ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

アニメ感想

ウマ耳アニメの感想『ウマ娘 プリティーダービー』第13話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『ウマ娘 プリティーダービー』EXTRA R 響け、ファンファーレ!



ついに最終話!

前回の感想でも書いたけど、競馬に詳しくないのでこのウインタードリームトロフィーの出走馬の凄さを実感できないところが本当に悔やまれます。
コーエーの『信長の野望』や『三国志』で名将だけ集めた仮想国プレイするのと似たような感じなんだろう、というイメージはつくのですが・・・。

感動の結末!でキマった感じだったのに、最後に流れる歌が『うまぴょい伝説』だったことに笑ってしまいました。
ウマ娘というコンテンツに初めて接したころ(2016年ごろ)の印象はこの歌だったので、妙に懐かしい気持ちに。あらためて聞くと、この作品の賑やかなフィナーレに相応しい歌ですね。

ウマ娘、最初に知ったころはもう少し萌え萌え~ゆるゆる~なコンテンツになるのかと思っていたので、こんなにちゃんとスポ根モノな作品になるとは意外でした。
今後のゲーム等の展開も楽しみです。

※ ※ ※

過去に私が書いた「全くの競馬初心者がウマ娘の印象から推察した、この競走馬はこういう感じ!」の答え合わせをしてみました。
アニメを見ているだけで本物の競走馬について知ることができた、という点で、やっぱり擬人化モノとして質の高い作品だったのだなあと感じます。

●スペシャルウィーク
・北海道生まれ。⇒ 〇 北海道の日高大洋牧場
・お母さんは自分が生まれたときに死んでる。 ⇒ 〇
・普段は元気だけど、実はかなり神経質で緊張しやすい。⇒ ? 人懐っこかったらしい
・中盤から追い上げるタイプ。 ⇒ 〇 差し戦法
・たくさん食べる。⇒ ?
・かわいい。 ⇒ ◎ 馬はみんなかわいい

●サイレンススズカ
・大人しい美少女。⇒ 〇 子供の頃は大人しい
・意外とトレーナーの言う事は聞かない。自分の走りたいように走る。⇒ 〇 旋回癖のエピソードなど
・最初から最後まで全速力。⇒ 〇 大逃げ
・かわいい。 ⇒ ◎

●ハルウララ
・ちっこい。⇒ 〇
・人懐っこい。⇒ ? 臆病という評価が多い感じ。
・すばしっこそうに見えるけどあんまり速くない。⇒ 〇
・スタミナもあまり無さそう。⇒ 〇
・それでも走るのは好きそう。⇒ 〇 レースでは一生懸命走っていたらしい。
・かわいい。 ⇒ ◎

●オグリキャップ
・たくさん食べる。⇒ 〇
・かわいい。 ⇒ ◎

●クイーンベレー ⇒ 架空馬? 
・いろいろとでかい。
・気性が荒い。
・中盤から仕掛けてくる。
・ぶつかってくる。
・かわいい。

●セイウンスカイ
・普段はのんびりした雰囲気。・実は負けず嫌い。
 ⇒ 〇 後から才能を見いだされたというエピソードを反映している?
・薄緑っぽい。⇒ △ 白っぽい感じ
・逃げる走り方も、中盤から追い上げる走り方もできる。
 ⇒ 〇 スペシャルウィーク対戦時の流れは史実通りなんですね。
・皐月賞で一着。⇒ 〇
・かわいい。 ⇒ ◎

●トウカイテイオー
・他のウマよりちょっと小さい ⇒ 〇 平均よりやや小柄
・歌ったり踊ったり軽快なタイプ。⇒ 柔軟性や「テイオーステップ」の表現。
・歌ってる時の尻尾の動きがかわいい。⇒ ◎かわいい。
・ボクっ娘だから何か男の要素がある? ⇒ ?「貴公子」などの要素が入ってボクっ娘に?
・かわいい。 ⇒ ◎

●タイキシャトル
・エルコンドルパサーと同じくインチキ外国人っぽい口調なので、外国生まれ?
 ⇒ 〇 アメリカ生まれ
・微妙に太い。⇒ 〇 G1勝利の頃は平均より太め。
・ポジティブで人懐っこい。⇒ ?
・スペシャルウィークより年上?⇒ 〇  1歳年上
・短距離が凄く速い。⇒ 〇
・G1レースで二連勝。⇒ 〇
・かわいい。 ⇒ ◎

●メジロマックイーン
・お嬢様っぽい。⇒ 〇 メジロ87年組。子供の頃は病弱。
・耳の先っぽだけ黒い。⇒ △ 先っぽよりも耳の内側が黒い?
・トウカイテイオーとはライバル?⇒ 〇 1992年天皇賞(春)で「世紀の対決」
・ゴールドシップと何か因縁がある?
 ⇒ 〇 リアル馬は祖父と孫の血縁関係、、、そうだったのかー
・チームに所属していないのは、何か元ネタがあるのかな。⇒ ?
・かわいい。 ⇒ ◎

●グラスワンダー
・まじめで丁寧で落ち着いた印象。⇒ 〇 非常に大人しいという評価。
・髪の毛からすると栗色っぽい。⇒ 〇 栗毛
・一度故障したことがあるけれど、ちゃんと復帰した。
 ⇒ 〇骨折の後、グランプリ三連覇。
・毎日王冠というレースで負けた?⇒ 〇 一度目は負けて、二度目で辛勝。
・スペシャルウィークと同じく、中盤から追い上げるタイプ。⇒ 〇 差し戦法
・かわいい。 ⇒ ◎



萌え ブログランキングへ

ウマ耳アニメの感想『ウマ娘 プリティーダービー』第12話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『ウマ娘 プリティーダービー』第12R 夢の舞台



このアニメって全13回だったのか、、、12回で終わりだとばかり思っていた。

今回の見所はなんといっても「ドアに聞き耳を立てるグラスワンダー」!
動きがかわゆい!
このアニメはちゃんとウマ耳の娘が本当にいたらどう行動するかをちゃんと考えた動作をさせるのが素晴らしいです(ケモミミがあるのに人耳キャラみたいな仕草をしない)。

このシーンに隠れて目立たないけど、そのあとの「スぺちゃんの耳にささやくエルコンドルパサー」の動きも良い!
頭の上に耳があるウマ娘にささやくならば、ささやく側が背伸びをするか、聞く側のウマ娘が身体を少し屈めないといけないんですよね。この場面、ちゃんとスぺちゃんが身を屈めています。
ウマ娘だけでなく、狐耳娘など耳が頭の上にあるケモミミキャラには必須の動作ですね。

※ ※ ※

スぺちゃんがブロワイエに勝ったのはちょっと意外だったなー
ギリギリ勝てなくて、また将来の目標として立ち塞がる、という流れになるのかなと思っていたので。
ネタバレが怖くてあまり史実を調べないようにしているのですが、ちょこっと流れてくる情報ではアニメの展開は史実どおりなんですかね?
次回の感想で一通り答え合わせをしてみる予定です。

最終回は名馬を集めた夢のレースみたいな設定らしいですが、このあたり、競馬を知っている人なら本当に面白いんだろうなあ。真の感動が実感できないところが悔やまれます。



萌え ブログランキングへ

ウマ耳アニメの感想『ウマ娘 プリティーダービー』第11話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『ウマ娘 プリティーダービー』第11R おかえりなさい!



スズカ復活回。
アニメの視聴者側からすると前回から1週間しか経っていないのですが、アニメ中では回ごとに結構時間が経っている設定なんですね。展開が早いので、もう少し遊びの回があってもよいかなあとも思うのですが、アニメは全12回しかないのでこのペースが最善なのか。

次回の予告でブロワイエがフランス語でも「ウマむすめ」って言っているのだけど、もしかして世界共通でウマ娘は「ウマむすめ」と呼ぶのだろうか。それともブロワイエが日本のウマ娘を指してわざと日本語で言っているのか、、、
詳細な世界観解説がわりと本気で欲しい作品。

※ ※ ※

サンバイザーとスズカのレースを見ていて思ったこと。
ウマ娘はやっぱり尻尾があることで、彼女らが「全力を出している」とか「もう限界」とかが分かり易くなっているのだなあ。

サンバイザーがスズカに抜かれた後、サンバイザーの尻尾が大きく上下に振れるようになって明らかに動揺してるんですよね。(抜かれるまではおおむね後ろに真っすぐたなびいている)
この場面、もし尻尾が無かったら、手足の動きだけでサンバイザーの動揺を表現するのは難しかったと思うので、やっぱり尻尾があるからこその表現だなあと。

ケモミミキャラの尻尾を動きは、これまではキャラクターに「感情豊かな可愛らしさ」を付加するのに使われてきたわけですが、『ウマ娘』はスポーツ物の演出としても尻尾が使えることを示したという点で、ケモミミ作品の新たな一面を開拓したと言えそうです。



萌え ブログランキングへ

ウマ耳アニメの感想『ウマ娘 プリティーダービー』第10話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『ウマ娘 プリティーダービー』第10R 何度負けても



考えてみると、スぺちゃんはここ数話は全然勝ててないのですね。
第五話の日本ダービーは全力を出し切ったけど惜しくも負け、でしたが、第六話以降はイマイチパッとしない成績が続いている感じ。
このあたりの流れは本物のスペシャルウィークの実績に基づくのかな?

全話見終わったところで、あらためて答え合わせしてみようと思います。
全く競馬の知識が無かった人間でも、アニメを見るだけでスペシャルウィークの活躍をある程度把握できるのであれば、擬人化モノとして本質的なところを巧く視聴者に伝えられているということですからね!

※ ※ ※

今回もウマ娘用電話(スズカの電話シーン)&ウマ娘的スマホ使用法(耳に付けずに話すスぺちゃん)が出てきました。

こうなるとビワハヤテのかけている眼鏡はどういう構造になっているのか?という点が気になります。この作品のことだからちゃんとウマ娘用眼鏡の設定があったりして・・・。

※ ※ ※

ケモミミとはあまり関係ないんですが、ウォッカとダイワスカーレットが買い物しているシーン、その場所が繁華街じゃなくて明らかに「ショッピングモール」なのが気になりました。

今の時代だと確かに「買い物はショッピングモールで」というパターンが多そうですが、アニメでそれが描かれるのってあまり見たことが無いような。

2010年代っぽい田舎は「田園風景の中にいきなりコンビニがある」という形で描かれることが多いのですが、2010年代における“ちょっとした街”は「ショッピングモール」の存在がその象徴になるのかもですね。



萌え ブログランキングへ

ウマ耳アニメの感想『ウマ娘 プリティーダービー』第9話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『ウマ娘 プリティーダービー』第9R スピカの夢



ストーリーよりも先に「ウマ娘用電話(受話器)」に驚愕した回。
ウマ娘の耳の位置からすると、ああいう風になるのはある意味妥当なのですが、まさかそれを本当に絵にしてしまうとは驚きでした!

個人的に『けものフレンズ』の「服を着たまま温泉に入る」と同じくらい、“まさか本当に絵にするとは”系のビックリ表現でした(あの「服を着たまま温泉」はネクソンアプリ版の仕様へのツッコミネタが元です、一応。後付けでビックリ理論が設定されましたが、、、)。

ちなみにケモミミ用受話器(受信発音機)は、他の作品ではイヤホン式になる事が多いです。

この作品細かいなあと思ったのは、スぺちゃんがエルコンドルパサーとスマホで喋っているシーン。
スマホを耳にもっていかずに、正面向きのままで内臓スピーカとマイクで通話しているんですよね。
本当にウマ娘がいて、彼女たちがスマホを使うとするなら、確かにこれがベストな使い方かも。

※ ※ ※

スズカが色々あって吹っ切れる。
今までと違った一面が見れて良かった!

スペシャルウィークが人の動向を気にするタイプなのに対して、スズカは他人にある程度の配慮はするけど、わりと自分本位で進んでいくタイプだという事が今回さらに強調された感じがします。

残り三話(ですよね?)だけど、これからどう展開されるのかなー
最後はスぺちゃんとスズカの対決、という形がスッキリしそうだけど、だからこそ捻ったストーリーがくるかも?



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント