ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

けものフレンズ

『けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック5巻』の感想

BD付ガイドブック5巻目が7月26日に発売されました!
今回の特集は「『けものフレンズ』誕生」ということで、アプリ・漫画・アニメの全てを含めた《けものフレンズプロジェクト》全体の制作の経緯が明かされています。

やっぱり今までもちょくちょく言及されていたように、吉崎観音先生が相当関わっていたのだなあという記事内容でした。プロジェクト全体の原点のコンセプトがあって、一番最初に始動したアプリ版制作の時に吉崎先生が世界観を詰めていった・・・という感じみたいですね。

個人的にアプリゲームも漫画もアニメも、それぞれ素晴らしい出来だったと思うのですが、それを可能にしたのはやっぱり土台となるコンセプトと世界観自体の素晴らしさがあったからだと思います。

単に動物を女の子に擬人化しただけでなく、彼女たちがいる世界(ジャパリパーク)に奥行きがあるから、面白い物語が作れるのですよね!

※ ※ ※

けものフレンズ大図鑑を見て、アプリ版からリデザインされているアニマルガールの中で気になったのがクビワペッカリー。

アプリ版はこういう子↓
photo_1059














リデザインされたバージョンは一応パッケージ↓の下から二段目の左端で見られます。
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (5)

恰好はほぼアプリ版と同じなのですが、ケモミミがよりイノシシっぽい色・形になっています。
ジョフロイネコなんかもそうなのですが、リデザイン版は元の動物の特徴を強化した姿になっている娘が多いですね。吉崎先生のこだわりが感じられます。

ちなみに、クビワペッカリーは「誰でもご主人様(あるじ)呼びするキャラ」として、『ヴィルガスト』の猫娘リュキアと同じ特徴を持っています。これは偶然なのかな? 少し気になる共通点です。


※ ※ ※

けものフレンズ2期に向けてこれからも応援をー!
・・・と言いたいところなんですが、今夏の配信を予定していた新アプリの音沙汰がないのが少し心配です、、、




 萌え ブログランキングへ

7月発売予定のけものフレンズなグッズ類

JRAや各地の動物園・公園とのコラボなど、話題の《けものフレンズプロジェクト》より、今月も様々なグッズが発売されます!

アニメ第9話で登場したオケ改造ソリと、それに乗ったキタキツネ・ギンギツネ・サーバル・かばんちゃんを図柄にした「きゃらいど」キーホルダーが7月25日発売予定!

「ねんどろいどぷらす」の図柄を使ったアクリルキーチェーンセットと缶バッジセットが7月30日発売予定!
7月のラインナップは「さばんなちほー」と「じゃんぐるちほー」のフレンズ。
ドヤ顔登山サーバルをはじめ、ジャガー、カバ、コツメカワウソのグッズが発売されます。

吸盤付きラバーマスコット「ラバQ」のシリーズより、独特のSDになったフレンズたちのラバQが7月28日より発売予定!
キタキツネはいるのにギンギツネがのけものにされているのが悲しいですが、キタキツネは「けもフレ」プロジェクト開始前からの人気No.1のフレンズだし、そこは仕方がないのか、、、
ギンギツネは別の機会にグッズ化されることを期待したいところです。

フレンズではないですが、じゃぱりまんクッションが赤・青の二色で7月31日に発売予定となっています。



けもフレコミックアンソロジー第四弾!『けものフレンズ 電撃コミックアンソロジー ジャパリバス編』

アニメ版準拠のけもフレコミックアンソロジー第四弾!
『ジャパリバス編』が6月26日より発売中です!

先月5月までに出版された『ジャパリパーク編』、『ジャパリカフェ編』、『じゃぱりまん編』とはそれぞれ発行媒体(編集部)が違うのですが、よく見ると全部KADOKAWAなので、けものフレンズプロジェクトとしての一連のアンソロジーといった位置づけでよさそうですね。






この『ジャパリバス編』は他のアンソロジーと大きな違いがあって、すべての話で「かばんちゃん&サーバル&ボス以外のキャラ」がメインになっています。
あと、コノハ博士&ワシミミズク助手が「火を使わずに料理する」ネタが多めなのも特徴ですかね。

わた・るぅー氏の『ハシビロちゃんの憂鬱』のシロサイとアフリカタテガミヤマアラシが、若干アプリ版寄りのキャラになっているのもチェックポイント。


アンソロジーに原稿を寄せている作者(敬称略)と主な登場キャラは以下の通り。

●しらび・・・(表紙)かばんちゃん&サーバル&ボス
●サワノアキラ・・・(ミニキャラクターイラスト)博士と助手コンビ
●未来電機・・・緊張しまくりのコウテイペンギンをマーゲイと他のPPPメンバーがフォロー。
●仏さんじょ・・・博士&助手、火を使わずにカレーを作るために試行錯誤。
●わた・るぅー・・・ヘラジカによるいつもの(あまり役立たない)作戦会議。シロサイ、アフリカタテガミヤマアラシ、カメレオン、オオアルマジロ、ハシビロコウが登場。
●きりきり舞・・・タイリクオオカミの大ピンチ。
●パイン・・・移動式カフェをやりたいアルパカさんに、博士と助手が協力。
●ふくしま正保・・・ライオンのダイエットに博士と助手とヒグマが協力
●桐沢十三・・・温泉のマナーを知らないアライさんと、いつものように見ているフェネック。
●からあげたろう・・・ヒグマ、キンシコウ、リカオンのセルリアンハンター三匹の日常。
●もっつん*・・・PPPがマネージャーのマーゲイにプレゼント。
●甘露アメ・・・飽きっぽいスナネコと怒りっぽいツチノコ。
●Sw・・・ビーバーとオグロプレーリードッグによる対セルリアン用の家づくり。
●リムコロ・・・トキとショウジョウトキのティータイム。
●面舵いっぱいいっぱい・・・ギンギツネ、電子ゲームに挑戦!
●瀬尾みいのすけ・・・フェネックにとりつくアライさん。
●武シノブ・・・カフェに新メニューを追加したいアルパカさんに、トキと博士&助手がアドバイス。
●ありかん・・・アミメキリンによる、ニンゲンのつくった遊具の用途推理。

けもフレアンソロジー第三弾!『けものフレンズこみっくあんそろじー じゃぱりまん編』

アニメ版準拠のけもフレコミックアンソロジー第三弾!
『じゃぱりまん編』が5月29日より発売中です!

4月までに出版された『ジャパリパーク編』、『ジャパリカフェ編』とはそれぞれ発行元が違うのですが、けものフレンズプロジェクトとしては一連のアンソロジーといった位置づけでいいのですかね?




他のアンソロジーとの微妙な違いとして、追加おまけ映像『12.1話』の内容まで反映されていること。
『じゃぱりまん編』だけあって、じゃぱりまんがネタにされている話がいくつか。
あと、ライオン&ヘラジカ率がやや高めといった特徴があります。

アンソロジーに原稿を寄せている作者(敬称略)と登場キャラは以下の通り

●なもり・・・(表紙)じゃぱりまんを食すフレンズたち
●舘津テト・・・(イラスト)かばんちゃん&サーバル&ボス寝っ転がり
●阿部かなり・・・(イラスト)アルパカ&トキ&ショウジョウトキ
●すまちー・・・(イラスト)(漫画)ホットケーキを食すコノハちゃん博士&ミミちゃん助手
●TNSK・・・ヘラジカvsタイリクオオカミ ホラー対決!
●川上真樹・・・サーバルの紙飛行機
●殆ど死んでいる・・・猫っぽいサーバル、ペンギンっぽいPPP
●玉之けだま・・・消えたアライさんのじゃぱりまん!? かばんちゃんが探し、タイリクオオカミとアミメキリンとフェネックが煽り、サーバルとカバが疑われる!
●弐尉マルコ・・・イエネコ化するサーバル
●ヒライユキオ・・・ゆきやまちほーでの殺フレンズ事件!? かばんちゃん&サーバル、ギンギツネ&キタキツネ、カバ、カピバラ、アライさん&フェネック
●えろ豆・・・みんなデレデレ。ヘラジカ、ライオン、アラビアオリックス、オーロックス
●羊箱・・・スランプになるトキ。アニメ版のフレンズがほぼ全員登場します。
●レフトハンド・・・キタキツネとギンギツネのゲーム対決!
●ツナミノユウ・・・トキvsハシビロコウ
●さきしまえのき・・・『12.1話』をジャガー&コツメカワウソで。アライさん&フェネック、タイリクオオカミ&アミメキリンが話をややこしくする
●あおいまなぶ・・・迷子のツチノコ。へいげんちほーのフレンズたちに絡まれる。アフリカタテガミヤマアラシや大アルマジロもでてきます

『けものフレンズ』共通構造を探る(ガイドブック3巻まで)

BD付ガイドブック3巻が5月26日に発売されました。
そこで漫画版-アプリ版-アニメ版の世界が時間的につながっている可能性を示唆する「世代交代説」が紹介されています。

以前からアニメ版のプロデューサーやスタッフが「各メディア作品のストーリーは繋がっていない(かもしれない)けれど、吉崎観音先生が考えた共通の世界観が存在する」という話をしていましたので、今回のガイドブックの内容はその点の裏付けとなるものといえそうです。

私、アニメ版が始まった当初、時系列の順番を下のツイートように「アプリ版⇒漫画版⇒アニメ版」だと考えていたのですが、実際は「漫画版⇒アプリ版⇒アニメ版」だったみたいですね。

私がミスリードした原因は、アプリ版のミライさんが「今回が初めてのガイド」だと話していたこと、漫画版でミライさんがナナちゃんの「先輩」として登場することから、[アプリ版]新人⇒[漫画版]ベテランという風にミライさんが成長したんだと考えたせいですね。
アプリ版の台詞をよく読むと、ミライさんはあくまで「パークガイドが初めて」としか言ってなくて、ジャパリパークのスタッフとして新人だとは言っていないんですよね、、、

『ChaosTCG』のミライさんの肩書を見るとジャパリパークのガイドは「調査隊長」を兼ねるみたいなので、スタッフとしてある程度経験がないと就けない役目なのかもしれません。



アニメの最終回と1~3巻のガイドブックの内容で、『けもフレ』世界の謎だった部分がかなり分かってきましたので、あらためて気になる共通事項をピックアップして考察してみたいと思います!
前回の記事から更新したところは、青色の文字で追記しています。


【アニメ版・アプリ版・漫画版全てで共通】

●サーバル
性格や能力は各メディアで微妙に異なるけれど、ものすごく友達想いなのは共通
プロジェクトのテーマである「フレンズ」を体現しているキャラ。
世代交代説をとるなら、アニメ・アプリ・漫画全て別人(別猫)?(少なくともアニメとアプリは違うサーバル)

(アニメ版)友達の良い所を探そうとする。絶対に友達を否定しない。(11話)巨大セルリアンの攻撃から、かばんちゃんとラッキービーストを身を挺してかばった。
(アプリ版)アニマルガールと相容れない存在であるセルリアンとも「トモダチ」になった。誰かが落ち込んでいるとすぐに励まそうとする。絶対に友達を裏切らない。
(漫画版)雪山で遭難して死にかけた時に出た「最後の」言葉は、親友カラカルへの感謝の言葉。新人飼育員・菜々の歓迎会を率先して企画したのはサーバル。ミライさんの夢の中における「転校してきて、はじめてできた友達」がサーバル。

●ジャパリパーク
「超巨大総合動物園」である点が共通。
外界から隔絶された島につくられた施設らしい(ガイドブック1巻)。

●ジャパリまん/ジャパまん(ジャパリまんじゅう)
ジャパリパークのアニマルガールの好物。
漫画版のみ「肉まん」という名称。⇒もともとただの「肉まん」として売られていたものが、アプリ版の時代には「お土産物」となり、アニメ版の時代にはアニマルガールの主食となるように改良された「特別な食糧」へと変わったとみるのが正しいのかな?(ガイドブック1巻)

●ミライさん
アプリ版では初めてガイドを担当する新人スタッフとして。
漫画版では新人飼育員・菜々の先輩として登場する。ゆえに時系列があるとするなら、アプリ版⇒漫画版の順番。
漫画版⇒アプリ版の順番で、漫画版ではガイドに就任したばかり(飼育員⇒パークガイドみたいな昇進制度があるのかな?)、アプリ版で初めて実際の案内を担当、といった時系列?
(アニメ版)
ミライさんの体組織(髪の毛)からフレンズ化した存在がかばんちゃん。



【アニメ版・アプリ版で共通】

●セルリアンの存在
アニメ版とアプリ版で同一の存在であるかは不明。どちらも無機的・機械的な存在として描かれる。
(アプリ版ではトキが「自然現象のようなもの」、アニメ版ではキンシコウが「山火事みたいなもの」と語っている)

漫画版には登場しない。⇒時系列からすると、漫画版の時点では「ほとんど見かけなかった」が正しそう。ガイドブック2巻では漫画版の時点でもセルリアンにより行方不明になったアニマルガールがいることが示唆されている。

(アニメ版)セルリアンは公園管理システムの一部である可能性。⇒9話のミライさんの発言から、パーク側で準備したシステムである可能性は否定的
(アプリ版)セルリアンは絶滅危機動物保護システムのバグである可能性。

(ガイドブック2巻)より、おそらくアニマルガールとセルリアンはどちらもサンドスターから生まれた同源の存在。サンドスターが動物や動物だったもの(化石等)と反応するとアニマルガール、無機物や無機物に近い単純構造の生物(プランクトンなど)と反応するとセルリアンになる。
アプリ版のセルリアンは元がプランクトンだったものが中心、アニメ版は元が無機物であるセルリアンが中心。

「女王事件」(アプリ版)の頃はプランクトン中心だったセルリアンが、アニメ版の少し前の時代には無機物からセルリアンが生まれる事例が多くなっていき、火山の溶岩がセルリアン化するにいたって手がつけられなくなった⇒ジャパリパーク放棄という経緯か?

ちなみにアプリ版でも、「女王事件」その後を描く裏ストーリーでサンドスターの力により勝手に動き出した着ぐるみ(無機物)と思われるパッションビースト、クールビースト、ピュアビーストの3体が登場。無機物がセルリアン化する可能性が示唆されていた。



●同じけもののフレンズが同時に出現することがある
(アニメ版)10話で映像の中の先代サーバルを見た時のサーバルの発言。
(アプリ版)サブイベント『光の回廊プロジェクト』における、アルル(アフリカンゴールデンウルフ)とキンコ(キンイロジャッカル)のエピソードより。記憶喪失のアルルは自分のことをキンイロジャッカルのアニマルガールだと思い込んでいた。それに対して、キンコは『あなたは私と、違う気が・・・します』と返している。キンコの言葉は同族の仲間がいることを前提とした発言。

(ガイドブック3巻)同じけもののフレンズが同時に出現する確率は多胎児の産まれる確率と同じくらい。他のチホー(島)に同種が居る可能性は高いらしい。

●セーバル
アプリ版ストーリーの鍵となった、人やアニマルガールとコミュニケーションをとれるほど高度な知性を持つセルリアン、偽サーバルことセーバル。
アニメ版の初期設定資料には「セーバルの丘」と呼ばれる場所が存在していた。(ガイドブック3巻)



【アプリ版・漫画版で共通】

●カラカル
アプリ版・漫画版ともにサーバルの親友として登場する。
アニメ版で登場しないのは、かばんちゃんとサーバルの関係を重視したため?
⇒10話・11話にて、映像記録の中のミライさんと先代サーバルがカラカルの名前を呼んでいる。


●カコさん
漫画版の菜々はアプリ版で名前の出てくるカコ博士の従妹。

●各エリアの名称
熱帯エリアの名称が「リウキウチホー」で共通している。
アニメ版はパーク開園当初の名称が失われている?⇒これは推理が当たりました。アニメの舞台はアプリ版における「キョウシュウチホー」であったことが明らかに。

●ジャパリパークに貢献した者が「園長」になる
(アプリ版)プレイヤーがエンディングで「園長」と呼ばれることに。ちなみに、園長以外にも「創始者」(オーナー?)と呼ばれるより上位の役職者がいるようだ。
(漫画版18話)アライグマが園長になることを目指して活動をしている。ヒトでなくフレンズでもなれるらしい。

⇒このネタ、アニメでも出てくるかと思ったけど出なかった、、、今後展開される作品で使われるかもしれないので期待。ガイドブックでパークスタッフの特集がされるなら、組織図みたいなものが見られるかも。



【アニメ版・漫画版で共通】

●サーバルの身体能力
(アニメ版)岩山を登る、そして落下しても平気。ジャパリバスを持ち上げてジャンプする。
(漫画版3話)岩山を登る、そして落下しても平気。300kgの岩を軽々と持ち上げて投げる。
アニメ版と漫画版でサーバルが身体能力を発揮するシーンの描写が似ている。

アプリ版でもそれなりに身体能力は高いと思われるが、サブイベント『秋のスーパー遠足』を見る限りエクストリーム登山じゃない普通の登山をしていて、やたらハードな運動描写は無い。

●ペンギンアイドルユニット「PPP」
ペンギン5人組のユニットであるところが共通。
アプリ版はロイヤルペンギンがおらず、4人組の「PIP」というユニットだった。
現実世界にすでにPIPというアイドルグループが存在するので、変更したのかな?
(アニメ版8話)現在のPPPは3代目。アニメでも、ロイヤルペンギンはもともとメンバーではなかった。

●雪山で遭難しそうになるサーバル
漫画版もアニメ版も、軽々しくサーバルが雪山に入っていって遭難しそうになる、というシチュエーションが同じ。



 萌え ブログランキングへ
記事検索