ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狸耳

狐は神社で、狸は寺。『うどんの国の金色毛鞠』9巻

タヌキとうどんを組み合わせた、まったく新しい香川漫画!
海と山の幸に恵まれた四国・香川を舞台に、独身30歳のWebデザイナー・宗太と、狸っ子・ポコの日常を描く、『うどんの国の金色毛鞠』の最新9巻目が1月7日より発売中です!

今回の収録話は宗太に仕事を依頼した若い僧侶・俊亮の話がメインです。
狸伝説に詳しい俊亮ですが、それほど狸にこだわるのには、とある理由が・・・・。

これまで通り、香川県の各所を舞台にした話が展開されます。

 ●ポコのお誕生日会! (香川県高松市が拠点の菓子工房ルーヴ)
 ●優秀な兄との考えのすれ違いで傷心の俊亮、狸伝説の寺へ。(高松市・屋島寺)
 ●化け狸、ペンギンと出会う。(新屋島水族館)
 ●風邪をひいた宗太をポコが看病!? (香川の新名物オリーブハマチ)

ケーキとかハマチとか、美味しそうな料理の描写の多い9巻。
ポコはハマチの刺身なんかはわりと大丈夫なようです。

美味しい話の一方で、ポコの正体に関わる物語も少しずつ進んでいます。
ポコは人間に化ける以外にも不思議な力を使えるということが、第50話でかなり明確になってきました。

※ ※ ※

今更なんですが、狐耳キャラは神社と関連づけられるのに対して、狸耳キャラは寺との結びつきが強いんだなあと思ったり。

狸民話をきちんと調べたわけではないのですが、狸伝説があるのは寺が多いような感じ。

いわゆる「日本三大狸伝説」は全て寺が語り継いできた伝説みたいですし。
●太三郎狸 ⇒ 香川の屋島寺
●文福茶釜 ⇒ 群馬の茂林寺
●狸囃子 ⇒ 千葉の證誠寺

日本人と関わり深い二つの信仰・神道と仏教のうち、神道については狐と犬(狛犬)のケモミミが担当できるのに対して、仏教については狸耳キャラが担うことができそうですね。

ケモミミジャンルにおいて、神道ネタ作品は多いのですが、仏教ネタ作品はまだまだ少なめなので、これからの狸耳キャラの活躍と発展に期待できそうです。




萌え ブログランキングへ

表紙は猫娘で、中身は狸娘!『ゆらぎ荘の幽奈さん』4巻

霊を物理的にぶん殴れる青年霊能者・冬空コガラシと、元温泉旅館「ゆらぎ荘」にとり憑いた女子高生地縛霊・湯ノ花幽奈、そして二人を取り巻く妖怪憑き&妖そのものな女子たちが織りなす、いろいろとえっちぃラブコメディ『ゆらぎ荘の幽奈さん』の4巻目が12月2日より発売中です!

今回の表紙は猫神憑きのマイペース少女・夜々なのですが、実は4巻での出番は少なめ。
第27話『期末テストと狭霧さん』で、勉強中のコガラシにちょっかいをかけまくる呑子や朧、そしてなぜか惚れ薬を飲まされて変になってしまう狭霧を横目に、もくもくと勉強している姿が4巻では一番印象に残るでしょうか。

彼女の代わりに目立つケモミミさんが、化け狸の少女・信楽こゆず。
第31話『宮崎親子とこゆず』では、ほぼ主役として活躍します。

※ ※ ※

化け狸にとってケモミミと尻尾は変化で消すものであって、それが消せないことは未熟な証拠だからと、自分のケモミミ尻尾があまり好きではないこゆず。

でも、宮崎親子はもふもふできるケモミミ尻尾はこゆずの重要なチャームポイントだと思っていて、家に泊まりに来たこゆずをもふりまくります。

千紗希に尻尾にドライヤーをかけてもらって喜んでいる様子を見ると、こゆずは本当に自分のケモミミ尻尾が嫌いなわけではなく、大人になれないことの焦りが「嫌い」という感情につながっているだけのように思えます。
photo_681






『ゆらぎ荘の幽奈さん』4巻P119(ミウラタダヒロ/集英社)














ちなみに尻尾にドライヤーをかける、というのは何気ない描写ですが、もふもふな大きな尻尾を持ったケモミミさんがお風呂に入った後のことを考えるときっと必要になる手入れです(髪の毛と同じかそれ以上の毛が尻尾に集中しているわけですから)。

ケモミミキャラのお風呂シーンを描く上で参考になる描写かと思います。



萌え ブログランキングへ

狸だけでなく四国の乗り物が気になる人にもオススメ。『うどんの国の金色毛鞠』7巻

讃岐とタヌキを組み合わせた、まったく新しいタヌキ漫画!
ついにアニメ化もされるようです!

うどんの国・香川を舞台に、独身30歳のWebデザイナー・宗太と、たぬきっ子・ポコの日常を描いた『うどんの国の金色毛鞠』の最新7巻目が2月8日より発売中です!


収録話は以下のとおり。
 ●保育園に通うことになったポコにお友達ができるまで。(香川の松盆栽)
 ●うどん屋の息子・宗太がなぜWebデザイナーになったのか。
 ●ポコ、瀬戸内海の島に渡る。(豊島・家浦港)

今巻から、ついにポコが保育園に通うことになります!
ポコの正体がばれるリスクはありつつも、働いて稼ぐ必要のある宗太が生活を成り立たせようとしたら、ずっとポコにつきっきりでいるわけにはいかないわけで、なかなか現実的な流れになってきています。

そんなポコの保育園のエピソードでも、香川の名物の話をきちんと絡めているところは、流石「香川」漫画だと感心させてくれます。

※ ※ ※

四国の事物を丁寧に描くことが徹底されている本作。
その関係で、ややマニアックな乗り物が登場する漫画にもなっています。
(高松琴平電気鉄道とは「ポコでん」という形でコラボをしていたりしました)

今回は船の話をする場面で、四国フェリー所有の中距離フェリー「第二しょうどしま丸」が描かれています。
実際に豊島に渡る場面では、豊島フェリーの高速船「まりんなつ1号」が出てきたり。
phot_554


『うどんの国の金色毛鞠』7巻P168(篠丸のどか/新潮社)





ケモミミと乗り物を組み合わせた漫画としては『てるみな』鉄道)や、『つーつーうらうら☆ダイアリーズ』(自動車・国道)といった作品がありますが、ケモミミ(非現実的なもの)と交通機関(現実的なもの)の組み合わせは、なかなか独特の魅力を感じさせられます。







萌え ブログランキングへ

「いやぁ、だって魔王だよ、魔王。でもってあたいは魔王のペットだ」(by妖怪猫又) 『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』2巻

 あこがれの剣と魔法の異世界に転移し、サモナー(召喚師)としての能力を開花させた男子学生・神野琥珀。
 しかし、彼の召喚術で召喚されるのは青坊主やら化け狸やら、西洋ファンタジーな世界には異質すぎるヘンテコな日本妖怪ばかり。
 何かがおかしいと思い始めるも後の祭り。事態はますます微妙な方向に向かっていきます、、、

 流行の異世界転生物を強烈に皮肉るパロディノベル! 『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』の第二弾が、12月26日より発売中です!

 異世界に行って、最強の勇者になって、美少女ハーレムパーティーでちやほやされたい、という、とてつもなく不純な動機で異世界にあこがれていた琥珀少年。
 ついに念願かなって剣と魔法の異世界に転移し、サモナーとしての能力を開花させた彼ですが、彼の術で召喚されるのはなぜか日本の妖怪ばかり。
 それもそのはず、この世界の召喚術は、術者の故郷のモンスターが召喚されるものであり、日本人の琥珀の故郷における「モンスター」とは、日本古来の妖怪なのでした!

 せめて水木しげる漫画に出てくるような大妖怪であれば見栄えもまだ良かったのですが、琥珀の術で召喚される妖怪は、野槌(ツチノコ)やらクダンやら化け狸やら、物理的な戦闘よりも精神攻撃・・・・・・つまり、人を驚かす方が得意なヤツらばかり。
 琥珀の考えていた血沸き肉躍る異世界バトルとはまったく異質な、どうにも低レベルな戦いが繰り広げられることになりますが・・・・・・。

 しかし今回! 琥珀は「四国の山々に足をかけ、瀬戸内海で手を洗う」ほどの超々巨大妖怪・手洗鬼を召喚することに成功します!
 今までの妖怪とは違う迫力に期待をかける琥珀の目の前で、召喚された手洗鬼はついうっかり魔王ごと魔王城を踏みつぶしてしまいます!・・・・・・・世界はあっさり平和になったのでした。

 「異世界で冒険者になる」のが夢だったはずなのに、世界が平和になったことで冒険者という職業自体が不要になってしまい、失業状態になってしまう琥珀&妖怪たち。

 そのうち、妖怪の偽物!?が各地に出現して悪さをするようになり、琥珀は無職になった上に濡れ衣を着せられて、さんざんな目に遭うことになりますが・・・・・・・。

 ※ ※ ※

 「魔王と戦争することで成り立っている異世界は、魔王がいなくなったら妙なことになるはずだ」という設定は、著者の前作品の『闇堕ち騎士がダンジョン始めました!!』と似たようなテーマになっていますね。
 典型的なファンタジーの世界観を異なる切り口で描く手法は、この作者ならではといったところ。

 あと前作品のヒロインがネコミミ娘で、本作もタヌキ娘やネコ娘が出てくるところをみると、かなりケモミミっ娘好きなんですかね~



 ※ ※ ※

 ケモミミキャラとしては、相変わらずの下ネタ大好き化け狸娘のヤエともう一人、今回は猫又の娘・トラが登場します。
 近年の漫画や小説に登場する、狸・狐・猫といった化ける獣同士はそれぞれ反目していることが多いのですが、本作のヤエとトラもあんまり仲が良くありません。

 ちなみにヤエは狸耳の生えた娘の姿が通常形態なのですが、トラの方は動物の猫の姿の方が標準のようです。トラは最初の扉絵では一応ネコミミ娘として描かれているのですが、真実の姿がどういう姿なのかは謎な存在となっています。
 偽物として登場する方のトラはネコミミ娘でしたが、作者のあとがきでも触れられているように、偽物は「妖怪をゲーム風ファンタジーっぽくしたモンスター」の姿をしているそうなので、真のトラはああいうセクシーキュートなネコミミとは違う存在なのかもですね。



萌え ブログランキングへ

「コハクさん、キ○タマくださいっ!」(by化け狸娘)『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』

 あこがれの剣と魔法の異世界に転移し、魔王を倒す勇者候補になった!(?)男子学生・神野琥珀。
 新たに身についた特殊能力――召喚術を意気揚々と使ってみますが、なぜか召喚されるのは青坊主やら化け狸やら、異世界には似つかわしくない微妙な妖怪ばかり。

 何かがおかしいと思い始めるも後の祭り。事態はどんどん微妙な方向に向かっていきます、、、
 最近話題の異世界転生物の強烈なパロディノベル! 『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』は、9月30日より発売中です!


 異世界に行って、最強の勇者になって、美少女ハーレムパーティーでちやほやされたい、という、とてつもなく不純な動機で異世界にあこがれていた琥珀少年。
 ついに念願かなって、異世界へのゲート(段ボール製)を見つけ、剣と魔法の異世界に行くことに成功します!

 さっそく出会った異世界らしい(?)ビキニアーマーをつけた少女戦士・ライカに、勇者としての才能を見いだされ、偉大(?)な召喚術師としての第一歩を踏み出した琥珀少年。
 しかし、ドラゴンやスフィンクスを召喚しようとすると、なぜか野槌(ツチノコ)や化け狸が召喚されてしまいます。

 そう、この世界の召喚術は、別世界から来た人間の故郷のモンスターが召喚されるものであるらしく、日本人の琥珀の故郷における「モンスター」とは、日本古来の妖怪なのでした!
 しかも、妖怪たちは物理的な戦闘よりも精神攻撃・・・・・・つまり、人を驚かす方が得意なので、琥珀の考えていた剣と魔法の異世界バトルとはまったく異質な、微妙に低レベルな戦いが繰り広げられることになります。

 色々誤解された挙句、廃ダンジョンの主になってしまい、勇者どころか魔王の一味だと思われて、冒険者から狙われるようになってしまう琥珀&妖怪たち。
 理想の異世界生活からどんどんかけ離れていってしまう琥珀の明日はどっちだ!?

 ※ ※ ※

 ここ最近の異世界転移物の徹底的なパロディで、登場人物がみんな変だったり病的だったりして、まともな人物が誰一人いません。琥珀が召喚する妖怪も、「青坊主」や「件」のような戦闘の役に立つのかわからない微妙な妖怪が多く、その点も物語のヘンテコさに拍車をかけています。
 下ネタ大好き化け狸娘のヤエが、なんだかんだいって一番戦えそう、というのが戦闘力不足を物語っています。

 召喚されるのが妖狐とか鬼とか龍とか、日本でも強力とみなされる妖怪なら、『サモンナイト』みたいにカッコよくなるんでしょうけどねえ。
 個人的に「ファンタジーな異世界で妖怪を召喚して戦う」というモチーフの作品では真っ先にこれが思い浮かびます。 
 
 『サモンナイト2』ではケモミミ妖怪ヒロインは妖狐(ハサハ)でしたが、『異世界妖怪サモナー』ではケモミミ妖怪ヒロインは化け狸となっています。

 日本のケモミミ妖怪ヒエラルキーは、狐>犬(狗神)>狸・狢>猫となるパターンが多いので、『異世界妖怪サモナー』は「微妙な強さの妖怪」としてあえて狐ではなく狸ヒロインを選んだのだと思われますが、近年の美少女妖怪モノ最大手の《東方project》が狸を強キャラとして設定していたり、『タケヲちゃん物怪録』の狸(ポンちゃん)もかなり強力な妖怪だったりしますので、狸妖怪の印象は、もしかするとそのうち変わるかもしれませんね。
(水木しげる漫画では結構昔から強かったりしますが。)





萌え ブログランキングへ
記事検索