ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐耳

お嫁ちゃんGPSにおまかせ!『狐のお嫁ちゃん』5巻

お嫁さんは化け狐(約330歳)なのです!

経験豊富そうだけど好奇心はまだまだ旺盛!な狐嫁とのラブラブ結婚生活を描く、『狐のお嫁ちゃん』5巻(電子版)が11月15日より発売中です!

地域の文化資料館で学芸員をしている青年「ぬしさま」と、化け狐「お嫁ちゃん」は新婚夫婦。

養育費の不安解消のために始めたお嫁ちゃんの猟師活動もひと段落し、あらためてぬしさまとイチャイチャする新婚生活が始まります。

そんな中、二人の住むマンションの隣に怪しげな女性が引っ越してきました。
どうやらぬしさまと浅からぬ面識があるようで・・・!

新たな波乱の匂いがする第五巻です!

※ ※ ※

今回はお嫁ちゃんの狩猟活動が生活の一部となりつつある様子が描かれます。
通常の狩りだけでなく、射撃大会の話や、害獣駆除の依頼に悩むお嫁ちゃんといった、猟師活動の別の側面についても描かれ、狩猟漫画としての深みも増しています。

あと第三十四話でさらっと描かれていますが、実はお嫁ちゃんとぬしさまの「夜の営み」が直接的に示唆される場面が出てくるのって、今回が初めてなのでは、、、

とにかく本作のファンなら見逃せない場面ばかりの第五巻です!
(全ケモ・半ケモのお嫁ちゃんとか、バニーガール新芽ちゃんあたりも見所!)

※ ※ ※

今回、気になった描写。
山にキャンプに来たぬしさまとお嫁ちゃん。異界の濃霧に包まれてすわ遭難か!?というところで、お嫁ちゃんの狐の力で脱出しようとします。
ここで出てくるのが、お嫁ちゃんの「磁覚」という感覚。
photo_1524


















『狐のお嫁ちゃん』5巻P136(Batta/eBookJapan Plus)


狐耳キャラに「地磁気」を感じる力があると設定された作品のはしりは『けものフレンズ』ですが、本作にも適用されているのはなかなか興味深い・・・。

『ねこむすめ道草日記』でも見られた、「ケモミミキャラクターに実際の動物の特徴をより色濃く盛り込むという2010年代の傾向が、妖怪系ケモミミ娘の描写にも影響を与えている」好例ともいえそうです。

こういった「磁覚」設定を持つ狐耳キャラは、90年代やゼロ年代にはいないはず・・・と思っているんですが、どうでしょうか~
なぜなら、哺乳類の磁気感知能力に関する論文がネットで話題になり始めたのが2010年代なので、、、

 

萌え ブログランキングへ

仮面の狐っ娘という姿が独特だよね。『生活魔術師達、世界樹に挑む』

魔術に関するエリートを輩出するエムロード王立魔術学院における一番の不人気学科「雑用科」・・・ならぬ「生活魔術科」。
でも実は、学園でもトップクラスの実力者たちが集う、恐るべき集団なのでした!

そんな生活魔術師達が、今回は世界樹の謎に挑みます!

人気の魔法学園小説《生活魔術師》シリーズの第四弾!
『生活魔術師師達、世界樹に挑む』が9月13日より発売中です!
それまで不人気だった「生活魔術科」ですが、所属する三人の生徒の驚くべき活躍により、近頃はその名を馳せるようになってきました。

七文字で表現できるものなら、どんな効果でも実現できる「七つ言葉(セブン・ワード)」の使い手の不良学生ケニー・ド・ラック。

使い魔の生成に関する事ならなんでもお任せの、生活魔術科のムードメーカー、リオン・スターク。

レア能力「時空魔術」の習得者、東方出身の強気な仮面の狐っ娘ソーコ・イナバ。

潰れかけていた生活魔術科を支えるべく奮闘してきた三人ですが、ここにきて、人気学科「戦闘魔術科」への移籍の話が持ち上がります。

それまでさんざん馬鹿にされてきた上に、戦闘に全く興味がない三人は、移籍話を華麗に蹴って、百年に一度の開花を迎えて、かつてない盛り上がりを見せる「世界樹」へと向かうことになりますが・・・!

※ ※ ※

ファンタジー&学園モノという組み合わせが好きな人には、かなりオススメできるシリーズです。
いわゆる魔法学園モノって某ハリーポッターも含めて一大ジャンルが作れるくらい作品数があると思うのですが、あまりジャンルとして語られないですよね。
まとまった評論みたいなのを読んでみたいところ。

本作、魔術に関する世界の価値観が、『若者の黒魔法離れ~』と逆なのが面白いなあと思ったり。
『若者の黒魔法離れ~』の世界は平和で安定しているので攻撃魔法の使い道が無くなっているのですが、本作《生活魔術師》だと危険な魔物が多い世界なので、攻撃魔法の需要が多くなっているわけですね。

本作随一のケモミミヒロイン、ソーコ・イナバは、今回もツンツンぶりに磨きがかかっています。
仮面の狐っ娘という姿がやはり独特なんですよね。

過去に「仮面属性と結びつくのは狐耳だけ」という仮説を立てたことがありますが、このあたりきちんと精査してみたいところです。



萌え ブログランキングへ

もふもふ温泉回ですよ!『世話やきキツネの仙狐さん』5巻

疲れた男のもとにやってくる、モフモフとツヤツヤの暴力×3!

アニメ後も進撃中の癒し系狐耳漫画『世話やきキツネの仙狐さん』の単行本5巻目が10月10日より発売中です!
今回、たびたび自身から発する黒いもや(邪念?)のせいで、中野は腕を骨折する大けがを負ってしまいます。
会社を長期で休むことに罪悪感を覚えている中野を仙狐さんは慰めつつ、療養を兼ねて狐の秘湯に行こうと誘いをかけるのですが・・・いつものようにシロもついてきて、静養のはずがわりと騒がしい旅行に。

狐の秘湯で中野が見ることになるものとは・・・!?

※ ※ ※

雰囲気はノスタルジックというか「おばあちゃん感」がある作品なのですが、今回の5巻ではバイノーラル録音CD付きの特装版が出ていたり、VRモデルが発売されたりと、わりと漫画界の最先端を行っている「現代っ狐」な作品です。
物語自体は少しずつ核心に触れつつも、まだ真相は明らかにされないといった感じ。
・・・というか、これ、中野会社辞めちゃうんじゃないかなあという予感がふつふつとしてくるんですよね。
同じようなシチュエーションにある『メイドラゴン』の小林と比べると、中野はあまり今の仕事に拘ってる様子がないので、余計にそう感じてしまう。
今後の展開に要注目ですね!

※ ※ ※

今回気になったコマ。
狐の秘湯に浸かりすぎた高円寺さんと中野の髪が狐耳になりかけている。
photo_1490





















『世話やきキツネの仙狐さん』5巻P130(リムコロ/角川書店)


髪の毛を獣耳に変化させているキャラとしては『戦国妖狐』のたまや、『あやかさんは駄メギツネ』のあやかといったキャラがおり、このパターンは狐であることが多い(猫耳犬耳兎耳ではあまり見ない)印象があります。
化け狐の場合、「本当は完全に狐耳を無くすことができるけど、わざと隠していない」ことが多いから、「髪の毛が狐になりかけている」みたいな表現になるのかなと思ったりします。

キツネミミアニメの感想。『アズールレーン』第01話

モフモフとツヤツヤの暴力!・・・じゃないはずなんですが、思っていた以上にキツネキツネしたアニメでした。

●第01話 【起動】海を駆ける少女たち
たぶん元ゲームやっていた誰もが驚いた、巨大もふもふキツネさんの登場。
ケモミミ&ケモノ好きの人にはわりと刺さるモノがあったのではないでしょうか。

重桜勢との戦闘は、毎回巨大ケモノ怪獣出すみたいな方針でやってもらえると面白いんだけどなあ。
軍艦vsケモノ!みたいな感じで。

※ ※ ※

キツネミミ二人の赤城と加賀は悪の幹部っぽさがあって素敵な感じでした。
一見破滅的で病んでいる風なのは赤城なんですが、冷静で生真面目に見える加賀の方が真の狂気を秘めている、という描き分けが凄く良いです。

話はまだまだこれからといった感じなので、二人がこれからどういう役回りを演じるのか楽しみですね!

※ ※ ※

最近は超巨大テーマパークの保安調査活動に忙しくて、あまりアズールレーンの海域に行けていないのですが、アニメを見ると久々に少しやってみようかなあという気になります。

私的には、アニメは夕張が出てくれたら、それで100点満点なのですよ、、、

狐と狸と女子高生の戦いの結末・・・!『放課後アサルト×ガールズ』8巻

狐型宇宙人(?)vs狸型宇宙人(?)の戦争に巻き込まれてしまった福岡県立織峰高等学校の女子生徒たち。
現代戦の戦場を模したFPSゲームのような異世界で、謎のゾンビ兵士との戦闘を繰り広げながら、元の世界へ帰るための手段を探し続けてきました。

ようやく元の世界に戻れる算段がついたと思った矢先、敵の攻撃から仲間をかばったアヤコがかりそめの命を使い切って「本当に」死んでしまいますが・・・。
それが、予想だにしない展開を生むことになります!

銃と狐と魔法少女!が織りなす新感覚ミリタリー・SFファンタジー『放課後アサルト×ガールズ』。
堂々の完結編8巻が9月11日より発売中です!

捕虜にされたクラスメートたちを救うために、「イズナ」のレンジャー部隊とともに敵収容所へ侵入した、仲良し女子高生四人組――突撃兵のアヤコ、工兵のハルカ、偵察兵のマチ、衛生兵のキヨミ――と、狐耳のイズナ陸軍中尉・諏訪原サキ。

収容所内での乱戦の末、ついに「死んでしまった」アヤコですが、「死後の世界」・・・もとい、狐と狸の戦場とは違う次元で、アヤコはこの戦場の真のカラクリを知ることになります。

そして、友達が苦戦している姿を見たアヤコは、再び危険な戦場に舞い戻る決意をしますが・・・!

※ ※ ※

FPSゲームのような不思議な世界観が魅力だったこの作品も、ついに完結です!

実はゲーム的な描写は「非殺傷兵器」の究極の形を追求しているのかな?と思わせる描写もあり、そのあたりのミリタリー分野に興味がある人はぜひ一読をおススメします。

もちろん狐耳娘や女子高生に興味がある人にもオススメです!

※ ※ ※

1~6巻までは仲良し女子高生四人組の個々人の背景が深く描かれていましたが、この最終巻では狐耳のイズナ人・サキとシマ中佐の生き方にスポットが当てられています。

戦争全体の話は他人事のようにあっさりと終わらせて、戦場の兵士の個人的な事情を深く描いていくところは、(狐耳娘というイロモノを扱いつつも)戦争漫画の王道を進んでいると思いますね。
放課後アサルト×ガールズ(2) (メテオCOMICS)
高田慎一郎
フレックスコミックス
2016-09-13

放課後アサルト×ガールズ(6) (メテオCOMICS)
高田慎一郎
フレックスコミックス
2018-09-12


記事検索
最新コメント
RSS