ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

恨み猫の核心に迫る!『恨み来、恋、恨み恋。』10巻

十二支を司る旧家が大きな力を持つ街、「十二町」。
今、この街では十二の旧家を陥れようとする陰謀が渦巻いています。

その陰謀の根源となっているのが、古き「恨み猫」—―冬歩。

十二支の「子」を司る子国家の恭一と、現「恨み猫」の夏歩は、過去の十二町にまつわる隠された真実を知ることになりますが・・・!

妖怪猫耳奇譚『恨み来、恋、恨み恋。』。
物語の核心に迫る節目の巻・第10巻が11月22日より発売中です!

古き「恨み猫」冬歩の襲来。

全ての陰謀の根源にいたのは彼女だったのか。

恭一と夏歩は、先代の子国家当主・郷一と冬歩との関係について、辰家の当主・勇全から話を聞かされます。

郷一と冬歩は、かつては恭一と夏歩のような関係だったという・・・。

・・・。

「恨み猫」の同族対決となることに関して、夏歩を気遣う恭一ですが、夏歩はそもそも同族がいるなんて全く知らなかった様子で・・・。

何かがおかしいけれど、何がおかしいのか見えてこない、不穏な雰囲気の漂う10巻です。

※ ※ ※

いやー、本当に不安でいっぱいになる感ですね。

この巻で描かれる冬歩のエピソードを呼んでいると、恭一の夏歩の関係もそのうち危うくなるんじゃないか、という予感がしてなりませんし・・・。

しかもここにきて、夏歩がそもそも何者なのか、よくわからなくなってきて・・・!

でも、第53話の流れからすると、本作の真・ヒロインはやっぱり恨み猫・夏歩なんだなあと思ったり。

彼女が良い結末を迎えられるように祈りたいです。

※ ※ ※

おおむね、猫耳キャラクターでのみ見られる特殊な表現「ちぎれ耳」。

冬歩はある事情により片耳がちぎれています。
photo_1323











『恨み来、恋、恨み恋。』10巻P8(秋タカ/スクウェア・エニックス)


この表現が猫耳キャラクターで多く見られる理由としては、リアル猫も耳がちぎれてしまうことがあって、そういう猫をわりと見かけるから、というところに由来するんでしょうね。
「ちぎれ耳」の猫耳がどれくらいいるのか、いつかきちんとデータをまとめてみたいところ。

ちなみに、野良猫の去勢済みの印である「耳カット」も、猫耳キャラクターでは時々みられますねー



萌え ブログランキングへ

猫耳娘がデザインされる非魔法世界。『最果ての魔法使い』

人類を滅亡寸前まで追い込んだ「魔獣」をその身をもって封印した、若き大魔法使いアルカ。
彼が千年ぶりに目覚めた時、世界からは魔法が消え去っていました。
しかし、まだ魔獣は世界から消えてはいなかったのです・・・!

魔法の消えた世界で、天才魔法使いの極大魔法と、猫耳娘のライフルが炸裂する!!
第10回GA文庫大賞・優秀賞受賞作『最果ての魔法使い』が11月14日より発売中です!
世界を滅ぼす「魔獣」を、自らの身をもって封印する魔法を完成させた、若き天才魔法使いアルカ=二―ベルク。
精神的な面ではごく普通の少年に過ぎないにも関わらず、アルカは千年にもわたる過酷な封印の業にその身を捧げることになりました。

封印の永き時に耐えられず、ありとあらゆる記憶を失って千年後の世界に目覚めた彼が見たものは・・・魔法の代わりに「科学」が発達した異質な世界。
そして、相変わらず人類を脅かし続けている「魔獣」でした。

アルカは猫耳尻尾を持ったデザイナー・チャイルド(改造人間)の少女フィル=フェンリットともに、魔法と科学の力を合わせて、千年の因縁のある「魔獣」との対決に臨みます—―!

※ ※ ※

良い意味で古典的というか、王道中の王道のファンタジー展開を、驚異のクオリティで展開する作品です。一気に読めてしまいます。

科学技術の発展した世界に、主人公の魔法使いが毎度毎度で驚くという、近年の異世界転移チート物の構図を逆転させたような展開が繰り広げられます。

非常に巧いなあと思ったのが、フィルが連れているナビゲートロボット「ナビ」が作中世界のことを色々と説明してくれる点。
ナビがアルカに説明するシーンを通して、読者も作中世界のことを詳しく知ることができるうえに、やたら詳細な説明が「ロボットの解説だから」不自然にならない形になっています。

こういう点も、読みやすさを促進していますね。

※ ※ ※

ケモミミさんとしては猫耳尻尾が生えるように遺伝子操作されたデザイナー・チャイルド、フィルが登場します。
一見、活発な少女といった印象なのですが、アルカに対して丁寧に大人っぽく振る舞おうとしたり、それが逆に子供っぽい風に見えたりと、なかなか複雑な雰囲気をもった娘です。

そういう複雑な性格を見せるところが、ある意味で猫っぽいとも言えます。

あと、デザイナー・チャイルド(猫娘)だから体温が高い、という描写が出てくるんですが、ケモミミキャラの体温が高い、という描写はたま~に出てきますね

SF的なケモミミ作品では、「体温の話」を入れておくとSFっぽさがちょっと増しになるので、要チェックですね!



萌え ブログランキングへ

ネコミミアニメの感想。『ほら、耳がみえてるよ!-喂,看见耳朵啦-』第2話~第6話

中国原作ケモミミアニメ~!
ということで、スーパーじゃなくて市場で買い物していたり、色々な表示が中国語だったりとちょこちょこっと異国情緒が入っているところが良い。


猫耳少年・ミョウの耳の絶妙なフニフニ感・・・とても柔らかそうな耳の動きをするところがたまらないのです。
擬態語であらわすと、耳の動きが「ピコピコ」じゃなくて明らかに「フニフニ」なんですよね。この微妙な感覚はぜひ実物を見ていただきたい!

以下、各話感想です。

●第2話『ミョウとの出会い』

ミョウが仕事中のダイスウの気を引くためにわざと水の入ったコップを倒すところは、とても猫っぽくて良い。猫耳キャラでこの行動をするキャラは意外と見ない。

●第3話『市場にお買いもの』
市場のシーンが個人的に新鮮でした。
水槽の魚を見て「魚が殺されるのがかわいそう」とつぶやくミョウが、本気で言っているのかただ言ってみているだけなのか分からないところが、猫っぽさを感じる。

●第4話『おばあちゃんとの電話』
感動シーンになりそうなところで空気を読まないミョウがまさに猫!

●第5話『猫耳の秘密』
新キャラ登場。あと、世界設定について少し語られます。
ミョウのことを「かわいい」と感じるのは、ダイスウだけでなく他の人物もそうであるらしい。

●第6話『ミョウがいなくなる!?』
感動の話になりそうなところでギャグ方向に振るのはこの作品の特徴ですね。
そのまま感動方向に進めても良いと思うんだけどな~

クラリオンの猫水着について超超高速言語で語り合いたい。『紅殻のパンドラ』14巻

今からそう遠くない未来。
サイボーグ技術や神経接続ネットワーク、知性を持つアンドロイドといった夢の技術が実用化されつつある一方、破滅的な自然災害と戦争によって人類文明は存亡の危機にあります。

「世界平和」を目指す脳ミソ以外全部機械の脳天気娘・七転福音(ナナコロビ・ネネ)と、無愛想な戦闘ネコミミアンドロイド(?)・クラリオン、そしてクラリオンの「妹」を自称するフォボスの三人は、世界の災厄をよそに人工リゾート島≪セナンクル・アイランド≫でまったりとした日常を過ごしているわけですが・・・。

そんなネネたちの日常の裏で、秘密結社ポセイドンの極秘計画が着々と進行しつつあるようです!

世界観の深みを増すネコミミSF漫画『紅殻のパンドラ』、単行本14巻が11月10日より発売中です!
アルトマン警部が秘密結社ポセイドンの戦闘用ロボットに襲撃され、消息不明になってしまった一方で・・・・・・ネネたちは相変わらずの日常を送っています。

日常といってもなかなか印象的なことが起こっていて、一つはネネと同じ病院にいたことのある全身義体の少女・荒巻理凰との出会い。

もうひとつはブエルと同じソロモンシリーズである「魔界の公爵」アスタロトの来訪です。

「アデプタ」としてのネネの可能性を示す前者のエピソードと、秘密結社ポセイドンの「アポルシード計画」の一端が垣間見える後者のエピソード。
前の13巻に引き続き、多数の伏線を張っている回といえます。

※ ※ ※

理凰がイルカ型の義体で登場する話や、個人認証のFポートのエピソードなど、バトルorサスペンス描写が一切なくてもワクワクするような未来技術の面白さを見せてくれる・・・既存のサイバーパンクSFとの違いをこれでもかと推しているところが、まさにポストサイバーパンク的だなあと感じます。

個人的に超AI同士が超超高速言語でおっぱいとフトモモについて語り合う、みたいな、技術の無駄遣い極まった描写こそが本作の醍醐味だと思うのですよ。こういうの物凄く好き。

平成も終わろうとしている中、本作、昭和的バカSFの遺伝子をしっかりと引き継いでいると感じるのです。

士郎正宗先生の設定メモも20ページを超えるちょっとした資料集レベルの内容になっていて、先生のファンだけでなくSF的な概念にどっぷり浸りたい人にも、おススメですね!

※ ※ ※

巻末おまけ漫画・バンドラジオで、この作品はいつも「南の島編」で「水着回」だとネタにされていますが、今回、ただの水着回じゃなくてクラりんが猫水着を着ているんですよ!!
photo_1310




















『紅殻のパンドラ』14巻P74(春夏秋冬鈴・六道神士・士郎正宗/角川書店)


この水着、面白いのがフトモモのあたりに尻尾を模した紐がついているんですけど、後ろから見るとちょうどクラリオンに尻尾が生えているように見えるんですよね。

クラりんはネコネコカワイイけれど、尻尾が無いのがちょっと寂しいと常々思っていたので、こういう形で尻尾が補完されるのは良い感じです!

(普段のメイド服では、後ろ側でエプロンを結んでいるヒモが、ある種の尻尾要素を含んでいたりします)

ケモミミ回ですよ!(後から大変なコトになる)『カガクチョップ』5巻

科学部部長・鈴園沙衣の危険な発明が炸裂する!
科学部ギャグマンガ『カガクチョップ』の5巻目が11月9日より発売中です!

表紙のみんながケモミミさんになっているように、今回『実験その56(第56話)』が沙衣の発明「アニモーフガン」で動物人間化する回となっています。

最初こそ委員長・蓮が可愛い猫娘になっていますが、徐々に話は(恒例のように)異様な方向へと・・・。
photo_1308
















『カガクチョップ』5巻P39(カヅホ/フレックスコミックス株式会社)


見ようによっては、かわいらしい上のシーンも、実は動物としてはちょっと異様なのかもしれません。

耳が四つあるし・・・。

このこと(動物として異様)が後のネタに繋がっているとしたら、なかなかの伏線だと思ったり。

※ ※ ※

四つ耳派とアンチ四つ耳派の戦いは果てが無いですが、超ヒットしたケモミミ作品のキャラクターってわりと四つ耳設定だったりすることが多いんですよね。
『けものフレンズ』のアニマルガールや『あそびにいくよ!』のキャーティアがそうだし。

あそびにいくヨ! (MF文庫J)
神野 オキナ
KADOKAWA / メディアファクトリー
2012-09-01


四つ耳設定の利点としては『カガクチョップ』の猫耳化蓮でも見られるように、「眼鏡をかけていても不自然ではない」「(人耳のある場所を隠さなくても良いので)髪型の自由度が高くなる」という点が挙げられ、それゆえにこの設定を好む創作者も多いのでしょうね~



萌え ブログランキングへ
記事検索
最新コメント