ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狸耳

狸だけでなく四国の乗り物が気になる人にもオススメ。『うどんの国の金色毛鞠』7巻

讃岐とタヌキを組み合わせた、まったく新しいタヌキ漫画!
ついにアニメ化もされるようです!

うどんの国・香川を舞台に、独身30歳のWebデザイナー・宗太と、たぬきっ子・ポコの日常を描いた『うどんの国の金色毛鞠』の最新7巻目が2月8日より発売中です!


収録話は以下のとおり。
 ●保育園に通うことになったポコにお友達ができるまで。(香川の松盆栽)
 ●うどん屋の息子・宗太がなぜWebデザイナーになったのか。
 ●ポコ、瀬戸内海の島に渡る。(豊島・家浦港)

今巻から、ついにポコが保育園に通うことになります!
ポコの正体がばれるリスクはありつつも、働いて稼ぐ必要のある宗太が生活を成り立たせようとしたら、ずっとポコにつきっきりでいるわけにはいかないわけで、なかなか現実的な流れになってきています。

そんなポコの保育園のエピソードでも、香川の名物の話をきちんと絡めているところは、流石「香川」漫画だと感心させてくれます。

※ ※ ※

四国の事物を丁寧に描くことが徹底されている本作。
その関係で、ややマニアックな乗り物が登場する漫画にもなっています。
(高松琴平電気鉄道とは「ポコでん」という形でコラボをしていたりしました)

今回は船の話をする場面で、四国フェリー所有の中距離フェリー「第二しょうどしま丸」が描かれています。
実際に豊島に渡る場面では、豊島フェリーの高速船「まりんなつ1号」が出てきたり。
phot_554


『うどんの国の金色毛鞠』7巻P168(篠丸のどか/新潮社)





ケモミミと乗り物を組み合わせた漫画としては『てるみな』鉄道)や、『つーつーうらうら☆ダイアリーズ』(自動車・国道)といった作品がありますが、ケモミミ(非現実的なもの)と交通機関(現実的なもの)の組み合わせは、なかなか独特の魅力を感じさせられます。







萌え ブログランキングへ

「いやぁ、だって魔王だよ、魔王。でもってあたいは魔王のペットだ」(by妖怪猫又) 『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』2巻

 あこがれの剣と魔法の異世界に転移し、サモナー(召喚師)としての能力を開花させた男子学生・神野琥珀。
 しかし、彼の召喚術で召喚されるのは青坊主やら化け狸やら、西洋ファンタジーな世界には異質すぎるヘンテコな日本妖怪ばかり。
 何かがおかしいと思い始めるも後の祭り。事態はますます微妙な方向に向かっていきます、、、

 流行の異世界転生物を強烈に皮肉るパロディノベル! 『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』の第二弾が、12月26日より発売中です!

 異世界に行って、最強の勇者になって、美少女ハーレムパーティーでちやほやされたい、という、とてつもなく不純な動機で異世界にあこがれていた琥珀少年。
 ついに念願かなって剣と魔法の異世界に転移し、サモナーとしての能力を開花させた彼ですが、彼の術で召喚されるのはなぜか日本の妖怪ばかり。
 それもそのはず、この世界の召喚術は、術者の故郷のモンスターが召喚されるものであり、日本人の琥珀の故郷における「モンスター」とは、日本古来の妖怪なのでした!

 せめて水木しげる漫画に出てくるような大妖怪であれば見栄えもまだ良かったのですが、琥珀の術で召喚される妖怪は、野槌(ツチノコ)やらクダンやら化け狸やら、物理的な戦闘よりも精神攻撃・・・・・・つまり、人を驚かす方が得意なヤツらばかり。
 琥珀の考えていた血沸き肉躍る異世界バトルとはまったく異質な、どうにも低レベルな戦いが繰り広げられることになりますが・・・・・・。

 しかし今回! 琥珀は「四国の山々に足をかけ、瀬戸内海で手を洗う」ほどの超々巨大妖怪・手洗鬼を召喚することに成功します!
 今までの妖怪とは違う迫力に期待をかける琥珀の目の前で、召喚された手洗鬼はついうっかり魔王ごと魔王城を踏みつぶしてしまいます!・・・・・・・世界はあっさり平和になったのでした。

 「異世界で冒険者になる」のが夢だったはずなのに、世界が平和になったことで冒険者という職業自体が不要になってしまい、失業状態になってしまう琥珀&妖怪たち。

 そのうち、妖怪の偽物!?が各地に出現して悪さをするようになり、琥珀は無職になった上に濡れ衣を着せられて、さんざんな目に遭うことになりますが・・・・・・・。

 ※ ※ ※

 「魔王と戦争することで成り立っている異世界は、魔王がいなくなったら妙なことになるはずだ」という設定は、著者の前作品の『闇堕ち騎士がダンジョン始めました!!』と似たようなテーマになっていますね。
 典型的なファンタジーの世界観を異なる切り口で描く手法は、この作者ならではといったところ。

 あと前作品のヒロインがネコミミ娘で、本作もタヌキ娘やネコ娘が出てくるところをみると、かなりケモミミっ娘好きなんですかね~



 ※ ※ ※

 ケモミミキャラとしては、相変わらずの下ネタ大好き化け狸娘のヤエともう一人、今回は猫又の娘・トラが登場します。
 近年の漫画や小説に登場する、狸・狐・猫といった化ける獣同士はそれぞれ反目していることが多いのですが、本作のヤエとトラもあんまり仲が良くありません。

 ちなみにヤエは狸耳の生えた娘の姿が通常形態なのですが、トラの方は動物の猫の姿の方が標準のようです。トラは最初の扉絵では一応ネコミミ娘として描かれているのですが、真実の姿がどういう姿なのかは謎な存在となっています。
 偽物として登場する方のトラはネコミミ娘でしたが、作者のあとがきでも触れられているように、偽物は「妖怪をゲーム風ファンタジーっぽくしたモンスター」の姿をしているそうなので、真のトラはああいうセクシーキュートなネコミミとは違う存在なのかもですね。



萌え ブログランキングへ

「コハクさん、キ○タマくださいっ!」(by化け狸娘)『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』

 あこがれの剣と魔法の異世界に転移し、魔王を倒す勇者候補になった!(?)男子学生・神野琥珀。
 新たに身についた特殊能力――召喚術を意気揚々と使ってみますが、なぜか召喚されるのは青坊主やら化け狸やら、異世界には似つかわしくない微妙な妖怪ばかり。

 何かがおかしいと思い始めるも後の祭り。事態はどんどん微妙な方向に向かっていきます、、、
 最近話題の異世界転生物の強烈なパロディノベル! 『異世界妖怪サモナー~ぜんぶ妖怪のせい~』は、9月30日より発売中です!


 異世界に行って、最強の勇者になって、美少女ハーレムパーティーでちやほやされたい、という、とてつもなく不純な動機で異世界にあこがれていた琥珀少年。
 ついに念願かなって、異世界へのゲート(段ボール製)を見つけ、剣と魔法の異世界に行くことに成功します!

 さっそく出会った異世界らしい(?)ビキニアーマーをつけた少女戦士・ライカに、勇者としての才能を見いだされ、偉大(?)な召喚術師としての第一歩を踏み出した琥珀少年。
 しかし、ドラゴンやスフィンクスを召喚しようとすると、なぜか野槌(ツチノコ)や化け狸が召喚されてしまいます。

 そう、この世界の召喚術は、別世界から来た人間の故郷のモンスターが召喚されるものであるらしく、日本人の琥珀の故郷における「モンスター」とは、日本古来の妖怪なのでした!
 しかも、妖怪たちは物理的な戦闘よりも精神攻撃・・・・・・つまり、人を驚かす方が得意なので、琥珀の考えていた剣と魔法の異世界バトルとはまったく異質な、微妙に低レベルな戦いが繰り広げられることになります。

 色々誤解された挙句、廃ダンジョンの主になってしまい、勇者どころか魔王の一味だと思われて、冒険者から狙われるようになってしまう琥珀&妖怪たち。
 理想の異世界生活からどんどんかけ離れていってしまう琥珀の明日はどっちだ!?

 ※ ※ ※

 ここ最近の異世界転移物の徹底的なパロディで、登場人物がみんな変だったり病的だったりして、まともな人物が誰一人いません。琥珀が召喚する妖怪も、「青坊主」や「件」のような戦闘の役に立つのかわからない微妙な妖怪が多く、その点も物語のヘンテコさに拍車をかけています。
 下ネタ大好き化け狸娘のヤエが、なんだかんだいって一番戦えそう、というのが戦闘力不足を物語っています。

 召喚されるのが妖狐とか鬼とか龍とか、日本でも強力とみなされる妖怪なら、『サモンナイト』みたいにカッコよくなるんでしょうけどねえ。
 個人的に「ファンタジーな異世界で妖怪を召喚して戦う」というモチーフの作品では真っ先にこれが思い浮かびます。 
 
 『サモンナイト2』ではケモミミ妖怪ヒロインは妖狐(ハサハ)でしたが、『異世界妖怪サモナー』ではケモミミ妖怪ヒロインは化け狸となっています。

 日本のケモミミ妖怪ヒエラルキーは、狐>犬(狗神)>狸・狢>猫となるパターンが多いので、『異世界妖怪サモナー』は「微妙な強さの妖怪」としてあえて狐ではなく狸ヒロインを選んだのだと思われますが、近年の美少女妖怪モノ最大手の《東方project》が狸を強キャラとして設定していたり、『タケヲちゃん物怪録』の狸(ポンちゃん)もかなり強力な妖怪だったりしますので、狸妖怪の印象は、もしかするとそのうち変わるかもしれませんね。
(水木しげる漫画では結構昔から強かったりしますが。)





萌え ブログランキングへ

マミゾウさんの眼鏡が気になる。『東方鈴奈庵』4巻

 紺珠伝も話題ですがこちらも!
 《東方Project》公式コミック最新作!
 貸本屋「鈴奈庵」を舞台に幻想郷の不思議な日常を描く、『東方鈴奈庵』の4巻目が8月10日より発売中!
東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(4)<東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.> (カドカワデジタルコミックス)
東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.(4)<東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.> (カドカワデジタルコミックス)

 収録作は・・・
 外の世界の人喰い蛇と「ウワバミ」の話。
 小鈴がたわむれに始めた占いで、本物の死霊を喚びだしてしまう話。
 狐狗狸さん占いとウィジャボードの話。
 河童が密かに鈴奈庵に予約出版を依頼する話。

 各前編・後編構成の計八話が収録されています。

 小鈴が「人間の道を踏み外」しかけている状況は今回も続いていて、占いの話ではいわく付きの本を読んで神がかりな能力を得た末に、死霊復活の媒体にされかけてしまいます。
 霊夢が「人間の道を踏み外した」人間を決して許さない、という姿勢の人物であることも強調され、このままだと小鈴が大変なことになりそうなのですが、小鈴自身は超常的なモノへの憧れを捨てきれないようです。

 ゆったりしているようで、危うい雰囲気が続きます・・・。

 ※ ※ ※

 ケモミミキャラとしてはマミゾウの想像の中で出てくる狸巫女さんが1コマ。
 そして、当のマミゾウさんが全話にわたって登場します。かなり出番が多くなりました。
 この『鈴奈庵』の物語が、外の世界と幻想郷の関わりを繰り返し描いている作品なので、外の世界の妖怪であるマミゾウさんがキーパーソン(キーアニマル?)なのも、自然の流れなのかもしれませんね。

 気になったのが、『鈴奈庵』のマミゾウさん、「つる(テンプル)」のついた眼鏡をかけているんですよね。
 1~3巻だと描写が少なくてよく分からなかったのですが、4巻は何度も登場するので、間違いなく眼鏡に「つる」がついているのが確認できます。
photo_487


『東方鈴奈庵』4巻P164(春河もえ/ZUN/角川書店)



 過去に『獣耳娘がかけている眼鏡のナゾ』という記事を書いたりしましたが、「ケモミミキャラがどうやって眼鏡をかけているのか?」については、長年の議論があります。

 《東方Project》においては、猫耳と人の耳のある猫妖怪「お燐」がいることから、人型に化ける妖獣は人の耳も付いていて不思議じゃないという風に考えることができます。



 あと設定資料集『東方求聞口授』のマミゾウの項で、「化け狸は耳と尻尾を完全に消すことは不可能で、小さくしたり色を変えたりしてカモフラージュしているだけ」と説明されているので、人型に化けたら(本当の耳としては機能していないけれど)人の耳の形をしたパーツはある、だから眼鏡はかけられる、のかもしれません。



 ちなみに原作や他の派生作品のマミゾウさんの眼鏡は「つる」の無い鼻眼鏡っぽいものになっているので、『鈴奈庵』でポピュラーな眼鏡になった理由が気になるところ。(物語的な意図があるのか、純粋に素敵眼鏡をかけたケモミミを出したかったのか、、、)



萌え ブログランキングへ

語られざる、いつか訪れる結末。『書生 葛木信二郎の日常』8巻

 大正時代を舞台にした妖怪譚『書生 葛木信二郎の日常』もついに完結です!
 最終巻8巻目が12月19日より発売中です!
書生葛木信二郎の日常 8 (サンデーGXコミックス) 
書生葛木信二郎の日常 8 (サンデーGXコミックス)

 信二郎と兄・梯一郎の追求、そして狸娘の尋が持ってきた書物の内容から、両親の失踪の原因が勘解由小路家(正確にはサマラの祖父)にあることが、ほぼ明らかになります。
 死んだはずのサマラの祖父・公明は、道教の「泰山府君祭」を大幅に歪めた儀式を使って、現世へ復活を遂げようとしていたのです。

 その儀式を止める手段を探している最中、梯一郎が行方不明となり、さらにサマラに黙って勘解由小路家を探っていたことがばれて、彼女と決定的な仲違いをしてしまいます。

 悪化していく事態を止められず、己の無力を嘆く信二郎。
 そんな彼を、尋をはじめとする黒髭荘の妖たちが総力を結集して助太刀します!
 果たして、信二郎と尋たちの運命は・・・・・・?


 ここまできて、なぜ本作の舞台となっている時代が『大正10年代』なのか、理由が分かります。この伏線が緊迫のクライマックスに繋がるわけですね。


《ここから先はネタバレなので、読みたい方は「続きを読む」をクリックしてください》
続きを読む
記事検索