ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

犬耳

斗争!粉砕!ケルケル社長!『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』4巻

謎の犬耳社長に誘われて黒魔法会社に就職した新人魔法使いの青年。
3K業界会社の超ホワイトな会社環境に満足する一方で、他の業界のブラックな一面を垣間見ることにもなりますが・・・!

魔法世界の理想的サラリーマン生活ノベル『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』の4巻目が6月22日より発売中です!

7種に色分けされた魔法属性があり、属性ごとに社会の需要が異なる世界。

平和なこの世界では日常生活や医療の役に立つ白魔法のような属性が若い魔法使いに人気であり、日常では役に立たない攻撃メインの赤魔法や、術者自身にも有害な黒魔法は不人気属性なのでした。

そんな中、魔法学校卒の青年フランツは3Kな黒魔法業界の「ネクログランド黒魔法社」に就職し、他の魔法企業が手を出さないタイプの仕事をこなしてメキメキと頭角を現していきます。

前回はアンデッド不法就労工場や赤魔法ギャング団といった社会悪との対決に奔走していたフランツですが、今回はバイトを渡り歩いている学生時代の同期の相談にのったり、年末にだけ活動する呪い師「悪徳抜き」と出会ったり、自分とは違った働き方をしている人々との交流を持つことになります。

※ ※ ※

7話+おまけSS1話構成。

今回も社会風刺的な内容が多め。4巻は非営利観光団体(こちらの世界でいうNPO法人)の怪しい業務に突っ込んで行ったり、外部労働組合のストライキに参加してみたりと、会社員とは異なる立場の人々の問題を描いている傾向があります。

魔法の世界も世知辛い!というか、ポール・アンダースンのファンタジーSF『大魔王作戦』みたいな感じで、魔法の世界をネタにして現代社会を風刺するという雰囲気がだいぶ色濃くなってきました。近年のラノベではなかなか見ないタイプの作品では?
大魔王作戦 (1983年) (ハヤカワ文庫―SF)
ポール・アンダースン
早川書房
1983-01


真面目な問題提起もありますが、可愛い先輩・上司に囲まれてドキドキ温泉旅行!みたいな、癒し系お仕事ファンタジーの一面もちゃんとありますのでご心配なく!

 ※ ※ ※

本作のケモミミ代表・・・今回のケルケル社長はなぜか労働争議に自分も混じって参加していて、「粉砕!団結!」みたいなハチマキ付きの兜をかぶったイラストも出てきます。
(ヘルメットじゃなく兜なのが、一応ファンタジー、、、)


共産趣味的な猫耳娘は宇河先生が『猫瞽女-ネコゴゼ-』でいっぱい描いておられましたが、共産趣味的・犬耳娘は本作が初めてかも。

 ※ ※ ※

ケルケル社長のラブリーなお姿は小説と同時発売のコミカライズ版でも見られますので、ファンの人は要チェックですね!



萌え ブログランキングへ

犬っ娘&クラスメート&幼馴染ラブコメ、ついに完結!『今日のケルベロス』11・12巻

「冥府のケルベロス」だという三位一体の犬っ娘たちと、感情の欠けている男子高校生・御門千明。

「一つの体に三人の心」だったケルベロスたちが三人に分裂してから月日が経ち、ケルベロスたちは三者三様に千明への好意を示し始めます。
ケルベロスたちに負けじと、クラスメートの陽(ひなた)や幼馴染のミニィも千明に積極的なアプローチを開始して、にぎやかになってきた矢先、これまでにない不穏な事態が進行していたのでした・・・!

ドタバタ犬っ娘&クラスメート&幼馴染ラブコメもついに完結!
『今日のケルベロス』単行本11巻と完結巻12巻が6月22日より同時発売中です!
表紙カバー下で愚痴られていますが、最終的に猫又のハコは表紙に出ることができませんでした。
玉藻は出ることができたのにね・・・。
ちなみに11・12巻の玉藻は陽よりも、“チャラッキー”こと春臣と良い感じのコンビになっています。


※ ※ ※

ミニィの使い魔、という形で登場した、ケルベロスたちと同じ冥界の番犬「オルトロス」。
これまで無害なように見えていた彼——人格が二つあるので正確には「彼ら」——は、実は千明に対して卑劣な陰謀を企てていたのでした。

その陰謀がついに正体をあらわし、囚われの身となる千明。
千明を救うため、ケルベロス三人娘&陽&ミニィの恋人候補たち、威虎&春臣の友人ペアが全力でそれに立ち向かいます!

 ※ ※ ※

11巻はラストバトル、12巻はみんなの恋の結末といった内容です。
少年漫画らしく大勢の女の子に好意をもたれていた千明ですが、最終的にはきちんと一人に決めるところは流石。
ざっくり結論を出すのでなく、女の子たち全員に最後まで丁寧に向き合っていくお話になっています。

特に本作はケルベロスたちが「三位一体」なので、三人のケルベロスと同時に付き合うケルベロスハーレム(?)みたいな展開になってもよさそうだったのですが、安易にそうしなかったのはケルベロス一人一人に作者の強い思い入れがあるからなんでしょうね。

 ※ ※ ※

暴走して、ヘッドフォンに犬耳的なものが生えてくるクロ。
シロガネとロゼには犬耳的なものがあるのにクロだけ無かったのは、こういう伏線になっていたんですね。
photo_1195



















『今日のケルベロス』11巻P110(桜井亜都/スクウェアエニックス)


クロの犬耳の描写にはもう一つ注目の展開があるのですが、それはぜひ最終巻12巻を読んでみてください!



萌え ブログランキングへ

獣人夫婦という珍しい組み合わせの物語。『異世界酒場のおっさんと美女~元傭兵ですが、若い奥さんと一緒に夢だった酒場を始めました~』

団長と仲違いしてクビにされた歴戦の獣人傭兵。
彼を追いかけてきた犬獣人の女傭兵と、紆余曲折あって酒場を経営することになりますが・・・!
「小説家になろう」発の獣人夫婦小説『異世界酒場のおっさんと美女~元傭兵ですが、若い奥さんと一緒に夢だった酒場を始めました~』が5月10日より発売中です!
熊人族の傭兵リグドは、所属する傭兵団の若き団長と仲違いをしてしまい、傭兵団を追い出されてしまいました。
若き団長は世話になった前団長の息子で、彼のために奮戦しようとしていた矢先のこの扱いに、リグドは気持ちが沈んで宿に戻ることができず、夜の街を彷徨っていました。

そんな時、彼の手を握ったのは人犬族の女傭兵クレア。
「リグドさんを探しにきたっす」
——彼女は追い出されたリグドに同行するべく、自分も傭兵団を辞めてきたというのです。

押しかけ妻・・・というより飼主を慕う飼犬のようなクレアと、次第に仲を深めていくリグド。
二人は旅の末に、悪党に脅かされている辺境の酒場にたどり着き、いつしかそこで夢だった酒場経営を始めることになります——

※ ※ ※

WEB版における3番目の章『おっさん、若い奥さんと酒場のみんなと一緒にあれこれ頑張る』の『リグドと酒場の傭兵団』のあたりまでが加筆修正されて収録されています。

タイトルは『異世界酒場』ですが、異世界料理といった部分よりも、酒場の店主になるまでのリグドとクレアの遍歴と恋愛、そして過去の縁に重点を置いて描かれています。

本作、表紙では「若い奥さん」ことクレアの犬耳が目立つのですが、「おっさん」であるところのリグドも熊の耳を持ったケモミミキャラだったりします。
ケモミミ夫妻はラノベの脇役として登場することはときどきありますが、主人公&ヒロインとして登場するのは珍しいパターンです。

あと、傭兵団のかつての仲間、サムライ虎人のトラミにも虎耳があります。

※ ※ ※

クレアは「~っす」と体育会系の後輩みたいな口調でリグドに語り掛けるのですが、これがなかなか独特の可愛らしさがあって良いです!



萌え ブログランキングへ

新人ケルベロス・レスラー娘、がんばる!『もんれす』1巻

人外のモンスター娘による格闘技興行が人気を博する世界。
それなりの格闘の才能があるのに、めっぽう気が弱くて全然勝てないケルベロス娘は、今後の進退を賭けたデビュー戦に挑みますが・・・。

モンスター娘界に新風を吹き込む、モン娘×プロレス漫画『もんれす』の初単行本が5月2日より発売中です!

魔王によって召喚された魔物たちが人間と融和した結果、「亜人」と呼ばれる混血種族が存在している世界。

この世界では今、亜人たちによる「モンスターレスリング」、略して「モンレス」が大ブームとなっています!

“美しさ”をモットーにした格闘で人気急上昇中の新興モンレス団体ベレッツァに属する新人・ケルベロス種のチロルは、その潜在能力を買われてスカウトされたのですが、、、
もともとの自信の無さが災いしてデビュー試験で15連敗中。

これ以上勝てなければ年内でクビ、と通告され、なけなしの自信を奮い立たせて試合に挑むチロルですが・・・!

※ ※ ※

亜人が格闘大会に挑むという設定は『キリングバイツ』を想起させるのですが、中身は全然別物ですね。

本作は「モンスター娘」という設定をフルに使っていて、戦闘内容が結構エグいです。流血程度は序の口の、モンスター同士の戦いだからこその描写が満載!
エグい描写とのコントラストで、エロチックな要素もかなり強い作品です。

※ ※ ※

以前『マモノな少女に囲まれたけど、果たして俺は「おいしい」のだろうか。』の記事でも話題にしたのですが、ケルベロス娘に関しては元の魔物の伝承にある「三つの首を持つ」をどう表現するかが、創作者の腕の見せ所であります。

一つの体に三つの人格が宿っていたり(例:『今日のケルベロス』)、三つ子にしたり(例:『大上さんとケルベロスゥ!』)というパターンがありますが・・・




本作のチロルの場合は、髪の毛が二つの頭になっていて、全部で三つ首になっています。
前例のないタイプではないかな?
髪の毛が頭になっているのはケルベロスというよりメデューサっぽいのですが、本作はモン娘ジャンルなので作風によく合っていると感じます。
photo_1172

























『もんれす』1巻P11(眼魔礼・茶谷葉・青木健生/マイクロマガジン社)

バッタを食すイヌミミ娘。『異世界エルフの奴隷ちゃん』(小説版&漫画版)

貧富の差が激しく、奴隷取引が当然のように行われている異世界。
パッとしない冒険者の男に所有されるエルフ娘と犬耳娘の奴隷二人は、今日も「どちらがよりご主人様をヨイショできるか」を競い合うのでした!

ヘンテコでちょっとエッチな異世界の日常を綴る『異世界エルフの奴隷ちゃん』、原作小説版(4月25日)と、先行する漫画版(4月19日)がほぼ同時に発売中です!

「エルフちゃん」と「犬耳ちゃん」は、とある冒険者のお供&家事手伝い役として購入された奴隷です。

かなりの小心者で、ダンジョンの浅い階層で弱小モンスターとしか戦わない「ご主人さま」に対して、エルフちゃんと犬耳ちゃんはめったやたらにヨイショしまくります。

どちらがよりご主人さまを褒め殺してその寵愛を受けられるか、それがプロ(?)の奴隷の腕の見せ所なのです。

都会に憧れて紆余曲折の末に奴隷になってしまった田舎娘「エルフちゃん」と、幼い姉弟の身代わりに奴隷として働く苦労人の「犬耳ちゃん」、そして実は別世界から転生してきた?かもしれない「ご主人さま」の、ごくごく普通の(そしてちょっとエッチな)異世界の日常が綴られます。

※ ※ ※

『異世界支配のスキルテイカー』『最強の種族が人間だった件』等、異世界ハーレムモノを得意とする柑橘ゆすら氏の原作による作品です。




他の作品と違って、ハーレムの範囲がエルフちゃんと犬耳ちゃんの二人に限定されている点、そして『最強の種族が人間だった件』以上に、エルフちゃんたちとのイチャラブ生活描写が中心になっているのが特徴ですね。

とにかく無理矢理にでもご主人さまを褒めるエルフちゃんたちの言動は、「異世界転移チートモノで主人公が周囲からやたらと褒められる」という構図を絶妙にパロディにしている感じがします。お色気描写だけでなくギャグのノリも強めですね。

※ ※ ※

本作のケモミミ代表である犬耳ちゃんは、エルフちゃんと比べると猫を被っている部分は少なくて(犬ですしね!)、苦労してきたせいかどことなくスレた性格をしています。

それでも、ご主人さまに甘える時はまさに犬!といった感じで、奴隷というより忠犬みたいな雰囲気があります。

犬っぽいといえば、犬耳ちゃん、バッタを美味しそうに食べるシーンがあるんですよね。
photo_1169





























『異世界エルフの奴隷ちゃん』漫画版1巻P69(稍 日向/柑橘ゆすら/夜ノみつき/集英社)


最近ときおり見かける「ケモミミ娘が虫を食べる描写」の一例としてメモしておきます。
本作の場合、リアル動物が虫を食べる習性を真似ているというより、貧乏ネタの一種としての要素が強そうですが。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント