彼は家に戻ること(=騎士団を率いること)に興味はなく、ひたすら自らの能力・強さを極めることに関心を向けるのでした。

ある日、レイは故郷の隣の国・ディレク王国で自らを鍛えていたところ、行き倒れ?の獣人の少女を見つけます。

長い白髪に赤い瞳。頭に獣の耳、お尻から大きな尻尾を生やした少女は、レイが渡した水筒の水をごきゅごきゅと飲み干した後、こう言います。

——「なんだ人間、これくらいで恩にきたりしないからな」

お姫様かというくらい高飛車な態度の狼少女・プリムローズは、自分が何者なのか、なぜあの場所にいたのか、一切話そうとしません。
正直、行き倒れていた場所(魔物もいる場所)に自力で行けるはずがないほど弱い(戦闘能力が一切無い)狼少女の謎は深まるばかり。

とりあえず、行く当ての無さそうな(そしてレイ以外の人間とはその高飛車な性格が災いして上手くやっていけなさそうな)プリムローズを保護して、一緒に旅をすることにしたレイですが・・・。

※ ※ ※

数ページの短い章が連続して一つの物語を形作る、日記形式の作品です。
レイとプリムローズがあっちこっちを冒険する日々が描かれます。
Web版と物語の形式はそのままに、全体的に加筆修正された内容となっています。

偉そうだけど能力が追い付いていない狼少女プリムローズの愛らしい姿を愛でる、冒険日常物っぽい内容ですが、様々な謎に関する伏線がきちんと張ってあって、物語に良い刺激を加えています。

実は、結構SFっぽい仕掛けがされているんですよね。

ウィザードリィのシナリオ#7以降の雰囲気というか、バロウズのヒロイック・ファンタジーというか、そういうのを思い出す展開で、ちょっと懐かしい気分になったり。



 ※ ※ ※

猫じゃないけど、この作品にも狼少女をブラッシングする描写が出てくるよ!
やっぱり「ケモミミ少女ブラッシング」、じわじわ流行ってきているのかな?



萌え ブログランキングへ

猫耳娘を甘やかしたいよね!『クロミケ妖奇譚』2巻

宮沢ジョウジ31歳。
人生に絶望して自殺するつもりだったはずが、数奇な運命から猫又の少女が駅長を務める、妖怪のための鉄道路線「黒三毛鉄道」の運転士となりました。

今日もまた、その列車に新たな妖怪と人間が乗り込んでくることになりますが・・・。

鉄道&妖怪奇譚『クロミケ妖奇譚』の2巻目が2月9日より発売中です!

人間界と妖怪の村「猫又村」を繋ぐ路線の運転士として、だいぶ仕事にも慣れてきたジョウジ。
富山弁で喋るワガママな駅長・・・ゴスロリ猫又娘のクロミケに振り回されながらも、長年の夢だった運転士としての仕事に意欲的に取り組んでいます。

そんなある夜、首輪でつないだ狐娘を連れた青年と、おどおどした狸娘を連れた軽い雰囲気の男が、黒三毛鉄道に乗車しようとします。

ジョウジは青年が狐娘を乱暴に扱う様子を見かねて、青年に厳しい言葉で注意したところ、青年からの思わぬ反撃を受けることになりますが・・・!

 ※ ※ ※

猫耳娘のクロミケに加えて、狐耳娘の狐羅々(きらら)と、狸耳娘の狸里子(りりこ)が登場します。
最近の妖怪モノはやっぱり、狸耳キャラの登場率が高いね!
もう数年もしたら『狸耳史』で一冊同人評論が書けるくらい作品例が揃いそうな感じ。

『うどんの国の金色毛鞠』の記事で、狸耳キャラと関連づけられやすいものに「四国」と「寺」があると考察しましたが、狸里子は四国出身のようだけど、所属は寺ではなく神社のようです。
このあたりは狐耳キャラの考え方と混じっているのかな?

 ※ ※ ※

本作、ジョウジがクロミケの世話をする描写が個人的に凄くツボで良い!のです。
photo_1134






















『クロミケ妖奇譚』2巻P95(ロクザキ/小学館)


上のコマはジョウジにご飯を食べさせてもらうクロミケですが、今までの猫耳作品でありそうでなかった場面なのですよね。

女の子に命令されたりいじめられるのが良いというのとはちょっと違って、あくまでワガママな「猫」と「飼い主」的な関係になっているのが良いのですよ。ワガママな所にも甘えてる感があるというか・・・。

猫耳娘の猫っぽさを出すのに、猫耳娘に猫っぽい仕草をさせる、という手法は一般的ですが、こういう「飼い主」役との関係性によってクロミケの猫っぽさを出しているという点で、本作は秀逸だと思うのです。



萌え ブログランキングへ

「僕を飼育して下さい」(byキラキラした狼少年)『みみつきのクロ』1巻

雨の日に拾ってきたわんこが、お風呂に入れてみると突然男の子になってさあ大変?!
困っている人は放っておけない生真面目少女と、彼女に忠実な狼少年のドキドキ共同生活を描く『みみつきのクロ』の初単行本が1月25日より発売中です!

吾田くるみはしっかり者の15歳女子。
人が困っているとどうしようもなく気になってしまうタイプで、常日頃から他人の世話ばかりしており、実際人からもよく頼られている少女です。

ある日、彼女は雨に濡れてびしょぬれになった野良犬(?)を可哀そうに思い、寮の自分の部屋に連れて帰ります。
汚れた犬をお風呂に入れてタオルで拭いてみると・・・なんとその犬は裸の男の子になってしまったのでした!!

犬耳尻尾の生えたその少年は「黒木光」と名乗り、人間社会に紛れて暮らす狼人間(獣人種/ステラ)なのだと自己紹介します。
狼人間は人型への変身を安定させるために愛情で結ばれたパートナーを探す必要があるらしく、光はくるみをパートナーと定めたようなのでした!

まさに犬のようにベタベタ甘えてくる上に、やらたくるみの世話をしようとする光。
他人の世話をしたい自分の性格とかぶってしまっていることで、くるみは光への対処に悩むことになりますが、、、

 ※ ※ ※

作者の「ケモミミ男子描きたい!!」という想いが溢れまくった作品です。
少女漫画のケモミミ男子・・・特に狐・狼系はわりと高慢なタイプ(ある種のツンデレ)が多い傾向にあるのですが、本作の光は物腰丁寧&ベタ甘で、狼少年としてはちょっと独特の印象があります。

狼少年が狼なのに終始犬のように見なされている点や、「少女漫画」という共通点から、『オオカミ少年こひつじ少女』と比較してみると興味深いかと。


 ※ ※ ※

過去のケモミミ作品を再確認していないのであくまでイメージなんですが、「拾ってきた動物がケモミミ人間になる」という展開の時、少年・青年漫画だと猫→猫耳少女が多く少女・女性向け漫画だと犬→犬耳or狼耳少年のパターンが多いイメージがあります。

昨年末のコミケで出した個人誌『総解説・狼耳史犬耳史』でも、イヌ科ケモミミキャラは男性向けより女性向け作品に多く登場していると分析したのですが、そのあたりとも相関があるのかもしれません。

 ※ ※ ※

最近、興味を持ってチェックしている「猫耳娘をブラッシングorグルーミングする描写」( 例1 例2 例3 例4 )

本作にも、似たような描写が出てきました!
狼耳少年が飼主の少女をブラッシングするという形で!

photo_1133

















『みみつきのクロ』1巻P56(かるき春/集英社)


この描写は欄外の作者コメントから、かなり意図的に狙ってやったものみたいですね。
(世話するはずの対象に世話されている、世話好きのくるみの居心地の悪さが表現されている)

最近、「ケモミミ&ブラッシング」という描写が全体的に増えてきていて、面白い状況になりつつあるなあと思ってます。


萌え ブログランキングへ

しっぽだらけの最終話!『ノーゲーム・ノーライフ、です!』4巻

大人気のゲームバトルノベル『ノーゲーム・ノーライフ』に登場する最強ケモミミ幼女・初瀬いづなを主人公にしたスピンオフ漫画『ノーゲーム・ノーライフ、です!』の完結編4巻目が1月23日より発売中です!

いづなはゲームにおける自分の「勝ち方」を模索し続けています。
カギになりそうなのは、空&白と中途半端に対戦した日の夜に現れた、自分とそっくりな存在「ブラックいづな」。
東部連合の首都で行われる「大祭」にブラックも参加するはずだと考えたいづなは、人波でごった返す首都・巫鴈にその身を躍らせますが・・・。

いづなの「勝ち方」探しの結末やいかに!?

 ※ ※ ※

#16話『幼女救出統一戦線』といった完全ギャグ回を交えながらも、いづなの悩みの決着に向けて、徐々にシリアス・・・というか少年漫画的な熱い展開に移行していく最終巻です。

今回のいづなコスプレの見所はウェディングドレス!
あと、着物脱げかけ&すっぽんぽんの場面も多かったり。
さらにクラミーがウサミミコスプレしてます。

 ※ ※ ※

過去に『奇異太郎少年の妖怪絵日記』の記事で「多数の尻尾を持つ狐系キャラを漫画に登場させる時は、うまく処理しないと画面が尻尾だらけになる」と書いたことがあるのですが、本作は終盤でいづなと巫女が対面するにあたって、画面の結構な割合が尻尾になります(巫女の二本尻尾はいうに及ばず、いづなの尻尾も結構大きいので)。
photo_1132


















『ノーゲーム・ノーライフ、です!』4巻P139(ユイザキカズヤ/原作・榎宮祐/KADOKAWA・メディアファクトリー)


本作の場合、尻尾だらけになるのは最終局面なので、もう尻尾だらけになっても構わないというか、むしろ尻尾がサービスだよ!というか、そういう割り切りでやっている感があって良いです!

記事検索