ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

獣耳(その他)

10月発売予定のケモミミなフィギュア

まずは『けものフレンズ』より、期待の声が高かった「ねんどろいどサーバル」が10月31日発売予定です!
表情パーツとしてノーマルな「笑顔」と、自信満々な「ドヤ顔」、食べないよ!の「叫び顔」が付いてくるみたいです。


あいとゆうきのおとぎばなし『マブラヴ オルタネイティブ』のスピンオフ『DUTY -LOST ARCADIA-』より、主人公イルフリーデ・フォイルナーのセクシーキュートなバニー姿の1/4スケールフィギュアが10月31日発売予定!
グッドスマイルカンパニーが展開するヒロインバニー化企画<B-STYLE>の作品にあたるみたいです。


名状しがたきSF猫惑星ストーリー『ウルタールの憂鬱』より、主人公のミケ・ランジェーヌ・ノーラの1/8スケールフィギュアが10月31日発売予定!
漫画だとほわほわしておっちょこちょいな彼女ですが、このフィギュアはかなり凛々しい雰囲気です。


Fateシリーズの大人気スマホゲーム『Fate/Grand Order』より、夏仕様キャス狐の1/7スケールフィギュアが10月27日発売予定!
ゲーム中のイラストが忠実に再現されています。Tシャツやタオルは脱がすこともできるみたいです。


人気アニメ作品をVisualArt's/Key が学園アドベンチャー化した『Angel Beats!-1st beat-』より、死後の世界の生徒会長、「天使」こと立華かなでのバニースタイルな1/8スケールフィギュアが10月31日発売予定!
トレードマーク?の麻婆豆腐もちゃんと持っています。


TVアニメ版『あんハピ』より、「悲恋」のヒロイン雲雀丘瑠璃のバニースタイル・フィギュアが10月31日発売予定!
タキシード風の上着を羽織った正統派スタイルで、ちょっと恥ずかしそうな様子が可愛い。


ファット・カンパニーとガレージキットディーラー「りゅんりゅん亭」遠那かんし氏が共同開発した、次世代アクションフィギュア「パルフォム」のシリーズから、『ブレイブウィッチーズ』・雁淵ひかりの可動フィギュアが10月31日発売予定!
公式ページでも紹介されていますが、かなり自由自在にポーズをとらせることができるみたいです。


先月紹介した『この素晴らしい世界に祝福を!2』のめぐみんバニーフィギュア、『マブラヴ オルタネイティブ トータル・イクリプス』の篁 唯依バニーフィギュアはともに10月に発売予定に延期になっています!






馬耳アニメの感想~『セントールの悩み』第12話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。
先週は『縁結びの妖狐ちゃん』がお休みだったので、セントールだけです。
10月からは『このはな綺譚』が始まるので感想は狐耳アニメオンリーになりそうかな?


●『セントールの悩み』第12話
ファンタジーをRPG気分で作ってみた。
・激闘! 腕相撲! 女(ヒロイン)だらけの勝負の行方は


最終話!

Aパートは『セントール』世界の価値観でファンタジーRPGをやったらどうなるかの例のネタ。
原作漫画は徹底的にシュールなんですが、アニメは色々動いて色々な角度で姫乃たちのえっちぃ格好が見られるので、これはこれで良い感じ。

途中でアメーバに装備溶かされるけど、下手に裸にするより普通に着ている方がエッチな気がするなあ。

※ ※ ※

最後の最後Bパートは「ラストの話にこの腕相撲エピソードはちょっと地味じゃないか」と最初思ったのですが、姫乃と真奈美が対決する場面を見て、「ああ、そういうことなのか」と合点させられました。

このアニメの主役が誰と誰だったのかを、最後に明確に示したわけですね。

『セントールの悩み』なので当然姫乃が主役なのですが、アニメ版については真奈美がもう一人の主役である、ということを。だからエンドロールでメインに描かれているのは真奈美だし、アニメ全体で見ても真奈美がらみのエピソードが多かったわけだ。

「真奈美⇒アニメのもう一人の主役」ということ、私は最後の最後で気づいたんですが、みんなは早くから気づいていたのかな?

・・・とにもかくにも、癖の強い漫画の雰囲気を損なわない形で、アニメならではの演出が盛り込まれた本作は十二分に愉しめる作品でした。
姫乃の実家帰りエピソードとか、他にもアニメにして欲しかった話がたくさんあるので、また続編に期待したいと思います!

※ ※ ※





萌え ブログランキングへ

新婚獣耳カップルの周囲の人々が今回の主役です。『月が綺麗ですね』3巻

どこかにある遠い遠い國。
その國では、住民の頭に獣耳が生えていて、そして同性同士の結婚が許されているのです!
世間知らずの箱入りお嬢様と、まじめで苦労人な薬屋の娘の新婚生活と、そんな二人のお世話をする侍女の姿を描く、獣耳百合漫画『月が綺麗ですね』の3巻目が9月15日より発売中です!

春日財閥の一人娘である春日ちる(16歳)は、幼いころから決められていた婚約者、薬屋「仟年堂」五代目・東雲千里(18歳)と結婚しました。
お互いぎこちないながらも、徐々に自分たちの幸せな結婚生活を築いていきます。

一方で、これまでずっと春日ちるのお世話をしてきた侍女の月ヶ瀬カヨ(16歳)は、ちるがカヨよりも千里と関係を深めていくことを(夫婦なので当たり前とはいえ)寂しく思っています。

そろそろ、ちるを中心とした生活から離れて、自分も自分なりの人生を生きなければいけない、と考えていた矢先、カヨは寮住まいの学生・夏目鈴(16歳)と出会い、読んでいる本の趣味が合うこともあって仲良くなっていきます。

しかしそれによって、カヨとちるの関係に、少しずつすれ違いが生じていくのでした・・・。

※ ※ ※

本作、「同性同士で夫婦になれる世界」を下地に、巻ごとに中心となる視点が切り替わるのが特徴です。1巻はちる中心の視点、2巻は千里中心の視点だったのに対し、3巻は千里とちるの新婚カップルの周囲にいる人々にスポットが当てられています。

カヨのような「物語の中心カップルの従者」的なポジションにいるキャラにスポットを当てる作品は珍しいと思いますし、カヨとちるの関係もかなりガールズラブっぽくて良いですね!

新しく話に加わる人物として、獣耳の先っぽがスコティッシュフォールドみたいに折れている日和先生、眼鏡をかけている夏目鈴が登場しますが、どちらもケモミミキャラとしてはちょっと変わった外見的特徴を持つのが面白い。



萌え ブログランキングへ

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第11話/『縁結びの妖狐ちゃん』第12話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第11話
花の名前は……は人の数だけあるんだよ、ってきっと嘘!
・美しさは人の数だけあるんだよ、広義で言えばきっと本当?

今回は御魂家の三つ子がよく出てきます。
尻尾を持つ種族の服装事情がよく分かる、原作第57話のエピソードもあり。

スカートやズボンの尻尾を通す穴に「隠し布」が必要、という話は当時読んだとき「なるほどー」と唸らされた記憶があります。この話が獣耳描き界隈に少しばかりの影響を与えた感はありますね(獣耳キャラの服の構造をよく考えて描く人が増えた)。

三つ子のちーちゃんは原作でも「にゃっ」とか言ったりしてもともと猫っぽいのですが、アニメでは四つん這いで「にゃーっ」て鳴き真似をしていたりして、より猫っぽくなってます。
可愛い。

※ ※ ※





※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第12話 南国の姫

「王権篇」6話目~
ヤヤの小さい頃が出てきた。東方月初と同じ時代を生きていたんだね。
この頃はやっぱり普通に喋ってたんだなあ。
強い妖怪になるとテレパシー(?)で会話する、というのは面白い表現だと思います。

ヤヤは小さい頃と結構雰囲気が変わっている(というより、大人になって落ち着いた)けど、ロロは昔からあまり変わってない様子。

あとは前世のスース?っぽいお姉さん狐が何者かという謎に少しヒントがでてきましたが、まだまだ分からないことが多いですね。
次回予告を見る限り、小さい頃のヤヤの話がまだ続くみたいなので愉しみにしています。

※ ※ ※

ヤヤが白月初と戦うシーンにて、「出している尾の本数が、九尾狐が実力を何%発揮しているかのバロメーターになっている」表現が出てきますが、この表現を漫画・アニメで初めてやったのって何の作品なのかなあ。

近年だと『戦国妖狐』(2007~2016年)、古い所だと『真・女神転生if』(1994年)のチェフェイが思い浮かぶのですが、まだ前にありそうな気がする。



萌え ブログランキングへ

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第10話/『縁結びの妖狐ちゃん』第11話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第10話
デートに現代美術鑑賞を選んだ場合…その1。
・デートに現代美術鑑賞を選んだ場合…その2。


これまでアニメ版はメインとなる原作のエピソード1話を骨組みとして、原作の別のエピソードからとってきた様々なシーンを肉付けしていくという形式が多かったのですが、今回はAパート・Bパートともに原作第45話・第46話をそのままなぞっています。

それでも原作と異なっている点があって・・・・・・漫画だと季節が真冬で、みんな服装がかなり防寒着になっていたのに対して、アニメ版は放映されている「今」の季節に合わせて秋っぽい装いになっていること。
サスサスのネックウォーマー(?)姿が見れなかったのがちょっと残念。

Bパートでは御魂家の三つ子が登場。
やっぱりこの子たち可愛いなあ。

このBパート、原作とちょっと印象が違っていて、原作はこまちゃんが「オヤジさんのこと甘やかしすぎじゃね」という場面が最高潮なんですが、アニメは真奈美が父親を気遣うシーンに重点が置かれています。

このあたりは作者・監督の好みが出ているのかもしれませんね。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第11話 東方月初

「王権篇」5話目~
王権富貴と、白月初の前世?かもしれない「東方月初」の過去エピソードが中心の回ですね。
前世のスース?っぽいお姉さん狐も少し登場します。

ヤヤの見解からすると、もしかするとスースは過去の東方月初を助けていたお姉さん狐とは違う存在かもしれない、ということなんですかね?
(前世の記憶を一時的に取り戻せるはずの小槌が、スースには効果が無い、というのも気になる)

ロロはダメ妖狐のスースに優しいけれど、それは過去のお姉さん狐の現世の姿だから優しくしているだけで、スースが転生体じゃないって事が分かったら手のひらを返す展開もありうるのか・・・。

とにかく話が良い感じに謎めいてきて、今後の話が愉しみですね!
・・・というか、最初からこのエピソードから始めた方が、日本でもウケが良かったんじゃないかという気がします、、、





萌え ブログランキングへ

記事検索