ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狸耳

弟子の狸娘はしっぽがある!『うちの師匠はしっぽがない』4巻

時は大正。

田舎の山里から大都会・大阪に出てきた化け狸のまめだ。
化け狐の落語家・大黒亭文狐の噺に魅せられたまめだは、無理を通して文狐に弟子入りし、熱心に修行していたのですが、突然「破門」を言い渡されてしまいます。

破門を解いてもらうために、文狐以外の「上方落語四天王」からの課題に挑むことになるまめだですが・・・。

『あいどるスマッシュ!』のTNSK氏が描く上方落語ファンタジー『うちの師匠はしっぽがない』の最新4巻目が10月7日より発売中です!

「上方落語四天王」・・・
それはまめだの師匠である文狐をはじめ、
酒飲みで常に借金の返済に追われている「椿白團治」、
噺家とは思えないほどのんびりしたしゃべり方をする「霧の園紫」、
およそ笑いからは程遠く見える寡黙なヘビースモーカー「恵比寿家歌緑」といった、
文狐以上に癖の強い噺家たちの通称です。

四天王は、文狐が「大黒亭は文狐の代で終わらせる」という彼女の師匠との約束を破って、弟子をとったことを非難し、その結果としてまめだが破門されることになったのでした。

まめだは四天王に自分のことを認めてもらうため、四天王からの課題に挑むことになりますが・・・。

おっとりして優しそうな「霧の園紫」から不可能とも思える難題を課せられ、まめだは噺家の芸の遥かな高みを思い知らされることになるのでした!

※ ※ ※

まめだだけではなく、文狐の修行時代のエピソードも描かれます。
なぜ「師匠はしっぽがない」なのか、その謎に少し近づいてきたかな?

『あいどるスマッシュ』の時もそうだったのですが、作者のTNSK氏は芸事における師匠弟子関係や親子関係を重視して、それをもとにしたストーリーテリングをする点が特徴的です。
つくね(あいどるスマッシュ)は親の影を断ち切ることで更なる高みに達しましたが、まめだはこれから文狐とどういう関係をつくっていくのか、、、

※ ※ ※

表紙は狸耳のまめだなのですが、本編中では人間形態か全ケモ(狸形態)かのどちらかで、基本的にケモミミ娘としては描かれません。

でも今回、狸娘にしかできない素晴らしい狸尻尾シーンがありますので、狸っ娘好きな人には必見です! 感動しますよ!

私もまめだの尻尾をモフモフしたいなあ・・・。



萌え ブログランキングへ

シベリア食す大正狸娘!『うちの師匠はしっぽがない』3巻

時は大正。

田舎の山里から大都会・大阪に出てきた化け狸のまめだ。
化け狐の落語家・大黒亭文狐の噺に魅せられたまめだは、新時代の化かす術として「落語」を修得することを志し、厳しい修行に明け暮れ・・・ていたはずが。

今回、突然「破門」を言い渡されてしまいます!

持ち前の超ポジティブ思考で、事態が変化するのを待つまめだですが・・・。

『あいどるスマッシュ!』のTNSK氏が描く上方落語ファンタジー『うちの師匠はしっぽがない』の単行本3巻目が5月7日より発売中です!

まだまだ大勢の前で芸をするのは未熟ながらも、市井の人に求められて噺を披露することも多くなってきた化け狸娘・まめだ。

今回もいろいろな騒動をおこしつつも、師匠から習った芸を信じて真っすぐに突き進み、身近な人々にささやかな笑いを届けていました。

しかし、文狐の兄弟子にして「上方の四天王」の白團治(びゃくだんじ)師匠が戻ってきたところから、少し風向きが変わってきます。

なんと、まめだの全くあずかり知らぬ事情で、彼女は「破門」されてしまうことになりますが・・・!

※ ※ ※

衝撃の展開!
まめだが破門されてしまうこともそうですが・・・
彼女が自分の年齢を「45歳」と言っていること

化け狸なのでそれくらいの年月を生きていても不思議ではないのですが、、、

そもそも「45歳」と年齢詐称することをネタにした『子褒め』という落語があるようなので、まめだはそれをもとにした冗談を言っている可能性があります。
(この会話をした牛乳屋の少年に、まめだが木戸銭を要求していることからも、冗談なのかな?)

ただ、もし本当に45歳だとすると、いわゆる「ロリババァ」の範疇からも外れるので、エルダー少女というべきか・・・なにげに新属性が生まれた瞬間を見ているのかもしれません。

※ ※ ※

本作、相変わらずのまめだの愛らしさや、上方落語に関するエピソードなど、見どころの多い作品ですが――
落語のレコード収録のエピソードなど、大正モノの漫画としても興味深いネタが出てくるので、大正時代好きならぜひ一読をおススメします!

今回「そうなのかー」と新知識を得たのが、お菓子の「シベリア」。
作中に出ているシベリアが、私が知っているものと違うなーと思っていたら、大阪だと違うお菓子をそう呼んでいたんですね。ためになります。


3巻ではこのシベリアのエピソードの出てくる第一三話の扉絵に、狸耳尻尾のまめだが描かれているので注目です!



萌え ブログランキングへ

タヌキによる人類支配計画の終焉!『目指せ東大!たぬ子さん』3巻

タヌキによる合法的な人類支配計画のため、女子高生に擬態した化け狸・・・田抜たぬ子!
彼女の壮大な構想(妄想?)は果たして成就するのか!?

ほのぼの学園生活風・タヌキ侵略漫画『目指せ東大!たぬ子さん』の完結編3巻が1月15日より発売中です!
化け狸の中でも一番人間に化けるのが巧い「田抜たぬ子」は、政治的&合法的に人類を支配するために、東大に入学するべく猛勉強しています。

しかし、幼馴染の化け狐・狐々子(こここ)は、狸仲間の救済よりも、二人(二匹?)で人間世界をエンジョイする方が良いと説き、勉強をとことん妨害してきます。

それをどうにか跳ね返してい勉学を続けていたたぬ子ですが、狸ゆえの学習能力の低さをカバーすべく極端に勉強に打ち込んだ結果、ついには身体を壊してしまいますが・・・。

はたして、たぬ子は無事に東大に合格できるのか!?

※ ※ ※

本作、基本的に主人公のたぬ子さんよりも、周囲の登場人物が目立っている話が多いのですが、3巻は人間社会に溶け込んでいる化け狐・狐々子と、たぬ子の人間生活を支援し、彼女を東大に合格させようと目論む謎の「虚無僧」の話が多くなっています。

人間社会で遊ぶ金をつくるためにブラックバイト(?)に励む狐々子を見ていると、なんだか微妙な世知辛さを感じてしまったり。
化け狐だから、葉っぱのニセ札でも作って適当に生活費にしているのかと思っていたのですが・・・。

後のお話でも分かるのですが、狐々子はわりと真面目な子なんですよね。

※ ※ ※

今回気になった描写。
たぬ子も狐々子も、人間の耳のある場所にふさふさの白い毛が生えているんですよね。

photo_1576


















『目指せ東大!たぬ子さん』3巻P78(川井みる/LINE株式会社)


頭の上に獣耳があるケモミミキャラの場合、人間の耳のある場所をどう処理するか?というのはデザイン上の重要な課題ですが、髪の毛で隠すのではなく「別の毛を生やす」という本作のデザインは独特です。

たぶん他に類を見ないキャラデザなので、要メモですね。

すでに化けているから仮装しない。『ぶんぶくティーポット+』2巻

頭も体も能天気な女子高生・屋島ふみの正体は化けタヌキ!
化けてない狸の兄と、化けている狐・猫・コウモリの同級生と共に、今日もごく普通??の学生生活を送っています。

『ぶんぶくたぬきのティーパーティー』の続きにあたる、超シュールなアニマルコメディ『ぶんぶくティーポット+』の2巻目が12月16日より発売中です!
今回も屋島ふみとその仲間?たちは
禁断の悪魔を召喚して部室の掃除を手伝わせたり、
地球外生命体・オオクワ星人を捕獲したり、
夜道で人面犬を発見したり、
文化祭でゾンビカフェを開催したりと、

ごくごく普通の高校生活を営んでいるのでした!!

※ ※ ※

この、独特のシュールなノリにハマる人は本当にハマると思います。
基本的にアニマル女子たちはほぼ人間に化けているので、ケモミミ化する場面は希少ですが、たまに見せるケモミミ姿がまた可愛いのですよ。
(今回は尾崎りさのケモミミ率が高い)

あと、ちょこっと動物のことに詳しくなれる解説ネタも良い感じ。

※ ※ ※

今回着目したのが下のコマ。
飼育部の化けアニマルガール四人とも、ハロウィンではほとんど仮装しません。
photo_1556











『ぶんぶくティーポット+』2巻P115(森長あやみ/まんだらけ)


ハロウィンは「ケモミミじゃないキャラにケモミミコスプレさせる」のに最適なイベントですが、本作はわざとそれを避けている感があるのが面白い。

特に近森つばさはコウモリ娘なのだから、ハロウィンでは真っ先にコウモリ感を出してもよさそうなものですが、それをしないところに本作独特の空気感があります。

これは「あぶらあげが嫌いな狐っ娘」の描写と、ちょっと共通する部分があるかもですね。

落語に賭ける青春!(狸だけど)『うちの師匠はしっぽがない』2巻

時は大正。

田舎の山里から大都会・大阪に出てきた化け狸のまめだ。
大勢の人間を化かして手玉にとる!・・・ことを夢見ていたはずが、文明の進歩に追いついていけず、散々な目にあってしまいます。

そんな折、化け狐の落語家・大黒亭文狐の噺に魅せられたまめだは、新時代の化かす術として「落語」を修得することを志しますが・・・。

『あいどるスマッシュ!』のTNSK氏が描く上方落語ファンタジー『うちの師匠はしっぽがない』の単行本2巻目が12月6日より発売中です!

あまり弟子を育てることに熱心でない文狐の元にありながらも、少しずつ落語家としての下積み経験を重ねていく化け狸娘・まめだ。

もともと無鉄砲で、かつ天然モノの愛嬌もあることから、技術はともかくとして人前で芸をするのに臆することはない・・・と思われていたまめだですが、いざ高座にあがると、端っこで太鼓を叩くだけでもガチガチに緊張してしまうことが明らかになります。

それ以降も、客の前に出ることを想像するだけで緊張でおかしくなってしまい、完全に自信を喪失してしまうまめだ。

そんな彼女にある転機が訪れますが・・・!

※ ※ ※

『あいどるスマッシュ』とは世界観も物語も全然違うんですが、根底に流れているもの――「芸事に対して真剣勝負の女の子を描く」—―は同一なんだなあと感じます。

そこが、作者のTNSK氏が創作を通じて共通して描きたいテーマなのかな、と考えたり。

本作、まめだの愛らしさもさることながら、落語の入門編としても良い作品です。
私、落語の知識は全然なくて、上方落語が他の落語どう違うのかという事も全然分からなかったのですが、本作を読んで興味がわいてきました。

物語が落語の薀蓄だけで終わらずに、妖怪や霊といった人外の存在も「落語」の要素に絡んでくる、変わり種の妖怪漫画になっているところも好みです!

※ ※ ※

今回気になった描写。
まめだの変化が解けると、狸耳だけでなくヒゲも生えてくる。
photo_1530















『うちの師匠はしっぽが無い』2巻P77(TNSK/講談社)


2015年の『魔法医猫といばら姫』の記事にて、日本の獣耳キャラはあまりヒゲが描かれないと述べたのですが、『佐藤君の魔界高校白書』の、猫に変化しつつあるサイトゥ王子のように、ケモノ度がより高い状態になっていることを表現するのに、ケモミミ&ヒゲという描写が使われる例は時折見かけます。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS