ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狼耳

「お前ふわっふわやんけ・・・!」( byケモナ―マスク)『けものみち』1巻

獣人もいる異世界に召喚されたのは、変態的なまでに獣を愛するプロレスラー!
あまりにも変すぎて召喚した王家からも見捨てられたプロレスラーは、紆余曲折の末、異世界でペットショップを開くことにしますが・・・。

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめ氏が原作を担当し、『バカとテストと召喚獣』のコミカライズを手掛けたまったくモー助氏&夢唄氏ペアにより描かれる、とっても変な新感覚異世界転移物語『けものみち』の初単行本が4月25日より発売中です!

プロレスラー「ケモナ―マスク」、本名・柴田源蔵は武道館での試合の直前に異世界に召喚されていまいました。

召喚した王家のお姫様は「異世界で最強の者」を勇者として呼び寄せ、王国を脅かす魔獣や魔王を退治してもらうつもりでいたのです。

しかし「最強の者」として召喚された源蔵は、勇者として戦うことを拒絶します。大の獣好きである源蔵は、魔「獣」を悪く言うお姫様の方を「悪」と認識したのでした!

勢い余ってお姫様にスープレックスをかけてしまい王国から追われる身となった源蔵は、紆余曲折の末に自由都市クラスタに流れ着き、そこで異世界初のペットショップ「けものみち」を開店することになりました。

ペットを飼うという概念の無いこの世界で、愛情をかけて育てた魔獣をペットとして販売することで、人と魔獣が分かり合える世界を作るというのが源蔵の理想です。

しかし、源蔵がペットを手放したがらなくて商売になってない状況に、店員の狼少女シグレと、なぜか店に居候している竜人・花子&吸血鬼カーミラは、ペットショップを臨時休業して店の赤字を埋めるための金策に走るという、どうしようもなく本末転倒な行動をすることになりますが・・・。

 ※ ※ ※

主人公の源蔵をはじめとして、登場人物がみんな残念な性格の人物ばかり、という暁なつめ氏らしい作品となっています。

源蔵はあまりにも獣好きすぎて、男女構わず獣人にセクハラしまくる(本人は「愛」に基づいているつもりで至って真面目)というヒドイ変態になっていますし。

作中では一番常識人っぽい狼少女のシグレも、たまに変なことを口走る時があります(商人ではあるようですが、まだ経験が足りないのか、あまり巧い商売ができているとは言い難い)。

 ※ ※ ※

最近の作品(例:『箱庭王国の創造主サマ』『放課後アサルト×ガールズ』)で時々見かける、犬科の獣耳を見ただけで何の動物か判別できる、というシーンが本作にもあります。

源蔵がシグレを初めて目にするシーン。シグレが犬ではなく狼であることを一発で見抜きます。
photo_1028




『けものみち』1巻P124(まったくモー助・夢唄/原作・暁なつめ/角川書店)











源蔵は狂的な獣好きなので、犬と狼の区別がすぐにできても不思議ではなさそうです。

実際、犬の獣人も登場しますが、狼獣人であるシグレとは耳の形が少し異なるように描かれています。

オオカミの子に正体を知られちゃいけない。ミイラな赤ずきんの物語。『怪物ビスケット』

怪物たちの秘密の住処「番外地」に暮らすミイラ娘のダリア。
だけど、実は「番外地」にいてはいけない怪物の天敵「人間」の子供であるということは、友達にも内緒なのです!

やんちゃな怪物の子供たちが大冒険するメルヘン『怪物ビスケット』は4月5日より発売中です!

ダリアは「番外地エッグノック」に暮らすミイラ娘。

口が巧い(軽い?)オオカミ男の子供・モルトと、ちょっと大人っぽい吸血鬼の子供・ロゼッタと(ちょくちょく喧嘩はしていますが)仲良く過ごしています。

しかし、ダリアにはひとつ大きな秘密があるのです。
それは、実は彼女は怪物ではなく、人間の子供であること!
ダリアの父親のミイラ男が、番外地の側の森に捨てられていた赤ん坊のダリアを拾って育ててくれたのです。

普段はミイラの包帯で人間の匂いを消していますが、もし人間だと正体がばれたら番外地に住めなくなるだけでなく、大の人間嫌いであるモルトに嫌われてしまうだろうことを、ダリアは心の奥底で恐れています。

そんなある日、ダリアの父親が番外地の外・・・人間の街で行方不明になります。
いてもたってもいられなくなったダリアは、人間の街に行く決心をしますが・・・!

※ ※ ※

出だしは童話っぽい雰囲気ですが、「人間街」がわりと現代風なので、ちょっと不思議な感覚のファンタジーになっています。

ダリアだけでなく実はほかにも秘密を隠している登場人物がいて、展開から目が離せず、最後まで印象的な場面の多い作品でした。全体として「嘘」がテーマになっている作品なのですね。

※ ※ ※

赤ずきん役にあたるダリアの口調が「~だぜ!」だったり、雰囲気もかなりボーイッシュな感じなのが特徴。

近年の漫画において「狼耳少年と赤ずきん少女」という組み合わせだと、狼少年がだいたい赤ずきんからひどい目遭わされる、というパターンが多いのですが( 例1 例2)、本作も甘えたがりなモルトがダリアにぶっ飛ばされたり包帯で縛られたりします。

ただ、モルトは耐久力が高いのかダリアの攻めもあまり通じず、逆に相手をしてもらってることで余計に調子に乗っている様子もあり、全体的に赤ずきんが狼少年に振り回されている感じがしますね。
photo_1019









『怪物ビスケット』P16(野崎アユ/白泉社)










 

萌え ブログランキングへ

亜人の女の子たちと、百合っぽい学園生活!『デミライフ!』1巻

「デミ」と呼ばれる、超自然の力が顕現した魔獣・魔物の一種が人間社会にこっそり混じって暮らしている世界。
そんなデミの女の子ばかりが通う学園で、ニンゲンの少女は何を見るのか・・・!
コミック百合姫連載の、愉快な人外大集合漫画『デミライフ!』の初単行本が3月17日より発売中です!

人見知りしない明るい性格の少女・東愛香(あずままなか)は、広大な山野に築かれた巨大学校「私立上州学園」に入学することになりました。

学園の女子寮のひとつ「いなり寮」に案内された愛香は、そこに住む女子学生たちが皆“ちょっと変わっている”ことに気づきます。

それもそのはず、「いなり寮」の寮生たちは愛香以外が全員「デミ」なのでした!

私立上州学園はそもそもが、超自然の力が顕現した魔獣・魔物の一種である「デミ」を積極的に受けている学園であり、愛香はあまりそのことを意識せずに進路を選んでいたので、初めて「デミ」と接して少し驚いてしまいます。

犬のような耳と尻尾の生えたちまっこい狼っ子「月見麻耶」。
料理上手だし物腰も柔らかだけど、とにかく近くにいると寒い雪女「水上雪枝」。
ツンツンして人当たりは悪いけれど実は寂しがり屋の人魚「瀬戸あゆね」。
ナルシストが過ぎてかなり変な雰囲気になっている吸血鬼の先輩「浦堂栞」。
そして、寮母さんである妖狐の「万座陽子」。

みんな、一癖も二癖もある女の子ばかりですが、愛香はわりとあっさり仲良くなるのでした。
不思議な学園生活が、これから始まります・・・!

※ ※ ※

人外+百合ということで、女の子同士がスキンシップする描写が多めです。
愛香から麻耶に対してはわりと動物をかわいがる感じで撫でり撫でりしてる感じですが、愛香と雪枝についてはかなり本気の関係が描かれます。

あと、人魚のあゆねがいわゆる童話の人魚というより、モンスターの半魚人っぽい感じで描かれるのが特徴。
それでもどことなく態度が可愛く感じられるのは、『神様はじめました』の沼皇女を思い起こさせます。

※ ※ ※

ケモミミキャラとしては人見知りな狼っ子の麻耶と、狐(八尾の狐?)の寮母さんが登場します。

麻耶は初対面の人の臭いをかいだり、尻尾をぶんぶん振ったりと見るからに犬っぽい仕草をするため、愛香からは最初犬っ子だと勘違いされていました。
photo_1009




『デミライフ!』1巻P56(黄井ぴかち/一迅社)



 
狼キャラは犬扱いされるのが嫌いなことが多いですが、麻耶もそのあたりはかなりこだわっていて、「犬」と言われたらどんな時であろうと「オオカミ」と訂正しようとします。

狼耳アニメの感想『けものフレンズ』第10話

感想が1週間遅れになってますが、そんなことは気にしないのです!

●『けものフレンズ』第10話・・・「ろっじ」


タイリクオオカミはどのメディアでも「お姉さん」なキャラなんですが、アニメ・アプリ・漫画でそれぞれ違うタイプの「お姉さん」になっているところが面白い。

アニメのタイリクオオカミは「狼少年」チックなところがあるのですが、彼女の話しているホラ話はなんとも深読みしたくなる内容が含まれているんですよね。

特に気になるのは、「セルリアンがフレンズに化けてるけど、その化けたセルリアンは自分がセルリアンだと気づいていない」という話。

『なぜサーバルはミライさんと一緒にいる過去?のサーバルを見て涙を流したのか』の理由を考えた時、『そもそもアニメで「フレンズ」と呼ばれている存在は実は本来のフレンズでは無くて、セルリアンがフレンズを模倣しているだけの存在ではないか?⇒今のサーバルは過去のサーバルを模倣したセルリアン?』という可能性が浮かんできちゃうんですよね。

このあたりは、アプリ版のセルリアンが「情報の保存と再生」を目的としていた点や、サーバルを模倣したセルリアン=セーバルの存在から類推できててしまうのですが・・・。

・・・でも、タイリクオオカミのホラ話に完全にミスリードさせられている可能性も高いので、とにかく次の話が気になりますね!


 萌え ブログランキングへ

メインヒロインは狼っ子騎士なんですかね。『箱庭王国の創造主サマ』2巻

王国創造箱庭ゲームに中学三年間を費やして、ついにケモミミ種族だけが住む理想の王国を完成させたハジメ少年。
さらにその理想の王国の中に異世界転移するという素晴らしい幸運に恵まれたわけですが、転移したケモミミ王国は、ゲーム上存在するはずのない“敵”に脅かされていたのでした!
王国の「創造主(クラフトマスター)」としてハジメ少年にできることは・・・?

ケモミミ好きにダイレクトアタックする異世界転移モノ『箱庭王国の創造主サマ(クラフトマスター)』の2巻目が2月27日より発売中です!

『クラフトキングダム』という某マインクラフトに似た王国創造箱庭ゲームに中学三年間のすべてを費やして、理想のけもみみ王国「アリアンロッド王国」を完成させた阿形ハジメ少年・15歳。

完成直後にゲームの中へと転移してしまったハジメは、ケモミミ住人しかいない理想の王国を堪能する間もなく、正体不明の“敵”――クローズドの箱庭ゲームにはありえない存在――との戦いに巻き込まれてしまいます。

ハジメのことを「パパ」と慕う天然狼っ子の騎士クゥに、スコティッシュ猫系のツンデレ王女様アリアンロッド、そしてクゥが大好きすぎて変態的になっている兎耳魔法使いマギ・マビノギオンといったケモミミ娘たちの力を借りながら、自ら創造した王国を守るために戦うことを決意したハジメ。

異世界に来たことで建築物造成や地形変化を起こす能力(ゲームでやっていたことと全く同じ能力)を得たハジメは、もともと全く戦争向けでは無いアリアンロッド王国を城塞に造り替え、今後の戦いに備えます。

そんな中、“敵”の最強の刺客ともいえる存在が王国に単騎斬り込んでくるという事態が発生し、ハジメたちは窮地に陥ることになりますが・・・!

※ ※ ※

「もともと戦争の無い世界として造られていた」という点が、なかなか興味深い形で物語に絡んできて、先が気になる展開になってきました。

中世ファンタジーっぽい世界を舞台とする物語では、つい創作者が「騎士」という役職のキャラを作ってしまいがちなのですが(ハジメも良く考えずに「創って」しまった)、そもそも戦いの無い世界における「騎士」の役目とは・・・?という点を掘り下げていっているのが面白いです。

こういう視点から見ると、アリアンロッド姫をはじめ魅力的なケモミミ娘が多く登場する作品ですが、メインヒロインとして想定されているのは「騎士」の狼っ子クゥなのかなとも思います。
1巻の表紙もクゥでしたしね。

※ ※ ※

今回気になったコマ。
クゥは刺客との後半戦で、ほぼ頭からマントをかぶった格好で戦います。
photo_1002








(『箱庭王国の創造主サマ』2巻P122(七桃りお/アスキー・メディアワークス)
















こういう「せっかく魅力的な獣耳が生えているのにわざと隠してしまう」ような服装をするキャラ(『ダンまち』のリリルカ・アーデなど)を、近年ときどき見かけます。

少し前だと『狼と香辛料』のホロもそうですね。
狼と香辛料 (12) (電撃コミックス)
小梅けいと
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-08-27


物語上の仕掛けとは別に、わざと隠すことで読者の想像を膨らませて、フードを脱いだ時に見える獣耳をより魅力的に感じさせる、という効果も発生しているのかもしれません。



萌え ブログランキングへ
記事検索