ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狼耳

「わっちのような天使もおるしのう?」(by賢狼ホロ)『狼と香辛料XVIII』

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の5年ぶりの新刊!
賢狼ホロと行商人ロレンスが一つの旅の終着に至った後の、“旅の続きの物語”が描かれる、『狼と香辛料』18巻目が9月10日より発売中です!

2016年に『電撃文庫MAGAZINE』に掲載された三つの短編『旅の余白』、『黄金色の記憶』、『羊皮紙と悪戯書き』と、書下ろし中編『狼と泥まみれの送り狼』の、全四編から構成されています。

ロレンスとホロが温泉地ニョッヒラで湯屋「狼と香辛料亭」を開いてからの出来事と、行商とは異なる「観光地商売」に関わる、また一味違った経済ネタが織り込まれた作品集です。

書下ろし中編『狼と泥まみれの送り狼』は、平和になった北地方で職にあぶれてしまった傭兵たち・・・・・・実はホロと同じ狼の一族・・・・・・が新たな生活の基盤を造るために、賢狼と名高いホロに助力を求めようとする話。いつも偉そうにしているホロがわりと人見知り(狼見知り?)であるところの一面が見られる、面白い話になっています。

※ ※ ※

この短編集で強く出ているのが、何百年も生きる狼のホロと、常命の人間であるロレンスとの「寿命差」に関わる一面。
ロレンスが行商人として旅をしていたころは、「旅の別れ」としてのホロとの別れを示唆する場面が多かったのですが、夫婦となった18巻では、寿命差による「永遠の別れ」を予感させるような場面がいくつもでてきます。

それでも物悲しい/寂しい雰囲気にならないのは、二人の子供であるミューリが新しい冒険を現在進行形で進めている点が大きいのでしょうね。
新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)
支倉凍砂
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-09-10

賢狼ホロの娘・ミューリが活躍する新シリーズ開幕!『狼と羊皮紙』

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の新シリーズ!
賢狼ホロの娘・ミューリと、成長した聖職者見習いコルが新たな旅を始める、『新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙』が9月10日より発売中です!

時代はホロとロレンスが結ばれてからおよそ十数年たった頃。
ロレンス夫婦が経営する湯屋「狼と香辛料亭」で長い間世話になっていた青年コルは、ついに本格的に聖職者になることを目指して、自らの旅を始める決心をします。
目的地は「狼と香辛料亭」のある温泉地ニョッヒラから南、ローム川沿いにある毛皮と琥珀貿易の中継都市レノス。

今、世界は、教会の課す「十分の一税」の是非を巡って、教皇庁と島国ウィンフィール王国が対立している真っただ中。
コルはウィンフィール王国の王子ハイランドの誘いを受けて、レノスの地で教会の不正を正す手伝いをするつもりでした。

本来、レノスまでは一人旅の予定。
しかし、なぜかホロとロレンスの娘、齢十そこそこの半狼の娘ミューリがコルの乗る渡し船の荷物・・・・・・樽の中から飛び出してきます!

ミューリが勝手についてきたのかと思えば、どうやら彼女がコルについていくのはホロ&ロレンス夫妻公認のようで、その時から、狼(ミューリ)と羊皮紙(聖職者希望のコル)の新しい旅の物語が始まるのでした・・・・・・!

※ ※ ※

元々『狼と香辛料』は12~13世紀のドイツ&北欧のバルト海交易の時代をモチーフにしていたそうですが、本作『狼と羊皮紙』は少し時代が下って14~15世紀の宗教改革の時代をモチーフにしているようです。
イングランドを思わせる島国ウィンフィール王国とか、そこで起ころうとしている聖書翻訳や国教会設立の動きなんかはまさにそんな感じ。

それに絡めて、「聖職者は結婚しちゃダメなの?」といういかにもラブコメ的なネタを混ぜ込んでいるところは、ラノベの魂を忘れていない本シリーズならではといえそうですね。

教会対立テーマのラノベという点では、同作者のもう一つのケモミミ娘シリーズ『マグダラで眠れ』とも重なる部分があるのですが、『マグダラで眠れ』が八方塞がりの絶望的な状況から抜け出すために足掻き続ける重い話であるのに対して、『狼と羊皮紙』は希望と自由に満ち溢れた明るい雰囲気の作品になっています。
マグダラで眠れVII<マグダラで眠れ> (電撃文庫)
支倉 凍砂
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2015-11-21


※ ※ ※

作者の支倉凍砂氏があとがきで「どの頁を開いても可愛い生き物がいて穏やかな気持ちに」なれるような本を、と述べているように、夏の太陽のように元気いっぱいな狼娘ミューリが愛らしい作品です。

ホロと違って人間のロレンスの血を半分引いている関係で、狼耳や尻尾を簡単に引っ込めることができ、見た目には完全に人間の少女の姿になれる一方(だから表紙も四つ耳キャラとして描かれている)、ホロのように完全な狼の姿になるのは難しいという特徴を持っています。

雅さのあったホロと比べるとかなり幼い感じを残しているミューリですが、「狼と香辛料亭」で多くの旅人と接してきた関係でかなり世慣れており、聖職者になるべく俗世と微妙に一線を引いてきたコルよりも常識的な一面を持っていたりします。このあたりは、過去のホロとロレンスの役割とは逆になっているんですね。

ミューリがなるほどホロの娘だなあ、と感じさせられるのは、とにかく物を食べている描写が多いところ。ホロも食欲旺盛でしたが、ミューリも暇さえあれば食べる食べる!
魚よりも肉が好き、というところは、まさに狼の血なんでしょうねえ。

理想のけもみみ王国を創ってみた!はずが・・・・。『箱庭王国の創造主サマ』1巻

王国創造ゲームに中学三年間を費やして、ついにケモミミ種族だけが住む理想の王国を完成させたハジメ少年。
そのうえ、その理想の王国の中に異世界転移するという、とてつもない幸運に恵まれた彼ですが、転移したケモミミ王国はちょっとおかしなことになっていて・・・・・・?

ケモミミ好きにダイレクトアタックする異世界転移モノ『箱庭王国の創造主サマ(クラフトマスター)』の初単行本が8月27日より発売中です!

『クラフトキングダム』という某マインクラフトに似た王国創造箱庭ゲームに中学三年間のすべてを費やして、理想のけもみみ王国「アリアンロッド王国」を完成させた阿形ハジメ少年・15歳。

感動のエンディングの最中にゲームがバグってしまい、復旧させることができなくなったことと、情熱を傾けてきたものが完成してしまったことで、とてつもない脱力感に襲われるハジメ。

そのまま気を失うように眠ってしまい・・・・・・気づいてみると、彼はなぜか森の真っただ中にいて、急に現れた狼のような猛獣に襲われそうになります!

絶体絶命!の所を、狼耳のついた女の子に助けられたハジメは、自分が自ら創ったゲーム中の国、「アリアンロッド王国」にいることに気づくのでした。

理想の国に来れたことに喜びを感じる間もなく、このアリアンロッド王国が正体不明の「敵」――クローズドの箱庭ゲームにはありえない存在――に脅かされていることを知ったハジメは、ケモミミっ子たちのために全力をもって戦うことを決心しますが・・・・・・!

※ ※ ※

作者は『問題児が異世界から来るそうですよ?』のコミカライズ版を手がけられていた七桃りお氏です。『問題児~』でも黒ウサギやリリといったラブリーなケモミミっ娘たちを描かれていましたが、本作『箱庭王国の創造主サマ』ではケモミミっ娘の作画・魅力がかなりパワーアップしています。



ケモミミキャラとしては、今回の表紙になっている天然狼っ子の騎士クゥのほか、スコティッシュ猫系のツンデレ王女様アリアンロッド、男女の噂話が好きな侍女頭の牛娘カウナ、クゥが大好きすぎて変な性格になっている兎耳の大魔法使いマギ・マビノギオンといったケモミミっ娘たちが登場します。

ケモミミ王国が舞台なのでモブキャラも全員ケモミミだったりしますが・・・・・・。

※ ※ ※

今回気になったコマ。
クゥの初登場シーンですが、主人公のハジメはクゥのケモミミを見て一瞬で「狼」だと見抜きます。

photo_630







(『箱庭王国の創造主サマ』1巻P22(七桃りお/アスキー・メディアワークス)














特に犬科のケモミミさんの場合、狼なのか犬なのか狐なのかを見分けるのはかなり難しいと思うのですが、このあたりは三年間もケモミミ王国を創り続けてきた主人公だけあって、その微妙な違いを見分けられるのかもしれないです。

ちなみに、狼耳と犬耳を描き分けるテクニックとして、狼耳は犬耳よりも前傾した形になる(狼と犬の頭蓋骨の形の違いをケモミミの形に反映させる)というものがありますが、本作のクゥも一応前傾型のケモミミになっていて、このあたりは意識されているのかもしれません。



萌え ブログランキングへ

世界はイヌとネコとアシカでできている。(けもフレ記録その7)

ジャパリパークにGOする完全無料ゲーム『けものフレンズ』のプレイ記録です。

ゲームの題材として、動物園とかサファリパークとかキツネ村とか、リアル世界と連動しやすそうなネタだと思うのですが、リアル動物と出会うとゲーム中でもフレンズがゲットできるとか、そういう奇特な企画をやってくれる動物園は現れないものですかね。

アニメ化してヒットしたら、もしかしたらそういう企画も出てくるかもですが。

ちなみに今週、アニメ版公式サイトが更新されていますよ!

※ ※ ※

イヌ科のフレンズがけっこう集まってきたので、群狼パーティーを作ってみました。
「★4タイリクオオカミ」を中心に、「★5キンイロジャッカル」「★3コヨーテ」「★3インドオオカミ」にいつもの回復ウマ娘ヒッパリオンを加えたパーティーです。とりあえずクール系で揃えてみました。
全員「オオカミ連盟」グループでそろえたいけど、回復型の犬っ娘が見つからなくて・・・。
イヌ科の回復型は「★4ブチハイエナ」しかいないのですね。
photo_622














凛々しいタイリクオオカミお姉さま!
photo_623














このパーティー、コヨーテが耐久力低いのに突出してやられちゃう傾向があって、アクセサリーなどを少し見直す必要がありそうです。

※ ※ ※

夜戦・・・もとい夜間バトルで、タイリクオオカミやインドオオカミに「夜行性」スキルが無いのに気づいてちょっと驚いたり。
「夜のバトルも得意だよ❤」なんて言うサーバルをはじめ、ネコ科は結構「夜行性」持ちが多いのですが、イヌ科は「夜行性」持ちが少なめ。

狼って夜の獣のイメージがあるんですが、実際のところは夜行性じゃなくて「薄明薄暮性」というカテゴリーに入るらしいので、そのあたりが反映されているんですかね~

※ ※ ※

『けもフレ』をきっかけに元の動物のことをネットを調べて、今まで知らなかったことや誤解していたことを知って驚いたり。

たとえば、イヌとネコとアシカは祖先が同じなこととか。

このゲーム、イヌとネコとアシカ(ほかアザラシやトドといった鰭脚類)がやたら多く出てくる印象があったんですが、そもそもこの三種が地球上の肉食獣のかなりの部分を占めてるから、多く出てくるのも当然なわけですね。勉強になりました、、、

というわけで、うちの鰭脚類パーティーと、大型ネコ科パーティーのステータスなどを貼ってみたり。少しレベル上がっているけど、最近はオオカミたちを強化していたのでそれほど大きな変化はありません。
photo_625












photo_624














ランク制限イベント用に、低ランクパーティーを養成中。
アライさん(★2アライグマ)と★2フェネック中心のパッション属性パーティーですよ。
フェネックってパッションというよりピュア属性的な性格だと思うんだけど(サーバルのツッコミ役のカラカルがピュア属性だし)、イベントの時はわりと真剣な役回りをすることがあるからパッション属性なのかな?
photo_626














萌え ブログランキングへ

狼少女は強い男が好き。『スキルトレーサー』1巻

武術に通じた高校生が異世界に行ったら、強い男が好きな狼少女に惚れられちゃう!?
Web小説発の異世界転移物語『スキルトレーサー』1巻目が7月30日より発売中です!

古武術の師匠である祖父に四歳の頃から武術の手ほどきを受けてきた高校生の藤堂恭弥。
幼馴染の南桜良に「大事な話があるから」と校舎の屋上に呼び出されたところ、突然の地震と異様な魔法陣の発動により、ファンタジーMMO-RPGのような異世界に飛ばされてしまいます。

恭弥は持ち前の武術と、死んだ両親の守護によって身についた能力「スキルトレース」を武器に、別れ別れになった幼馴染の姿を求めて、不思議な異世界を旅することになりますが・・・・・・。

※ ※ ※

ヴァーチャル・リアリティではなく完全な異世界なのですが、雰囲気はかなりオンラインゲームに近い異世界転移小説です。
迷宮に棲むモンスターを狩って得られる素材が、一般的な製品原料や燃料(エネルギー)として欠かせなくなっている世界のため、迷宮に潜って冒険することも生活手段の一部のような感じになっています。

ケモミミとしては、盗賊退治の場で誤って戦いに巻き込んでしまった狼人族の女冒険者・イリスが登場します。
能力的にはシーフ的なスピードファイターなのですが、性格は生真面目で武家っぽい感じの喋り方をする娘です。
本能的に強い雄・・・もとい強い男が好きであるらしく、熟練者レベルの武術に加えて特殊能力まで持つ恭弥に完全に惚れてしまっています。

彼女のようなタイプだと、主人公より強い男が現れたらどうなるのだろう、とちょっと心配になるところがありますが、彼女の評価する「強さ」にはたぶん性格的な良し悪しとかも判断基準に入っているんでしょうね。



萌え ブログランキングへ
記事検索