ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

獣耳(その他)

ペチカの尻尾攻撃!『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』3巻

べりべりキュートな魔王様(?)に召喚された、ごくごく普通の青年。

言葉が通じないために、召喚されたけれども何をして欲しいのかさっぱり分からず、結局魔王様(?)とただの日常生活を過ごすことになってしまいますが・・・。

そしてようやく、片言ながら彼の話す言葉が通じるケモミミ娘と出会い、この世界のこと、そして魔王様(?)のことが分かるようになるかと思いきや・・・!

言葉の通じない世界で、世界の謎を解き明かす!?
『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』の単行本3巻目が9月10日より発売中です!

学校の講義をサボって部屋でゴロゴロしていたら、突然、角の生えた紫髪の美少女に異世界召喚されてしまったレン。
何が起こったのかと少女を問い詰めようとしますが、彼女の喋る言葉がさっぱり分かりません!

どうも召喚された場所が魔王城っぽい所で、召喚者が雰囲気的にも魔王・・・というか魔王の娘のような美少女なので、魔王様(?)と仮定して接することに決めたレン。

どうにか彼女の名前が「マリィ」であることまで突き止めましたが、根本的に言葉が通じないので状況はさっぱり分かりません。

そんな時に、ついに出会った言葉の通じるケモミミ娘・ペチカ。
ペチカは片言でしか話せないので完璧なコミュニケーションをとれるわけではありません。
でも、これでようやく少し状況が分かるようになる・・・と期待したのですが・・・。

※ ※ ※

引き続き、異文化コミュニケーションネタの異世界転移ファンタジーです。

「通訳が来たからようやく言葉の問題が解決するかと思ったら、中途半端に意思疎通するせいで、状況が余計に混沌としてしまう」という、異文化あるあるネタを、異世界転移ファンタジーにしてしっかり描いている点が素晴らしい作品です。
(個人的に、今、仕事でこのことを実感しているところであり、なかなかタイムリーなネタなのですよ・・・)

あと、ファンタジー世界としても謎めいた状況が広がっているので(特にマリィが何者なのかという点について)、その世界観を紐解いていくのも愉しいです。

※ ※ ※

マリィも可愛いですが、ケモミミ娘ペチカが超可愛いのですよ!
今回メイド服姿になりますが、レンが口にしている評価に完全同意なのです。
淑やかな服装の中に、獣っぽい野性味のあるところがたまらないのです。

あと、ペチカはかなり尻尾でレンを攻撃(ツッコミ)をするので、そのあたりの描写も注目。
(最近ケモミミ娘の尻尾攻撃の記事をよく書いている気がする・・・ 例1 例2

本作、他にも注目の描写があります。
ペチカがレンに聞き返す時に、手を当てている位置。
photo_1899










『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』3巻P7(うたしま/COMICメテオ編集部/フレックスコミックス株式会社)


聞き返すときに耳に手を当てる、という仕草は「耳の大きさを広げる」という意味合いの仕草だと思うのですが、元から耳の大きいケモミミ娘だと、手を当てる位置はこの位置になるんですね。
こういう仕草をするケモミミ娘を見たのは彼女が初めてなので、とても新鮮です。



萌え ブログランキングへ

けもみみブラシはわりとガチで欲しい。『部屋裏のバイテン』3巻

クローゼットの中から猫耳&犬耳&兎耳幼女が飛び出す!
もはや部屋だけではなく街中のあちこちで謎のゲートが開き、ついには美緑の頭から角まで生えてきて、カオスというか、わちゃわちゃが増幅していきます!!

竹本泉先生の、わりとケモ耳成分多めの最新作『部屋裏のバイテン』の単行本3巻目が9月9日より発売中です!

添乗員として海外を飛び回る生活を続けた末に燃え尽きて、無職となった佐塔美緑(さとうみどり)は、今や謎の異世界人・バイテンの依頼で、こちらの世界にできた異世界の穴を塞ぐ仕事?をしています。

報酬はまあまあいいので、とりあえず地味にこの仕事を続けていた彼女。
最近は、弟の葵もアルバイトで「異世界穴塞ぎ」を始めましたが(しかも美緑よりも働き者)、街に開く異世界穴は増える一方で、一向に収まる気配はありません。

さらには美緑の体にも異変が・・・!
彼女の頭からはなんと、(異世界人のバイテンと同じように)謎の角が生えてきてしまいます!!
いったい何が起こりつつあるのか!?

 ※ ※ ※

増幅するカオスと、ほんのりとした危機が生じつつも、全くもって緊迫感皆無な、いつもの竹本泉作品です。
一見何も変わっていないようでいながら、じわじわと時間が進んで、世界も変化していく、というのは竹本先生ならではの描写かも。

ものすごく変な事態が起きているのに、作中人物がごく普通に日常生活をおくる感じは、1980年代くらいの日本SF小説を彷彿とさせるものがあります。

 ※ ※ ※

今回気になった描写。
この作品のケモ耳の子たちは猫・犬・兎の三種類がいるのですが、全員同じように「にょーにょー」と鳴き(?)ます。
photo_1897















『部屋裏のバイテン』3巻P43(竹本泉/双葉社)


この子たちは完全な動物ではなく、ある程度の文明をもつらしい知的生命体(?)らしいので、もしかするとこの「にょーにょー」が何らかの言語である可能性もありますが・・・。

「本来その動物からイメージするのとは、違った鳴き方をするケモミミ」は、本作のような独特の感性で描かれた作品でたまに見かけます。

 ※ ※ ※

私が購入したのは電子版なのでカラーの「電子版あとがき」があるのですが、これもしかして、書籍版は内容の違う「書籍版あとがき」があったりするのでしょうか??

電子版と書籍版を読み比べたことのある人は、ぜひ教えて欲しい!



萌え ブログランキングへ

ブタの妖怪でよかったこと。『煩悩☆西遊記』3巻

世の平穏のため、西の果て・天竺にあるという経典を求めて、過酷な旅を続ける玄奘三蔵。
何が過酷かというと、自然の猛威や凶悪な妖怪との対峙・・・ではなく!
自らのエッチな煩悩を封じ込めること!!!

敵の妖怪は色仕掛けで責めてくるし、お供の妖怪三人も平気で裸になったり密着してきたりするし、このごろは宿泊先の親切な人々まで玄奘の煩悩を刺激してきて、彼はもはや我慢の限界に・・・!

かつてない!?西遊記を描く『煩悩☆西遊記』単行本3巻目が7月19日より発売中です!

玄奘三蔵は、なぜかあられもない姿をしている三人の妖怪娘と旅をしています。

短気で乱暴者だけれど、仲間への想いは誰よりも強い孫悟空。
そしてミニスカートで平気でアクロバット武術をしちゃう!
自らの欲望が強いことを自覚し、常に自戒しようとしている猪八戒。
ムチムチ艶っぽいおねえさん!
根本的に感情を無くしていて、盲目的に玄奘に従う沙悟浄。
常にお尻を見せてるけど全然気にしない!

煩悩旺盛でよこしまなことを勝手に妄想してしまう玄奘に対する「修行」「試練」としては、彼女らはある意味最も適している道連れといえました。

そして、そんな玄奘に対して、菩薩はさらなる試練を課そうとしているらしく・・・。
旅の宿を貸してくれた貧乏道士の与生同君は、玄奘をもてなす金を得るためになぜか服を売って(裸になって)しまいますし、玄奘と同窓の元僧侶・黒龍(ヘイロン)は、良かれを思って玄奘を夜の街に誘い出します。

全く悪意の無い攻撃(これまでもそうだったけど)に、玄奘は果たして耐えられるのか!?

 ※ ※ ※

エロコメ中心の作品ですが、弟子の妖怪三人娘に対してはかなりシリアスで真面目な物語になっている点は前巻から変わりません。

玄奘以外の登場人物はみんな真面目なのに、玄奘だけがやたら煩悩に囚われている(エッチな視点で見ちゃう)という点が、独特のギャグ漫画になっています。

※ ※ ※

黒ブタ妖怪の八戒。
自己否定が強すぎて、ややメンヘラ気味なところは、ある意味ブタっぽさなのかなあと思いつつ、「ブタ娘っぽさとは何だろう?」と考えるところがあります。

犬は忠実、猫は自由奔放といった感じで、同じ動物種のケモミミ娘は外見以外に、性格的な傾向も似通ることが多いわけですが・・・。

『ピーター・グリルと賢者の時間』に登場したオーク娘ピグリット・パンチェッタもメンヘラ気味の性格でしたが、「ブタという言葉の持つ否定的なイメージ」との葛藤が、ブタ娘の一要素になっている部分がありそう。

外見的には体格がムチムチしているという点も重要ですが、耳の形も重要ですね。
毛の無い肉厚の耳の描き方は、他のケモミミには無い特徴ですので。
photo_1884
















『煩悩☆西遊記』3巻P34(クリスタルな洋介/小学館)


萌え ブログランキングへ

夏だからこそ、冬のケモミミっ子たちの生活を読もう!『ブレデュール家の娘たち』3巻

イウナ、ミルナ、キクナはブレデュール家の三姉妹!
いつも三人一緒だったけれど、そろそろ、それぞれの世界を持つ時期が近付いてきたのかも・・・?

獣耳と尻尾を持つ人々が棲む世界の、ごく普通の一家の、ごくごく普通の日常を描く、『ブレデュール家の娘たち』、最終巻となる単行本3巻目が7月15日より発売中です!
ブレデュール家の三姉妹。
感受性が強く、一番お姉さんらしい気質のイウナ。
悪戯を主導することも多い、冒険心旺盛なミルナ。
お化けが大嫌いな怖がりのキクナ。

三人は今回も、予防接種の注射を受けたくなくて逃げ回ったり、雪の中をソリで駆け巡ったり、パパのためにレアアイテムを探して街中を探索したりと、様々な大騒ぎを繰り広げます!

いつもと変わらない愉快な生活・・・ではあるのですが、一方で、長い間「ひみつきち」だったランネさんのガーデンハウスが取り壊されることになったり、三姉妹の周囲の世界は少しずつ変わっていきます。

そして、三姉妹自身も、徐々に変化していくのでした・・・!

※ ※ ※

強く強く、三姉妹の成長を感じられる最終巻です。
単に見た目が急に大きくなるという感じじゃなくて、「いつの間にかほんの少し大人っぽくなっている」という、親子・姉妹の関係性の機微を描いている点が素晴らしい。

物語の中で、幼かったケモミミっ子がちょっとだけ成長する、という過程を描いた作品としては、『らびっとアリス』『きつねとパンケーキ』といった作品があります。そういう要素が気になる方には本当におススメの作品。







※ ※ ※

今回注目した描写。

雪の日に外出する時に付ける耳当て(イヤーマフ)的なものは、頭に獣耳のある住人の世界だとこんな形になるらしい。
photo_1881














『ブレデュール家の娘たち』3巻P56(財賀アカネ/LINE Digital Frontier株式会社)


ケモミミ種族のかぶる帽子は、「ケモミミ種族の世界の電話」(例1 例2)と同じく、SFチックな考察のしがいのあるアイテムです。
この作品世界、「椅子の形が、尻尾のある種族に合わせてあるように見える」点など、さり気なくSF心をくすぐる描写が多いな~と感じます。

すべてがネコになる。『搾り取らないで、女商人さん!!』3巻

迷宮に挑んではメタメタにやられまくる、超ヨワヨワの少年冒険者!
そんな彼を助けてあげる、といって、やたらとでかい態度で協力を申し出てきたケモミミ女商人。

ヨワヨワな少年冒険者も、彼女のマジックアイテムの力で生まれ変わる!
・・・・という宣伝文句だったのですが、女商人のアイテムの使い方がダメダメすぎて、むしろ状況が悪化しているような・・・?

グラマラスだけどやっぱり残念なおねーさんたちに付きまとわれるギャグマンガ『搾り取らないで、女商人さん!!』の3巻目が6月24日より発売中です!
桁違いに弱い少年冒険者ラビに付きまとう、獣人種族の女商人フィロ。
ラビに対してはバカにしたり自慢げにしたりして、やたら態度がデカくウザい感じのフィロですが、実はラビ以外の人間に対しては嘘のように気弱で、「冒険者に向いてない」ラビ以上に「商人に向いていない」タイプだったりします。

そんなダメダメコンビながらも、力を合わせることで、徐々に大迷宮「タルタロス」での探索領域を広げることに成功してきました。

次に挑むは15階層「吸精の巣(サキュバス・ネスト)」。
女は素通りできるけれども、男はサキュバスに襲われて精気を吸い尽くされてしまう、という今までにない危険地帯です。

そんな危険地帯をくぐり抜けるために、フィロが用意したアイテムとは・・・?

※ ※ ※

今回はフィロがロリ化したりと、少し毛色の違ったエピソードもありますが・・・。

吸精の巣のエピソードを見るに、やはり「主人公の少年が、彼よりも大きなお姉さんたちにやたらと弄られる」シチュエーションに特化している作品なのだと感じます。

あと、ケモミミ好きとしてはサキュバスの巣よりもケモミミの巣に行きたいなあと思ったり。
えちえちなことするよりもモフモフに囲まれたい。きつね村的な。

『けものみち』の時も、サキュバス村より満月の夜の狼獣人集会の方が魅力的だ~ということを書いたけど、その意見はいまだに変わっていません。
※ ※ ※

今回注目した描写。
フィロのアイテムで猫にさせられたラビ。
フィロが「おそろいおそろい~」って喜んでいるけど、獣人的には動物種が違っても、似たような獣耳が付いていると嬉しいものなのか・・・。
photo_1874























『搾り取らないで、女商人さん!!』電子版3巻P166(くつがえる/竹書房)


猫耳ラビは「不機嫌」の感情で、尻尾をパタパタと振っています(床を叩いている)。

猫耳キャラの尻尾振りは「不機嫌」の表現として使われることが多いのですが、本作の描写もその一例としてメモしておきます。
(猫耳漫画の尻尾振り表現の例 その1 その2 その3 その4 その5 その6

記事検索
最新コメント
RSS