ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

猫又の駅長さん!『クロミケ妖奇譚』1巻

電車の運転士になりたかったのに、鉄道会社の険悪な事務方に回されて、精神を壊してしまった男。
自殺しようと決意した彼は、死に場所を探して乗り込んだ列車で不思議な場所に降り立ってしまい、そこで奇妙な猫耳少女と出会いますが・・・。

鉄道妖怪奇譚『クロミケ妖奇譚』の初単行本が9月12日より発売中です!

宮沢ジョウジ31歳は、子供の頃から電車の運転士になるのが夢。
夢のために鉄道会社に入社したものの、運転士ではなく事務方に回された上、嫌味な上司から毎日パワハラを受けて完全に精神を病んでしまいました。

思い悩んだジョウジはついに自殺することを決心し、死に場所を探して鉄道を乗り継いでいった末に、田舎の無人駅に辿り着きます。

そこで彼は猫耳娘のコスプレ?をしたゴスロリ着物の少女を見かけるのでした。

どうしても気になって彼女の行く先についていくと、そこはもう一つ別の駅で、「特別夜行列車・猫又駅行」と案内が掲げられた、謎のEDR型電気機関車が停まっています。

子供のような駅員や集まっていた周囲の人々に促されるがままに「猫又駅行」の電車に乗り込んだジョウジ。
そこには、あの猫耳コスプレ少女もいました。
ジョウジは現実とは思えない幻想的な夜の車窓に心を奪われ、死にたい気分もだいぶ薄れていくのですが、、、

しかし、ジョウジは行先の「猫又駅」がどういう場所であるのか、何も知らなかったのです・・・!

※ ※ ※

「猫耳娘」と「鉄道」がテーマになっている物語で、この組み合わせでは他に『てるみな』『異世界駅舎の喫茶店』という作品がありますが、それぞれ切り口がだいぶ異なっています。

異世界駅舎の喫茶店 1 (MFC)
神名ゆゆ
KADOKAWA / メディアファクトリー
2017-05-22


『てるみな』がいわゆる「乗り鉄」の視点、『異世界駅舎の喫茶店』が駅グルメの視点で描かれているのに対して、本作『クロミケ妖奇譚』は運転士や鉄道運営の視点に若干寄っています。

あとは観光業で成り立っている妖怪の隠れ村、という点から、妖怪村おこし漫画『【急募】村長さん』とも共通点が見られますね。


本作『クロミケ妖奇譚』は上に挙げた作品群よりも、妖怪要素やダーク要素が強くなりそうな雰囲気があって、最終的な着地点はかなり異なった所になる可能性があります。今後の展開に注目ですね。

※ ※ ※

本作の最大の魅力は「~ちゃ」「~やっちゃ」みたいな富山弁で喋るツンデレ猫又娘のクロミケ。
ジョウジはなぜか彼女に「飼い主」認定されるのですが、猫にとっての「飼い主」は「自分の世話をしてくれる下僕」の意味らしく、ジョウジはさんざん振り回されることになります。

下のコマのように猫耳娘の髪をブラッシングするというのは、個人的にかなりツボに入るのですが、こういう描写のある猫耳作品は意外と少ないので貴重です!
photo_1080





















『クロミケ妖奇譚』1巻P72(ロクザキ/小学館)


懐かしの猫耳ギャルゲー『ひざの上の同居人』には「グルーミング」というコマンドがあったのですが、その後の猫耳ゲーでそういった機能が実装されているのを見たことがないので(「撫でる」は多いのですが)、「猫耳娘をブラッシングする」という描写を好む人はあまり多くない、ということなんでしょうね~

この『クロミケ妖奇譚』を起爆剤として、普及すれば良いと思います、、、




萌え ブログランキングへ

ふくねこが見えなくなる日。『ふくねこ』2巻

福猫町に引っ越してきた女子中学生・海子のもとにやってきた、どう見ても女の子にしか見えない不思議な猫「ふく」。

どうもふくは、海子のことを亡くなった曾祖母と勘違いしているようなのですが・・・。

ほっこりする不思議な猫耳漫画『ふくねこ』の2巻目が9月12日より発売中です!

東京から「都内から電車で一本」という微妙な田舎・福猫町に引っ越してきた中学二年生の海子。
彼女はそこで、おかっぱ頭で猫の耳が生えた女の子「ふく」に出会います。

どうやらふくは他の人には普通の黒猫にしか見えないらしく、海子は不思議に思いつつも「こういう猫なのかな?」と現状を受け入れることに。

もともと「友達がいない場所だから」とあまり引っ越しに気乗りしていなかった海子は、ふくとの出会いによって他にも「猫が人に見える」同級生と出会うことになり、人とのつながりが増えていきます。

だいぶ新生活にも慣れてきた海子ですが、ひとつ気がかりなことが。
それは、ふくが自分のことを亡くなった曾祖母と勘違いしているらしいこと。
いつか本当のことを言わなければと思いつつも、ついつい言いそびれてしまうのですが・・・。

※ ※ ※

1巻では猫の擬人化なのか本当に人型をしているのかはっきりしなかったのですが、2巻では福猫町にリターン就職した美術部の顧問・沖虎之介の話から、「ふくねこ憑き」と呼ばれる状態にある人間が「ふくねこ」と呼ばれる猫を人型として見て、会話することができる、という事情が明らかになります。

つまるところ、ふくも含めた「ふくねこ」たちはみんな真の姿は猫なので、行動は完全に猫のそれです。
下のコマのように突然大声を出してふくねこの集団に近づくと、まさに猫らしく、一斉にバッと逃げ去ってしまいます。(一番右端の、普段はハイカラお嬢様な雰囲気のふくねこ「あずき」も、こういう場面での行動は猫です)
photo_1078













『ふくねこ』2巻P78(松沢まり/双葉社)


本作のふくねこたちの姿の特徴として、尻尾をみんな上に向かって立たせているという点があるのですが、これはおそらく本物の猫が尻尾を立てて歩いている姿を、そのまま二足歩行の姿に写しているからなんでしょうね(つまり、ふくねこたちは人としての性質よりも猫としての性質の方が強い)。



萌え ブログランキングへ

猫耳娘型アンドロイドの妹となると、どうしてもあの作品が・・・。『紅殻のパンドラ』11巻

サイボーグ技術や神経接続ネットワーク、知能を持つアンドロイドといった夢の技術が実用化されつつある一方で、自然災害・戦争・飢餓・貧困といったあらゆる災厄が人類文明を襲い、壊滅的な混乱が生じている近未来。

そんな世界の混乱から離れた人工リゾート島≪セナンクル・アイランド≫を舞台に、脳ミソ以外全部機械の天然世界平和娘・七転福音(ナナコロビ・ネネ)と、天才科学者に創られた無愛想なネコミミアンドロイド・クラリオンの、未来の日常が描かれます!

新展開の幕開けを告げる『紅殻のパンドラ』単行本11巻目が9月8日より発売中です!

ネネとクラリオンは相変わらずの日常を過ごしていましたが、今回は「おばさま」ことタクミちゃんが大変なことに・・・!

酷く偏った食生活で腹痛になったタクミちゃんを救うため、ネネとクラリオンは電脳ひきこもり要塞を突破し、嫌がるタクミちゃんを病院に連れて行こうとします!

そんな他愛もない日常の水面下で、秘密結社「ポセイドン」の魔の手が静かにネネ&クラリオンに忍び寄るのですが・・・!

※ ※ ※

これまでもちょくちょく姿を見せていましたが、クラリオンの同型機である「フォボス」が#41話より本格的にネネ&クラリオンにアプローチしてきます。

同型機(実質はクラリオンの整備用の予備義体)なので、外見はほぼクラリオンと同一なのですが、微妙に違いがあるのが表情(フォボスは人当たりが良い)と猫耳の角度
フォボスは下のコマのように猫耳をピンと真っ直ぐ立てた姿でしばしば描かれています。どことなくキツネめいたフォルムです(性格もなんだか女狐っぽい)。
photo_1076















『紅殻のパンドラ』11巻P168(春夏秋冬鈴・六道神士・士郎正宗/角川書店)

クラリオンとの戦闘で興奮(?)した時も耳がピンと立っていました。

元々AIが入っていないはずの予備義体のフォボスに、なぜ人格が備わっているのか? フォボスの中身は一体「何」なのか? このあたりの謎がとけたら、彼女の性格の理由も分かるかもしれませんね。

※ ※ ※

フォボスはクラリオンを「お姉様」と呼びますが、「猫型ロボットの妹」となると、どうしても『ドラえもん』のネタが何らかの形で使われるのではないかという予感がしてなりません。

クラリオンがフォボスを異様に警戒するのも、過去に耳を切られた?ことが理由のひとつみたいですし(ドラえもんの設定とオーバーラップしてる?)。

ちなみに、猫耳娘型アンドロイドによる『ドラえもん』パロディ作品として『ネコサス:シックス』がありますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。




萌え ブログランキングへ

読んでいると群馬に行きたくなるケモミミ漫画。『ねこむすめ道草日記』16巻

のどかな地方都市・群馬県渋垣市を舞台に、化け猫・黒菜と妖怪の仲間たちとのドタバタな日常を描いた『ねこむすめ道草日記』、最新16巻が8月12日より発売中です!

16巻の表紙は鏡分身黒菜とそれを追う妖怪&人間たち。
単行本の帯文に「カバーイラストの場所も実在します」と書いてあるので、群馬県渋川市に聖地巡礼もできそうですね!

群馬人ではないのでイラストを見ただけではどこの風景なのか分からないのですが、裏表紙に描かれている公園&石碑がヒントになりそうかな? 「アロハワーク」=「ハローワーク」(?)の看板もヒントになるかも。

※ ※ ※

16巻のラインナップは以下7編。
 「紫陽花の花穂落としで暗躍する妖怪!の話」
 「獅子丸と黒菜、珍しい組み合わせの話」
 「雲外鏡によって千夏ちゃんが黒菜っぽくなる話その1」
 「雲外鏡によって千夏ちゃんが黒菜っぽくなる話その2」
 「雲外鏡によって黒菜が大量発生する話」
 「温泉地を旅する雪女・伊吹&真白と、奇妙な旅人の話」
 「黒菜と藤森商店のおばあちゃんの、出会いの秘話」

作者コメントによると15巻がバトル中心の話だったので、16巻は日常物をあえて強化したそうです。

作者も言及しているように魔女っ狐・千夏ちゃんの登場率がかなり高いのですが、第94話の獅子丸と黒菜のやり取りや、第97話で雲外鏡が独楽の正体に気づいた時の獅子丸の態度など、獅子丸にもわりとスポットが当たっています。

個人的に独楽と獅子丸みたいな、「強気な姉」と「大人しいけど芯の強い弟」という組み合わせの姉弟は好きなので、今後も丁寧に関係を描いてくれると嬉しいです。

※ ※ ※

『セントールの悩み』もアニメ化されたし、同じCOMICリュウ掲載の本作もアニメ化されないですかね~
かなりアニメ映えしそうな内容だと思うのに、、、




萌え ブログランキングへ

『ねこ耳少女の量子論』の新装版です!――『まんがでわかる量子論』

2009年に出版された『萌える最新物理学・ねこ耳少女』シリーズの新装版!
『まんがでわかる量子論【新装増補版】』が8月2日より発売中です!



基本的には下の本の新装増補版となっています。


このシリーズ、萌えキャラ参考書で猫耳キャラが出てくる点もわりと珍しいのですが、タイトルが『ねこ耳少女』なのに猫耳が実際に登場するのは1割以下という、猫耳物として見ても一風変わった作品だったりします。

タイトル詐欺というわけでなくて、猫耳の登場をギリギリまで抑えて、一番いい場面で登場させている感じ。演出がなかなか凝っている漫画です。

漫画に関してはほぼ前の本と同じ内容なのですが、章ごとについている解説の内容が新装版はかなり変わっています。
特に最終話の解説は謎の猫耳ヒロイン「あいり」の正体に関するヒントが提示されているので、前の本を一度読んだことがある人も、読み直してみるのはいかがでしょうか?



萌え ブログランキングへ
記事検索