ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狼耳

再び旅に出るホロとロレンス!でも昔とは少し違って・・・『狼と香辛料XXI』

傑作獣耳小説『狼と香辛料』の短編集第4弾!
温泉地ニョッヒラに腰を落ち着けていた賢狼ホロと行商人ロレンスが再び旅に出る!
“旅の続きの物語”が描かれる『狼と香辛料』の21巻目が1月10日(電子版は2月9日)より発売中です!

これまでの最長獣耳小説シリーズ『あそびにいくヨ!』の記録が20巻だったので、ついに『狼と香辛料』が最も巻数の多い獣耳小説となりました!
このまま記録を伸ばしていってほしいところ。
あそびにいくヨ!20 (MF文庫J)
神野 オキナ
KADOKAWA / メディアファクトリー
2015-03-25


21巻の収録作は2018年に『電撃文庫MAGAZINE』で発表された四つの短編『狼と湯煙の向こう』『狼ともうひとつの誕生日』『狼と秋色の笑顔』『狼と森の色』と、力の入った書下ろし中編『狼と旅の卵』の、全五編から構成されています。

ホロとロレンスが旅に出た娘のミューリを追いかけて、自分たちも旅に出る話が中心になっています。

『狼と湯煙の向こう』はホロとロレンスから湯屋「狼と香辛料亭」の留守をまかされた狼娘セリムが不安で憂鬱になってしまう話。

『狼と秋色の笑顔』は久々の旅でロレンスの野営テクニックが錆びついてしまっている様を穏やかな筆致で描く話。

『狼と森の色』は世界が平和になり交易が盛んになったがゆえに、森が壊され始めている、という新たな問題を描く話。

『狼と旅の卵』は「あること」をしてもらうためにお金が必要になったホロが、パン屋の売り子になってみたりと色々金策に駆け回る話。

『狼ともうひとつの誕生日』はミューリが旅に出る前の頃。湯屋「狼と香辛料亭」十年目かつ、ミューリ十歳の思い出の日を描いた話となっています。

これまで大きな問題のなかった「狼と香辛料亭」での生活にいったん別れを告げて、再び波風のある旅の日々に身を投じたホロ&ロレンス夫妻。
一攫千金か破滅かで綱渡りのような生活をしていた行商時代とは違い、だいぶ資金面でも余裕があるせいか、緊張感はだいぶ薄れて本当に「夫婦旅行」といった感じの雰囲気になっています。

冒険の旅ではない「ただの旅行」を描くファンタジー作品って、ラノベの歴史全体を見渡しても希少だし、こういう作品が一つくらいあっても良いと思うので、『狼と香辛料』に関してはこの路線を維持してほしいなあと思う次第です。

ウルのかぶっている狼の毛皮に秘密がありそう・・・!『赤ずきんの狼弟子』3巻

「人間」、「獣人」、そして「狩人」の三種族が住むイグアニマ大陸。
獣人の天敵である若い「狩人」は、ひょんなことから、はぐれ狼獣人の子供を自分の弟子として育てることになりました。

はじめは頼りなかった狼獣人の子供も立派に成長し、だいぶ愛着がわいてきた頃、「狩人」は自分の中に突如として生まれたどす黒い衝動に戸惑うことになりますが・・・!

狩るモノと狩られるモノが紡ぐ壮大なファンタジー『赤ずきんの狼弟子』の単行本3巻目が2月8日より発売中です!

最も数が多く、巨大な社会を築いている「人間」。
人間と相容れず、時に彼らを襲撃の対象としている「獣人」。
その獣人を狩ることを生業としている人間のはぐれ者「狩人」。

互いに反目している三者ですが、血に染まったような赤毛をした「狩人」の男・ウルは、様々な運命の末に、親とはぐれた人狼の少女・マニを自分の弟子として育てています。

最初は弱弱しい子供でしかなったマニも、ウルとともに訓練と実戦を積んだことでかなり強くなり、今では獣人の身体能力を生かして独特の戦術をとれるほどに――ある意味、新たな「狩人」の誕生を期待させるほどの成長を遂げました。

ウルがマニを一人前の狩人としてみなし始めた矢先・・・彼は突如として強烈な破壊衝動にかられます!

――「強き者を狩ることは、至上」

マニを「狩るに足る対象」として認識してしまったウルは、果たして、その衝動を抑えきることができるのでしょうか・・・?

 ※ ※ ※

連載版としてはこの3巻で一区切りで、続きは作者の自費出版(同人誌版)で、二人の運命の完結まで描かれるということです!

この3巻で物語の山場となる部分(ウルとマニが辿ることになる運命)は描かれていますが、核心的な部分(過去のウルにそもそも何があったのか?)がまだ描かれていないので、過去の話も描かれるという続編に大きく期待したいですね!

独特の美麗かつ闇を含んだファンタジー世界の描写も、3巻はこれまで以上に磨きがかかっていますので、ケモミミ関係なくファンタジーの世界にどっぷり浸りたい人におススメの一冊です。

 ※ ※ ※

今回、気になった描写。
お風呂に入ったあと、ぶんぶんして水を吹き飛ばすマニ。
photo_1367


















『赤ずきんの狼弟子』3巻P50(茂木清香/講談社)


「獣耳っ娘のモフモフした長い髪の毛は、実際の獣の毛皮をイメージしていることが多い」ということが良く分かるシーンです。

あとこのシーン、マニがウルの被る狼の毛皮を「生きた狼」だと勘違いしていることから、彼女が「生き物」と「生き物の形をしたもの」を曖昧に区別している、という点もさりげなく示しています。

マニは獣のぬいぐるみを弓の練習台にするのも凄く嫌がっていたのですが、このあたり獣人(というよりマニの)独特の価値観が出ていて、とても良いなあと思います。


萌え ブログランキングへ

動く狼っ娘シグレが早く見たい! アニメ化に向けて暴走も加速する『けものみち』4巻!

人と竜と魔獣の住まう異世界に召喚されたのは、変態的なまでに獣を愛するプロレスラー!

魔王を倒せという召喚者の命を一切無視して、彼は「ペット」という概念がない異世界でペットショップを開くことにしますが・・・「ショップ」とは名ばかりの放漫経営に、店員の狼娘は常にピリピリしています!!

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめ氏と、漫画版『バカとテストと召喚獣』のまったくモー助氏&夢唄氏が送る、残念系異世界転移物語『けものみち』。
アニメ化に向けて加速する単行本4巻目が1月26日より発売中です!
異世界に召喚されたプロレスラー「ケモナ―マスク」・・・本名・柴田源蔵は王国を脅かす魔獣と闘うことを拒絶し、ペットを飼うという概念の無いこの世界で「ペットの魔獣」を普及するべく、異世界初のペットショップ「けものみち」を開店しました。

しかし、源蔵は販売しているペットを手放そうとしないため、ペットショップは万年赤字状態。
いつの間にか店の居候となった竜人・花子&吸血鬼カーミラもペットショップの経営には興味が無く、唯一の常識人&商売人である店員の狼少女シグレだけが毎日帳簿とにらめっこしてピリピリしています。

今回は、巨鳥ガルーダの襲撃で「けものみち」一行大ピンチ!!のところを、源蔵がガルーダの雛のふりをして回避しようとした結果、なぜか雛になりきってしまって野生化!

ついでに花子も竜人独特の病気・狂竜病にかかってしまって凶暴化します!

とにかく、いつも逸走しているメンバーがさらに暴走しまくる4巻です!

※ ※ ※

まさかのアニメ化なのですが、とてもアニメ向きの内容だと思うので物凄く愉しみなのですよ。
本作、シグレや花子の尻尾の描写に強いこだわりを感じるので、アニメでどう表現されるのか、期待が高まります!

※ ※ ※

本作唯一の常識人である狼少女のシグレ。
狼らしく強気でしっかり者の彼女ですが、わりと臆病な面があり、今回は狂犬病ワクチンの注射を嫌がって大騒ぎします。
photo_1360
















『けものみち』4巻P95(まったくモー助・夢唄/原作・暁なつめ/KADOKAWA)


「イヌ科だから狼っ娘も狂犬病ワクチンを打たなければいけない」というのは盲点だなあと思ったり。
こういう描写が出てくるのはファンタジー異世界転移に「ペット」というテーマが絡んでいる本作ならではですね。

寿命差のある物語における、ひとつの結末。『ねじけもの』3巻

舞台は下剋上と裏切りが蔓延し、血で血を洗う戦国時代の日向国。

山賊に身を落としながらも、殺された仲間たちの復讐を誓う若武者カガシは、ある時立ち寄った山で、守神の座を追われた山犬の女・縣(あがた)に出会います。

恨みの炎に身を焦がす人間の男と、全てを諦観している人外の女。
本来、相容れないはずの二人が、戦の果てに見るものとは・・・!

戦国ピカレスクファンタジー『ねじけもの』、堂々の完結巻3巻が1月9日より発売中です!

薩摩の雄・島津家の義弘に囚われたカガシと縣。
島津が敵対する伊東家にカガシの仇敵「蜥蜴」が助力していることから、島津義弘はカガシを味方に引き入れて蜥蜴を討たせようと図ります。

カガシは自分を良いように利用しようとする義弘の意図に気づきながらも、千歳一隅の機会として義弘に協力すると返答します。

そして物語は、島津と伊東・大友連合の戦――戦国九州における最大の戦「耳川の合戦」へと発展していくのでした。

蜥蜴と刃を交えることのみを望み、激戦の中、冷たい目で戦況を見極めるカガシ。

そんなカガシを、さらに冷めた様子で観察する山犬の縣。

価値観の違う二人の道は、ある一つの結末に向かって収束してゆくのでした――

※ ※ ※

本作、数百年を生きる人外の縣と、人間のカガシという寿命差のある者同士が迎える結末について、意外な結末を用意している点で要注目です。

「寿命差のある関係が、意外な結末を迎える」という物語としては、田中ユタカ氏の『愛人[AI-REN]』を思い出すのですが(ちなみにこの『愛人[AI-REN』もケモミミ要素あり)、それに匹敵する衝撃の展開が待ち受けています。


人間を「蟻のような存在(殺すにも助けるにもとるに足りない、どうでもいい存在)」とみなしている縣だからこその、彼女がカガシに対して抱いている感情に痛切なものを覚えます。

物語の展開自体も、復讐に身を焦がし徐々に人間離れした心理に囚われるカガシに対して、全てを諦観しているがゆえに人間らしい穏やかさを見せる縣、という対比が強く印象付けられていて、「人間らしいとは何か」を考えさせられる内容となっています。

※ ※ ※

巻末のおまけ漫画で、縣の耳と尻尾の事について語られているので、その点も要チェックですね!

縣も「自分が狐だと忘れないように」あえて髪に狐耳の形をつくっている『戦国妖狐』の妖狐たまと似ていて、頭の獣耳に本物の耳としての機能はあまり無いらしいことが分かります。
戦国妖狐 16 (コミックブレイド)
水上悟志
マッグガーデン
2016-02-17


あまり萌えを意識していない伝奇・妖怪作品だと、獣妖怪の獣耳はあくまで「元が獣である者」の象徴であって、本物の耳としての機能はないことが多いです。



萌え ブログランキングへ

ツンツン狼耳メイドは尻尾が可愛い。『幻想グルメ』4巻

産業革命のあけぼのを迎えた異世界に転移し、貴族企業の相談役として名を成した元・日本人のシュンイチロー。
異世界のあり様を変える大事業に携わる彼が、本当に人生を賭けているのは「食べる」こと!
どんな時でも「食」に関することに妥協はありません。

しかし「食」にこだわりすぎて、いつも側にいる獣人メイドのシルフィンの想いに気づいているのかいないのか・・・。

世界とグルメの進化とともに、シュンイチローとシルフィンの関係も変化していきます!
小説家になろう発のweb料理小説のコミカライズ『幻想グルメ』の4巻目が12月21日より発売中です!

ノーマルな人間型の種族の方が少ない異世界に転移した元・日本人サラリーマンの桂木俊一郎。

おりしもこの異世界では、魔力を使った機関車や電灯・電信といった発明が次々と生まれ、近代的な企業活動を飛躍的に向上させるような産業革命が進行中。

特に魔導鉄道網の利便性は異世界の様相を一変させており、狼獣人メイドのシルフィンの故郷・アルカディア地方も、一昔前の寂れた田舎村から、鉄道駅を中心とした商業開拓地へと変貌を遂げようとしています。

スポンサーからの依頼でアルカディア地方・アルフ村の調査にやってきたシュンイチローは、商談をまとめ上げるかたわらに、当地の知られざる名物に目ざとく喰いついていきます。

一方、シルフィンは村の人々からの「シュンイチローと自分をくっつけようとする働きかけ(「玉の輿ってやつだぜ!)」を受け、あらためてシュンイチローとの関係を意識してしまいますが・・・。

※ ※ ※

Web小説原作の第2章3話、28話、31~35話が漫画化されています。
もともと原作とは設定がいくつか異なっている漫画版ですが(シルフィンの種族がエルフ⇒狼獣人になっていたり)、今回はその違いがさらに際立っている感じがありますね。

原作シルフィンはシュンイチローとの関係に一線を引いていて、その一線を越えてくるシュンイチローの好意に困惑するという構図になっているのですが、漫画版シルフィンは明確にシュンイチローに好意を持っていて、それを素直に表現できなくてツンツンしてしまうという形になっています。

このあたりは狼とエルフの性質(印象)の違いからくるのかもしれませんね。

※ ※ ※

本作、「鉄道といった交通網の発達が、世界の料理にどれくらい影響を与えるか」という点が描かれていて、ファンタジーだけでなくSF的な要素も強いです。
『異世界駅舎の喫茶店』でも同じテーマが描かれているので、比較して読んでみると面白いかも。
異世界駅舎の喫茶店 3 (MFC)
神名ゆゆ
KADOKAWA / メディアファクトリー
2018-06-23


このあたり、異世界ではなく現実世界の産業革命期を舞台にしたグルメ歴史小説・歴史漫画があったりするのかな? あるのならぜひ読んでみたいかも。

※ ※ ※

漫画版のシルフィンは冷静というより「コミュニケーション下手でツンツンして見える」タイプなのですが、尻尾と耳がわりとよく動くので感情が分かり易いです。
photo_1327











『幻想グルメ』4巻P85(おつじ/天那光汰/スクウェア・エニックス)


シュンイチローから贈り物をもらって嬉しさのあまり、逆に態度がぎこちなくなってしまったシルフィン。
彼女の場合、「尻尾を立てる=ポジティブ感情」なので機嫌が悪くないことはすぐ分かるのですが、シュンイチローは鈍感なのかそれに気づかないみたいで・・・。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント