ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

新刊情報(小説・その他)

仮面の狐っ娘という姿が独特だよね。『生活魔術師達、世界樹に挑む』

魔術に関するエリートを輩出するエムロード王立魔術学院における一番の不人気学科「雑用科」・・・ならぬ「生活魔術科」。
でも実は、学園でもトップクラスの実力者たちが集う、恐るべき集団なのでした!

そんな生活魔術師達が、今回は世界樹の謎に挑みます!

人気の魔法学園小説《生活魔術師》シリーズの第四弾!
『生活魔術師師達、世界樹に挑む』が9月13日より発売中です!
それまで不人気だった「生活魔術科」ですが、所属する三人の生徒の驚くべき活躍により、近頃はその名を馳せるようになってきました。

七文字で表現できるものなら、どんな効果でも実現できる「七つ言葉(セブン・ワード)」の使い手の不良学生ケニー・ド・ラック。

使い魔の生成に関する事ならなんでもお任せの、生活魔術科のムードメーカー、リオン・スターク。

レア能力「時空魔術」の習得者、東方出身の強気な仮面の狐っ娘ソーコ・イナバ。

潰れかけていた生活魔術科を支えるべく奮闘してきた三人ですが、ここにきて、人気学科「戦闘魔術科」への移籍の話が持ち上がります。

それまでさんざん馬鹿にされてきた上に、戦闘に全く興味がない三人は、移籍話を華麗に蹴って、百年に一度の開花を迎えて、かつてない盛り上がりを見せる「世界樹」へと向かうことになりますが・・・!

※ ※ ※

ファンタジー&学園モノという組み合わせが好きな人には、かなりオススメできるシリーズです。
いわゆる魔法学園モノって某ハリーポッターも含めて一大ジャンルが作れるくらい作品数があると思うのですが、あまりジャンルとして語られないですよね。
まとまった評論みたいなのを読んでみたいところ。

本作、魔術に関する世界の価値観が、『若者の黒魔法離れ~』と逆なのが面白いなあと思ったり。
『若者の黒魔法離れ~』の世界は平和で安定しているので攻撃魔法の使い道が無くなっているのですが、本作《生活魔術師》だと危険な魔物が多い世界なので、攻撃魔法の需要が多くなっているわけですね。

本作随一のケモミミヒロイン、ソーコ・イナバは、今回もツンツンぶりに磨きがかかっています。
仮面の狐っ娘という姿がやはり独特なんですよね。

過去に「仮面属性と結びつくのは狐耳だけ」という仮説を立てたことがありますが、このあたりきちんと精査してみたいところです。



萌え ブログランキングへ

女子高生三人としばさん(柴犬)、原始の世界で本気のサバイバル!『やせいのいしおの!~異世界ケモミミサバイバル~』

ケモミミ娘と、ラヴクラフトめいた名状しがたき存在が生息する謎のメルヘン原始世界を舞台に、転移してきた女子高生たちが本気でサバイバルします!

超異色転移ファンタジー『やせいのいしおの!~異世界ケモミミサバイバル~』が10月10日より発売中です!

タイプの違う仲良し女子高生三人組はある日突然――異世界に落ちてしまいました!

手芸が趣味で、優しい雰囲気を漂わせた天持東、
動物研究者の両親を持つ、アウトドア経験豊富な増永南、
読書家で知識量は物凄い、やや暴走しがちな眼鏡っ娘の西村千秋。

井戸に落ちて全く見知らぬ世界にやってきた三人は、この世界に村や街どころか、人のいる痕跡さえ全く無いことに途方に暮れてしまいます。

とりあえず、まずはキャンプをつくって腰を落ち着かせようとする三人ですが、全く道具の無い中では火を起こすことですら一苦労。

ようやく焚火をつくって人心地ついたところで――三人は巨大なタマネギに多数の触手が生えたのバケモノのような存在に、犬耳尻尾の生えた女の子が襲われている場面を目にしてしまいます。

一体、この世界は何なのか?
果たして、女子高生たちは無事に元の世界に戻ることができるのか!?

 ※ ※ ※

動物が人型になったような女の子たちが暮らす、文明の全くない世界で、文明世界の知識を持った女子高生たちがやってくる・・・という、一種の内政チート型の作品なのですが、本作は「どんなに知識があってもそう簡単にはチートできない。現実はそんなに生易しく無い」という点を徹底的に描いています。

いわゆる石器を作るにしても、石器に向いた石種を選ばないと全く使い物にならないとか、弓弦式で火を起こすには、十分な強度のある「ヒモ」が無いと駄目だとか・・・。

あるサバイバルをするのに必要な道具を、素材探しまで含めて一から作るにはどうすれば良いか、という点を、女子高生と犬耳娘がキャッキャウフフ(?)しながら、ライトな雰囲気でとことん詳細に描く作品です。

ヒモや籠の作り方に関する内容は、非常に読みごたえがありました。

 ※ ※ ※

「動物が人型になったような女の子たちが暮らす、文明の全くない世界に、人間が文明の知恵をもたらす」というあらすじだけだと、アニメ版『けものフレンズ』1期に似ているのですが、内容や雰囲気はかなり違いますね。

ヒト代表たる女子高生三人は、道具一つ作るのに大変な苦戦をすることになりますし、世界観はほのぼのメルヘンなようでところどころ不気味という・・・。

本作の動物娘たちの敵兼食料である「ぷろびでんす」って、たぶんラヴクラフト(米国プロビデンス出身)の小説に出てくるようなアレコレをイメージしているんでしょうし。

人のいない世界のはずなのに、犬耳っ娘「しばさん」が女子高生たちを「かいぬしさん」と呼ぶのも謎めいています。

物語は次巻に続くみたいなので、これからの展開が愉しみなのです!

 ※ ※ ※

ケモミミ娘としては表紙の「しばさん」のほかに、「二ホンリス」「カワネズミ」「二ホンアナグマ」が登場します。
基本的にはしばさんがメインヒロインとして描かれている感じですね。

しばさんは仕草も性格も「自立心の強い」柴犬っぽくて超カワイイので、犬耳っ娘好きならオススメです!

ケモミミ母子っていう設定は珍しいかも。『ソード・ワールド2.5リプレイトライ 継承される物語』

和製TRPG代表作『ソード・ワールド2.0』の10年ぶりの改訂版『2.5』を使ったリプレイ集です。

ブルライト地方を舞台に、様々な事情で旅を始めることになった新米冒険者たちの活躍が描かれます!
『ソード・ワールド2.5リプレイトライ 継承される物語』が9月20日より発売中です!

剣と魔法の世界ラクシア。
今回の舞台はラクシアの一地方、温暖な気候と太古の魔導文明時代の遺跡に彩られたブルライト地方です。

ブルライトの中央に位置する港湾都市の冒険者ギルドには、少々ワケありで冒険者になった四人の新人が集っています。

《魔剣の迷宮》で行方不明になってしまった夫を探すため、急に冒険者になることを思い立った、34歳のリカント女戦士・ジューンベリー。

ジューンの息子で、豪胆で大雑把な母にやや振り回され気味の、16歳のリカント少年グースベリー。職業的には神官ですが、盗賊の神ミルタバルを信仰しているので、パーティ内ではスカウト役を務めます。

何の準備もせず《魔剣の迷宮》に突入して怪我をし、ジューン母子に助けられた、計画性ゼロの迂闊なナイトメア魔法戦士・ディクス。

もふもふなジューンの夫に一目惚れし、なかば追っかけをする形で冒険者になった、マルチタレントなエルフ15歳のモーレンジ。

全員、ややマルチタレント傾向である点が珍しいこのパーティが挑むのは・・・
古代のイベント会場?の謎に、
古代兵器(ガ〇ダ〇?)の謎、
華麗な闘技大会に、
VRゲーム&人工知能との対決!?

これまでのソード・ワールドリプレイとは一味違った冒険が繰り広げられます!

 ※ ※ ※

今回のコンセプトは「ゲームマスターをするって、とっても楽しい!」という点と、これまでのリプレイ集がだいたい真面目なファンタジーだったので、ギリギリまで弾けたシナリオにしよう、という事のようです。

特に「同人誌即売会」というイベントをファンタジー世界に持ってくるとどうなるか、を描いた第一話『呪われし熱狂の宴』は、TRPGやソード・ワールド関係なく、変わったファンタジー読みたい人にはかなりおススメです。

確かに二次創作同人誌って、数百年後の世界まで残っていたら「偽書」っていう扱いになるなあと、なるほどと思わされる描写がたくさん。

イアン・ワトスンのSF短編『二〇八〇年世界SF大会レポート』みたいな話が好きな人は、ぜひ読んでみましょう。
スロー・バード (ハヤカワ文庫SF)
イアン ワトスン
早川書房
2007-06-01


※ ※ ※

ケモミミブログとしては、今回、ケモミミ種族リカントが二人もメインキャラとして登場する点が要注目ですね!
ケモミミ母-娘、父-息子、父-娘という関係は時折見かけるのですが(『中年冒険者の魔物メシ』のレスティナ&ティルシアとか)、母-息子という関係のキャラクターは珍しい気がします。
本作は息子のグースよりも母のジューンの方が破天荒ということもあって、どちらかというとグースが保護者役になっており、そういう母子関係に萌える人にもオススメですね!

主人公以上に、のじゃロリ狐娘大家さんが超強え小説。『ラスボス手前のイナリ荘~最強大家さん付いて〼~』

英雄になりたいわけではなく、安定した公務員待遇を目指して勇者学校に通う青年。
彼の師匠は学校の先生でも歴戦の勇者でもなく・・・下宿先ののじゃロリ狐娘大家さんだった!?

《小説家になろう》発の、主人公じゃなくてのじゃロリ狐娘大家さんが無双するノベル!
『ラスボス手前のイナリ荘』が7月30日より発売中です!
(ちなみに電子版は8月24日より発売予定です!)
安定した公務員になることを目指してベルンハルト勇者大学に入学したオルゴ青年。
彼は自身の実力の目安になる(そして、就職先の目安にもなる)国家主催の「等級認定試験」で、5ランク中下から二番目の「語り草(トピック)級」になることを目標にしています。

公務員になるには「語り草級」以上でなければならないのと同時に、それ以上のランクだと危険なモンスターの討伐など、面倒くさい仕事をさせられる可能性があるので、あえて「下から二番目」を狙っているわけです。

そんな志の低いオルゴを、下宿先の大家さん・・・元公務員だったという年齢不詳ののじゃロリ狐娘大家さんが、なぜか熱心に指導してくれます。

大家さんの課す「公務員になるための」地獄のようなトレーニングを二年間耐え抜いたオルゴ。
しかし実は、大家さんには全く別の目的があったのでした――!

※ ※ ※

見た目は何の変哲もない大家さん(狐の耳と尻尾が生えてるけど)が、凄まじい戦闘力を見せつけるというギャップが笑いを誘うユーモアファンタジーです。

実際、大家さんとオルゴがいなければ世界が何回か滅びているレベルのモンスターを討伐しているのですが、大家さんたちはあくまで「イナリ荘の環境を悪くする害虫駆除」をしているつもりでしかありません。

大家さんの真の目的は何なのか・・・?が、物語の中で少しずつ明らかにされていきます。

※ ※ ※

創作物における「ケモミミキャラの大家(管理人)率」って結構高いんじゃないかという印象があるのですがどうなのですかね?

ぱっと思いつくところだと、『足洗邸の住人たち。』、『まりあ†ほりっく』、『ヒトでなしに振り回される童貞。とてもつらい』『いずも荘はいつも十月』、『書生葛木信二郎の日常』がケモミミな管理人さんの登場する作品です。
ケモミミ作品で、普通の人間の管理人さんが出る話もそれなりに多いので、きちんと集計してみないといけませんが・・・。



萌え ブログランキングへ

独特の魅力にあふれたタイムトラベル・ファンタジー(ネコミミ少女もいるからお得!)『そして異端の創換術師(アセンブラ)』2巻

魔法文明の最先端を担う学生たちが、タイムスリップして千年前の古き魔法世界を救う!

タイムトラベル&ケモミミヒロイン&魔法バトル小説『そして異端の創換術師(アセンブラ)~現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る』2巻目の電子版が8月10日より発売中です!
(ちなみに書籍版も先月より発売しています)
魔法による遠隔通信(念話)に、膨大なエネルギーを生み出す魔力塔、人の代わりに戦う魔導機械など、高度に発達した魔法世界。

その魔法文明の最先端を担うソブルム魔法学院の学生二人・・・独自の魔導工学を専門とする“創換術師”エリオットと、彼の幼馴染で学院首席の猫獣人アーシェは、ある日突然、千年前の世界に時間転移(タイムスリップ)してしまいます。

列強三国が果てしない争いを続ける「魔導大戦」と呼ばれる時代。
この時代の誰もが戦争の行方にしか関心が無い中、未来から来たエリオットたちだけは、これから起こることを知っています。

戦争とは全く関係なく、突如として異世界の魔神が現れ、その軍勢によって人類が滅亡寸前になってしまうことを・・・!

魔神を倒す英雄となるはずの人物・ディランと接触したエリオットとアーシェは、敵国に囚われた姫を助けるため無謀な行動を起こそうとするディランがやられて歴史が変わることの無いように、彼に助太刀することになりますが・・・。

囚われの姫を求めてローエンブルク聖王国に潜入したエリオットらの前に、もう一つの大国・ジルタリア帝国の伝説の大錬金術師――千年後の最新魔法すら超越する術を行使するユーグ=アルマンが立ち塞がります!

※ ※ ※

助かるはずの無かった者を救ったことによる歴史の変化、千年後の技術を「見せてしまった」ことによる技術革新の加速、そして主人公たち以外に未来から干渉している存在の謎など、様々な要素が絡み合って複雑な様相を見せる物語がたまりません!

世界観は一貫して魔法ファンタジーなのですが、時間SFっぽい要素が多数詰め込まれていて、個人的にかなり好きなタイプの物語です。

※ ※ ※

今回も表紙になっているアーシェは相変わらずネコネコしくて可愛らしい。
緊張すると尻尾を膨らませたり、怒ると激しく振ったりして、どちらかというと猫耳よりも尻尾に感情が出るタイプのようです。

本作、冒険におけるメンバーの個性も良く出ていて、
独自の技術開発や応用は得意だけれど魔法力そのものは平凡なエリオット、
使える魔法はスタンダードだけれど天与の才能で無尽蔵の魔力を有するアーシェ、
魔法学院とは異なる系統の幻術で仲間をサポートするラキア、
千年前の世界に関する詳しい知識・情報を提供するフラミリス、
とにかく力押しのパワーで道を切り開くディラン、

といった風に、それぞれの長所と短所をうまく補い合っている点が魅力になっています。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS