ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狼耳

フェンリルは氷属性らしい。『氷使いは栄光の夢を見る』

氷属性の術を極めすぎて、人ならぬ魔王として封印されてしまった氷使い。
400年後、封印から目覚めた氷使いは、世界から氷属性の術がすっかり失われてしまっている様を目にします。

紆余曲折あって少年の姿に戻った氷使いは、戦術を教える「学園」で400年間のうちに発達した魔法技術を学習・吸収する過程で、妖しい力を使う学生に因縁を付けられることになるのですが・・・。

烏丸鳥丸氏の属性シリーズ第三弾! 『氷使いは栄光の夢を見る』が5月20日より発売中です!

氷属性最強の術師・・・「氷霜の魔王アバランシュ」ことジエロ・アバランシュは400年もの長い封印からついに目覚めました。

彼の封印を解いたのは炎属性の勇者サンライトの子孫。サンライトはジエロを封印した張本人でもあります。
サンライトおよびサンライトの子孫はジエロの本質が悪ではないと考えており、ジエロをサンライトが設立した学園に招くために、封印を解きにやってきたのでした。

力を求めすぎて進む道を誤ったことを自分でも後悔していたジエロは、魔法薬をつかって少年の姿に戻り、あらためて普通の学生としての人生を歩むことになります。

学生に戻った彼が見たのは、400年の技術の発展により指輪サイズにまで小型化・簡略化された様々な魔導具(アーツ)と、世界の氷属性の術がすっかり衰退してしまっている状況。
氷属性の術は魔王となったジエロの悪名のせいで、研究が禁じられていたのでした。

この時代には珍しい氷属性を持つ狼娘フェンリル・ニブルヘイムに、どういうわけか熱い好意を寄せられるようになったジエロですが、彼女の好意はそれなりに受け流して、400年の間に生み出された新たな技術の吸収に集中します。
そんななかで、この時代のどの属性にも属さない妖しい力を使う少年・シャクヤクに因縁をつけられることになるのですが、、、

※ ※ ※

表紙にもなっているフェンリルは狼っ娘ですが、やたら騒がしかったりジエロに構ってオーラを出しているところは、なんとなく犬っぽい感じです。

彼女の名前からして北欧神話のフェンリルが由来だと思うのですが、なぜかフェンリルは(神話上氷に関係する要素は無いはずなのに)氷属性にされていることが多いです。
某大百科では『ヴァルキリープロファイル』のせいとなっているのですが、『真・女神転生』シリーズでもフェンリルは氷属性扱いなので(デビサマとペルソナは違う)、氷っぽいイメージがある魔物といえそうですね。

フェンリルの擬人化は漫画・小説・アプリゲーと最近かなり多く事例がありますので、各作者がどういう風に解釈して擬人化しているかを一度まとめてみたいところ。



萌え ブログランキングへ

短編集第2弾!狼嫁との夫婦生活ですよ。『狼と香辛料XIX』

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の短編集第2弾です!
賢狼ホロと行商人ロレンスが一つの旅の終着に至った後の、“旅の続きの物語”が描かれる、『狼と香辛料』19巻目が5月10日より発売中です!

2016年末~2017年に『電撃文庫MAGAZINE』に掲載された三つの短編『狼と甘い牙』『狼と花弁の香り』『狼と羊の毛づくろい』と、書下ろし中編『狼と香辛料の記録』の、全四編から構成されています。

『狼と甘い牙』は行商人時代の旅の思い出。
『狼と花弁の香り』は「狼と香辛料亭」にまだミューリとコルが居た頃の思い出。
そして後半二編はミューリとコルが出て行った後、漠然とした不安を抱えているホロの物語。

前巻より湯屋に加わった狼の娘であるセリムについて、ホロが色々と複雑な感情を抱いていたり(同族に対してはわりと人見知りらしい)、あまりにも穏やかで幸せな日々に、ロレンスがいなくなってしまう時が来ることを恐れて不安になってしまったりと、ホロの繊細な感情の揺れ動きが描かれています。

あと四編目の最後で、ホロに関する衝撃的な事実が明らかに。
もしかすると今後、ホロの新たな一面が見られることになるかも・・・。

※ ※ ※

あとがきで支倉氏が『けものフレンズ』について触れていることが本編以上に衝撃でした。
もしけもフレの小説化企画があるなら、支倉氏くらい実力がある方がノベライズしてくれたらいいんだけどなあ。

狼娘(=赤ずきん)も集う御伽最終戦争、一時終結です!『オニマダラ』3巻

鬼の血を引く桃太郎、狼と化した赤ずきん・・・・・・あまりにも強大な力を持つために忌み嫌われてきた「超越者」たちは、今、半神のもとに集められ、世界の維持と破滅を決する戦い「御伽最終戦争」に向けて送り出されます!

様々な童話や物語の登場人物が集い、グロテスクな戦いを繰り広げる『オニマダラ』、最終巻3巻が5月2日より発売中です!

古の二人の超越者・・・・触れたもの全てを無にする兄「アダム」と、触れたもの全てを活性化させる妹「イヴ」。
二人は人々の迫害を受けて殺されたのち、それぞれ世界を破滅させようとする勢力(黒類・クロル)と、世界を維持しようとする勢力(半神が集める超越者たち)の始祖となり、対立するようになりました。

その二つの勢力がぶつかる時こそ「最終戦争(オトギマニア)」であり、鬼の血を引く「桃太郎」こと朧はその戦いに巻き込まれてしまったわけです。
しかし、彼の目的は黒類と化してしまった戦友・潤葉を助けること。それ以外にはありません。

黒類化を解く薬があるかもしれないと聞いて、半神の指示で黒類の本拠地に向かう朧たち。
そこで彼は、黒類の中核メンバーとなった潤葉と再会しますが・・・!

※ ※ ※

本来3巻くらいかけてやる内容を1巻の尺に詰めているせいなのか、話がだいぶ駆け足になっている感があるのがもったいないです。黒谷氏独特のグロテスク描写によるバトルが見られる貴重な作品だったのに・・・。

狼娘メイリィの魅力はこれからもっと引き出されるべきだったと思うのですよ。
彼女も独特な狼娘キャラだったのに、これで終わりなのは悲しい、、、
出番としては、やっぱり彼女が表紙になっている2巻の方が多いです。


3巻の人物紹介ページでは朧とメイリィが並んでいて、なんだかメイリィがメインヒロインみたいな扱いになってます。実際、エピローグでも恋人っぽい立ち位置に収まってますしね。

2巻は潤葉が朧と並んでいましたし、プロットから推測しても本来潤葉がヒロインになるんじゃなかったのかなあ・・・とも思うのですが。
photo_1030





『オニマダラ』3巻P4(黒谷シュウジ/集英社)











私説として「ケモミミメインじゃない複数ヒロイン物だと、ケモミミ娘はほぼ100%主人公と結ばれない」という仮説を掲げているのですが、本作の場合はもしかすると打ち切りが決まったことで、狼娘メイリィが恋人枠に収まる流れが来たのかな?とも考えたりします。

狼娘、海へ!『狼と羊皮紙』2巻

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の新シリーズ!

賢狼ホロの娘・ミューリと、成長した聖職者見習いコルの新たな旅を描く『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』2巻の電子書籍版が5月10日より発売中です!
(書籍版は3月10日にはすでに発売済でしたが、その時に紹介しきれませんでしたので、このタイミングで、、、)

本格的に聖職者になることを目指して、「狼と香辛料亭」のある温泉地ニョッヒラを旅立った青年コル。
厳しい自己研鑽の旅のはずだったのですが、なぜかホロとロレンスの娘、齢十そこそこの半狼の娘ミューリがついてきてしまい、そのまま旅の道連れとなりました。

今、世界は、教会の課す「十分の一税」の是非を巡って、教皇庁と島国ウィンフィール王国が対立している真っただ中。

ウィンフィール王国の王族ハイランドの正義を信じて、ウィンフィールに味方することにしたコルは、ハイランドから依頼を受けて、港町アティフの北にある島嶼地域に向かいます。

島嶼地域はどの貴族の支配も受けていない無主の地であり、地域の独立勢力・・・いわゆる「海賊」と呼ばれる者たちが住みついている場所。

島国であるウィンフィール王国としては制海権を握るために島嶼地域の独立勢力を味方につけたいのですが、教会の主流とは異なる一風変わった宗旨を信仰しているらしく、正しい信仰を広めたいウィンフィールとしては下手に味方に引き入れると風評の上で痛手を受ける可能性があります。
そこで、神学に通じているコルに島嶼地域の信仰が正しいものであるか、見極めさせようというのです。

ミューリは初めての船旅に「海賊」という冒険心をそそる言葉を聞いて大はしゃぎ。
コルも正しい信仰を確立する手助けになればと、(はしゃぐミューリを時々たしなめながら)勇んで海に乗り出します。

しかし、二人はそこで想像だにしないものを見ることになるのでした・・・!

※ ※ ※

平原や田園や荒野を旅するイメージの多かった『狼と香辛料』と対になるように、『狼と羊皮紙』2巻目は海が舞台です。

狼娘のミューリとしては、獣肉よりも魚料理中心になる海辺の生活はそこまで好みではないようですが、なんだかんだで魚もよく食べているのはいつもの事ですね。

今回は船旅とはいっても陸地に沿って二、三日ごとに港に停泊していくという中世的な航海の仕方なのですが、作中の世界情勢からすると、そのうち大航海時代っぽい雰囲気になっていくのですかね~

※ ※ ※

作者・支倉凍砂氏のあとがきによると、「どのページを開いても可愛いもふもふがいて飛び跳ねているような本」を目指したつもりが後半の展開が重くなってしまったと書かれていますが、確かにかなり考えさせられるような内容になっています。

子供っぽいお転婆娘のように見えるミューリですが、実は理想家肌のコルよりも冷静に物事を見ていて、母狼のホロゆずりの性格が見て取れますね。

「お前ふわっふわやんけ・・・!」( byケモナ―マスク)『けものみち』1巻

獣人もいる異世界に召喚されたのは、変態的なまでに獣を愛するプロレスラー!
あまりにも変すぎて召喚した王家からも見捨てられたプロレスラーは、紆余曲折の末、異世界でペットショップを開くことにしますが・・・。

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめ氏が原作を担当し、『バカとテストと召喚獣』のコミカライズを手掛けたまったくモー助氏&夢唄氏ペアにより描かれる、とっても変な新感覚異世界転移物語『けものみち』の初単行本が4月25日より発売中です!

プロレスラー「ケモナ―マスク」、本名・柴田源蔵は武道館での試合の直前に異世界に召喚されていまいました。

召喚した王家のお姫様は「異世界で最強の者」を勇者として呼び寄せ、王国を脅かす魔獣や魔王を退治してもらうつもりでいたのです。

しかし「最強の者」として召喚された源蔵は、勇者として戦うことを拒絶します。大の獣好きである源蔵は、魔「獣」を悪く言うお姫様の方を「悪」と認識したのでした!

勢い余ってお姫様にスープレックスをかけてしまい王国から追われる身となった源蔵は、紆余曲折の末に自由都市クラスタに流れ着き、そこで異世界初のペットショップ「けものみち」を開店することになりました。

ペットを飼うという概念の無いこの世界で、愛情をかけて育てた魔獣をペットとして販売することで、人と魔獣が分かり合える世界を作るというのが源蔵の理想です。

しかし、源蔵がペットを手放したがらなくて商売になってない状況に、店員の狼少女シグレと、なぜか店に居候している竜人・花子&吸血鬼カーミラは、ペットショップを臨時休業して店の赤字を埋めるための金策に走るという、どうしようもなく本末転倒な行動をすることになりますが・・・。

 ※ ※ ※

主人公の源蔵をはじめとして、登場人物がみんな残念な性格の人物ばかり、という暁なつめ氏らしい作品となっています。

源蔵はあまりにも獣好きすぎて、男女構わず獣人にセクハラしまくる(本人は「愛」に基づいているつもりで至って真面目)というヒドイ変態になっていますし。

作中では一番常識人っぽい狼少女のシグレも、たまに変なことを口走る時があります(商人ではあるようですが、まだ経験が足りないのか、あまり巧い商売ができているとは言い難い)。

 ※ ※ ※

最近の作品(例:『箱庭王国の創造主サマ』『放課後アサルト×ガールズ』)で時々見かける、犬科の獣耳を見ただけで何の動物か判別できる、というシーンが本作にもあります。

源蔵がシグレを初めて目にするシーン。シグレが犬ではなく狼であることを一発で見抜きます。
photo_1028




『けものみち』1巻P124(まったくモー助・夢唄/原作・暁なつめ/角川書店)











源蔵は狂的な獣好きなので、犬と狼の区別がすぐにできても不思議ではなさそうです。

実際、犬の獣人も登場しますが、狼獣人であるシグレとは耳の形が少し異なるように描かれています。

記事検索