ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

兎耳

過酷な迷宮で生き残ったウサギは強い!(でも圧死する)『ジェノサイド・リアリティー 異世界迷宮を最強チートで勝ち抜く』2巻

レトロゲーム(3DダンジョンRPG)の世界に教室ごと転移するという異変が発生!
そのゲームをやりこんでいた真城ワタルは、一人で密かにダンジョンの攻略を進め、他の人間に対して圧倒的アドバンテージを得ようと画策しますが・・・!

小説家になろう発のデスゲーム・ファンタジー『ジェノサイド・リアリティー 異世界迷宮を最強チートで勝ち抜く』、待望の書籍版2巻目が9月11日より発売中です!

突然の地震により、1年F組は教室ごと、古い3DダンジョンRPG『ジェノサイド・リアリティー』、通称『ジェノリア』の世界に転移しました。

容赦のない凶悪なトラップやモンスターによりクラスメートが次々と犠牲になる中、攻略サイトを作るほど『ジェノリア』をやりこんでいた真城ワタルは、クラスメートたちを欺いて、一人、ダンジョンの奥深くへと足を踏み入れます。

レアアイテムやレアイベントが限定された数しか存在しないと仮定した場合、真っ先にダンジョンを攻略した先駆者が圧倒的なアドバンテージを得るはずだと考えたからです。

しかし、ワタルの意図に気付き始めた(?)妖しいお嬢様の九条久美子、仲間外れになっていた竜胆和葉、『ジェノリア』世界に棲むNPC(?)であるウサ耳少女・ディアナといった女子たちの存在が、ワタルの狡猾な構想を徐々に狂わせていくのでした・・・!

※ ※ ※

主人公ワタルの性格の悪さとか、全然相互に協力する気のない登場人物たちとか、デスゲーム要素が今回も容赦なく織り込まれていて良い感じです。

「脱出して元の世界に戻る」ことよりも「自分に有利な世界で、自分の望む地位を手に入れる」ことに執着しているワタル。

孤独を好んでいるようで、他人に対して優位であることに拘る点など、ある種の内的矛盾を抱えた主人公だったのですが、書籍版は利己的すぎる部分がもう少し緩和されて、より「孤高」を貫くような性格になっています。

そのあたり、WEB版とはやや異なる方向性を持っているので、読み比べてみると面白いと思います。

※ ※ ※

兎系種族ラビッタラビットの少女、アリスディア・(中略)・ディアナ、通称「ウッサー」。


1巻まではわりと大人しい・・・というか数少ない癒し系キャラだったのですが、2巻になると本性が出てきたというか、兎のくせに思ったよりも強い、ということがわかります。

ワタルに危害を加えようとしたクラスメートをあっさり半殺しにしてしまうほどの体術使いなのです。

獣人バトル漫画『キリングバイツ』だと兎は最弱の扱いですが、本作の場合は兎の「跳躍力」と「俊敏さ」が体術の強さで表現されているみたいですね。

あと、性欲というか繁殖欲がやたら強い所が出てきていて、殺伐とした場面でも空気を読まずに繁殖の話を始めるところは、ある意味、本作に最も合った癒し系(?)キャラなのかもしれません。



萌え ブログランキングへ

牙の鋭い方が勝つ!ウサギも噛みつく!『キリングバイツ』16巻

大切な友人、牙魔猫(タスマニアデビル)の黒居佑(くろいたすく)を失う大きな痛手を負いながらも、「牙闘(キリングバイツ)」予選を突破した媚戌(ビーグル)の獣闘士・戌井純(いぬいぴゅあ)。

ルール無用の場外乱闘を乗り越えて、ようやく決勝トーナメント「牙闘獣獄死(キリングバイツサドンデス)」に臨んだ純の最初の対戦相手は・・・黒居佑と強い縁を持つ獣闘士でした!!

ついに新たな殺し合いが開幕した獣人バトル漫画『キリングバイツ』、最新16巻目が好評発売中です!
表紙は「大熊猫(ジャイアントパンダ)」の獣闘士・王愛珍(ワンアイヂェン)。
最近、パンダキャラは「可愛いから何をしても許される」系の、傍若無人キャラになることが多い気がしますね、、、
※ ※ ※

この作品、動物バトル漫画としてやはり頭一つ抜きんでていると感じます。

ライオンが強い、というのは誰もが思ってるから、話を捻ろうとして「ライオンは実は弱いんだよ~」みたいなネタが出てくることは時々ありますが、「ライオンの強さは、実は貴方が思っているのとは違う所にある」みたいなエピソードを出してくる点が、本作の凄い所だと思います。

「牙闘獣獄死」のトーナメント表にも、この動物本当に強いの?みたいな獣が混じっているので、どういう戦いを見せてくれるのか楽しみですね!

※ ※ ※

最弱獣闘士であることをギリギリで隠しながら、最強のフリをしつづける稲葉初さん。
この頃は彼女主役のスピンオフも始まって、ある意味『キリングバイツ』最強のヒロインと言ってもよいかもしれません。

しかし、せっかくなので彼女も何らかの形でバっトル!してほしいもの。
そんな兎の彼女が、唯一自信を持っているのが歯らしい。
photo_1710






















『キリングバイツ』16巻P219(村田真哉・隅田かずあさ/小学館クリエイティブ)


猫耳キャラが猫目で描かれたりすることがあるように、
兎耳キャラの特徴的な描写として、前歯が目立って描かれる点が挙げられます。
初さんも前歯がなかなかチャーミングに描かれています。

これ、兎をそのまま漫画化したイラストでは意外と前歯は描かれないという点を考えると、まさに兎耳キャラとして擬人化した時にのみ、みられる特徴といえるのかもしれません。


有名兎キャラで前歯が目立つのはバッグス・バニーくらいかも、、、

二匹の労働の行き着く先は・・・! 意外な最終巻!!『ウサギ目社畜科』5巻

ブラック企業で働く真司郎の部屋に、ある日突然月から来襲した兎耳娘型宇宙人(?)「ふわみ」と「もふこ」。

忙しい社長(=真司郎)のお世話をする!と張り切るふわみ&もふこですが、「働かないと死んでしまう」レベルに仕事中毒な二人(二匹?)は、無理矢理労働しようとして問題行動ばかり起こします。

しかしそのハチャメチャな働きぶりが、なぜか月に評価されて、月に戻る(再雇用される)ことになった月兎二匹の運命は・・・!

近年の癒し系ケモミミ作品を超越し、労働の喜びを脳裏に刻み込む!
新感覚ゆるふわブラック漫画『ウサギ目社畜科』の最終巻5巻が6月19日より発売中!
いつも通りのふわみともふこの日々で笑えるのですが、最終話とその直前の一話で「おお!」と思わされてしまいました。

本当に予想外の展開なので、ぜひ前情報なしで読むことをおススメします!

 ※ ※ ※

『ウサギ目社畜科』は終わってしまいましたが、藤沢カミヤ氏の次回作もケモミミっ娘が主役みたいなので、期待大ですね~
ケモミミがお好きなんですかね、やっぱり。
単行本になったらまた感想書きたいです。

 ※ ※ ※

今回気になった描写。
57話の扉絵、カジノの場面なんですが、ふわみともふこがバニーガールじゃないことに意外性を感じたり。
photo_1663























『ウサギ目社畜科』5巻P3(藤沢カミヤ/集英社)


ウサ耳でカジノなんだからバニーガールの格好を・・・とつい考えてしまいがちなのですが、ウサ耳だからこそあえてバニーガールの格好をさせない、という方向性もあるのかなと思ったり。

《問題児シリーズ》の黒ウサギも、明らかにカジノの雰囲気を漂わせているけど、バニーガールではなかったりするし(ディーラー役のイメージ)。


萌え ブログランキングへ

尻尾の数が多い方がえらい?『バケモノ係!』2巻

生き物係の鳴(なる)が世話することになったのは・・・本物のバケモノ!?

なぜか学校の飼育小屋で暮らす兎の神様(自称)に気に入られてしまった、生き物大好き女子の日々を描く『バケモノ係!』の2巻目が6月1日より発売中です!
小学校5年生の小道 鳴(こみち なる)は学校の生き物係。
彼女にはある秘密があります。
それは・・・学校の飼育小屋でバケモノ兎を飼っていること!

元は土地の守り神であったという、バケモノ兎こと黒兎(くろと)は、自分を軽視する学校の人間に腹を立て、学校を破壊しようとしていたのですが、、、

鳴が「自分の嫁になる」ことを条件に、黒兎は学校を破壊しないと約束しました。

盛んにプロポーズしてくる黒兎を、(学校を守るために)これまであいまいな返事でかわしていた鳴でしたが、黒兎のアプローチはさらにエスカレートし、ついにはデートすることになってしまいます。

デート当日、思った以上に現代の男の子らしい姿で現れた黒兎に、鳴は予想外にドキドキする状況に陥りますが・・・!

※ ※ ※

今回も生き物の絡んだ怪談を、鳴と黒兎が解決していきます。
いかにも妖怪バトルになりそうなのに、決してバトルにならないところが、やはり特徴的な作品です。

黒兎のライバルとなる新キャラ・赤蛇(あかじゃ)も登場して、ラブコメとしても話が膨らんできました。

黒兎と赤蛇の関係、よく考えてみると、蛇と兎は補食関係だから動物的にも敵対しているんですね、、、

※ ※ ※

第8話にて、神様としての力が強かった頃の、過去の黒兎の姿が見られます。
過去の黒兎は三本の尻尾を持つことがはっきりわかるのですが、実は現在の「力の弱い」黒兎も一応三本尻尾なんですよね。

三本というか、三本に分かれかけているといった方が良いかもしれませんが。
photo_1653























『バケモノ係!』2巻P106(中嶋ゆか/小学館)


動物霊は尻尾の数が多い方が強い、という昔からの言い伝えがあります。
尻尾二本の猫又よりも九尾狐の方が強い、という力関係はゲームや漫画で時々描かれますね。


尻尾数がオーバーフローして千本くらいになるケモノもいるみたいですが。
戦国妖狐 16巻 (コミックブレイド)
水上悟志
マッグガーデン
2018-11-05


猫耳や狐耳は複数尻尾のキャラをよく見かけますが、兎耳で複数尻尾の黒兎は、かなり珍しい存在といえます。



萌え ブログランキングへ

新たな月兎の来襲!すべてが「ろうどう」になる・・・。『ウサギ目社畜科』4巻

ブラック企業で働く真司郎の部屋に、ある日突然、月からやってきた兎耳娘型宇宙人(?)「ふわみ」と「もふこ」。

忙しい社長(=真司郎)のお世話をする!と張り切るふわみ&もふこですが、「働かないと死んでしまう」レベルに仕事中毒な二人(二匹?)は、無理矢理労働しようとして問題行動ばかり起こします。

ふわみ&もふこの暴走する労働意欲を消費するために、真司郎は適当な「仕事」を考えなければならず、疲れた体にさらなる疲労を重ねることに。

最近は二人を誰かに引き取ってもらおうと画策する真司郎ですが、そうこうしている間に新たな月兎が彼の元にやってきます・・・!

近年の癒し系ケモミミ作品にNOを突き付け、労働の喜びを布教する!
新感覚ゆるふわブラック漫画『ウサギ目社畜科』の4巻目が11月19日より発売中!
今回は新キャラの「らぱな」が登場します。

ふわみ&もふこと同じく、月世界からリストラされて地球に落下してきたのですが、彼女、どうやら他の月兎とはかなり違った特徴が・・・!

ふわみ&もふこにはとてつもないショックみたいですが、真司郎からすると「面倒くさいのが一匹増えた」だけで、厄介さ加減は(働きすぎの)ふわみ&もふこもあまり変わらないというのが、皮肉が効きまくっていて素晴らしいのです。

 ※ ※ ※

今回気になった描写。
らぱなは真司郎に可愛がられようとして、犬や猫などの動物コスプレをするのですが・・・。
らぱなのウサ耳はそのままなので、ケモミミキャラがさらに付け耳を付ける、いわゆる「ケモミミツインドライブ」状態になってます。
photo_1510













『ウサギ目社畜科』4巻P138(藤沢カミヤ/集英社)


ケモミミツインドライブの組み合わせは、基本的に「ウサ耳」+「猫or犬or狐耳」なるようですね。
『ソードアート・オンライン ガールズ・オプス』で、猫耳シリカがウサ耳コスプレをした時もそうでしたし。

単純にウサ耳と他の獣耳は、耳の位置が干渉しないから、ということなんでしょうけど・・・。



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント
RSS