ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

猫嫁(!)と経営する喫茶店!『異世界駅舎の喫茶店 小さな魔女と記憶のタルト』

名古屋行きの特急列車での帰宅途中、19世紀風の異世界の駅に転移してしまった若い夫婦。
しかも、お嫁さんの方はなぜか猫耳娘に変身し、記憶を失ってしまいました。

元の世界に戻れなくなった夫婦は田舎の駅舎の一部を改装して喫茶店を始めます。
予想以上に好評で、評判を聞いた様々なお客さんが訪れるようになりますが・・・。

第4回ネット小説大賞受賞の異世界喫茶店グルメ小説『異世界駅舎の喫茶店』の2巻目、『小さな魔女と記憶のタルト』が5月25日より発売中です!

元の世界に戻るあてのない黒金匠ことタクミと、黒金柚が転身した猫耳嫁(!)ニャーチは、相変わらず駅長代理としての業務と、駅舎併設の喫茶店『ツバメ』の営業という二足の草鞋を続けています。

今、この異世界では都市部のマークシティにて大きな博覧会が開催されようとしているところ。
商会の商人や商社の社長、投資先を求める銀行家などが、田舎町であるハーパータウンの駅を通り過ぎていきます。

ヴルスト(腸詰)を取り扱うルーデンドルフ夫妻や、紅茶を商品化しようとする銀行家ソフィアと交流する過程で、タクミとニャーチは今までこの世界では入手できなかった(でも、日本ではわりと一般的に入手できていた)いくつかの食材を入手することに成功するのですが・・・。

※ ※ ※

公開されている原作web小説の、おおむね16話~29話目までが一部順番を変更した形で収録されています。
最後の話がちょうど『大晦日と年越しの料理』で、この一冊の中で初秋から冬まで季節が過ぎて一年を締めくくるような流れになっています。

「異世界」という設定ではあるのですが、どちらかというと食材・設備・料理器具が不十分な外国で日本的な軽食を作ろうとする感じの話です。
異世界の文明レベルが19世紀くらいなので、そもそも食材・調味料自体が存在していないことは少なく、こちらの世界と似たような物が存在してはいるけど使い方が違う/一般的でなくて流行っていないというパターンが多いので、設定に無理のない説得力ある料理小説に仕上がっています。
(中世ファンタジー風の世界だと、根本的にその料理は調味料が無くて作れないんじゃないか・・・とツッコミたくなることがありますので)

※ ※ ※

嫁が猫耳少女に変化するという、ネコミミストからすると「もう元に戻らなくていいよ!」という事態に遭遇したタクミですが、その内心はかなり複雑なようです。
やはり柚の猫耳化したニャーチが、柚の頃の記憶をあまり覚えていない・・・性格的にも変わってしまっている点が辛いようで。

だからといって、元の世界に戻ると今度はニャーチと暮らしてきた1年の思い出が消えてしまう可能性があり、タクミをさらに悩ませるという流れが巧いなあと感じさせられます。



萌え ブログランキングへ

ケモ耳に蒸気機関車に美味しい軽食。『異世界駅舎の喫茶店』(コミカライズ版)

特急列車での移動中、19世紀風の異世界の駅に転移してしまった若い夫婦。
しかも、お嫁さんの方はなぜか猫耳娘に変身し、記憶を失ってしまいました。

元の世界に戻れないので、夫婦は田舎の駅舎の一部を喫茶店に改装して新生活を始めます!

第4回ネット小説大賞受賞の異世界喫茶店グルメ小説『異世界駅舎の喫茶店』の、待望のコミカライズ版単行本が5月22日より発売中です!

タクミと柚(ゆう)の若夫婦は名古屋行きの特急列車に乗っている途中で「時空の転轍(てんてつ)」・・・並行世界間の混線に巻き込まれた結果、19世紀風の異世界の駅・ハーパータウン駅にたどり着きました。

しかも、お嫁さんの柚はなぜか身体が小さく縮んで、猫のような耳まで生えた猫耳少女の姿に変わってしまってます。
これまでの記憶のほとんど失ってしまった様子で、柚だった猫耳少女は自分の名は「ニャーチ」だと言い、性格も幼い(猫っぽい?)感じに変化してしまいました。

お嫁さんは猫になるし、名古屋には帰れないしで途方に暮れるタクミに対して、親切な駅長さんがとりあえず駅舎の空き部屋に泊まっていくように、と配慮してくれます。


・・・・・・それから一年後。

元の世界に戻るあてのないタクミとニャーチは駅の業務を手伝うかたわら、駅の一角を改装して喫茶店「ツバメ」を営業しています。
この異世界ではまだそこまで一般的ではない喫茶店を目当てに、様々な事情を背負ったお客さんがハーパータウン駅を訪れるようになりました。

そして今日も、新たなお客さんがやってくるのですが・・・。

※ ※ ※

公開されている原作web小説の、プロローグから6話目までがほぼそのままコミカライズされています。

「異世界」という設定はそれほど重要ではなくて、『魔女の宅急便』的なややクラシカルな世界における「軽食グルメ(喫茶店なので)」を中心としたエピソードが描かれることと、姿かたちが変わり記憶さえも失くしてしまったお嫁さんに対する夫・タクミの心情がしみじみと描かれるのが特徴の作品です。

よくイメージされる「なろう小説」よりは、ポプラ文庫メディアワークス文庫あたりにラインナップされる小説の作風に近い感じ。

※ ※ ※

柚の変化した猫耳娘ニャーチは「~なのな!」みたいな語尾をつけてしゃべる元気な娘です。
無邪気で奔放なように見えますが、わりとやきもち焼きな一面があって猫っぽさがあります。
コミカライズでは神名ゆゆ氏の手により、全編にわたって猫らしい仕草がみられるのも良いところ。

ちなみに舞台となる異世界は獣の姿をした「亜人」が普通に大勢いる世界ですが、ニャーチも含めて亜人に尻尾は無いという設定になっているようです。コミカライズもその設定に沿っています。
photo_1037






『異世界駅舎の喫茶店』1巻カバー下(神名ゆゆ/Swind/pon-marsh/メディアファクトリー)















『放課後アサルト×ガールズ』のイズナ人のように、尻尾の無い獣人が登場する作品は今でも時々ありますが、獣人といえば尻尾!という人が多い中では珍しい設定になります。

過去にイラストレーターのBLADE氏が、獣耳娘の尻尾を描かないことがある理由について「お尻が尻尾に隠れて見えなくなるのがもったいないから」とコメントしていたことがあって、なるほどなあと思ったのですが、「なぜ尻尾が無いのか」でも議論できるのが獣耳ジャンルの奥深いところかもしれません。
ZEALOTIC BLADE ZERO BLADE 夢創作画集
BLADE
エンターブレイン
2007-04-06




萌え ブログランキングへ

カーラ中尉とメインクーンの関係。『ノーブルウィッチーズ6 第506統合戦闘航空団 疑心!』

解放されたガリアの首都防空を担う第506統合戦闘航空団(506JFW)。
当初は反目していた欧州の貴族子女中心のA部隊『ノーブルウィッチーズ』と、自由の国リベリオンからやってきたB部隊は、今では強い連帯で結ばれるようになっています。

しかしネウロイから解放されたガリア自体は、王政復古を狙って暗躍する王党派と、自由主義に傾倒しすぎてやや過激になりつつある共和派の対立が顕在化し、506JFWはその政争の渦中に巻き込まれてしまいますが・・・!

物語がさらに深まっていく、ストライクウィッチーズ新編『ノーブルウィッチーズ』の6巻目は5月1日より発売中です!

女王様気質のカールスラントの名門貴族・ハインリーケ(使い魔:黒猫)が、まだ「扶桑の化け猫」(映画)の恐怖から立ち直っていないころ・・・。

扶桑国の貧乏華族・黒田那佳(使い魔:柴犬)は、セダン市街にて謎の落下傘部隊の襲撃を受けていました!
その降下兵は那佳よりもずっと幼い子供であり、その子供は、自分たちは「ガリアの子ら」と呼ばれる王党派の特別部隊であると語ります。
催眠術によってウィッチ以上の能力を持たされた強化兵士の子供は、あっという間に那佳を無力化。彼女を人質に取ってしまいます。

王党派の幹部?から、那佳の身の安全と引換えに協力を強要された506JFWの名誉隊長ロザリーは、仕方なく王党派へ協力する旨を返答します。

そんな中、共和派の勢力が強い都市トロワに中型ネウロイ5体が襲来!
トロワの市民は506JFWを王党派の手先と罵り、避難勧告を拒否したため、506JFWはネウロイを市街に近づく前に撃破するという困難な戦闘を強いられることになりますが・・・。

※ ※ ※

第二章と第三章の間の『INTERMISSION』にて、リベリオンのカーラ中尉(使い魔:メインクーン)の子供時代のエピソードが描かれます。

彼女は実際に子供の頃にメインクーンを飼っていて、学校にメインクーンを連れて行ったときに魔法力が発現した、みたいな話が語られているので、飼っていたメインクーンがそのまま使い魔になっているということなのかな?

スト魔女の使い魔設定は公式でもあまり明確に語られてなくて、考察の悩みどころですね。

※ ※ ※

『ノーブルウィッチーズ』は軍人・政治家以外にも、ノーマン・ロックウェルのような文化人・記者の実在の人物が登場するところが、歴史のIF感が出ててよいと思います。



萌え ブログランキングへ

猫姫の登場する本格ファンタジーですよ!『引きこもり英雄と神獣剣姫の隷属契約』

世俗から離れた秘境の地で、誰にも理解できない「超常の武具」を作り続けている若き武器匠。
そんな武器匠のもとに、血気盛んな猫の姫がやってきます。

帝国からの侵略を受けている祖国を救うため「超常の武具」を求めてやってきた彼女ですが、それらの武具の「作り方」の真実を知った猫の姫は、武器匠を味方に引き入れたことを後悔することに・・・。

MF文庫としては久々の純本格ファンタジー小説『引きこもり英雄と神獣剣姫の隷属契約 ふたりぼっちの叛逆譚』が4月25日より発売中です!

武器匠・白火(はくび)は世俗を離れ、山奥でひとり、秘法《変幻流転》の力を使って「封命具(ほうめいぐ)」と呼ばれる武具を作り続けています。
封命具は自ら意志をもって動く超常の武具であり、封命具の槍や弓矢が一揃いあれば、どんな精鋭部隊ですら敵わない、無敵の一個軍団が手に入ったも同然というほどの兵器です。

ある日、白火のもとに猫の耳と尻尾を持った、やたら活発で血気盛んな猫の姫ソウガ・ルリ・グウィンが訪れます。
誇り高き神獣テンガイの末裔を自称するグウィンの一族は、今、《沈黙帝》カースが率いるディセント皇国の侵略を受け窮地に陥っており、起死回生の策として白火の力・・・封命具の力を借りるためにやってきたのです。

もとより世俗のことには一切関わりたくない白火ですが、獣と人の美しさを併せ持つグウィンの「素材」としての資質に目をつけて、最終的にグウィンの体を自由にしていいのなら協力すると答えます。グウィンは匠の力が借りられるのならと二つ返事で承諾します。

そうしてソウガ一族の宮廷に迎えられた白火は、帝国軍に組した獣人の戦士たちを封命具でやすやすと打ち破ってその力を見せつけます。
けれども、その封命具を作るために生命が素材として使われたこと・・・自分の愛犬が封命具の素材として犠牲になったことを知ったグウィンは、白火の力を借りたことを後悔しますが・・・。

しかし、戦局は悩んでいる間もないほどに、深刻な状況へと推移していくのでした、、、

※ ※ ※

タイトルが最近の異世界転生モノっぽくって、内容が誤解されそうだなあと感じるのですが、かなり硬派なハイ・ファンタジー小説です。

神獣の末裔を自称するソウガ一族の独特の価値観や、命を封じて作る究極のマジック・アイテム《封命具》、そして完璧な《封命具》を作ることに全霊を懸けている、常人には理解しがたい職人魂の権化である主人公の白火。

いかにも別世界といった雰囲気が強く漂っていて、ゲーム色の無いファンタジーが読みたい!という人にオススメです。
近年のラノベファンタジーの系統としては『血翼王亡命譚』とちょっと似てるかな?


※ ※ ※

《封命具》を作ることが全ての価値基準の中心になっている白火のキャラも面白いのですが、猫の姫グウィンも無口な白火と対になるかのように騒々しいタイプで、なかなか良いキャラをしています。仕草もかなり猫っぽいです(特に瞳の描写の仕方に力が入っています)。

あと、グウィンのお付の侍女の茶猫娘ダナがずっと白火を警戒して不信感を抱いている様が、侍女っぽくて良いです。普通のメイドと、貴人に付く侍女はわりと違う役割、というのがきちんと描かれています。



萌え ブログランキングへ

猫のアバターは猫舌ではないようです。『デスゲームから始めるMMOスローライフ』2巻

デスゲームと化したヴァーチャルMMO-RPGの世界で、そんなこととは全く関係なくスローライフを送る主人公たちに、新たな災厄(?)が来襲します!

小説家になろう発の『デスゲームから始めるMMOスローライフ』の2巻目!『押しかけドワーフ嫁と作る究極のグルメ』が4月20日より発売中です!

ヴァーチャルMMO-RPG《サバイバルアーツ・オンライン》は、「ゼロ」と呼ばれる謎の人物によって、ログアウト不可、ゲーム内での死がプレイヤーの本当の死となるデスゲームへと作り変えられました!

そんなこととは全然関係なく、戦闘には役立たない《DIY》スキルを使ってヴァーチャル世界でフルーツを探したり、釣りをしたりとスローライフを満喫していた古参プレイヤー・ミナトのもとには、このゲームの攻略をほぼ諦めて行くあての無くなった女の子たちが集まってくるようになりました。

天才ゲーマーなのに、このゲームと相性が合わずに最弱化してしまった猫耳っ娘アバターのヒノカ。
現実にもゲームにもイマイチやる気のないフェアリーアバターのシーナ。
記憶を失くしているという自称初心者、エルフアバターのココ。

そして今回、「運営会社の社員」と称するドワーフ娘アバターのタマネがミナトたちの前に現れます!
タマネはココがデスゲームを引き起こした張本人「ゼロ」だと確信し、何もわかっていない様子のココに執拗な追及を始めるのですが・・・!

※ ※ ※

記憶を失くしたと言うココが、実は記憶を失くしたふりをしている「ゼロ」なのか、はたまた「ゼロ」だったけれど本当に何も分からなくなっているのか? 作品世界の根幹に関わる謎がストーリーの底流に置かれてはいますが、お話自体は主人公ミナトが女の子たちとイチャイチャしながら新しい料理を作ったりするスローライフな内容です。

※ ※ ※

このゲームにおける「ドワーフ」が、両こめかみに角が生えた容姿であるところが気になります。あまり他作品では見ない設定なのですが、何か元ネタがあるのかな?

本作のケモミミ筆頭である猫娘ヒノカは、今回はとある料理を食べて感涙するシーンが印象に残っていたり。
本物の獣人ではなくあくまでゲームの「アバター」なので、彼女は熱いスープも大丈夫みたいです。
彼女はどちらかというとツンとした猫っぽい性格で、猫らしさを表現している感じですね。



萌え ブログランキングへ
記事検索