ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

獣耳(その他)

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第7話/『縁結びの妖狐ちゃん』第8話

今期注目しているケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第7話
初めての経験って恐怖と興味が共存…ライムだけどね。
・幼い頃に観たオカルト映画の恐怖は140%増しだよね。

Aパートは夏らしく水着回ですね。
原作でも御魂家の三つ子がめちゃくちゃ可愛い回です。
三つ子のちーちゃんたちは三人同時に動く、という特徴があるのですが、アニメはそれがより顕著に出ている感があります。かわいい。

Bパートも夏らしく怪談ネタ。
原作通りの流れですが、「アノマロカリスの幽霊」ネタはちゃんとアノマロカリスが歩いているのが分かるぶん、アニメの方が分かり易かったかも。

チビッ子部長があんまり「チビッ子」という印象を受けなかったので変だなと思ったのですが、比較するとアニメ版の部長は原作より背が高くなってる!
原作だと部長は(下のコマのように)希より背が低いのですが、アニメ版は希より背が高くて羌子と同じくらいなので、チビッ子感が薄れているのですね。
なぜ背が伸びたのかは謎です、、、
photo_1067
『セントールの悩み』4巻P125(村山慶/徳間書店)



※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第8話 虚空の涙

「王権篇」2話目~
蜘蛛ガール(清瞳)は悪い妖怪じゃなさそうですが、転生後の縁結びの鍵となる「転生の書」を巡ってスース達と対立するわけですね。
前回の感想でも書いたのですが、王権篇から白月初とスースが物語上の利害に直接絡むようになったので、だいぶ話が分かり易くなりました。

ヤヤとスースのやりとりを見る限り、塗山妖狐は「現世がイマイチだったら死んで来世からやり直す」みたいな価値観を持っているのかな?
スースの姉たちは転生を司るがゆえに命を軽く見ている所があり、スースはイマイチな現世でも頑張って生きるという価値観を持っていて、そこが今後の対立軸になっていくんでしょうか。

白月初の正体も含めて、話が少しずつ深まってきた感があります。

※ ※ ※

塗山ヤヤは九尾の狐みたいですが、常に尻尾があるわけではなくて、能力を発動する時に尻尾の形のオーラが発現するというタイプですね。

九尾狐のような多数尻尾キャラは動きのある漫画ではデザインが難しいんじゃないか、という考察を過去にしたことがありますが、常に全てを動かさなければならないアニメでは、九尾の狐を労せずに描くには本作のような表現が一番良さそうです。

全方位で九本の尻尾を動かしまくる狐耳アニメというのも、いつか見てみたいものですが・・・。

※ ※ ※





萌え ブログランキングへ

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第6話/『縁結びの妖狐ちゃん』第7話

けものフレンズの再放送も気になりますが、とりあえず今、注目しているケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第6話
先祖や歴史のことを遡れるのは、むしろ幸福? それとも不幸?
・本当に好きなことを仕事にすることは果たして幸せなのかな?


Aパートの前半の話題はこの世界の人たちの異質な日常が垣間見れる「髪型」ネタです。
原作とひとつ違うのは、アニメにはこのシーンにサスサスがいること!
(原作はこの話の時点ではサスサスは未登場)

姫乃の尻尾を見ながら口にする「ふさふさ尻尾ならでは・・・」の台詞は原作だと朱池ら友人の言葉で、どこか茶化している感じがあるのですが、サスサスが言うと冷静に分析しているみたいになってしまって、少し場面の雰囲気が原作と違っています。

尻尾がふさふさ~っとしている感じは、アニメならではの表現で良いですね。
姫乃が走るシーンなど、アニメとして動きが加わるとセントールの馬っぽい感じがより強調されるのだなあと実感したり。




※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第7話 転生の書

2番目のエピソード「王権篇」の始まりですね。
話の中心が白月初とスースになって、だいぶ話が分かり易くなりました。

公開されているあらすじからすると、今回登場した蜘蛛ガールっぽい妖怪が今後のエピソードのメインになりそうなので、また焦点がスースたちから離れるのかもしれませんが、、、

スースも可愛いのですが、スースが乗っている兎みたいな獣がめちゃ可愛いのですよ!
あの兎をPVや広告で前面に押し出せば、ケモミミファン以外の別領域のファンを集客できそうな気もします。

※ ※ ※

塗山ロロの敵なのか味方なのか考えが読めない感じが、ミステリアスな狐っぽくてなかなか良いですね。
いつもニコニコしているけど、目を開けると怖いところも良い。

塗山ヤヤは表裏のない正統派の狐の大妖怪といった感じで、好対照です。

ヤヤについては普段テレパシー(?)で口を動かさずに喋っているのに、今回怒った時に初めて地声を出した、というのが面白い演出だと思いました。漫画だと難しい表現だと思うのですが、原作はどうなっているのか気になりますね。



萌え ブログランキングへ

馬耳&狐耳アニメの感想~『セントールの悩み』第5話/『縁結びの妖狐ちゃん』第6話

明日からいよいよ夏コミですね。
参加される方は暑さに気を付けて、楽しんできてください!

私は次の冬コミの申込書が届いたので、サークルカットとかいろいろ準備を始めます、、、

※ ※ ※

とりあえず、注目している今期ケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第5話
・南極人って噂が一人歩きしてるみたい。
・でも、結局、南極人って歴史もルーツも謎だよね。

原作の流れ通りのサスサス回ですね。
アニメは作中のホラー映画『南極の恐怖』の内容が原作よりもう少し詳しく描かれています。

ホラー映画でよくある「誰かいる気配を感じる」演出として、「シャワーを浴びている人馬女性の耳がビクッと立つ」という動きが使われているのですが、確かにケモミミ世界にホラー映画があったらこんな感じになりそうだと思ったり。

あと、映画を怖がる姫乃が目を覆うんじゃなくて「頭の耳を押さえる」仕草をするのですが、これもアニメならではの動きですね。

もうひとつ、サスサスのまぶた・・・ではなく「瞬膜」の動きが目立つのもアニメならではだなあと思ったり。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第6話 誤解の真実

「砂雪編」完結です。
もともと中国でもこの話の時点では人気がなかったらしいので、人気の転換点となったらしい次の「王権編」に期待して、引き続き視聴していきます。

「砂雪編」、話自体は王道の転生恋愛エピソードで悪くないと思うのですが、人物関係が一見ややこしく感じられるのが敬遠された原因のように感じます。章のメインであるレキ将軍とハン王子の関係と、物語全体のメインである白月初とスースの関係が同時に描かれるので、どっちに注目すればいいのか視聴者が混乱しやすいのだと、、、

まあ、私としてはスースやロロが可愛いので、それだけでいいんですけどね!
狐っ娘は正義!です。
(ジャージ上着のみ着用スースを見てると特にそう思う)

スースはこの第六話で一瞬大人の姿になってたけど、あの理由もこれからの話で分かるのかな。今後も楽しみにしています。





萌え ブログランキングへ

「うっ ウマ娘だーーーー!!?」(byスペシャルウィーク)『STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービー』1巻

Cygamesが展開する競走馬擬娘化プロジェクト『ウマ娘プリティーダービー』の漫画版がついに出ました!

『STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービー』の初単行本が7月28日より発売中です!

舞台は国民的アイドル候補のウマ娘たちが通う教育機関「トレセン学園(日本ウマ娘トレーニングセンター学園)」。

この学園では大人気のエンターテインメントレース「トウィンクル・シリーズ」で活躍することを目指して、耳と尻尾の生えたウマ娘たちが日々学業に、トレーニングに勤しんでいます。

そんな学園に入学するためにド田舎から上京してきたウマ娘・スペシャルウィーク。

とにかく明るく、人当たりが良く、走るのが大好きな彼女は、瞬く間に学園でも知られた存在になっていきます。

でも実は、彼女には一つ、重大な問題があったのです、、、

※ ※ ※

私が競馬についてほとんど知らないので、モデルになった馬との関係を考察することができないのですが、競馬を知っている人からはウマ娘の容姿を見ただけでどの馬か分かるくらいには、きちんと擬人化されているという評判ですね。

『けもフレ』がそうだったように、作品を通じて元のモデルとなった馬を知ることができれば良いなと思います。

ちなみに動物擬人化キャラとして見た場合、ウマの神経質な性格が反映されているのか、本作のウマ娘は全体的に精神面でやや不安定な部分を抱えている感じがあります。

物凄いポジティブっぽいのに、ちょっと危うい面のある主人公のスペシャルウィークがまさにそうですしね

※ ※ ※

(正確にはこのちょっと前のコマでも一瞬姿は出ているのですが)、スペシャルウィークの初登場シーンが「ケモミミ登場シーンの様式美」(「獣耳」→「尻尾」→「顔」または「尻尾」→「獣耳」→「顔」の順でコマ送りされる)を見事に満たすものだったので指摘しておきます。

『STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービー』1巻P11・12(S.濃すぎ/Cygames)
photo_1062





















----
photo_1063





















本作の場合は「尻尾」⇒「獣耳」⇒「顔(上半身)」の順にコマが移り変わっていました。



萌え ブログランキングへ

ついに最終巻!ミュセルやエルビアたちの運命は・・・?『アウトブレイク・カンパニー』18巻

ファンタジーな異世界にある国家「神聖エルダント帝国」に日本のオタク文化を輸出するべく尽力してきた、元・引きこもりのオタク・加納慎一。

実は、異世界だと思っていた世界が遠い未来の地球であったことが判明し、あらゆる危険事態を想定した末、ついに日本政府は異世界からの完全永久撤退を決定します。

慎一はこのまま神聖エルダント帝国に残るか/日本に戻るかの究極の選択を迫られていながら、態度を明確にできず、ふらふらと女の子たちと過ごして完全撤退までの残りの日々を浪費していました。

そんな中、最後の、決定的な大事件が起こることになりますが・・・!

約5年半続いた『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』の最終巻、18巻が8月2日より発売中です!

様々な分析の末に、これまで異世界だと思っていた場所は遠い未来の地球であり、両方の世界がこのままタイムパラドックス的に干渉を続けることは、想定外の大災害を招く可能性が大きいと結論づけた日本政府。

日本政府は異世界からの撤退準備を始めたのですが、その一方で新たにこの異世界へと接点を持つことになったアメリカ合衆国が神聖エルダント帝国への干渉を開始します。

これまでファンタジー世界を文化的侵略していた慎一が、日に日にファンタジーな街中に増えるアメリカ兵に違和感を覚える、という皮肉な状況になってしまいました。

とはいえ、現代では単なる引きこもりオタクでしかない慎一が大国アメリカ相手に何かできるわけもなく、異世界の未来に漠然とした不安を覚えながら、それを紛らわすように女の子たちと残りの日々を過ごそうとします。

そんな中、神聖エルダント帝国を揺るがす決定的な大事件が勃発し、慎一は最後の決断を迫られるのでした・・・!

※ ※ ※

(ここから先はネタバレなので、ページを分けます、、、)





続きを読む
記事検索