ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

獣耳(その他)

ケモミミ+しっぽの姉+弟です!『灰の双子は白黒つけずに世界を救います。』1巻

勇者と魔王が相討ちとなり、人と魔族の争いに決着がつかないまま、混沌とした状況になりつつある世界。

そんな乱れた世の中を、ケモミミ+しっぽの姉+弟が助太刀して回ります!

『箱庭王国の創造主サマ』の七桃りお氏が送る、新ケモミミ冒険譚『灰の双子は白黒つけずに世界を救います。』
初単行本が9月25日より発売中です!
人を代表する「勇者」と、魔族を代表する「魔王」が相討ちして消滅してしまった「白黒大戦(びゃっこくたいせん)」から14年後・・・。

世界は完全に平和になることなく、人と魔族の衝突は散発的に繰り返され、さらには人の中からも「勇者」を自称する無法者が出現して、混沌としている状況です。

そんな中、獣耳を持った「双子の姉」のアナ・オラトリオと、獣の尻尾を持った「双子の弟」のイクサス・オラトリオは、人をはるかに超える力をもって世直しを続けています。

なぜ、双子たちはとてつもない力を持っているのか?

それは、彼女たちが真の勇者の後継に最も近いからなのですが・・・。
実は、もう一つ、恐るべき秘密が隠されているのでした!

※ ※ ※

『問題児が異世界から来るそうですよ?』のコミカライズ版『箱庭王国の創造主サマ』に引き続き、今回もケモミミな七桃りお氏の新作です。


ただ、今回のアナとイクサスはケモミミキャラとしてみた場合、少しびっくりする描写がありますので、ぜひ一読していただくことをお勧めします。

姉アナは獣耳だけ、弟イクサスは尻尾だけ、という組み合わせが面白いです。

※ ※ ※

七桃りお氏は典型的なファンタジーRPGの世界に「バグ」のような異常を織り込むことで、登場人物たちが翻弄されるという物語を展開することが多いですが・・・。
(『箱庭王国の創造主サマ』では、敵が存在しない世界のために役目が宙に浮いてしまった騎士のクゥが代表例)

本作では「勇者と魔王が相討ちで消滅してしまった」という予想外の事態が引き起こす世界の混沌が描かれており、興味深いです。

この1巻はまだ序章という雰囲気なので、今後どのように物語が進んでいくのか、期待ですね!



萌え ブログランキングへ

10月発売予定のケモミミなグッズ類

ハロウィンの季節も心がぴょんぴょんする作品『ご注文はうさぎですか?』の新作アニメ『~BLOOM』より、ネコミミコスチュームなシャロのハンドタオルが10月31日発売予定です!

活動活発化中の競馬コンテンツ『ウマ娘』より、アニメ化した『うまよん』の撥水トートバッグが絶賛発売中です!


こちらも快進撃中のスマホゲーム『Fate/Grand Order』より、サンリオのAni-Artバージョンのキャス狐グッズが発売予定です!
ラインナップはマグカップ、カードステッカー、アクリルスタンドキーホルダー、ミニ色紙、Tシャツになります。

これもAni-Artバージョンです。
癒し狐コンテンツ『世話やきキツネの仙狐さん』より、仙狐さんTシャツが10月31日発売予定!
背面の図柄が尻尾なのが面白い。

こちらもAni-Artバージョンです!
『幽☆遊☆白書』より、妖狐蔵馬のTシャツと手帳型スマホケースが10月31日発売予定!

続編アニメも公開されて再び盛り上がっている『犬夜叉』より、おすわりしている犬夜叉のTシャツが好評発売中です!



萌え ブログランキングへ

今回はかなりいい活躍している、獣人武道家ひたむきちゃん!『不徳のギルド』6巻

モンスター討伐を仕事とする「狩人」としての生活に嫌気がさした青年キクル。
引退を決心した彼は、獣人武道家ヒタム・キャンをはじめとする新人たちに仕事を引き継ごうとするのですが、新人たちはまだまだ一人前にはほど遠い状況で、全く引退できそうにありません。

そんな中、キクルはとある強大なモンスターを退治するために、「狩人」の名を賭けた決死の戦闘を行うことになりますが・・・!

今回はなんだかシリアス!な狩猟ファンタジー風エロコメディ『不徳のギルド』の6巻目が好評発売中です!

今回の表紙は優秀な魔物ハンターである獣人のオックリ・ビー。
この娘はわりと常に服をきっちり着ていて、着衣のままアブない状況になっているパターンが多いですね。

※ ※ ※

フクロウ型の魔物「オウルナイト」の中でも一際強力なネームドモンスター「ナイトメア」討伐に挑むことになったキクル。

隣町のエースである獣人兄妹・カンゼボウとオックリも「ナイトメア」の討伐には苦戦に苦戦を重ねており、正直、素人同然どころか素人よりもタチの悪い新人たち――武道家ヒタム・キャン、白魔術師メイデナ、黒魔術師トキシッコ、姫騎士ハナバタとキクルが組んだところで、とても太刀打ちできそうに見えませんでしたが・・・。

キクルは徹底的に作戦を考え抜くことで、今のメンバーによる「ナイトメア」撃破を目指します!

その結果は果たして・・・?

※ ※ ※

なんだかんだで、モンスター討伐の仕事から抜けられないし、仕事を嫌がりつつも一番真剣に取り組んでいるキクルの姿がなかなかカッコいい6巻です。

シリアスなんだけど台詞回しがギャグっぽい、という独特のノリが面白い。
(P109の「ストレスで穴があかないよう・・・」の台詞はかなり好き)

ひたむき、ビー兄妹がメインで出ていて、6巻もケモミミ比率はかなり高めです。
メイデナだけじゃなくて、キクルのネコミミ姿も(一瞬だけ)見られるよ!!

 ※ ※ ※

獣人のオックリですが、かなり人当たりがキツイ性格で、同じ獣人のひたむきとはかなり印象が異なります。
しかも、「匂いに敏感」というのはひたむき特有の能力で、実は獣人の特徴ではなかったことが判明。
photo_1712





















『不徳のギルド』6巻P61(河添太一/スクウェア・エニックス)


動物として考えてみれば、犬の鼻が敏感なのは鼻の構造が人間と大きく異なるからで、上のオックリのように見た目はほぼ人間な獣人は鼻がそれほど鋭敏じゃないというのは、納得できる話であります。
(マズルのあるようなケモノ獣人なら、犬と同じように敏感なのかもですが)

まあ、魔法世界に生きる獣人なら生物学に縛られる必要はないので、「魔法の力で犬と同等の嗅覚を持っている」という説明もアリですが、、、

オックリは獣扱いされることに不満を感じるようですが、これは人間が「お猿さん」扱いされた時に覚える感情と似たようなものなのでしょう。

ファンタジー作品では獣の力を持つことは利点であることが多いので、わりと獣であることを自負する獣人も多いですが、本作の獣人はそういう価値観を持っていないようです。

急成長する妖(ケモミミ)と巫女の物語。『あやかし、あまやかし』

妖(あやかし)の者を退治する巫女が、可愛らしい姿の幼い妖を拾いました。
情が移ってしまい、ついには危うい存在になるまで育ててしまいますが・・・!

巫女と妖の熱い運命を描く!『あやかし、あまやかし』の単行本が発売中です!

齢16の巫女・日生実々子(ひなせ みみこ)は、自らの住む「神狛の里」に結界を張り、山から襲来する妖(あやかし)を退ける役を担ってきました。

いつものように大型の妖を退治した実々子は、その妖の子供?らしきものに付きまとわれてしまいます。

まるで子犬か子猫のように、ふわふわでモフモフのその妖の魅力に抗えなかった実々子。
禁忌だとはわかっていながら、その幼い妖を密かに育て始めます。

幼い妖は人間の数倍の早さで成長し、あっという間に乳飲み児から童子へ、そして少年へと育っていきます。

そしてついには、実々子よりも年上に見える青年の姿にまで成長し、育てた妖を里の人間に隠しようがない状況になってしまいますが・・・!

※ ※ ※

とにかく、非常に危うい状況の中を突き進む、実々子と妖(のちに「雨葉」と名付けられる)の運命が最後まで気になって目が離せない!一作です。

実々子が幼い雨葉に注いでいた母親的「愛情」が、彼が青年の姿になったことで恋人の「愛」に変化してしまうところも危ういですし・・・。

どんどん大胆になる雨葉が、妖としての本性に目覚めて、実々子に害をなすことになるんじゃないかとハラハラしきりの展開が連続します!

この独特のスリルのあるストーリーは、少女漫画を普段読まない人にもぜひ一読をおススメしたいところ。

あと、実々子が「のじゃのじゃ」な口調でしゃべるところも個人的にポイント高し!
私、実のところロリババァではなくて、のじゃ口調少女が好きなんですよ、、、
(若いけど古風な老人口調で話す子が好き)

※ ※ ※

ケモミミ的な描写としての注目は、雨葉が成長するにつれて徐々にケモノ⇒獣人⇒ケモミミ人間といった変化を経ていくところ!

実々子が雨葉を拾った時点ではかなり動物感が強いですが・・・。
photo_1705

















『あやかし、あまやかし』P8(黒兎ももか/白泉社)


少し成長するとほぼケモミミ少年になって・・・。
photo_1706



















『あやかし、あまやかし』P12(黒兎ももか/白泉社)


最後には表紙のような「獣耳っぽい髪形をした若人」にまで人間化が進みます。
人⇒ケモノ化が一部の愛好者に好まれていますが、ケモノ⇒人の過程を描いているのは珍しいかも。

物語の中でどんどん成長していくケモミミっ子が出てくる作品としては、同じ白泉社の漫画で『らびっとアリス』があります。そういう要素が気になる方はこちらもおススメ。









萌え ブログランキングへ

涙も体液だな、と思う、ケモミミファンタジー最終巻!『レキヨミ』3巻

様々な種族の棲むファンタジーな世界を舞台に、何を考えているか分からない超変人の姉と、その姉に振り回される(物理的に)、人見知りな妹の日常を描きます。
 
油断すると感動する!ケモミミ姉妹漫画『レキヨミ』の単行本3巻目(完結)が8月12日より発売中です!

レキとヨミは一族秘伝の薬をはじめ、様々な薬を調製・販売して生計を立てているケモノッ娘姉妹。

基本的に優秀な薬師である妹のヨミが一家の働き手であり、姉のレキは妹の邪魔をしているようで・・・実際、妹の邪魔しかしていないのでした。

ある日、ヨミが貯金をはたいて大人買いしたお菓子をレキが悪戯して駄目にしてしまったことで、大喧嘩した二人。

ヨミはついに家出してしまい、さすがのレキも少しうろたえた様子になりますが、、、
・・・果たして、その結末は!?

 ※ ※ ※

同作者の『んねこん』の感想でも書いたのですが、一切恋愛っぽいシーンが出てこないのに、登場人物たちの縁の強さが感じられる点が凄いんですよね。
んねこん (HARTA COMIX)
柴田 康平
KADOKAWA
2020-01-14


16話『お泊り会』でのヨミとシャグの関係や、18話『スーパーブリーダーヨミちゃん』でヨミに呼びかけながら徐々に立ち去っていくレキに、そういった「面倒だけど切るに切れない縁」みたいなのを感じます。

レキはいつもながら超ヘンですが、今回はヨミもわりとダメな部分が垣間見えて可愛いです。

あと、涙・よだれ・胃液といった粘液が大量に出てくる点もいつも通りです。
「舐めかけのアメ」「噛みかけのガム」は新たな粘液ジャンルですね・・・。

 ※ ※ ※

今回注目した描写。
紆余曲折あって、レキの獣耳が取れて、人耳が生えてくるシーン。
ヨミは人耳がカッコいいと思うらしい。
photo_1698













『レキヨミ』3巻P238(柴田康平/コミック&キャラクター局/ハルタ編集部/KADOKAWA)


こちらの世界の人間が、猫耳や狐耳の生えた獣人に憧れるように、獣人メインの世界だと、人耳に神秘性を感じたりするのでしょうか。

あとこの場面、レキの無くなった耳がそのままヘアバンド化している(元の耳と同じ模様のヘアバンドになっている)点にも注目です。
「人の獣化」はそれなりに支持のあるジャンルですが、「ケモミミキャラの人化」も意外と表現として面白いのかもしれませんね~


記事検索
最新コメント
RSS