ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

イベント情報

9/24はみみけっとです。

ケモミミファンの祭典、第35回目のみみけっとです!

参加される方は頑張ってください!!

今回も私は不参加です、、、
仕事が落ち着いたら、またサークルで参加したいところ。
次に本を出すとしたら、『犬耳・狼耳史』ですかね~
あと、ねこさば本か、けもフレ本を作ってみたいなあ。

冬コミ(C89)新刊情報 『総解説・兎耳史』

 今年の冬コミに当選しておりまして、「S猫出版部 31日木曜日 東地区 "ピ" 49a」で 兎耳&バニーガールの歴史の本を出します。
 全68ページで兎耳の歴史を徹底解説しています。
photo_533



















兎耳表現の変遷図解や・・・・・・
photo_534



























 古今東西のバニーガールを図解していたりしますので興味のある方はぜひ。
photo_532

















 ※ ※ ※

そのほかに、以前に作った本、
・ 『現代獣耳研究vol.2』
・ 『総解説・狐耳史』(のこりわずか)
・ 『総解説・猫耳史 第二版』 も頒布しますので、こちらも興味がある方は、ぜひS猫出版部のスペースまでお越しください~



萌え ブログランキングへ

冬コミ原稿の進捗など。

 冬コミの原稿が山場・・・というか修羅場で、更新滞っております、、、
 たぶん16日には終わるはず・・・・・・はず・・・・・・

 『総解説・兎耳史』、
 ほぼ文章部分は書き終わって、あとは残りのイラストをがりがり仕上げている真っ最中です。
 全68ページになる予定。

 兎耳キャラクターについてもさることながら、
 古今東西のバニーガールについても下のような感じで図解を作っています。

 バニーガールに関しては、誰かが“知ったかぶり”でした発言がそのまま孫引き状態になってて、
 ネット上の情報があまり当てにならなくて、正確な資料を捜すのが大変でした。
 この世界は奥が深いね、、、
 

明日はみみけっとですね。

 明日はケモミミの祭典みみけっとですね!
 (といっても、私は今回行けないのですが、、、家で冬コミの原稿作ってます、、、)
「みみけっと」耳キャラONLY同人誌即売会

 記念すべき第33(みみ)回ということで、記念タオルや記念合同誌が頒布されるようです。

 記念合同誌に桜沢いづみ先生のお名前があって、久々に先生がケモミミをガチで描かれているのかと思うと、ぜひ欲しいところなのですが・・・・・・

ears,years 桜沢いづみ画集 second season (MOEOHセレクション)
桜沢いづみ
アスキー・メディアワークス
2012-04-26




 プチオンリーは毎度恒例のストパンONLYと・・・
わたしにできること

 13年ぶりに新作が発売された『うたわれ』のONLY。
ユカウラ

 そして近年爆発的人気を誇る例のイカのONLYです。
スプラケット
 「イカは耳キャラに入るのか?」という疑問はあるのですが、あのゲームのキャラデザは確かに耳キャラの系譜にあるといえなくもないので、妥当なカテゴライズなのかもしれません。



萌え ブログランキングへ

『美少女の美術史』展に行ってきました。

 島根県立石見美術館で開催中の『美少女の美術史』展に行ってきました!


 石見美術館はJR益田駅から1kmくらい歩いたところにある島根文化芸術センター『グラントワ』の敷地内にあります。
 グラントワの入口にはMr.氏の描いたウサ耳付き少女の大きな看板が。
 益田駅からここまでの道路沿いにも、このウサ耳少女のポスターやペナントが並んでいて、(付近がいかにも山陰の地方都市といった佇まいなだけに)不思議な光景でした。
photo_301













 浮世絵から、大正の竹久夢二、高畠華宵の少女雑誌の挿絵、吾妻ひでおの『ななこSOS』の生原稿に、最近の艦これや初音ミクまで、様々な美少女が網羅的に展示されていて、ボリュームもかなりすごかったです。じっくり見ていたら2~3時間は十分に楽しめるかと。

 今回、実際に確認できたケモミミ関係の展示は以下のとおり。

・Mr.『Goin To A Go-go!!』
 美術展のメインポスターにも使われているウサ耳少女&少女ズの作品。数メートル四方の巨大なキャンバスに描かれているので、パンフレットや画像で見るよりもずっと迫力があって混沌とした印象を受けました。近くで見ると、ベタ一色に見えるところにも色々な単語やメッセージが無数に書いてあるのが面白い。

・ob『こんどうまれてくるときは』
 本美術展の青森開催時に行われたライブペインティングで作成された作品とのこと(これは写真撮影OK)。上下左右正面のボックス状になった空間全面いっぱいに美少女=シャーマン的なものが表現されています。
 左面が朝と阿吽の「阿」。右が夕暮れで阿吽の「吽」。正面の女の子(?)は左から動物、赤ちゃん、健康、自然、カルチャーを体現していて、背景は恐山の「極楽浜」から見た景色をイメージしているらしい。
photo_302








photo_303















 左端の「動物」の子にケモミミらしきものがついています。

 実物を見ると、どことなく不気味で、死後の世界のような雰囲気なのですが、こんな天使のいる死後の世界だったら、これはこれで良いかもなあと思ったり。


・BOME『うさぎ1号』
 裸エプロンっぽい兎さん。BOME氏の作品展では有名な娘ですね。

・浅井真紀『Figma074宮藤芳佳(ストライクウィッチーズ)』
 このフィギュアを展示用にしたもののようでした。
 ↓ ↓


 それなりの大きさのフィギュアのはずなのですが、他の展示作品全般がかなり大きいこともあって、やや小粒な印象をうけてしまいました。フィギュアの展示というのは、なかなか難しいのだなあと感じたり。

・大島優木『週刊わたしのおにいちゃん付属フィギュア』
 ミルクなめているこの猫耳の子のフィギュアがそのまま展示されていました。昔の少女漫画ファンで今回の企画を見に来ている人が、コレを見てどういう感想を持つのか知りたい・・・・・・。
 ↓ ↓


 作品解説の中で、「少女と小動物」の組み合わせの妙については何点か触れられていましたが、少女と小動物の融合=ケモミミ少女については特に触れられていなかったです。
 今回の企画のラインナップに大島弓子が入っていたら、少し様子が変わっていたかもしれないですが・・・・・・ケモミミ生活的にはそこがちょっと残念かも。

 それはそれとして、とても面白い企画展だと思うので、見に行ける方はぜひ訪れてみてはと! 展示期間は2月16日までです!



萌え ブログランキングへ

記事検索