ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

アニメ感想

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第3話/『縁結びの妖狐ちゃん』第4話

注目している今期ケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第3話
小さい子のあのバイタリティは何処からくるの?」
「時代や年代を問わず、魔法少女って人気あるよね」

今まで見てきた感じだと、Aパートはキスとか女の子同士のイチャイチャとか百合な感じが強めで、Bパートは風刺や世界観に関わる話が混じるという感じですかね。

Aパートにて御魂家の三つ子(千草・千奈美・千穂)が朱池&犬養に質問するシーン、「質問するたびに尻尾が持ち上がる」というのが面白いなあと思ったり。こういうキュートな耳尻尾の動きはやっぱりアニメならではの描写といった感じ。

朱池と犬養のキスシーンも「キスする前に犬養の角をちょっと手でよけるようにする」という、さりげないけれど重要な仕草がきちんと入っていて良かったのですが、このシーンはやっぱり漫画の方が印象的ですね。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第4話 それぞれの想い


今回のスースは傍観役。ハン王子の見どころが多いですね。
ハン王子は、普段どもった感じの喋り方でどことなく頼りない残念イケメンなのに、本気になるときはキチンと立ち回るところがなかなか良い。

少し話が動き出した感がありますが、まだ分からないことが結構多いです。

(1)妖怪のハン王子と、転生した人間のレキさんの間で、前世の記憶に食い違いがある。(レキさんがきちんと思い出していないだけ?)

(2)王富貴の率いる一気道盟の目的。


(2)が分からなくてもう一度第1話を見直してみて、一気道盟が塗山妖狐との結びつきを狙って「白月初とスースの政略結婚」を狙っている、という構図にようやく気付きました、、、
だから、政略結婚を嫌がって全然違うこと(転生の縁結び)をしようとしているスースと白月初に絡んでくるのか。

見直してみると第1話は登場人物のさりげない台詞に色々と情報が詰まっているのですが、初見の時はドタバタ劇に目が行ってそのあたりに気づかなかったですね。
話がこんがらがってきた人は、第1話を見直してみるのがオススメです!



萌え ブログランキングへ


馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第2話/『縁結びの妖狐ちゃん』第3話

注目している今期ケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第2話
「美しさって、諸刃の刃ナノであった。」
「水に生きる水人(みずのひと)、陸に生きる山人(やまのひと)ってまんまじゃん。」

原作の単行本に収録されている順番にやっていくわけではなくて、前後したり抜けたりするんですね~
TVアニメでやるにはちょっと過激なネタ(原作第0話)や、原作発表当時の時事ネタで今では少し分かりにくくなった話(第4話)が飛ばされる傾向にあるのかな?

「水に生きる~」の話。
アニメが放映されている今が夏真っ盛りなのに、真冬の新春号に収録されていた「第七話」をアニメでやるのは変な感じだ、と思いつつも、ちゃんと夏らしい話に繋がるのでエピソードのピックアップの仕方が巧いなあと思ったり。

話の流れはアニメも原作もほぼ変わらないのに、アニメは印象がかなり変わっている感じがするので、やっぱりアニメと漫画の表現の差異って凄いのだなと改めて実感させられます。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第3話 誓いの宝物

1話、2話がスラップスティックな展開だったので何が起きているのかよく分からない・・・とりあえずスース可愛い、という感じだったのですがここでようやく、何が目的になっている話なのかぼんやりと見えてきました。

・人間と妖怪には寿命差がある。
・寿命を超えて共に居続けるために「転生の縁結び」をする必要がある。
・妖怪砂狐のハン王子と、人間のレキ将軍は「転生の縁結び」により現代で結ばれるはずだったのだが、何らかの事情で妨害されている。
・「転生の縁結び」を成就させようとしているのが塗山スース。そこに首を突っ込んで何か報酬を得ようとしているのが自称「史上最強の道士」白月初。

・・・という感じでしょうか?
寿命差や転生のすれ違いは好きなテーマなので、これからの展開にさらに期待ですね。

※ ※ ※

スースは狐で、ハン王子も狐の妖怪のようですが、耳の形がそれぞれの一族で違うのがちょっと気になる描写。
「同じ動物の獣耳だけど、一族ごとに形の違いがある」というのは、このアニメ以外だと『グランゾート』くらいしか例が無いです(月の住民は皆ウサミミだけど、部族ごとに微妙に形が異なる)。




萌え ブログランキングへ

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第1話/『縁結びの妖狐ちゃん』第1・2話

今日は『みみけっと』&『ジャパリケット』の日でしたね~
参加された人はお疲れさまでした。

私も今年度の冬は何かイベント参加しようと準備中です。
冬コミか、次のみみけっと狙いで、、、

※ ※ ※

今年は『けものフレンズ』の衝撃の大ヒットから始まって、ケモミミメインのアニメが多いですね!
注目の『セントールの悩み』の第1話を見ました。


漫画で長い間人馬種族を見てて、『モンスター娘のいる日常』とかそれ系統の作品をいくつも見て慣れたせいか、自分の中では普通に百合風味の日常作品として受け入れられているんですが、感想を読むと人によってはわりと衝撃的なアニメとしてみなされているみたいですね。

社会風刺的な部分は原作よりもカモフラージュされている感があるので、今後どれくらいそういう色が出てくるのか楽しみ。

アニメは漫画と比較して、姫乃の耳が良く動くなあと感じました。
村山慶氏がキャラクターの動きを表現する効果線や流線をあまり使わない(イラストみたいな一枚絵の雰囲気で動きを表現する)作風の方なので、漫画ではあまり目に留まらなかったのですが、アニメとして動くようになるとかなり耳が動いている感があります。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第1話・第2話

中国だと獣耳ジャンルは猫耳よりも狐耳が主流になっているという話を聞くのですが、それを体現している『狐妖小红娘』の2015年アニメ版が本作とのことです。

とにかく塗山スースが健気でロリ可愛い! 阿澄佳奈さんの声と演技がとても合っています。

ビジュアル的には本作の妖狐三姉妹が、狐耳としてよく見かける上にピンと立ち上がった耳ではなく、サイドに伸びる横耳として描かれているところが特徴的。

別の妖怪一族・梵一族の耳は縦耳なのですが、彼らも狐なんですかね。塗山ロロの説明シーンを見るかぎり、この世界の妖怪は獣耳が生えているものなのかな?
謎な要素が多数ちりばめられた作品なので、もう少し先の話を見ないと世界観の全貌がみえてこない感じです。

「耳が生えてたらそんなに偉いの!?」という台詞がちょっと好き。



萌え ブログランキングへ

猫耳アニメの感想『けものフレンズ』第12話(最終回)

新たなる冒険へ!
けもフレらしい最終回でしたね。

●『けものフレンズ』第12話・・・「ゆうえんち」


なんというか、サーバルが黒セルリアンの足に喰らいつきながら言うセリフが、アプリ版復活を望むジャパリパーカーの心の声を代弁しているようで、切ない気分になったり。

『まだ、おはなしすることも、いっしょに行きたいところも・・・!』

その一方で、フレンズ大集合でみんなの特性を生かして戦うラストバトルは、まさにけもフレ!という感じで感激でした!

※ ※ ※

いろいろと細かいところでアプリ版プレイヤーへのサービス的なネタが出てきて大満足の最終回でした。

●ワシミミズク助手の『野生部分を解放です』は、アプリ版のミミちゃん助手の口癖『~部分を』という言い回しが元ネタ。
●タイリクオオカミの描く漫画にセンちゃん(オオセンザンコウ)が登場している。
●ミライさんが『出会えたたくさんの奇跡に感謝しています』とつぶやく。(このシーン、黄昏時の観覧車というシチュエーションに、優しい音楽が相まって、まさに最高潮だった)
●アニメの舞台は「キョウシュウチホー」(アプリ版の第1ステージ)だった!
●最後のシーンにマルカ(マイルカ)が登場する(スタッフロールを見るとマルカだとわかる)。アプリ版で彼女と初めて出会う場所は、アニメと同じく「ゴコクチホー」。

※ ※ ※

新映像の製作も発表されましたし、BD付図鑑もこれから順次発売されていくようですので、もう少しけもフレを愉しむことができそうですね。

願わくば、アプリ復活・・・というより、アプリ版の内容そのままでオフゲー化されると本当に嬉しいのですが。


 萌え ブログランキングへ

猫耳アニメの感想『にゃんこデイズ』第10話、11話

こっちも来週には終わっちゃうのか・・・。
10分くらいに枠拡大して第二期やってほしい。

●『にゃんこデイズ』第10話・・・「秘密とツンデレ」
友子デイズ・・・ですが、少しだけ猫要素あります。


この作品世界における野良猫がみんなあんな感じなのだとしたら、夜に出会ったら結構ドキッとするかも。
動画中にもコメントありましたが、画面内に猫耳と猫尻尾のみが描かれて動いていく演出がなかなか良いです。(この演出は漫画原作にもあるんですよね)


●『にゃんこデイズ』第11話・・・「お祭りに行こうよ」
にゃんこマジ天使!


この流れからすると、お祭りの最後に全員集合でエンディングかな?
アニメ12話で原作5話分しか進んでいないので、やっぱり尺がもうちょっと欲しいなあ。


 萌え ブログランキングへ
記事検索