ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

アニメ感想

ケモミミアニメの感想。『旗揚!けものみち』第9話

辛辣なシグレ!

●第9話 プリンセス×パンツ
9話は原作第11話・12話と同じ内容に、アニメ版独自のネタが追加されているような感じになってますね。

原作は魔王ネタはこの回で終わりだったけど、アニメ版ではイオアナとMAOが絡んできて、話がさらに膨らむ形になっているのは巧いなあと思いました。

あと、源蔵の決め台詞「俺は勇者じゃない。・・・レスラーだ!」が意外にもカッコ良い。
ファンタジー世界でレスラーって、もともとはネタなんでしょうけど、源蔵クラスの強さだとわりと説得力がついてきて、一種の称号になっている所が素敵です。

源蔵はケモノ狂いさえなければイイ男なんですが、そういう「残念」な所が、暁なつめ作品ならではなんでしょうね。

※ ※ ※

魔王について思い悩む源蔵に対して、反応の辛辣なシグレ。

ほぼ同じ台詞なのですが、原作とアニメ版で印象が異なります。
原作は無関心といった様子ですが、アニメ版は「うんざり」感が凄いんですよね。

このあたりは関根明良さんの演技ならではといった感じです。

関根明良さんの声がシグレにぴったりすぎて、最近は原作のシグレも関根さんの声で再生されます。

※ ※ ※


ケモミミアニメの感想。『アズールレーン』第06~08話

ケモミミ・ダークファンタジーアニメ(ミリタリアニメとはいわない)の感想です。
エピソード6~8話をまとめて!

●第06話 【羈絆】絆を繋ぐ、心を縛る

●第07話 【死線】決意と、愛のために

●第08話 【交錯】抱きしめて離さない


本作、赤城&加賀をはじめ、プリンツ・オイゲン、翔鶴にオブザーバーと「悪の幹部」っぽいキャラクターが多いのに、みんなキャラが被らないようになっている、というなかなか稀有な作品なんですよね。

そんな悪の幹部集団に、全く属性の違う力・・・自然災害のようなエンタープライズが襲い掛かかってきてさあ大変という構図かな?

世界の様相が謎めいているというか、やや不条理ホラーっぽさもあるのは、元ゲームもそうだからわりと好ましい感じ。

※ ※ ※

つまるところ、ここ数話でメインの赤城・加賀・天城がキツネさんなので、ケモミミ成分を目的に見ている私のような人間にとっては、言うべきことはないのですよ~
お面付けたちっちゃい赤城や加賀が超可愛かったし。

さらに、アライさんハムマンや、明石にゃん、のじゃロリ兎娘甲型駆逐艦・陽炎といった、個人的好みのケモミミさんもあらためて登場してくれたのでそれなりに満足なのです。

欲を言えばもう少しもっふり感があれば・・・。

この作品のバトル描写はとても好きだけど、6話とか上の6.5話みたいな、ケモミミ艦船たちがただただいちゃいちゃしてるだけの話ももっと見てみたいなあ。

※ ※ ※

6話・7話あたりの、重桜の艦船がたくさん登場している場面で、端から端まで探したけれど夕張はいなかった、、、
まだまだ話数はあるし、最後まで希望を捨てないのです、、、

ケモミミアニメの感想。『旗揚!けものみち』第8話

まさか本当にケモミミがプロレス始めちゃうとは・・・。

●第8話 ケモナー×興行
当ブログでもたびたび取り上げている「ケモミミがプロレスする」事例(例1 例2)ですが、アニメ『けものみち』は完全に当てはまりましたね。
原作だとプロレスネタはやや控えめなので、これはアニメ版ならではの要素と言っても良いかも。

※ ※ ※

それにしても今回はミーシャがとても良かったですよ~
アニキのためにがんばる彼女が健気で、この作品の中では一番まともな正統派ヒロインの素質があると思いますよ。
でも、戦闘能力はあんまり無いような感じですね。
猫だからもう少し強くてもよさそうなものですが。


興業の後、シグレの努力を全部ぶちこわしにする源蔵&花子&カーミラですが、ぶっちゃけプラマイゼロなだけ原作よりだいぶマシかも・・・。

原作の源蔵とカーミラは、ホントに駄目人間極まりない所業を見せてくれますからね~

※ ※ ※


ケモミミアニメの感想。『旗揚!けものみち』第6話・第7話

ここ2回は爬虫人類バンザイな感じなラインナップでした。
2話まとめて感想です。

●第6話 ポンコツ×ご主人様
アニメオリジナル展開。
花子とカーミラが中心なので、ケモミミ成分としてはおしっこしているひろゆき(3秒)、巨大ワームとの戦いの回想中に出てくるシグレ(4秒)と、ごくわずか。

イオアナが花子につっかかる理由は、器がちっちゃい感がしなくともないけど、「けものみち」の面々ほどの残念感はないですね。
いかにも貴族っぽい理由で、常識的な範囲内の人、という印象。




●第7話 初弟子×めんどくさい人

この話、原作でも凄く好きなんですが、アニメになってもノリが全然変わっていなくて最高でした。
本作、繰り返し芸による笑いを特色としていますけど、この回の源蔵のめんどくささ加減は筋金入りだと思うんですよ。

読者・視聴者も「もうやめてやれよ・・・」と思うくらいのめんどくささがあって、しかもこういう態度を取る人はまれにいる、という点で、あるある感も醸し出していて素晴らしいのです。

ケモミミスト的に注目は、セリスの修行中に見せるシグレの俊足。
本作、源蔵や花子がバケモノじみた強さを発揮するせいで、相対的にシグレの身体的な能力に目が向きにくいのですが、狼娘キャラの例にもれず、シグレはわりと戦闘能力高めなんですよね。

せっかくアニメ独自展開もやっているので、シグレが本格的にバトるエピソードも見てみたいな~と思います。

※ ※ ※


ケモミミアニメの感想。『旗揚!けものみち』第4話・第5話

5話はアニメオリジナル展開が多くなってきた!
2話まとめて感想です。

●第4話 魔獣×バイト
カーミラは1話も経たずにメッキがはがれちゃった感じ、、、
源蔵の「獣耳も尻尾も無い居候なんか範囲外だしどうでもいいや」の物言いには爆笑してしまいました。
ゲスすぎる台詞だけど、ケモミミストは本音の所でわりとこういう感覚を持っていたりするのではないかと、、、


●第5話 ケモナーマスク×MAO

ケモナーマスク時代のライバルMAOが話に絡んできて、ここからオリジナル展開が多くなってくるのかな?
何気に4話も原作とは展開が変わっていたし、これからどういう話になっていくのか気になります。

※ ※ ※

途中のアイキャッチでミーシャがプロレス技をかけているのを見て、このアニメも「ケモミミがプロレスする作品」なのだなあと気づいたり。
当ブログでもたびたび取り上げている「ケモミミがプロレスする」事例(例1 例2)ですが、これって何なんですかね~

「眼鏡っ娘がプロレスする」「巫女さんがプロレスする」「妹がプロレスする」といった他属性の事例と比較して、「ケモミミプロレス」率はわりと高いんじゃないかと思っているんですが、、、
ケモミミブログとしては、この謎も気になるところです。

※ ※ ※


記事検索
最新コメント
RSS