ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐耳

ロリババァ狐娘大家さんですよ!『ヒトでなしに振り回される童貞。とてもつらい』1巻

古いアパートに住む売れない漫画家(童貞)の周りには、なぜか(変な)人外種族の女性ばかり住んでいるのです!

ちょこっと下ネタな人外ギャグ漫画『ヒトでなしに振り回される童貞。とてもつらい』の初単行本が7月31日より発売中です!
古いアパートに住む、売れない漫画家(童貞)の主人公。
ある日、彼の部屋の隣に美人(巨乳)のエルフさんが引っ越してきました。

想定以上に親切にされたことで、期待に胸やその他諸々を膨らませる主人公ですが、エルフさんが既婚者だと知って大いにガッカリ・・・。

しかし、エルフさんとのご近所づきあいをきっかけにして、今まで全くコミュニケーションをとっていなかったアパートの他の住人との付き合いが始まります。

これまで主人公は知らなかったのですが、実は、このアパートの住人のほとんどが人外女性だったのです!

これは色々なことが期待できると、あらためて息を荒くする主人公ですが、、、

※ ※ ※

変な日本語でしゃべる、毎日お盛んなエルフの若奥さんをはじめとして、かなり変な性格の美女&美少女が多数登場する作品です。

夢の中でだけナイスバディな貧乳サキュバスとか、えっちなことに抵抗がありすぎて逆にえっちな感じになっているエルフさんの娘さんとか、バイト代を身体で払おうとする鬼女の店長とか、全般的にえっち&下ネタなギャグで貫かれている人外漫画になっています。

※ ※ ※

ケモミミキャラとしては、「こっくりさん」の化身であるらしいロリババァ狐の大家さんが登場します。
やや酒癖が悪いですが、本作の登場キャラの中ではわりと常識人といったタイプです。
photo_1253




















『ヒトでなしに振り回される童貞。とてもつらい』1巻P83(とく村長/株式会社キルタイムコミュニケーション)


「ロリババァ」を自称しているので、口調だけの「のじゃロリ」では無く、実年齢も相当に経ている狐なのだと思われますが、面白いのが服装が大人らしくないゴスロリになっている点。

格好がこんなにロリなのに、仕草はババァっぽい(あぐらをかいたりする)というアンバランス感が魅力的なキャラになっています。

1巻では登場シーン少なめなので、今後の活躍に期待です!

狐耳メイドに、現代っ狐(こ)も出るよ!『世話やきキツネの仙狐さん』2巻

疲れた男のもとにやってくる、モフモフとツヤツヤの暴力×2!

新感覚・癒し系狐耳漫画『世話やきキツネの仙狐さん』の単行本2巻目が8月10日より発売中です!
相変わらずブラックな職場で働き続ける独身男・中野。
しかし、見た目・狐耳コスプレ幼女、実年齢800歳の神使・仙狐さんがやってきたおかげで、だいぶ生活に潤いが生まれるようになってきました。

最近は仙狐さんの知り合いであるらしい若い狐・シロも部屋にやってくるようになって、耳&尻尾のモフモフが倍増し、ブラック労働で擦り切れた中野の心にも少しずつ変化があらわれてきますが・・・!

※ ※ ※

今回も「おばあちゃん」感のある狐娘にたっぷり甘やかしてもらうお話が満載です!
シチュエーションそのものはエッチな漫画でお馴染みのモノも多いのですが、とことん「癒し」の側にゲージを振り切っていて、独特な雰囲気をつくり出すことに成功しています。

シロと仙狐さんの頭を同時にナデナデしているシーンの幸福感とか、本当に「読む栄養剤」レベルの薬効があると思いますよ!

※ ※ ※

第14尾(14話)にて、仙狐さんは隣に住む女子大生漫画家・高円寺安子にメイド服を着せられるのですが、それに関連して単行本の扉絵もメイド姿になっています。
photo_1249























『世話やきキツネの仙狐さん』2巻P2(リムコロ/角川書店)


「狐耳メイド」というジャンルについて。
商業作品では『東京レイヴンズEX3』といった作品でみられますが、ケモミミメイドの主流である「猫耳メイド」とは違って、「服装は洋風でも運んでいる料理は和風」というパターンが多いです。
やっぱり狐耳には東洋のイメージが強く付与されているのですかね。

ケモミミメイドは猫・狐以外に「牛」「狼」の例もそれなりにあるので、それぞれの属性の特徴を分析してみると面白いかも。

ついに公式漫画化ですよ!!『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん~一緒に働くのじゃー!編~』

Vtuberブームの先駆けとなった、ねこます氏こと『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん』の初公式コミックアンソロジー『一緒に働くのじゃー!編』が8月9日より発売中です!
『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん』のアバター「みここ」はすで商業漫画(『紅殻のパンドラ』)に登場していますが、彼女(彼?)メインの作品集は今回が初めてになりますね。

カバーイラストの梧桐柾木氏をはじめ、実力派の漫画家が勢ぞろいしている豪華アンソロジーですが、中でも『狐のお嫁ちゃん』のBatta氏、『ワールドウィッチーズ』のななてる氏といったケモミミ漫画に定評のある作家さんが参加されている所に注目です。
収録作の傾向としては世知辛いバイトネタが1/3、Vtuberネタが1/3、そしていずれにも分類できないニューエイジな作品群・・・『制限君主制は世知辛いのじゃ~』(作・西出ケンゴロー氏)、『ちょっと異世界を救ってくるのじゃー』(作・こう1氏)、『誕生、スーパーのじゃロリおじさん』(作・ななてる氏)、『のじゃより』(作・特急みかん氏)、『フルVRけもみみ美少女ワキにぎりおじさん喫茶店』(作・俺太郎氏)といった作品が1/3といった構成になっています。

個人的に『フルVRけもみみ美少女ワキにぎりおじさん喫茶店』はサイバーパンク物の枠に入れてもいいんじゃないかと思うくらい切ないSF感のある作品でお気に入り。

※ ※ ※

今回気になった描写。
みかん氏の『もし新人ちゃんがいたら』より。

マナーの悪い女子学生に注意するバイト狐娘おじさんのシーンで、女子学生から「猫耳」扱いされています。
photo_1246





















『バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん~一緒に働くのじゃー!編~』P28(みかん氏・ねこみみマスター/KADOKAWA)


『このはな綺譚』でも狐っ娘の柚が猫娘扱いされるシーンがありましたが、ケモミミ付いてる娘をとりあえず「猫耳娘」扱いする、というのは「ケモミミの種類なんてどうでもいいと考えているテキトーな人物」を表現するのに巧く使える描写といえそうですね。

最終決戦なのに狐嫁がいない?! 元落ちこぼれ貴族ヴィレムの運命を描く完結巻!『転生魔術師の英雄譚』6巻

魔法が使えない“落ちこぼれ”貴族だった少年ヴィレムは、太古の大魔術師の力に目覚めたことで「魔導伯」と呼ばれるほどの一大領主へと成長しました。

しかし、功成り名を遂げた彼に、史上かつてない規模の戦乱と、彼と同じく大魔術師の記憶を継承した者の悪意が襲い掛かります!

様々な困難を幼馴染の狐娘・クレセンシアと二人三脚で乗り越えてきたヴィレムですが、強敵との戦いを前に、彼女と離ればなれになってしまうことに――

『小説家になろう』発の本格ファンタジー『転生魔術師の英雄譚』もついに完結!
最後の6巻目が7月31日より発売中です!
大国・デュフォー帝国の皇帝、およびヴィレムの属するノールズ王国の王の崩御をきっかけとして勃発した大戦乱。

後継者争いによる内乱、帝国諸侯の謀反、周辺異民族の侵攻という内憂外患の極みを、古代の「聖域」から見定めようとするヴィレムと新鋭魔術師団を中心とした仲間たち。

しかし彼らにも、太古の大魔術師レムのもう一人の転生体――ヴィレムと記憶と力を分けた人物――オーレム・オーデンの軍勢が迫ります!

愛しの人にして頼れるパートナー・狐娘クレセンシアのいない状況で、ヴィレムは大魔術師の“完全な”転生者を自称するオーレムの魔力の猛威に曝されることになりますが・・・!

※ ※ ※

Web版とは完全な別展開となっている最終章です!

佐竹アキノリ氏の作品は別シリーズ『逆成長チートで世界最強』もそうなのですが、チート的な能力を手に入れた主人公は序盤こそその能力で大きく成長するけれど、ある段階で壁にぶつかるというか、より強大な存在が出現して太刀打ちできない、という描き方がされることが多いですね。
逆成長チートで世界最強 2 (ヒーロー文庫)
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2017-07-31


自分より強い存在を打ち破るための「何か」が何なのかが、各作品の肝になっている印象です。
『逆成長チート・・・』はまだ結論がでていないですが、本作『転生魔術師の英雄譚』は親友マーロと従者狐ラウハといったヴィレムの仲間たちが、強敵を打ち破るための「何か」の役を担っていると感じます。

個人的にはマーロとラウハのペア(カップル?)がかなり良いキャラをしていると思うのですよ。最後の最後までお気に入り。

※ ※ ※

物語の内容とは全然離れた話なのですが、(動物の)狐の鳴き声が「こゃーん」と表現されていることに要チェックです。

本作は、近年の狐耳作品における「狐はコーン!とは鳴かない」(例:『きつねとパンケーキ』)の傾向が見られる、「小説」の代表例になります。


実際の狐の鳴き声を聞いた感じだと、やっぱりどこかに「Aaaaa!」の音が入る方が、本物の狐っぽい感じがしますね。



萌え ブログランキングへ

妖狐のお姉ちゃんと必殺技の練習をすることになった件。『奇異太郎少年の妖怪絵日記』10巻

様々な妖怪を無理矢理に退治(?)してきたことで、妖怪の世界で名が知られてきた霊感少年・奇異太郎と、そんな彼をぶっ飛ばすことのできる数少ない妖怪――座敷童女・すずの日常を日記形式でつづった人気WEBコミック『奇異太郎少年の妖怪絵日記』、記念すべき二桁巻の単行本10巻が7月27日より発売中です!
もともとややマイナーな妖怪が大勢活躍していた作品ですが、10巻になると本当にどマイナーな妖怪が登場するようになっています。

「一目連」や「野槌」はまだ他作品でも出てくることがありますが、「馬の足」「タテクリカエシ」あたりは本作以外では水木作品くらいしか登場例がないのでは?

あと、10巻は第百十四話『閑話・黄金色の双刻』と第百二十話『閑話・百物語を紡ぐ者』の二つの話がどことなく最終回を予感させる内容なのでかなり気になってしまいます。
作者あとがきによるとまだまだ物語は続くようなので、いまのところ安心なのですが、、、

※ ※ ※

今回、久々に妖狐お姉ちゃんが表紙に出ていますが、第百十四話『閑話・黄金色の双刻』は妖狐お姉ちゃんと奇異太郎のバトルの総決算というべき内容になっています。10巻の中では一番長い話。

話の中で流れている日数も長い話なので、妖狐お姉ちゃんの髪型が途中で変わっていたりする(後ろで結んでいる)のも注目ポイントです。
photo_1230






















『奇異太郎少年の妖怪絵日記』10巻P96(影山理一/マイクロマガジン社)


ケモミミ漫画に限らないのですが、キャラクターの髪型にバリエーションのある作品は少数派なので、髪型が時々変わるキャラクターは「お洒落さん」のイメージがつきますね。
妖狐お姉ちゃんはわりとそのあたりに気を遣っていそうなので、イメージに合っている気がします。
(今回は奇異太郎との修行中に髪が邪魔になる=傷むのを気にしたんでしょうね)



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント