ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

付け耳

ネコミミ盗賊には秘密が・・・!『リトル・リトル・アリス』1巻

永遠の14歳である吸血鬼のお姫様・リデルが「人間になる方法=大人になる方法」を求めて人間界にやってきて大騒動を引き起こす、ファンタジー・四コマコメディ『リトル・リトル・アリス』が9月27日より発売中です!

主人公のリデルはヴァンパイアのお姫様。

早く大人になって、本やテレビ(!)に出てくるような冒険をしてみたいと思っているのですが、ヴァンパイアの女性は14歳で成長が止まってしまうので、そもそも大人になることができません。

そこでリデルはヴァンパイアの身体を捨てて人間になることを決心し、魔王城を飛び出して、人間の開拓者の街パンプキーナにやってきます。

外の世界を知らない箱入り娘のリデルは、知らない人からアメをもらったりして早速トラブルに巻き込まれるのですが、そんなリデルを通りすがりのゾンビ女子高生・わんこが助けます。

わんこの主人である魔術師ライム(7歳)の占い屋にお世話になることになったリデルは、世話係の蝙蝠猫セバスや、なぜか占い屋に入り浸る盗賊・黒猫のキルシュと一緒に、魔王城からの刺客(リデルを連れ戻そうとする魔王の手下ども)を退けつつ、人間になる方法を探すことになりますが・・・・・・。

※ ※ ※

タイトルに『アリス』と付いているとおり、『不思議の国のアリス』などのルイス・キャロル作品へのオマージュがそこかしこに見られる作品です。

特にネタにされているのが「ロリコン」の要素。

魔王および手下(ロリータ+コンバット、通称「ロリコン」)たちは、永遠の14歳・リデルが大人にならないように全力を尽くしていたり、魔術師ライム(7歳)も含めて登場する女の子の年齢層が全体的に低めだったりします。

※ ※ ※

本作のお姉さん代表、黒猫のキルシュですが、猫らしく盗賊を生業にしています。
「泥棒猫イメージからのネコミミ盗賊」というネタについては、過去に『振リ返リマセン勝ツマデハ』『金色の文字使い外伝』の記事に色々書きましたのでそちらを参照に。

photo_642





『リトル・リトル・アリス』1巻P27(神無月羽兎/芳文社)











実は彼女、本物の猫耳娘ではなくて、ネコミミの格好をしていることに重大な秘密があるのですが・・・・・・!

このあたりはぜひ本編を読んで笑ってください!


※キルシュの秘密と似たようなネタを扱っている作品として、コレを挙げておきます。




萌え ブログランキングへ

わんこみたいな超絶美少女!?『まめはペットで、美少女で。』

最愛のペットが死んで悲嘆に暮れる天才作家の前に現れたのは、わんこみたいな超絶美少女!?
美少女ペット(!)との甘々な日々を描く、『まめはペットで、美少女で。』が8月26日より発売中!

秋吉雅臣はベストセラー作家で、芸能人のようだと噂されるほどの美男子。
しかし、人付き合いがとてつもなく苦手で、普段は愛犬の「まめ」と過ごす以外はほとんど人目を避けるような生活を送ってきました。

まめ との生活をそれなりに満喫していた雅臣ですが、残念ながら、まめは老衰で死んでしまいます。

傷心の雅臣は小説を書く気にもなれず、まめの散歩コースを彷徨うような日々を送ることになりますが―――そんなある日、彼は野良犬同士が喧嘩している場面に出くわします。

野良犬の一匹をなだめて、やられているもう一匹の犬を助けようとしたところ・・・・・・実はそれは犬ではなく人間の女の子でした!!

どうも記憶喪失になっているらしいその女の子は、雅臣のことを変に気に入ってしまい、ついには愛犬を亡くして悲しんでいる彼の「ペット」になると言い出すのですが、、、

 ※ ※ ※

ちょこっとえっちぃシーンもありますが、どちらかというと犬っぽい少女との激甘な日々が描かれる純愛漫画です。

飼っていたペットの犬が、犬耳少女になって飼い主のもとに帰ってくる!みたいなプロットの作品は多くありますが、この少女の正体については大きな秘密が隠されています。

似たような雰囲気の作品で、犬ではなくて猫の作品『のら女子高生』と比較すると面白いかも。

※ ※ ※

少女の犬耳っぽく見える部分は「クセ毛」であると、作者まえがきで断言されています。
とはいえ、下のシーンのように風呂に入ってもほとんど形が崩れなかったり、気分が沈むとしょぼんと垂れ下がったりして、ほとんどケモミミと同等の機能を持っています。
photo_628




『まめはペットで美少女で』P14(杉しっぽ/小学館)








彼女が本物の犬っ娘なのか、それとも人間なのかという点を曖昧にしているのも、大事な道具仕立てといえるかもしれませんね。

「猫がいるだけで、ごはん三杯はいけますっ」(by猫耳メイド千和)『妄想少女の観測する世壊』

人々の歪んだ想い――妄想から生まれる怪物が闇に紛れてうごめく街で、チェーンソー少年と猫耳メイド(鋏)少女が街の平和を守るために戦います!
ラノベだけど本格派のホラーバトルラブストーリー『妄想少女の観測する世壊』が7月25日より発売中です!

高校生の木須一樹(きずかずき)は夏休み明けの九月一日、通学路途中のゴミ箱から人の足(死体!?)が飛び出ているのを見つけます。

あまりにも異様な光景にギョッととしていると、人の足が動き出して、ゴミ箱の中からメイド服に猫耳猫尻尾というこれまた異様な恰好をした女の子が転がり出てきます。

白神千和(しらかみちわ)と名乗る猫耳メイド少女は、その場では丁寧に一樹に挨拶していなくなってしまうのですが・・・・・・その後、思いもかけない形で再会することになります。

夕方、街に少し買い物に出たところで出くわした、近頃話題の無差別通り魔、両目に眼帯をした「眼球職人」。
眼球職人に襲われそうになったところを千和に助けられた一樹は、現代社会を蝕む怪物「吸生種」の存在と、それらと戦う千和たち《夢飼》の組織について知ることになるのですが・・・・・・・。

※ ※ ※

前半は異能バトルっぽい雰囲気ですが、後半はサイコホラー風の展開になっていきます。
本作の敵「吸生種」は、現代人の集合無意識が具現化した存在であり、人間の心にかなり直接的な影響を与えるため、物語が進んで主人公・一樹が吸生種と関われば関わるほど、彼の周囲の現実と妄想の区別が曖昧になるような事象が続出します。

これ、ホラー畑の作家(小林泰三とか)だったら、もっと現実と妄想をぐちゃぐちゃにして訳わかんない内容にしそうなんですが、本作はライトノベルなので物語はキチンと一つの結末に収束していきます。
終盤は少し切ない雰囲気です。

※ ※ ※

千和が一般的に見てヘンテコな猫耳姿なのは、もの凄い猫好きだからという点もあるようですが、もう一つ、重大な秘密が隠されています。

付け耳がシリアス表現に使われているパターンの変化形といえそうですね。



萌え ブログランキングへ

ついに待望の移住者が! 感動の完結編!『ようこそ幻界集落へ!』3巻

人口減と高齢化のために消滅しかけている限界集落「神山村」。
実はサイクロプスやセイレーン、ミノタウロスといった本物の幻獣!も棲んでいる凄い村なのですが、人間が住まないことには幻獣の生活もままなりません。

村の唯一の10代である女子高生・朱音(あかね)は、村に住む「幻獣」たちと一緒に「神山村振興委員会」を結成し、村おこしに奔走します。
その結果、ついに待望の移住者が神山村にやってくるのですが・・・!

人外&少女&村おこしストーリーの完結編!
『ようこそ幻界集落へ!』の3巻目が7月12日より発売中です!

神山村への移住者は、欧州人と思われるゼフ氏と、日本人の妻とのハーフである一人娘・真珠星(スピカ・表紙中央右の娘)。
ゼフ氏は田舎生活に憧れているいかにも移住者なタイプですが、スピカはどちらかというと現代の都会っ子といったタイプの娘で、神山村への移住もあまり本意ではない様子。

頑なに心を閉ざすスピカに対して、「神山村振興委員会」の朱音と幻獣たちは、どうにかして彼女と打ち解けようと様々な手を試みるのですが・・・・・・。

※ ※ ※

スピカは常にタブレット端末を手放さず、情報収集もそれでしている、という描写がされていて、田舎だろうと情報インフラは一応整っているのが最近の田舎ネタ漫画といった感じ。
貸本漫画の時代から現代にいたるまでの、田舎ネタの扱い方の変遷をたどっていったら面白そうだけど、誰か研究してみてくれないものか。

※ ※ ※

3巻の最大の山場となる17話~19話の合同祭の場面は、ケモミミ的に見ても面白い描写があります。
それは、幻獣たちが、自らの元になった獣とは異なる動物に仮装すること。

フェニックス娘のミモザは、ウサ耳を付けて『不思議の国のアリス』の白うさぎ役に。
photo_612






『ようこそ幻界集落へ!』3巻P105(コト/芳文社)













ケルベロスのクロ&ロエは、チェシャ猫の仮装をしています。
photo_613




『ようこそ幻界集落へ!』3巻P109(コト/芳文社)









他に、ミノタウロスの牛娘イツキが、ウシ耳をウサ耳っぽく見せて、三月ウサギの役を演じていたりします。

このような、ケモミミが違う獣の扮装をする、という描写は『みみミミ!』『ぬこづけ!』といった漫画でも見られますが、『ようこそ幻界集落へ!』の合同祭の場面はかなり意図的にやっているのが(明確に自分のキャラに合った役を演じている)が興味深いところ。

「ケモミミが違う獣の扮装をする」パターンについて、一度しっかりとまとめた記事を作ってみたいですね。

みみミミ!<みみミミ!> (シルフコミックス)
赤羽チカ
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2016-03-22






萌え ブログランキングへ

猫をかぶっていてもいなくても実はかわいい。『猫戸さんは猫をかぶっている』2巻

「猫をかぶっている」女の子の頭の上に本当に猫が見えてしまう系男子の日々を綴った、新感覚ラブコメ『猫戸さんは猫をかぶっている』の2巻目が7月12日より発売中です!

高校一年生の桐生了(きりゅうあきら)は、本音を隠して「猫をかぶっている」人間の頭の上に、本当に猫が見える・・・・・・一種の読心術のような能力を持っています。

基本的に誰も信用せず、特に、純真そうなのに常時猫をかぶりつづけている「猫戸りら」を、とてつもない腹黒女子として恐れていた了ですが、とあるきっかけで、実は りら も「猫」が見える体質であることを知ります!

了の前では猫をかぶらず本音をぶつけてくる りら と、妙に関係する時間が多くなっていく中、了に想いを寄せている「五十嵐蓮」という女の子が了にアプローチをかけてきます。

内気なのに一生懸命に積極的になろうとする蓮の頭には、いつしか了の目からは「猫」が見えるようになるのですが、自分に好意を持った結果として「猫」をかぶってくる、という新しいタイプの女の子の出現に、了は大きく心を乱されることになります・・・・・・!

※ ※ ※

今回も「他人の本音と嘘が見えるはずなのに、逆にそのせいで余計に人が分からなくなってしまう」という、読心術のジレンマが大きく描かれます。
結果的に、了は青春物にありがちな男女間の悩み・・・相手が何を考えているのか分からない・・・を抱えてしまっているのが面白い展開です。

※ ※ ※

「猫をかぶっている」人間の頭の上に、本当に猫が描かれるのが特徴の本作。
もうひとつ気づいたのが、猫をかぶっている人の本音の表情は、猫の方に出てくるんですね。

下の りら が他の男子に話しかけられている場面では、りら が可愛い女の子モードの表情をしているのに対して、猫はイラついた表情をしています。正直興味無いから話かけないで欲しい、という態度が、猫側にありありと出ているシーン。

猫の尻尾振りが「不機嫌」の表現として使われているのにも注目ですね。
(他の猫耳漫画の尻尾振り表現の例 その1 その2
photo_611







『猫戸さんは猫をかぶっている』2巻P6(真昼てく/双葉社)

















萌え ブログランキングへ
記事検索