ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐耳

狐耳アニメの感想『けものフレンズ』第9話

チホー民なのでリアルタイムで見られないのがつらい、、、

●『けものフレンズ』第9話・・・「ゆきやまちほー」


アプリ版のプレイヤーには「おお」と思わされる演出が多い回でしたね!

キタキツネの遊んでいるゲームの音楽がアプリ版の起動画面の音楽と同じだったり。

ラッキービーストに録音?されている音声が、やっぱりミライさんの声であることが判明したり。

あと、アプリ版第5章のツッコミポイントだった「服を着たまま温泉に入ってる」というのを、まさか本当に画にしてみせるとは思ってませんでした!
(※アプリ版は単に服を脱いだ差分イラストまで用意できなかっただけなんだろうけど)
個人的にあのシーンが一番ツボだったよー

※ ※ ※

ラッキービーストの録音音声?でミライさんに呼びかける声がアプリ版サーバルかもしれないと分かって、居ても立っても居られないくらい心をかき乱されたり。

第8話でフレンズは世代交代しているらしいことが分かっているので、やっぱり今のサーバルとは別のサーバル・・・アプリ版のサーバルもいたのかな。

ということは、やっぱりこういうことなのか・・・。

※ ※ ※

アニメのキタキツネは駄々っ子っぽくなっててカワイイ。

でも実は、私はキタキツネ&ギンギツネは漫画版が一番好きだったり
姉妹っぽいアニメ版とは違って、友達同士っぽくて仲良さそうでカワイイ。



 萌え ブログランキングへ

【腹黒子ギツネ】じゃなくて、狐っ娘はちゃんと可愛いよ!『俺の部屋ごと異世界へ!ネットとAmozonの力で無双する』1巻

会社を辞めてネット三昧の自堕落な生活をしている主人公。
こういう物語の例のごとくファンタジーな異世界に召喚されるわけですが、主人公はそもそもインターネットのある現代社会の便利さに骨の髄までどっぷり浸かっているので、文明レベル江戸時代以下の不便なファンタジー世界に憧れなんて一切持ってません。
そこで、主人公を召喚した女神様はネット環境も含めた『部屋ごと』主人公を異世界に転移させるわけですが・・・!

可愛いキツネ娘がナビゲートする異世界実況ファンタジー『俺の部屋ごと異世界へ!ネットとAmozonの力で無双する』が2月26日より発売中です!

霧野ユウは激務で身体と精神をやられて退職し、そのまま5年間ニート生活を続けています。
そろそろ貯金も底を尽きつつありますが、あまりやる気が出てきません。

そんなある日、彼は例のごとく異世界の女神様に召喚されます。
女神様が言うには、ユウは無限の魔力を持つ究極の存在なのだが、ユウの住む地球には魔法が無いためその魔力が全く意味のない状態になっているということ。
魔法のある異世界に来てくれれば、その魔力で世界を救う英雄になれるだろうとのこと。

しかし、ユウは異世界が江戸時代以下の文明レベルであると聞いて、行くのを渋ります。冷暖房、ネット、家電、通販の四点セットが無いような不便極まりない場所では生きていけない、と。

すると、女神様は異世界召喚の特典として「ユウの部屋」ごと転移してくれると、ぶっ飛んだ提案をしてくれます。しかも、現代世界とのネット環境や通販受け取り環境まで維持したまま!

このとてつもなく至れり尽くせりな条件で異世界転移を果たしたユウ。
それだけで飽き足らず、ユウは女神様が遣わした眷属の狐娘マユキを看板娘にして、異世界召喚の状況を動画サイトで実況するという、とんでもないことを始めてしまいますが・・・!

果たしてこの現代社会に染まり切ったユウが、異世界を救うことができるのか??

※ ※ ※

現代技術で無双するタイプのネタでありながら、なかなか絶妙な制限がかかっているのが面白い作品です。
まず、持ち込める現代技術は「通販サイトAmozonで買えるもの」に限られている関係で、本物の現代兵器を買うことはできないこと。
なので、武器として入手できる物は意外と異世界と変わりなかったりして(斧とかナイフとか)、日用品やサバイバル・サバゲ―用品を武器として使えないか考える必要があります。

あと、異世界のお金をAmozonで使えるわけではないので、「Amozonでは貯金残高の50万円以内でしか購入できない」ということ。
やたら高価な道具を大量に購入することはできず、物量で無双するわけにもいかないという点です。
(追加資金はとりあえず動画配信で稼ぐという、これまた微妙な収入源を頼ることになる)

さらに、主人公のユウは長年ニート生活をしていたせいで、まともに冒険する体力も無い、というおまけつき。

ユウの旅する異世界についても「料理が美味しくない(農業・畜産が発達していないため素材が悪い)」という、あまりロマンチックでない一面が出てきたりして、全体的に現実的なネタで攻めるユーモア・ファンタジーとなっています。

※ ※ ※

ケモミミ娘としては、女神様の眷属であり、主人公を手伝うために遣わされた狐娘マユキが登場します。
あまりユウのことを好きでは無いようで、最初はユウに尻尾や耳に触られるのをひどく嫌がっていましたが、中盤くらいからはわりとよく撫でられて気持ちよさそうにしています。

動物のキツネの姿になることもできて(むしろこちらが本性)、その時の描写もなかなかカワイイ!のでオススメです。

キャラデザ的には、片目が隠れた髪型になっているのが特徴ですね。
本作のイラストを担当された冬空実氏は『サラリーマン中二病』でもクールな猫耳娘を描かれていたり、獣耳の描き方講座をされていたりと、ケモミミ描きに定評のある方です。


本作のマユキのような、ややツン気味のケモミミ娘の表現が素晴らしいです!



萌え ブログランキングへ

アナログゲーム紹介漫画ですがケモミミ漫画としても秀逸です!『チェックめいと! 魔王さん、手番ですよ!』1巻

「どうだね勇者よ・・・我と共に世界の・・・・・・アナログゲームで遊ぼう!!」

アナログゲームが大好きだけど対戦相手がいなくて寂しいお子様魔王と、戦闘力は高いけどかなりおバカな勇者による最終決戦が、ゲーム盤の上で繰り広げられます!
『チェックめいと! 魔王さん手番ですよ!』の1巻目が2月10日より発売中です!

王国歴78年。
強大な闇の軍勢を引き連れた魔王は、瞬く間に王国の領土を侵食し、ついには王国の姫君までさらって行ってしまいました。
誰もが魔王の恐怖におののく中、一人の若者が立ち上がり、魔王の軍勢を次々と討ち果たしていきます。

勇敢な若者――「勇者」は戦いの末に魔王城の最深部にたどり着き、ついに魔王と対峙するわけですが・・・・・・その魔王は、獣の耳と狐のような尻尾の生えた、見るからに「お子様」といった姿をしていました!!

しかも、魔王は勇者と戦闘する気は全く無いようで、「一緒に世界のアナログゲームで遊ぼう!」などと言ってきます。

「俺は絶対そんなものはやらねえ!!」と勇者が拒絶すると、魔王は大泣きし、同時に魔王の力で巨大隕石が落下し始め、世界が破滅寸前に陥ります!

勇者は、世界破滅の危機を防ぐため、しぶしぶ魔王とアナログゲームで遊ぶことになりますが・・・・・・。

※ ※ ※

映画ネタ漫画『EとT。』にひきつづき、今度は実在のアナログゲームネタを使った漫画です。


ドイツ・子供ゲーム大賞受賞作『お姫様を助けるのは誰だ』みたいなボードゲームの他に、『ジェンガ』のようなパーティーゲームや、『対戦ソリティア(スパイト&マリス)』のような一般的なトランプを使ったゲームまで、様々なゲームが詳しく紹介されます。


ルール説明やそれぞれのゲームで必要となる戦略の説明にかなりコマを割いていて、アナログゲームも楽しそう!やってみたい!という気持ちにさせてくれます。

※ ※ ※

『EとT。』でもケモミミ娘が登場しましたが、本作もメインキャラ二人・・・魔王と、下僕の「蝙蝠猫」がケモミミだったりします。

魔王はおそらく狐の魔物なのでしょうが(お姫様に「キツネの分際で」とか「エキノコックス」とか罵らるので)、かなり面白いキャラデザで、髪の毛のテール部分8本(後ろの6本、サイドの2本)と尻尾1本を合わせることで「九尾の狐」になっています。
photo_862



『チェックめいと!』1巻P13(猫砂一平/小学館)








髪の毛をケモミミ娘の尻尾として表現するのは『マイアニマル』といった漫画でも行われていましたが、本作はさらに特徴的表現になっていると思います。

あと、蝙蝠猫にも面白い描写が。
全速力で逃げる時に両手(前足)と両足を同時に前後させる独特の動作をしていますが、これ、リアル猫が全力疾走する時と同じ動きなんですね。
こういう動きを見せてくれる猫娘は少ないので貴重なひとコマです。かわいい。
photo_863




『チェックめいと!』1巻P131(猫砂一平/小学館)










萌え ブログランキングへ

「でも狐貂は強いし負けないし」(by自称キツネ姫)『龍と狐のジャイアント・キリング』2巻

大国の侵略により危機に陥った平行世界の日本を救うべく、獄卒、雪女、烏天狗、そして狐娘の神霊たちが助太刀します!
人型機械兵器と妖怪が激突する一大戦記『龍と狐のジャイアント・キリング』の2巻目、『空飛ぶ機兵の大胆な墜とし方』が2月1日より発売中です!


共和国歴八八五年。
「日ノ本共和国」として統一された日本は、「帝国」と呼ばれる軍事大国(人名等が英語なのでおそらくはあの国・・・)の侵略にさらされています。

帝国は全長約八メートルの圧倒的戦闘力を誇る人型機械兵器「マイスアタッカー」を戦線に投入し、旧来の戦車や装甲車しか有しない共和国軍は敗北に敗北を重ねている状況。

そんな中、共和国防衛軍に所属する七舎龍一郎は古より日ノ本に住まう強大な種族「神霊種」の協力を得ることに成功します。

超力により鋼鉄すらひと捻りにする鬼の一族・黒座獄王(こくざのこくおう)や、ちんちくりんな自称「キツネの姫」・紅狐貂(くれないこてん)といった「神霊種」たちの活躍によって、反撃の糸口が見え始めた共和国軍。

しかし、1機で1個師団並みの戦力を有する超強力な機動兵器「超神話侵蝕(アーティファクト)」の出現により、共和国軍は再び危機に陥りますが・・・!

※ ※ ※

戦闘描写はかなり本格的に。
敵の新型兵器が出現したり、味方側にも「神霊種」以外の秘密兵器が出てきたりと、戦争の様相も複雑になってきました。

そして、本作屈指のキツネ耳ヒロイン・紅狐貂の描写が、さらにパワーアップしています。
2巻になってだいぶ性格がつかめてきました。「歯に衣着せぬ天然野生児」キャラなんですね。
「~なのだ!」みたいな喋り方も可愛い。

狐耳キャラは知性派が多い中、やや珍しいタイプの狐娘ではありますが、近年は『FGO』でもこういう天然野生風味な狐が出てきたりするので、狐の性格のバリエーションも増えてきているのかもしれません。




萌え ブログランキングへ

高三になった狐少年は料理人を目指す!?『よろず占い処 陰陽屋狐の子守歌』

新春恒例の新刊発売!
イケメン毒舌陰陽師・安部祥明と天然系キツネ耳高校生・瞬太が織りなす、人気のジュブナイル・ミステリノベルシリーズ第9弾が1月6日より発売中です!

●『呪われた学園の4月』
かなりしょっぱい成績ながらも、何とか三年生に進級できた瞬太。
ほっと一息つく瞬太に、早くも「進路」という重大な選択を迫られる場面が訪れます。
勉強が本当に嫌な瞬太は、進学せずに手に職をつけることを考え始めますが・・・色々と不器用な瞬太にとって、なかなか道は厳しいところ。
そんな中、「瞬太が呪いをかけて二年時の担任の井上先生を退職させた」という妙な噂が流れ始めるのですが・・・・・・。

●『黒猫のタンゴ』
陰陽屋にペットの猫探しの依頼が舞い込みます。
祥明とともに猫探しを始める瞬太ですが、化け狐ゆえに犬っぽい匂いがするのか、猫からはかなり警戒されるようで大苦戦!

●『乙女たちの騒乱』
文化祭に陰陽師アニメを出展したいということで、高校のパソコン部と漫研から取材を受ける陰陽屋。しかし、どうもアニメづくりが真の目的ではないようで、パソコン部と漫研がなぜ陰陽屋に注目しているのか、瞬太は探りを入れようとしますが・・・!

●『母をたずねて三万マイル』
梅雨が明けて夏が近づいてくるころ。ついに、瞬太の母親かもしれない人、と対面する機会が訪れます・・・!

※ ※ ※


物語が大きく動いていく9巻です。
今後の進路のことに、母親のことと、今までの慣れ親しんだ生活が終わりを告げる・・・変化していく兆しがそこかしこに見え始めています。
4つの話の内容も、それぞれ別の短編のようでありながら、様々な要素が絡み合う構成になっています。

※ ※ ※

狐耳作品として今回注目したのは、瞬太が料理人を目指すべく、玉ねぎを切る練習を始めた途端に、強烈なアレルギー反応のような症状を呈してしまうこと。

犬に玉ねぎは厳禁といわれますが、これって狐も同じ風になるんですかね?
(猫も玉ねぎダメだから、同じネコ目の狐もやっぱりダメなのかも)

単に瞬太が不器用だから玉ねぎ切り程度で酷いことになってしまった、という描写の可能性もありますが、「狐である」という要素がこの玉ねぎ描写に含まれているのだったら、なかなか面白いネタだと思います。




萌え ブログランキングへ

記事検索