ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

狐耳

実は「狐娘のための料理小説」でもあったりする。『中年冒険者の魔物メシ』

《魔物食い》の異名を持つ中年冒険者が旅先で出会ったのは、妖狐の母娘と、料理好きのゴブリン!
彼女たちと一緒に、「魔物メシ」を堪能する旅が始まります!

狐耳と一緒にグルメする小説『中年冒険者の魔物メシ』の書籍版が8月18日より発売中です!

30年以上冒険者として腕を鳴らし、常に巨大包丁と大鍋を持ち歩いて魔物を退治しては料理して食ってしまうことから《魔物食い(イーター)》の異名を持つディナード。

彼は狂暴な魔物が出現すると噂される深い森を探索中、黄金色の大きな狐・・・母子と思われる二頭の狐に遭遇します。
彼の長年の経験から、それが普通の狐ではなく魔物の一種である「妖狐」であることを察します。

この狐が噂の魔物か、と考えたディナードですが、どうやら母狐の方は怪我をして弱っている様子。
妖狐を詳しく調べようと彼が近づいたところ、なんと、母狐は美しい女に変身したのでした。

美女に変身した母狐は子狐をディナードから逃がそうとしますが、ディナードに敵意がないと分かると、決心したようにその身の上を話し始めました。

このレスティナという母狐と、ティルシアという子狐は、他の魔物への強い支配力を持つ「妖狐」であるがゆえに、他の魔王(魔物の王)に命を狙われて、今も追われている最中だというのです。

その話を聞いて、ディナードは「魔王を食ってみたい」というトンデモない願望を叶える好機だと考えました!

ディナードは妖狐母娘と交渉し、自分が二人を守る代わりに、二人は逃げずに魔王をおびき寄せる役を続ける、という契約を結ぶことにするのですが・・・。

※ ※ ※

最近人気のダンジョン飯や異世界料理系の物語ですが、実は本作、他の作品とは一味違った面を持っています。

それは、「ネギ類やブドウ(ワイン含む)が食べられない狐娘向けグルメ」の作品であること!

特に「ネギが駄目」という点が様々な調理の上でネックになっていて、「魔物メシ」というジビエ的な料理をするにも関わらず、臭み消しのニンニク(ネギ類)が使えないというなかなか厄介なことになっています。
ちなみにタマネギも駄目なので、ある料理を作る時にも問題に・・・。

こういった食材の問題をどう克服するかが、料理ネタ小説としての本作の見どころとなっています。

※ ※ ※

作者が『逆成長チートで世界最強』『転生魔術師の英雄譚』で一貫して狐娘ヒロインにこだわる佐竹アキノリ氏なので、本作も妖狐母娘の描写にかなり力が入っています。

逆成長チートで世界最強 1 (ヒーロー文庫)
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2017-04-28


レスティナは落ち着いているけれど、微妙なところで人間の常識とズレている妙齢の母狐。
ティルシアはまだ人型に化けることも慣れていなくて、言葉も動作もたどたどしい子狐。

二人とも今までの作者のシリーズ作の登場狐キャラとは一味違うキャラクターなので、要チェックですね。
ティルシアが「コン」とかじゃなくて「こゃー」と鳴くのが、こだわりを感じます。



萌え ブログランキングへ

キツネたん魔王とアナログゲームで遊ぼう!『チェックめいと! 魔王さん手番ですよ!』2巻

「どうだね勇者よ・・・我と共に世界の・・・・・・アナログゲームで遊ぼう!!」

アナログゲームが大好きだけど対戦相手がいなくて寂しいお子様魔王は、世界征服よりもゲームがしたい!
今日も勇者や姫や猛獣(?)相手に、カードやゲーム盤を使って激闘を繰り広げます!

実在のアナログゲームで戦うゲーム漫画『チェックめいと! 魔王さん手番ですよ!』の2巻目が8月10日より発売中です!

王国歴78年。
魔王に「アナログゲーム」でやられてしまった勇者は、知力を鍛える必要があると悟り、なぜか畜産農家へとクラスチェンジして修行を始めました。

一方、遊び相手の勇者を失った魔王は下僕の蝙蝠猫に勇者を探しに行くように命じますが、蝙蝠猫は遭遇した「猛獣使い」にペットにされそうになったため慌てて逃げ帰ります。

勇者が巨乳の猛獣使いとイチャイチャしているという蝙蝠猫の報告を聞いて、魔王ではなくなぜかお姫様が激怒し、お姫様は魔王を引き連れて(?)勇者を懲らしめに出かけますが・・・。

※ ※ ※

1巻からひきつづきアナログゲーム対決が繰り広げられます。
羊繁殖ゲームの『シェフィ』、ロシアのモンスター命名ゲーム『ナンジャモンジャ』、じゃんけんカードゲーム『グースカ・パースカ』、ダンジョン探索&妨害カードゲーム『ダンジョン・オブ・マンダム』、中世からある古典的ボードゲーム『フォックス&ギース』が今回のネタになってますね。



アナログゲームに詳しい方には基本的なゲームなのかもしれませんが、私のような素人には「こんなゲームがあるのか~」と凄く参考になりますね。

『ダンジョン・オブ・マンダム』では鎧を捨てる=服を脱ぐという解釈で、お姫様と猛獣使いが裸になるサービスシーンがあったり、『フォックス&ギース』では魔王が本当にキツネ役になったりと、2巻は演出もいろいろ豪華になっています。

※ ※ ※

2巻では魔王がお子様すぎるのと、お姫様が鬼畜すぎるのとで、お姫様の方が魔王っぽくなってしまってます。

猛獣使いからは「キツネたん」扱いされるようになって、魔王の威厳も台無しです。
というか、本当にこの魔王、キツネなんですかね、、、
photo_1065






『チェックめいと!』2巻P15(猫砂一平/小学館)











中世RPG風の世界にキツネっ娘の魔王が降臨する、という似たような設定の作品としてファミコンの『まじゃべんちゃー麻雀戦記』があります。
奇しくも、どちらも「アナログゲームで勇者と魔王が対決する」作品なのが面白いと思ったり。


キツネのキャラクターは和風・伝奇・妖怪物で大ボスになることが多いので、中世RPGの世界で魔王になっても、(実力的には十分だろうから)そこまで違和感はないですねー
これが「猫」の魔王だったら、なんか違和感がありますが・・・。

猫キャラは本作の蝙蝠猫みたいにザコ~中ボスクラスならアリなのですが、大ボスクラスだと違和感がある、というのが興味深い所です。



萌え ブログランキングへ

世界一の村人と狐勇者の戦い!『逆成長チートで世界最強』2巻

世界中に魔物がはびこり、誰もが戦わなければならなくなった時代。
生まれつきの運命によって戦闘力が決まってしまう世界で、勇者の力を得た幼馴染の狐娘と、村人にしかなれなかった少年は、世界最強を目指して旅を続けます!

狐耳ファンタジー小説『逆成長チートで世界最強』の書籍版2巻が7月31日より発売中です!

15歳になり、女神マリスカから魔物と戦うための「加護」を与えられたフォンシエ少年と狐獣人フィーリティア。
フィーリティアは女神に真に選ばれし者である「勇者」の加護を得ましたが、フォンシエの得た加護は戦闘力の無い「村人」でした。

愛する人々を護るために戦いたいと思っていたのに戦う力が得られず、失意に暮れていたフォンシエ。
しかし、合わせて授かった「レベル上昇1/100」のスキルにより、他のクラスの使う戦闘術(スキル)を(本職には敵わないものの)複数身につけられることに気づいた彼は、多種多様な戦闘術に通じていくことでめきめきと実力を伸ばしていきます。

そして、勇者のフィーリティアと並ぶほどの力を身につけた彼は、彼女と一緒に魔物との戦いの最前線に身を投じることになりました。

魔物の侵略を受け崩壊した故郷の都市アルマト。
故郷を復興したいというフィーリティアの願いを聞いたフォンシエは、魔物からのアルマト奪還を目指す連合部隊に参加することにしたのですが、その戦いで異様な敵と対峙することに・・・!

※ ※ ※

Web版の第二章にあたる部分が収録されていますが、前の書籍版1巻のようにかなり展開が違ってますので、Web版を読んだ人もあらためて読む価値がありそうです。

篠月しのぶ氏によるフィーリティアの挿絵が凄くカッコイイ&可愛いので、この挿絵を見るだけでも書籍版を買う価値はあると思いますよ~

フィーリティアとフォンシエの関係は今回もシリアスです。
「フォンシエが布団代わりの布からはみ出しているフィーリティアの尻尾を押し込む」みたいな細かい(狐耳作品ならではの)恋人描写も見所なのですが、2巻になって良いキャラが立ってきたなあと思ったのが、いつのまにか旅の道連れになった狐獣人の錬金術師ミルカ。

大食いで、ワガママで、魔物の研究のことになると周囲が見えなくなって、それでいてちゃっかりしていて憎めない、というミルカは今までの作者の作品ではあまり見なかったタイプのキャラだと思うのですが、彼女の存在が常にシリアス展開が続く物語をうまく和ませていて、適度なメリハリをつけるのに一役買っていると感じます。



萌え ブログランキングへ

個人的にはキツネ動画だけでオッケー。『俺の部屋ごと異世界へ!ネットとAmozonの力で無双する』2巻

ネット環境まで含めて「部屋ごと」異世界に転移したニートの霧野ユウ。
通販サイトAmozonで購入できる物品と、ネットの知識を使って異世界で無双(というほどでもないですが・・・)してきた「英雄」ユウですが、ここにきて大問題が・・・。

それは通販用のクレジット枠を使い切ってしまったこと!
通販が使えなくなったらただの無職遊び人でしかないユウは、異世界で日本円を稼ぐための金策に走りますが、、、

可愛いキツネ娘がナビゲートする異世界実況ファンタジー『俺の部屋ごと異世界へ!ネットとAmozonの力で無双する』の2巻目が6月30日より発売中です!

ニート歴5年の霧野ユウは「世界を救う無限の魔力の持ち主」だとして、謎の女神様によって異世界に召喚されました。
彼は冷暖房、ネット、家電、通販の四点セットが無いと生きていけないとワガママを言って、「自分の部屋ごと」異世界に転送してもらいました。冒険用の馬車の中が、そのまま現代の自分の部屋に繋がっているのです。

ユウはネットの掲示板サイトで得たサバイバル&ミリタリー(ゲリラ戦)知識と、通販サイトAmozonで購入できる物品(異世界ではオーバーテクノロジー)を使って、街に襲い掛かる魔物を見事に撃破することに成功します。

こうして一応「英雄」らしい感じになってきたユウですが、早くも問題が生じてしまいます。
それは、Amozonでは当然のごとく日本円しか使えず、残っていた貯金50万円とクレジットカード枠を前回の戦いでほぼ使い切ってしまったこと。

異世界で生き残るために日本円を稼ぐ必要がでてきた彼は、これまでも好評だった動画投稿サイト「ユアチューブ」での異世界実況に重点を定め、より広告収入が得られるようなテコ入れ新作動画づくりに奔走することになりますが・・・!

異世界を救うよりも先に、「売れっ子ユアチューバ―」を目指さなければならなくなったユウの運命やいかに!?

※ ※ ※

先日紹介した『大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?』でも動画投稿ネタがありましたが、今のラノベの読者層にとっては動画投稿文化がメインストリームになっているということですかね。



そろそろMMO-RPG系は「プレイしたことが無い」読者が多くなってきて、それよりも動画投稿やソシャゲをネタにしたラノベが中心になっていくのかも。

2巻は動画投稿ネタ以外にも、某通販サイトの「欲しいものリスト」機能でネット上のファンからプレゼントしてもらう話が出てきたり、「貯金0円から、ネットを駆使してサバイバル生活ができるか」という方向に発展しているようで、今後もどういうネタが出てくるのか楽しみですね。

※ ※ ※

本作のケモミミ代表である狐娘マユキは、Amozonで買える好物のチーズを入手できなくなったことで、いつもバカにしているユウの動画制作に全面的に協力します。

キツネ耳美少女の姿でも物珍しくて可愛い、元のキツネの姿でも可愛い、という彼女は動画で再生数稼ぎをするには持ってこいのキャラクターですね。
個人的には“本物”の獣耳少女の動画が見られるのなら、それだけで万札を投げ銭すると思いますよ!



萌え ブログランキングへ

狐なのか猫なのか。『ワケあり物件にワケあり。』1巻

素晴らしく環境・設備がいいのに、激安家賃の「ワケあり物件」。
絶対何か出そう!な、その部屋に出てきたのは、獣耳の生えた変な男!?

人外男子と同居生活する、ゆるい日常系漫画『ワケあり物件にワケあり。』の初単行本が6月23日より発売中です!

駅から徒歩5分、バス・トイレ別、オートロックの3階・1LDK角部屋。
これだけの住環境があって、家賃はなんと激安の3万円!
当然、大家さんからは「ワケあり」だと説明されています。

そんな部屋に住むのはOLの井上春海。
貧乏な家庭で苦労してきたせいか、ワケあり物件であることは全然気にしておらず、むしろ激安で借りれてラッキーだと喜んでいました。

そんなある日、ふと気づくと、部屋の中に猫耳?を頭から生やした変な男が・・・!

猫耳?男を思わずぶっとばした春海は、落ち着いたところで、彼から「ワケあり物件の“ワケ”は自分だ」と説明を受けます。
「クロ」と自称する彼はどうやら狐の霊?らしく、普通はポルターガイストのように目に見えない不気味な存在として感じられるそうなのですが、春海の目にははっきりと男の姿として見ることができるようなのです。

地縛霊?のためか、この部屋から離れられないというクロと仕方なく同居することにした春海。
しかし、クロがかなりポンコツな動物霊だったため、春海はいろいろと苦労させられることになるのですが、、、

※ ※ ※

昔も今も人気の狐耳男子。
多くの作品で狐耳男子はプライドの高い有能キャラになるのに対して、本作のクロは春海からみて「手のかかる弟」といった立ち位置にあるのが、ちょっと珍しい関係性になっています。

春海のクロへの態度はあくまで家族的なのですが、クロはそれ以上の感情を春海に抱き始めているフシがあり、そのすれ違いが今後の軸になっていくような予感がします。今後の展開が気になる作品です。

※ ※ ※

狐耳作品のみに見られる特徴的なシーンとして、「初対面の人に頭の耳を“猫耳”と勘違いされる」というものがあります。
本作でも、春海はクロの耳を初めて見た時に「猫耳」と口にしています。
photo_1050




『ワケあり物件にワケあり』1巻P12(おむ・ザ・ライス/株式会社リブレ)








近年の作品だと『このはな綺譚』において、狐っ娘・柚が猫娘と勘違いされるシーンがありました。


実は狐耳少女漫画のさきがけである『コンなパニック』でも、狐化した主人公のまいが自分の耳を「猫耳」だと勘違いしているシーンがあります。
このあたりは「狐(耳)より猫(耳)の方がポピュラーである」という現状を反映している描写なのかもしれませんね。
photo_1051


『コンなパニック』1巻P18(あさぎり夕/講談社)










萌え ブログランキングへ
記事検索