ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狸耳

落語に賭ける青春!(狸だけど)『うちの師匠はしっぽがない』2巻

時は大正。

田舎の山里から大都会・大阪に出てきた化け狸のまめだ。
大勢の人間を化かして手玉にとる!・・・ことを夢見ていたはずが、文明の進歩に追いついていけず、散々な目にあってしまいます。

そんな折、化け狐の落語家・大黒亭文狐の噺に魅せられたまめだは、新時代の化かす術として「落語」を修得することを志しますが・・・。

『あいどるスマッシュ!』のTNSK氏が描く上方落語ファンタジー『うちの師匠はしっぽがない』の単行本2巻目が12月6日より発売中です!

あまり弟子を育てることに熱心でない文狐の元にありながらも、少しずつ落語家としての下積み経験を重ねていく化け狸娘・まめだ。

もともと無鉄砲で、かつ天然モノの愛嬌もあることから、技術はともかくとして人前で芸をするのに臆することはない・・・と思われていたまめだですが、いざ高座にあがると、端っこで太鼓を叩くだけでもガチガチに緊張してしまうことが明らかになります。

それ以降も、客の前に出ることを想像するだけで緊張でおかしくなってしまい、完全に自信を喪失してしまうまめだ。

そんな彼女にある転機が訪れますが・・・!

※ ※ ※

『あいどるスマッシュ』とは世界観も物語も全然違うんですが、根底に流れているもの――「芸事に対して真剣勝負の女の子を描く」—―は同一なんだなあと感じます。

そこが、作者のTNSK氏が創作を通じて共通して描きたいテーマなのかな、と考えたり。

本作、まめだの愛らしさもさることながら、落語の入門編としても良い作品です。
私、落語の知識は全然なくて、上方落語が他の落語どう違うのかという事も全然分からなかったのですが、本作を読んで興味がわいてきました。

物語が落語の薀蓄だけで終わらずに、妖怪や霊といった人外の存在も「落語」の要素に絡んでくる、変わり種の妖怪漫画になっているところも好みです!

※ ※ ※

今回気になった描写。
まめだの変化が解けると、狸耳だけでなくヒゲも生えてくる。
photo_1530















『うちの師匠はしっぽが無い』2巻P77(TNSK/講談社)


2015年の『魔法医猫といばら姫』の記事にて、日本の獣耳キャラはあまりヒゲが描かれないと述べたのですが、『佐藤君の魔界高校白書』の、猫に変化しつつあるサイトゥ王子のように、ケモノ度がより高い状態になっていることを表現するのに、ケモミミ&ヒゲという描写が使われる例は時折見かけます。



萌え ブログランキングへ

タヌキお嬢、婿探し成功なるか?!『ラブ・ミー・ぽんぽこ!』1巻

紳士淑女の育成を目指す某学園に、人間に化けて通っているタヌキのぽんこ!
彼女の目的は・・・優秀な人間の雄をGETすること!

ところが、癖のありすぎる「二ノ宮兄弟」にタヌキとしての姿を見られてしまい、非常にややこしいことになってしまいますが・・・。
学園タヌキラブコメ『ラブ・ミー・ぽんぽこ!』の初単行本が10月18日より発売中です!
「たぬ沢蘭子」は、学園でも一際目立つお嬢様。
その正体は・・・婚活のために人里に降りてきた化け狸の「ぽんこ」です!

彼女は人間の雄の方が同族よりも生活力がある(=食糧備蓄の量が多い)という話を聞いて、人間に化けて学園に通っています。

ある日、彼女は元のタヌキ状態でカラスと喧嘩して水に落とされ、溺れているところを、「二ノ宮兄弟」に助けられます。

人間に化けたぽんこにやたらと執着する兄・二ノ宮一(にのみや はじめ)と、クールだけど超動物好きでタヌキ状態のぽんこに首ったけの弟・二ノ宮真(にのみや まこと)。

二ノ宮兄弟がどうも苦手で、できるだけ避けていたぽんこですが、化けタヌキとしての正体を知られてしまい、非常にややこしいことになってしまうのでした・・・。

※ ※ ※

華麗な学園生活に、二ノ宮兄弟をはじめとした美男美女が大勢登場して、いかにもきらびやかな少女漫画といった雰囲気なのに、ギャグがかなりえげつない、というギャップが笑える作品です。

お嬢様っぽい雰囲気なのに価値観が完全に動物(とりあえず食糧があればOK)というぽんこのズレ具合も笑えます。

※ ※ ※

ぽんこは人間に化けている時はケモミミ尻尾無しの完全な人間形態、タヌキに戻った時は完全な動物のタヌキとして描写され、基本的にはケモミミ娘ではないのですが・・・。
一部、「化け狸としての本音が漏れる場面」でタヌキ耳が描かれます。
photo_1500



















『ラブ・ミー・ぽんぽこ!』1巻P8(赤瓦もどむ/白泉社)


過去にも何度か語っていますが、化け狐・化け狸物は『キツネノ木ノ葉』みたいに、限りなくケモミミ作品に近いけれど化け獣キャラに獣耳が無いタイプの作品があり、このあたりをケモミミジャンルの中にどう位置付けるかが悩みどころですね。

時代背景や、狸と猫の関係に注目! 狸娘落語漫画『うちの師匠はしっぽがない』1巻

田舎の山里から大都会・大阪に出てきた化け狸のまめだ。
大勢の人間を化かして手玉にとる!・・・ことを夢見ていたはずが、文明の進歩に追いついていけず、散々な目にあってしまいます。

そんな折、化け狐の落語家・大黒亭文狐の噺に魅せられたまめだは、新時代の化かす術として「落語」を修得することを志しますが・・・。

『あいどるスマッシュ!』のTNSK氏が描く大正落語ファンタジー『うちの師匠はしっぽがない』の初単行本が9月6日より発売中です!

時は大正。

仲間内でも変わり者の化け狸の娘・まめだは、大阪の街で散々な目に遭った後、危ないところを助けてもらった化け狐の女流落語家・大黒亭文狐の噺に惚れて、半ば無理矢理弟子になりました。

しかし、文狐は全然落語を教えてくれる様子はなく、まめだがやることは毎日雑用や下働きばかり。
元が単純な狸なだけに、落語の修行をすっかり忘れて雑用の日々に勤しんでいた頃、まめだは文狐に連れられて寄席に行くことになります。

そこで、彼女は落語の新たな一面を見ることになるのですが・・・!

※ ※ ※

異色のアイドル漫画だった『あいどるスマッシュ』とはうって変わって、本作は落語の世界について非常に丁寧に語っている作品です。
とはいえ、舞台設定が他の「大正時代」系作品と比べるとちょっと変わっていて面白い。

帝都・東京ではなく、通天閣が新時代のシンボルとなっていた頃の大阪を舞台にしているところや、自動車やバスが走り始めた時期の大正(昭和に変わる直前)の風景を描いているところなど、よくある「大正」のイメージとはちょっと違った雰囲気があります。

落語や狸以外にも、この時代背景に興味がある人にはおススメの作品です。

※ ※ ※

狸娘まめだについて。
表紙絵や巻頭イラストでは狸耳&しっぽが付いていますが、作中では完全な人間型か、完全な狸型のどちらかの姿になっている場面がほとんどです。

過去にも何度か語っていますが、化け狐・化け狸物は『キツネノ木ノ葉』みたいに、獣耳作品として紹介したいけど化け獣キャラに獣耳が無いタイプの作品があるから悩ましいところ・・・。
獣耳がなくても、まめだはとってもキュートな狸娘ですが!

※ ※ ※

気になった描写。
まめだと猫が対決している場面が時々描かれます。
photo_1483














『うちの師匠はしっぽが無い』1巻P73(TNSK/講談社)

狸のライバルといえば狐、のイメージがあり、実際本作でも師匠の化け狐と弟子の化け狸という形で対になっていますが、伝承を紐解いていくとむしろ狸は猫とライバル関係だったようなんですよね。

平安時代から語られてきた化け狐に対して、化け狸・化け猫話の成立は江戸時代のほぼ同時期らしいですし、そもそも「たぬき」という言葉自体、猫の事を指していた時期もあったようで、狸と猫には浅からぬ関係があるようです。

そういう点で、本作のまめだと猫の関係は今後どう描かれるのか気になる所であります。

※ ※ ※

そうそう、
化け狸が落語をする話としては『化けてます こだぬき、落語家修行中』もあるので、本作が気に入った人は、一緒に読んでみてはいかがでしょう。






萌え ブログランキングへ

脅威!?タヌキによる日本征服計画!『目指せ東大!たぬ子さん』2巻

度重なる人類の横暴に怒るタヌキがついに反撃を開始しました!
タヌキによる合法的な日本征服計画・・・。
その尖兵となるのが、女子高生に擬態した化け狸・・・田抜たぬ子さんなのです!

ほのぼの学園生活風・タヌキ侵略漫画『目指せ東大!たぬ子さん』の2巻目が6月14日より発売中です!
化け狸の中でも一番人間に化けるのが巧い「田抜たぬ子」は、政治的&合法的に人類を支配するために、まずは東大に合格するべく猛勉強しています。

しかし今まで勉強なんて一切したことが無かったため(狸だし)、猛勉強した上でようやく小学生程度の読み書きができるようになったという段階。

そのうえ、タヌキ好きの変な人間・春風遊(はるかぜゆう)や、たぬ子と友達になったと思い込んでいるぼっち生徒会長・橘咲花(たちばな はな)につきまとわれて、勉強はイマイチ進まないことが多く・・・。

さらには、幼馴染の化け狐・狐々子(こここ)が、たぬ子に受験よりも人間世界をエンジョイする方が良いと説き始めて、勉強をとことん妨害してきます。

はたして、たぬ子は無事に東大に合格できるのでしょうか!?

※ ※ ※

本作、人間世界の常識を知らない人外のたぬ子さんよりも、普通の人間の方が常識外れな行動をしまくるギャグ漫画なのですが、そのあたりは1巻よりもさらにパワーアップしています。

とにかく生活の全てがタヌキになっていてタヌキにしか興味の無い遊と、「今まで人間の友達がいなかった」と断言する咲花の、二人のキャラクターが凄く濃いのです。

第11時間目(第11話)の二人のバトル(?)は、この作品が狸耳漫画であることを忘れてしまうほど。

この二人に加えて、人間世界に染まり切ってたぬ子を堕落させようとしてくる狐々子のキャラもまた濃くて、ホント、たぬ子さんがわりと常識人に見えてしまうんですよね。

なんだかんだで、全くの無学な状態から小学生レベルの勉強はできるようになっていて、1巻からのたぬ子さんの成長ぶりはわりと油断できないと思うのですよ。

このまま本当にたぬ子さんが東大に合格しそうになって周囲が困惑する、という流れになったりするのかなと予想してみたり。

※ ※ ※

今回気になった描写。
咲花に死ぬほど驚かされたたぬ子さんが死んだふりをします。
photo_1427
















『目指せ東大!たぬ子さん』2巻P14(川井みる/LINE株式会社)


タヌキの「死んだふり(擬死)」は今まであまり狸耳作品で描かれることがなかった仕草ですが、最近では『けものフレンズ2』でもタヌキが死んだふりを披露していたりして、少しずつ「狸の特徴」として一般化しつつあるのかもしれません。

このあたりは猫耳や狐耳などの他ジャンルと同じく、より本来の動物に近い性質が獣耳キャラクターに付与されるようになっている傾向を踏襲しているのでしょうね。

現実にケモミミっ子と暮らすとしたら、私たちはどうすればいい? 感動の完結編!!『うどんの国の金色毛鞠』12巻

香川とうどんと狸を組み合わせた、まったく新しいケモミミ漫画!
海と山の幸に恵まれた四国・香川を舞台に、独身30歳のWebデザイナー・宗太と、狸っ子・ポコの忘れられない日々を綴る『うどんの国の金色毛鞠』。

二人の運命の結末を描く最終巻・12巻が3月9日より発売中です!

ついに化け狸としての正体を知られてしまったポコ。
ごまかし様が無くなった宗太。
これから二人はどう生きていくべきなのか??

「実際、ここに、本物のケモミミっ子がいたらどうなるか?」
を、現実とファンタジーを絶妙に織り交ぜながら描いていく最終巻です。

ギャグ漫画というか藤子不二雄的世界観なら、ケモミミの生えた子もいるよね~、くらいの感覚で周囲に馴染んでしまうのですが、実際に動物のような姿をした、戸籍の無い、山から離れて暮らすことのできない子供の世話をしなければいけないとなると、とてつもない困難が待ち受けていることは容易に想像できます。

ゆえに今回、宗太が下すひとつひとつの決断に大きな重みを感じさせられます。

ケモミミっ子と暮らすうえでの課題をダイレクトに描ききったという点で、本作はやはり新世代のケモミミ漫画といえるでしょう!

※ ※ ※

化けた動物と実際に暮らすうえでの(金銭面などを含めた)現実的な一面を描く、というケモミミ作品としてはもう一作、先日紹介した『狐のお嫁ちゃん』が同じ特徴を持っているので、比較してみると面白いと思います。
※ ※ ※

最終巻の舞台の一つとなっているのが、四国で一番高い建築物「高松シンボルタワー」のあるサンポート高松。

私は四国民ではないので、この建物が登場したことに関する思い入れ等が語れないのが悔やまれますが、物語の終盤で最も高いビルなり塔なりに行くことになるのは、ファンタジーの王道ですよね。

サンポート高松を最終巻の舞台にすることは、最初から計画済みだったのかなと考えます。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS