ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

バニーガール

9月発売予定のケモミミなフィギュア

メガハウスの新ブランド《デスクトップアーミー》より、『Fate/Grand Order』コラボモデルの第3弾が9月30日発売予定!
今回は和装がテーマらしい。ケモミミ枠としてはキャス狐がラインナップされていますよ。



アプリ&アーケード版『3』の稼動を間近に控えた《けものフレンズプロジェクト》より、コレクションフィギュアBOXが9月30日発売予定!
フィギュア関係でキタキツネがラインナップされているのは、わりと珍しいのでは?
好きな人は要注目です!


萌え ブログランキングへ

8月発売予定のバニーなフィギュア

8月2日、および8月21日は「バニーの日」ということで、バニーフィギュアの予約受付が多くなっている8月です!

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』より、ヒロインたちをバニーフィギュア化していく企画の第八弾!
モモの双子の片割れで、 動物好き&ツンデレな「ナナ」の1/4スケール・バニーが8月31日発売予定!
小悪魔チックなセクシー&キュートさが素敵です。
フリーイング社製なので、タイツは本物の布素材が使われているようです。


20世紀末の名作にして、近年続編も発表された『サイレントメビウス』より、主人公の香津美・リキュールのバニーver.1/4スケールフィギュアが8月31日発売予定!
バニー服はAMPの制服をモチーフにデザインされているのだとか。


これまでも何度かケモミミverフィギュアが出ている『FAIRY TAIL』より、妖精の尻尾最強の女魔導士エルザ・スカーレットのバニーver.1/6スケールフィギュアが8月31日発売予定!
赤・黒・白の三種類で発売のようです。
エルザのバニーverフィギュアは今年の12月にも別タイプが発売予定になっているみたいですよ。




いまだに様々な世界線の物語が紡がれている『STEINS;GATE』より、関連グッズでわりとコスプレしている傾向のある牧瀬紅莉栖のバニーver.1/4フィギュアが8月31日発売予定です!



萌え ブログランキングへ

2月発売予定のバニーなフィギュア

今月はバニーが多め!
『ご注文はうさぎですか??』より、ジャズシーンをイメージした独特のスタイルのチノちゃんバニーが2月28日より発売予定です!



2015年に登場したの名状しがたきフィギュア、黒バニーver.1/4ニャル子の再販分が2月28日発売予定です!


『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』より、戦姫アイズ・ヴァレンシュタインのセクシーなバニーver.フィギュアが2月28日発売予定!
フリーイング社製なのでタイツは本物の布素材ですね。


昨年発売された、アニメ版『魔弾の王と戦姫』七戦姫の一人・エレオノーラ=ヴィルターリアのバニーver.フィギュア。タイツを脱いだ生足バージョンが2月28日発売予定です!



そのほか、『To LOVEるダークネス』の芽亜バニーの発売が2月末に延期になっていますので、欲しい人は要チェックです!



萌え ブログランキングへ

11月発売予定のバニーなフィギュア

『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』より、ヒロインたちをバニーフィギュア化していく企画の第六弾!
好奇心旺盛で無邪気なヤミの“ 妹” 「黒咲芽亜」の1/4スケール・バニーが11月30日に発売予定!
誘うようなポーズがセクシー&キュート!
フリーイング社製なので、タイツは本物の布素材が使われているようです。
先月紹介した西連寺春菜バニーも11月予定に延期になっていますので要チェックです。


『超次元ゲイム ネプテューヌ 』より、シリーズ通して一番人気のヒロイン・ノワールが守護女神に変身した姿「ブラックハート」のバニースタイルフィギュアが11月30日発売予定!
こちらもフリーイング社製なので、タイツは本物の布素材とのこと。
『ネプテューヌ』関連ではパープルハートのバニーver.フィギュアの発売予定が11月に延期になっていますので、こちらもチェックです!



童話の主人公を立体化するMyethos の《FairyTale-Another》シリーズ第5弾!
『不思議の国のアリス』の「白ウサギ」が1/8フィギュアとして11月30日に発売予定!
元となるイラストデザインは中国のイラストレーター・ASK氏が手掛けています。





萌え ブログランキングへ

バニー主任に見る、バニー耳の用途。『紅殻のパンドラ』13巻

今からそう遠くない未来。
サイボーグ技術や神経接続ネットワーク、知性を持つアンドロイドといった夢の技術が実用化されつつある一方、頻発する自然災害と戦争によって人類文明は存亡の危機にあります。

そんな災厄渦巻く世界からは少し離れた、人工リゾート島≪セナンクル・アイランド≫。
「世界平和」を目指す脳ミソ以外全部機械の天然娘・七転福音(ナナコロビ・ネネ)は、無愛想な戦闘ネコミミアンドロイド(?)・クラリオンと、クラリオンの「妹」を自称するフォボスと一緒に、今日も地道な人助けの日々にまい進しています。

そんなネネたちの日常の裏では、秘密結社ポセイドンが暗躍を続けているわけですが・・・!

謎が深まる『紅殻のパンドラ』、単行本13巻目が7月10日より発売中です!
アルトマン警部が秘密結社ポセイドンの戦闘用ロボットに襲撃され、消息不明になってしまった一方で・・・・・・ネネたちはセナンクル島のビーチで海遊びをしたり、古き良き南国ライフを送れる工芸村「シアリーズ特区」に潜入したりと、いつも通り(?)の日々を送っています。

ネネは相変わらず楽しそうにしているのですが、クラリオンはネネの挙動に微かな異変を感じている様子です。しかし、それが何なのかはまだハッキリせず、、、

素性の怪しいクラリオンの同型機(妹)フォボスは、いまだに怪しいままですが、ネネやクラリオンと接するうちにある種の人間的な評価基準を持つようになったみたいです。

平穏な風景の中に、多くの謎をはらんだまま物語は進んでいきます・・・。

※ ※ ※

前巻の衝撃のラストから一転して、再び近未来のサイバーパンクな日常に戻ってきた13巻。
今回は秘密結社ポセイドンの内実も描かれており、次の大きな動きに向けて多数の伏線を張っている巻といった感じです。

一番気になったのは「クラリオンってアンドロイド(機械)じゃないの?」ということ。
全身義体化したことによって機械と生物の区別があいまいになった(機械を同族だと感じるようになった)ネネがクラリオンのことを『自分と同じ』と言っているだけで、クラリオンはそもそもアンドロイドだと思っていたのですが、この巻のエピソードを読むと実は違うのかな?と思ったり。

先の話が気になります。

※ ※ ※

ネコミミアンドロイド・クラリオン&フォボスに次ぐ、本作のもう一人のケモミミ要素である、天才科学者サハルの元・部下「バニーさん」。

13巻ではいつのまにか秘密結社ポセイドンの若手エンジニア教育係「バニー主任」に出世しています。

しかし、サハルの残したブラックボックス技術の安全装置となっている(?)かもしれない「バニーガールの格好」を止めることは、いまだにできないようです。
photo_1212












『紅殻のパンドラ』13巻P64(春夏秋冬鈴・六道神士・士郎正宗/角川書店)


たぶん「バニーガール」と「メイド服」のコスチューム属性だけ見られるパターンだと思われるのが、あるキャラクターにバニーガールの格好をさせるために、バニー耳に(物語上の)特別な用途があることにする、という設定。

過去に紹介した作品では『のらうさぎ』『ボーパルバニー』で見られる例です。

『紅殻のパンドラ』も「バニーさん」をバニーガールのままにするべく画策されている模様です。
まあ、バニーさんにウサミミがないと誰だか分からなくなっちゃいますし(6巻参照)、このままずっと「バニーさん」でいてほしいですね!

※ ※ ※

ケモミミ要素といえばさらにもう一人、13巻には「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん(ねこますさん)」のアバターである「みここ」がゲスト出演してますので要チェックですよ~!
記事検索
最新コメント
RSS