ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

着せ替えクラリオンの回。『紅殻のパンドラ』10巻

サイボーグ技術や神経接続ネットワーク、知能を持つアンドロイドといった夢の技術が実用化されつつある一方で、温暖化と戦争による深刻な自然破壊により、世界の食糧生産に壊滅的な混乱が生じている近未来。

そんな世界の混乱から離れた人工リゾート島≪セナンクル・アイランド≫を舞台に、脳ミソ以外全部機械の全身義体ほんわか娘・七転福音(ナナコロビ・ネネ)と、天才科学者に創られた無愛想なネコミミアンドロイド・クラリオンの、未来の日常が描かれます!

『紅殻のパンドラ』、節目となる単行本10巻目が3月25日より発売中です!

ネネとクラリオンは今のところ平穏な日常を過ごしています。
主に「おばさま」ことタクミちゃんの財団からの繋がりで、牧場プラントの見学をしたり、島の名士が集うパーティーに出席したり。

そんな日常の水面下では、秘密結社「ポセイドン」が「ソ連」の諜報員と抗争を繰り広げていたりするのですが・・・!

そんなことはつゆ知らず、ネネはパーティで知り合ったとある医療会社の社長に招待されて、独特の電脳空間を体験することになるのでした、、、

※ ※ ※

バイオテクノロジーの粋を極めた食糧事情や、まだまだ発展途上にある電脳空間といった、ポストサイバーパンク世界の日常が描かれる10巻。
バトルが無いのにすごくSFしてて、読んでいて愉しい場面が多いです。

そんな中、「(崩壊しなかった)ソ連」や「米ソ連合」などの国家勢力の存在が作中に描写されるようになり、『攻殻機動隊』と同一世界観(前日譚)であるという点が前面に出てくるようになってきました。

ただ、士郎正宗氏のあとがきでは紅殻は『パラレル世界』と表現されているので、完全に話が繋がっているわけではないのかな?(文を見直すと「攻殻SACとパラレル」の意でした、、、ご指摘感謝)

※ ※ ※

今回、クラリオンがメイド服以外の衣装を着る場面が多いです。

パーティーでは礼装。
電脳空間ではゴスパンっぽい衣装に、ハロウィン風コウモリ猫衣装。
そして巻末のおまけでは「〇〇を悩殺(ころ)すセーター」姿が描かれます。
photo_1007





『紅殻のパンドラ』10巻P103(春夏秋冬鈴・六道神士・士郎正宗/角川書店)
















クラリオンは猫耳ですが、猫尻尾は無いので、衣装的な自由度がわりと高いという特徴があります。
近年のケモミミキャラで尻尾が無いのは珍しいですね。(昔は尻尾無しケモミミ娘はそれなりにいたんですが)



萌え ブログランキングへ

猫耳アニメの感想『けものフレンズ』第12話(最終回)

新たなる冒険へ!
けもフレらしい最終回でしたね。

●『けものフレンズ』第12話・・・「ゆうえんち」


なんというか、サーバルが黒セルリアンの足に喰らいつきながら言うセリフが、アプリ版復活を望むジャパリパーカーの心の声を代弁しているようで、切ない気分になったり。

『まだ、おはなしすることも、いっしょに行きたいところも・・・!』

その一方で、フレンズ大集合でみんなの特性を生かして戦うラストバトルは、まさにけもフレ!という感じで感激でした!

※ ※ ※

いろいろと細かいところでアプリ版プレイヤーへのサービス的なネタが出てきて大満足の最終回でした。

●ワシミミズク助手の『野生部分を解放です』は、アプリ版のミミちゃん助手の口癖『~部分を』という言い回しが元ネタ。
●タイリクオオカミの描く漫画にセンちゃん(オオセンザンコウ)が登場している。
●ミライさんが『出会えたたくさんの奇跡に感謝しています』とつぶやく。(このシーン、黄昏時の観覧車というシチュエーションに、優しい音楽が相まって、まさに最高潮だった)
●アニメの舞台は「キュウシュウチホー」(アプリ版の第1ステージ)だった!
●最後のシーンにマルカ(マイルカ)が登場する(スタッフロールを見るとマルカだとわかる)。アプリ版で彼女と初めて出会う場所は、アニメと同じく「ゴコクチホー」。

※ ※ ※

新映像の製作も発表されましたし、BD付図鑑もこれから順次発売されていくようですので、もう少しけもフレを愉しむことができそうですね。

願わくば、アプリ復活・・・というより、アプリ版の内容そのままでオフゲー化されると本当に嬉しいのですが。


 萌え ブログランキングへ

猫耳アニメの感想『にゃんこデイズ』第10話、11話

こっちも来週には終わっちゃうのか・・・。
10分くらいに枠拡大して第二期やってほしい。

●『にゃんこデイズ』第10話・・・「秘密とツンデレ」
友子デイズ・・・ですが、少しだけ猫要素あります。


この作品世界における野良猫がみんなあんな感じなのだとしたら、夜に出会ったら結構ドキッとするかも。
動画中にもコメントありましたが、画面内に猫耳と猫尻尾のみが描かれて動いていく演出がなかなか良いです。(この演出は漫画原作にもあるんですよね)


●『にゃんこデイズ』第11話・・・「お祭りに行こうよ」
にゃんこマジ天使!


この流れからすると、お祭りの最後に全員集合でエンディングかな?
アニメ12話で原作5話分しか進んでいないので、やっぱり尺がもうちょっと欲しいなあ。


 萌え ブログランキングへ

擬人化?化け猫?福を呼ぶ猫耳娘との田舎暮らし!『ふくねこ』1巻

微妙な田舎町・福猫町に引っ越してきた女子中学生のもとに、どう見ても女の子にしか見えない不思議な猫がやってきます!
ほっこり幸せ猫耳漫画『ふくねこ』の初単行本が3月11日より発売中です!

東京から「都内から電車で一本」という微妙な田舎・福猫町に引っ越してきた中学二年生の海子。

両親のいない海子ら3人姉弟にとって、家賃無しで住める「亡くなったひいお婆ちゃんの家」に引っ越すことは、家計の上で大きなメリットのある選択ではあったのですが・・・・・・海子は友達のいない町に引っ越すことが不満で、引っ越した後もずっとゴネていました。

そんな海子の前に突然現れた、おかっぱ頭で猫の耳が生えた女の子。

近所の子が家に入り込んできたのかと思って慌ててお姉ちゃんを呼び出すのですが、お姉ちゃんはなぜかその子を見て「カワイイにゃんこ」と言い出します。

どうやら、お姉ちゃんにはその子が猫に見える・・・いや、そうではなくて・・・海子にはその猫が女の子に見えるようなのです!

福猫町の学校に通い始めた海子は、他にも「猫が人に見える」同級生と出会うことになり、福猫町の不思議な伝説の一端に触れることになりますが・・・!

※ ※ ※

猫の擬人化?のようでありながら、実際に人型のようでもある、という点から見ると最近のケモミミ作品では『ねこのこはな』『にゃんこデイズ』の系統に属する作品といえそうです。


にゃんこデイズ (1) (MFC キューンシリーズ)
たらばがに
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-12-26


本作のフクは、実際のところ小さな女の子としてより、猫として扱われている度合いが強いです。
その点は、海子がフクを抱いている下の扉絵でもわかります。
海子の抱き方が、フクの前足(手)の下に腕を入れて、お尻を下の方から支える「猫を抱くやり方」になっているんですよね。
photo_1005








『ふくねこ』1巻P6(松沢まり/双葉社)













漫画における「猫の抱き方」は、最近わりとこだわっている作品が多くて、猫耳漫画では『猫神じゃらし』でも、そのあたりがさりげなく表現されていたりします。

要チェックです!




萌え ブログランキングへ

猫耳猫尻尾娘、という呼び方が新鮮。『大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ?』

「暗殺された皇帝と瓜二つである」というたった一つの条件が合致していたことによって、こちらの世界から異世界に召喚された常信少年。

特筆すべき腕力も知力も現代技術の知識も無いごくごく平凡な高校生の常信ですが、降ってわいた皇帝の地位を使って、美少女嫁・・・もとい、臣下たちの助力を得ながら、歪んだ大国の立て直しを図ります!

「皇帝の替え玉になる」以外のチートが一切ない、なんだかんだで真剣勝負なファンタジー戦記ノベル『大国チートなら異世界征服も楽勝ですよ? 替え玉皇帝になったので美少女嫁も豊富です。』は2月25日より発売中です!

ある日突然、高校生の日和常信(ひよりつねのぶ)は、剣と魔法の異世界にある「グロリア帝国」に召喚されました。

召喚された理由は・・・暗殺されたグロリア帝国皇帝・アルフォンソ一世の替え玉にさせられるため!

皇帝は何者かに呪殺された可能性が高く、老獪な帝国宰相ムツィオはその犯人を見つけ出す(おびき出す)ために皇帝が死んだことをしばらく伏せておきたいと考え、皇帝と瓜二つの姿をした常信を異世界から喚び出したのでした。

異世界人ならば呪殺は効かない、と宰相ムツィオは語るものの、物理的に攻撃されたらただの高校生である常信はひとたまりもなく、捨て駒にされている感は否めません。
とはいえ、暗殺者を野放しにしているとグロリア帝国が混乱することは間違いなく、生活には何不自由ないようにさせる、という宰相の言葉もあり、常信は1か月間だけ替え玉を務めることを了承します。

本来、銀髪の少女召喚士・パオラ姫の手によって、常信が勝手なことができないように「従属魔法」をかけられるはずだったのですが、天然なところがあるパオラ姫はなぜか自分に従属魔法をかけてしまって、常信は意図せずして、皇帝に成り代わって大国グロリアを意のままに操れる絶対権力者となりました!

常信は、貧民があふれ征服された民の怨嗟が聞こえるグロリア帝国を変えるために、行動を開始することにしますが・・・・!

※ ※ ※

異世界転生ものではありますが、本作の特徴は「主人公に全く何の特殊能力も無い」ことと「主人公が悪役側の帝国に召喚されてしまっている」こと!

主人公の常信は、どう考えても正義の勇者の解放軍である「十四カ国連合」に刻一刻と攻められる帝国の状況を見て狼狽えつつも、とにかく物量戦でしのぎつつ、あらゆる情報と人材を結集して帝国の崩壊をギリギリで食い止めるために東奔西走することになります。

表紙のイラストやサブタイトルからなんとなく美少女ハーレム物っぽく見えますが(実際そういう要素もありますが)、わりときっちり戦記物している作品です。

※ ※ ※

常信を助けることになる人材のひとりとして、赤毛の猫耳猫尻尾娘(作中で本当にそう書かれる)のキャラ・カッチーノが登場します。

近年の異世界転生ラノベに登場する猫耳娘としては珍しく、「天才」という設定のついている猫耳娘です。
魔力式の偵察ドローンやスマートフォンのような、現代技術に相当する魔法器械を発明しており、現代人だけど高校生でしかない常信よりも、むしろ現代テクノロジーに通じている人物だったりします。

ただ、キャラは天才ゆえに私生活が自堕落すぎる「変人」的な要素もあって、その自堕落さ加減が、猫っぽい魅力を上手く出している感じです。



萌え ブログランキングへ
記事検索