ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐耳

狐娘の勇者と、村人の少年の物語。『逆成長チートで世界最強』1巻

世界中に魔物がはびこり、誰もが戦わなければならなくなった時代。
女神の加護によって戦闘力が決まってしまう世界で、勇者の力を得た幼馴染の狐娘と、村人にしかなれなかった少年の、過酷な戦いの記録が綴られます!

狐娘もいるWebファンタジー小説『逆成長チートで世界最強』の書籍版1巻が4月28日より発売中です!

魔王に率いられた魔物が人間の国を蹂躙するようになってから長い年月が経った頃。
少年フォンシエと狐獣人フィーリティアは、魔物の侵略を受け崩壊する都市アルマトから一緒に逃げ出して以来、ずっと共に助け合って生きてきました。

そんな二人も15歳になり、ついに女神マリスカから「加護」を与えられる時がきました。

女神の「加護」によって、人それぞれの魔物と戦うための力を授けてもらえるのが、この大陸の習わしなのでした。剣士の「加護」を得れば膂力が上がり、魔術師の「加護」を得れば魔力が増えるという感じです。

愛する人々を護るために戦いたいと思っていたフォンシエが得た「加護」は・・・・・・戦闘力の無い「村人」としてのクラスと「レベル上昇1/100」という意味不明な力(スキル)。

その一方で、フィーリティアは女神に真に選ばれし者である「勇者」の加護を得ていました。

勇者としての義務を果たすために本格的に戦いの道を行くことになったフィーリティアと、戦う道を閉ざされて道を見失ったフォンシエ。長い間一緒だった二人は別々の道を歩み始めます。

戦う能力が無くなったと思い込み失意に暮れるフォンシエ。しかし、実は意味不明だったスキルが、驚くべき潜在能力を秘めていたのです・・・!

※ ※ ※

女神マリスカによって大陸全土の人間の職業が15歳で固定されてしまうというやや理不尽な設定や、イラストを手掛けているのが『幼女戦記』の篠月しのぶ氏であることから、女神と対立するような話になるのかなと思ったんですが、公開されているWeb版を読んだかぎりでは、王道的な魔王との戦いがメインっぽいですね。

不利な出発点からひっくり返していく、というタイプの話ですので、『盾の勇者の成り上がり』といった作品が好きな人にオススメです。

Web版の第一章にあたる部分が収録されていますが、かなり展開が違ってますので、Web版を読んだ人も一読する価値があるかと思います。

※ ※ ※

『転生魔術師の英雄譚』『魔物と始める村づくり!』といった作品で狐娘ヒロインにこだわってきた佐竹アキノリ氏の作品だけあって、今回もヒロインは狐娘です。
転生魔術師の英雄譚 2 (ヒーロー文庫)
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2017-02-27




ただ、他の作品が狐娘ヒロインとイチャラブする場面が多いのに対して、本作『逆成長チート~』は全体的にシリアス。フィーリティアとも一旦離れ離れになったりと、他作品と少し雰囲気が異なっている点に注目です。



萌え ブログランキングへ

見田竜介氏の80年代狐耳娘。~『月刊PCエンジン』1989年11月号「PC小町倶楽部」

見田竜介氏は過去から現在にいたるまで同系統の絵柄のクリエイターが存在しない、といえるほど独特の美少女絵を描かれる方。
また、今ようやくメイドラゴンやFGOで一大ジャンルを築きつつある「竜娘」ジャンルの先駆となる、『ドラゴンハーフ』を描いた方でもあります。

(現在は「はながたみ あや」名義で漫画を描かれています)

ゲーム関係の仕事も多い見田氏ですが、小学館のゲーム雑誌『月刊PCエンジン』のイラストコーナーにて、講評・挿絵も担当されていました。
【中古】ゲーム雑誌 付録無)月刊PCエンジン 1990年2月号
【中古】ゲーム雑誌 付録無)月刊PCエンジン 1990年2月号

photo_1026






photo_1027















『月刊PCエンジン』1989年11月号P72(見田竜介/小学館)


もともとこの雑誌の創刊号(89年1月号)から『ミスPC小町』という女性写真紹介ミニコーナーがあり、それが女の子キャラのイラストを投稿する『イラスト版PC小町』という1/2ページのコーナーに変化したのですが、イラスト投稿がかなり多かったらしく、89年11月号からまるまる1ページを占める『PC小町倶楽部』という形に大発展しました。

その時から見田氏のイラストと講評が掲載されるようになり、コーナーの看板娘として「コンコン」というキャラクターが登場するようになりました。

注目は、この子が(たぶん)狐っ娘であること!
狐耳漫画が片手で数えるほどしか無かった80年代末に、RPGっぽい恰好をした狐耳娘、というのは時代の先取り感が凄まじいです。

※ ※ ※

90年代に入ってから、急に小中学生向けの雑誌・メディアで獣耳キャラが増える、という現象がみられるのですが、本コーナーにおけるコンコンもその流れに一役買っていた可能性があります。
(『月刊PCエンジン』は『コロコロコミック』の増刊から発展した雑誌なので、小中学生の読者は多かったはず)

この頃の獣耳キャラに洗礼を受けて、獣耳キャラを描くようになった人も多いと思うので(ゼロ年代の作品は特に)、80年代末~90年代初頭の流れは獣耳史的にとても重要ですね!



萌え ブログランキングへ

おいでよキツネ村(狐娘がいます)。『魔物と始める村づくり!』

左遷された宮廷魔導師が辺境の地にキツネ村(狐耳少女が住む村)を作る!
端的に言うとそういう作品です。

狐耳Web小説『魔物と始める村づくり!やる気なし魔導師の開拓記』の書籍版が4月23日より発売中です!

狐獣人の国・コーヤン国にて、尻尾の無い異民族――新人族でありながら史上最年少で宮廷魔術師となった青年・ヴェイセル。

しかし、とてつもなくやる気が無いために周囲から疎まれて、ついに北方の辺境の地へと長期調査に派遣・・・・・・つまり、宮廷から追い出されて左遷されてしまいます。

北方の地には恐るべき魔女がいるとか、魔物が暴れているとか色々な噂が流されていますが、実情は野生の魔物や野盗と戦って村を作るほどのメリットが無く開拓者が居つかない、ということのようです。

やる気はないけど能力は高いヴェイセルの魔力(と財力)を使えば、それなりの拠点づくりは片手間にできるのですが・・・・・・なぜかヴェイセルの左遷に、幼馴染の狐のお姫様・リーシャまでついてきて、お姫様育ちの彼女のために衣食住揃った「村」を建設する必要に迫られます。

ヴェイセルは様々な魔物を召喚し、やる気無い中でやる気を振り絞って、本格的に開拓を進めることになりますが、、、

※ ※ ※

北方の辺境の地から覇権を狙うとか、内政チートで世界に革命を起こすとか、そういう物語ではなく、つつましやかな(でも、ある意味とてつもなく理想的な)狐娘の集った小さな村を作る、というほのぼのスローライフな話です。

とにかく狐娘が大勢登場する・・・というより狐娘オンリーのハーレムっぽい展開になっているところが前代未聞の作品。

ヴェイセルについてきたわがままな金色狐のお姫様リーシャのほかに、
リーシャについてきた貴族令嬢の銀色狐ミティラ、
ヴェイセルの魔法道具の仕入れ先である、無口な錬金術師の白狐レシア、
機械道具の修理でヴェイセルと付き合いのある、破天荒な赤狐エイネ、
そして北方の地に住む魔女・黒狐のイリナが登場します。

作者が『転生魔術師の英雄譚』などで狐娘ヒロインにこだわる佐竹アキノリ氏だけあって、狐娘の描写にかなり力が入っています。

転生魔術師の英雄譚 2 (ヒーロー文庫)
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2017-02-27


作中の価値観として、「女の子の尻尾に触る」=「えっちなこと」という風になっていて、他の作品なら胸を触ったりお尻を触ったりすることに当たるヴェイセルの行動が「尻尾を触る」になっているところが面白いです。



萌え ブログランキングへ

銃(擬人化)漫画ですが、獣(耳)漫画でもあるんですよね。『うぽって!!』9巻

青錆学園と紅鋼工業高校の対立は、ついに「戦争」というレベルにまで悪化。
あくまで戦いを求める紅鋼校は箱根を戦場と定め、青錆学園に宣戦を布告します!

ついに表紙が狐耳娘(AK74)になったリア銃美少女漫画『うぽって!!』単行本9巻は4月4日より発売中です!

FALが凶弾に倒れてしまうという惨事!
しかしそれにとどまることなく、紅鋼校は青錆学園に執拗に襲撃を仕掛けてきます。

今度はじーすり(G3A3)の妹たちが紅鋼校のPKMに襲われ、青錆側の紅鋼に対する感情は最悪に。初等部からも敵討ちを志願する生徒が現れます。

そんな中、紅鋼校のAK74が現れ、FALの記憶を司る「ボルト」を確保しており、返してほしければ箱根へ来るように、という「宣戦布告」を受けます。

紅鋼の銃が青錆の銃との戦いにこだわるのは、冷戦時代から因縁のようなものだと言われていますが・・・果たして戦いの真実はどこにあるのか?
見逃せない展開が続く9巻です!

※ ※ ※

温泉回なのに温泉シーンがない、と裏表紙カバーでもネタにされていますが、シリアスなバトルの続くストーリーが展開されています。『うぽって!!』以外の「天王寺きつね」作品の作風が出てきてしまっている感じ。

※ ※ ※

AKシリーズとその派生銃の大半が獣耳付きの女の子として描かれる関係で、実は漫画史上でもケモミミ登場人物の数がトップクラスに多い本作。『DNAは教えてくれない』が発表されるまでは、(名前のついた)ケモミミキャラが最多で登場する漫画でした。

今後の展開次第ではまだまだ獣耳キャラが出てきそうな気がするので、銃成分だけでなく獣成分にも期待です。

天王寺キツネ氏は昔からケモノっぽいキャラに定評がある方ですが(ニャコ様とか)、本作も狐系キャラの尻尾のフサフサ感が凄いことになっています。
あと、ケモミミキャラにデフォルメ的にヒゲを描くことがあるのも氏の特徴かも。ビゾンはだいたいヒゲが描かれていますが、他にもAK47にヒゲが描かれているシーンがあります。
photo_1023




『うぽって!!』9巻P80(天王寺キツネ/角川書店)









過去に『魔法医猫といばら姫』の記事にて、日本の獣耳キャラはあまりヒゲが描かれないと書きましたが、天王寺キツネ氏は例外的に、わりと昔から獣耳と一緒にヒゲを描く方なんですよね。

 

萌え ブログランキングへ

「銀の狐亭」という宿名の謎が明かされる・・・!『セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~』3巻

冒険者たちの間でひそかに噂される「泊まると死なない宿屋」。
その秘密は・・・セーブ&ロードができること!

どんな新人冒険者もトライ&エラーの「稼ぎ」によって、わずか数日で大レベルアップ!
しかし最近は、レベルアップだけでは解決しない問題も多いようで・・・。

大作長編Web小説が多い中では珍しい、連作ファンタジー『セーブ&ロードのできる宿屋さん ~カンスト転生者が宿屋で新人育成を始めたようです~』の3巻目が3月24日より発売中です!(Kindle版は4月25日配信予定!)

大通りから一本裏通りに入った場所にある二階建ての質素な宿屋「銀の狐亭」。
どう見ても元・冒険者には見えない奇妙な宿の主人と、どう見ても少女にしか見えない愛らしい獣人の婦人によって切り盛りされているその宿は、冒険者たちの間で「そこに宿泊すれば死なない」と噂されるいわくつきの宿です。

そんな宿屋に、今回も思い詰めた末にやってきた二人の女性の物語と、
「銀の狐亭」の由来に関する過去の逸話が描かれます。

ひとりは、伝説の聖剣を求め、それに比肩するような剣を鍛えたいと考えているドワーフ娘の鍛冶師コリー。
もうひとりは、奴隷仲間を解放するための資金を欲している元・剣闘奴隷の猫獣人オッタ。

今回のふたりの問題は、単に戦闘技能を高める(=レベルアップする)だけでは解決しない複雑な内容なのですが、「銀の狐亭」の面々はいかにして解決するのか・・・?

※ ※ ※

3巻の表紙は宿屋の主人アレクの若い頃の「師匠」である、魔族の「はいいろ」(中央)と、狐獣人の「狐」(右)と「輝き」(左)です。

この三人が、[ なぜ「銀の狐亭」は銀色の狐がいないのに「銀の狐亭」と呼ばれるのか ]の鍵を握っています。

3巻は登場人物がケモミミだらけといった感じで、第6章の『ヨミの回顧録』でも「狐」と「輝き」が話に大きく絡んできますし、第8章ではオッタがそのまま猫耳娘ですし、彼女との関係で宿のウェイトレスをしている双子の猫獣人の姉・ブランの話も出てきます。

さらに本作の世界ではドワーフも犬耳っぽい種族になっていて、ドワーフ娘のコリーもロップイヤー型の耳を持っています。
ドワーフが犬系種族になるのは、『ウィザードリィXTH』が起点となり、『ととモノ。』が広めた「ドワーフ」の設定の影響が大きいんでしょうね。




萌え ブログランキングへ
記事検索