ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

カーラ中尉とメインクーンの関係。『ノーブルウィッチーズ6 第506統合戦闘航空団 疑心!』

解放されたガリアの首都防空を担う第506統合戦闘航空団(506JFW)。
当初は反目していた欧州の貴族子女中心のA部隊『ノーブルウィッチーズ』と、自由の国リベリオンからやってきたB部隊は、今では強い連帯で結ばれるようになっています。

しかしネウロイから解放されたガリア自体は、王政復古を狙って暗躍する王党派と、自由主義に傾倒しすぎてやや過激になりつつある共和派の対立が顕在化し、506JFWはその政争の渦中に巻き込まれてしまいますが・・・!

物語がさらに深まっていく、ストライクウィッチーズ新編『ノーブルウィッチーズ』の6巻目は5月1日より発売中です!

女王様気質のカールスラントの名門貴族・ハインリーケ(使い魔:黒猫)が、まだ「扶桑の化け猫」(映画)の恐怖から立ち直っていないころ・・・。

扶桑国の貧乏華族・黒田那佳(使い魔:柴犬)は、セダン市街にて謎の落下傘部隊の襲撃を受けていました!
その降下兵は那佳よりもずっと幼い子供であり、その子供は、自分たちは「ガリアの子ら」と呼ばれる王党派の特別部隊であると語ります。
催眠術によってウィッチ以上の能力を持たされた強化兵士の子供は、あっという間に那佳を無力化。彼女を人質に取ってしまいます。

王党派の幹部?から、那佳の身の安全と引換えに協力を強要された506JFWの名誉隊長ロザリーは、仕方なく王党派へ協力する旨を返答します。

そんな中、共和派の勢力が強い都市トロワに中型ネウロイ5体が襲来!
トロワの市民は506JFWを王党派の手先と罵り、避難勧告を拒否したため、506JFWはネウロイを市街に近づく前に撃破するという困難な戦闘を強いられることになりますが・・・。

※ ※ ※

第二章と第三章の間の『INTERMISSION』にて、リベリオンのカーラ中尉(使い魔:メインクーン)の子供時代のエピソードが描かれます。

彼女は実際に子供の頃にメインクーンを飼っていて、学校にメインクーンを連れて行ったときに魔法力が発現した、みたいな話が語られているので、飼っていたメインクーンがそのまま使い魔になっているということなのかな?

スト魔女の使い魔設定は公式でもあまり明確に語られてなくて、考察の悩みどころですね。

※ ※ ※

『ノーブルウィッチーズ』は軍人・政治家以外にも、ノーマン・ロックウェルのような文化人・記者の実在の人物が登場するところが、歴史のIF感が出ててよいと思います。



萌え ブログランキングへ

猫姫の登場する本格ファンタジーですよ!『引きこもり英雄と神獣剣姫の隷属契約』

世俗から離れた秘境の地で、誰にも理解できない「超常の武具」を作り続けている若き武器匠。
そんな武器匠のもとに、血気盛んな猫の姫がやってきます。

帝国からの侵略を受けている祖国を救うため「超常の武具」を求めてやってきた彼女ですが、それらの武具の「作り方」の真実を知った猫の姫は、武器匠を味方に引き入れたことを後悔することに・・・。

MF文庫としては久々の純本格ファンタジー小説『引きこもり英雄と神獣剣姫の隷属契約 ふたりぼっちの叛逆譚』が4月25日より発売中です!

武器匠・白火(はくび)は世俗を離れ、山奥でひとり、秘法《変幻流転》の力を使って「封命具(ほうめいぐ)」と呼ばれる武具を作り続けています。
封命具は自ら意志をもって動く超常の武具であり、封命具の槍や弓矢が一揃いあれば、どんな精鋭部隊ですら敵わない、無敵の一個軍団が手に入ったも同然というほどの兵器です。

ある日、白火のもとに猫の耳と尻尾を持った、やたら活発で血気盛んな猫の姫ソウガ・ルリ・グウィンが訪れます。
誇り高き神獣テンガイの末裔を自称するグウィンの一族は、今、《沈黙帝》カースが率いるディセント皇国の侵略を受け窮地に陥っており、起死回生の策として白火の力・・・封命具の力を借りるためにやってきたのです。

もとより世俗のことには一切関わりたくない白火ですが、獣と人の美しさを併せ持つグウィンの「素材」としての資質に目をつけて、最終的にグウィンの体を自由にしていいのなら協力すると答えます。グウィンは匠の力が借りられるのならと二つ返事で承諾します。

そうしてソウガ一族の宮廷に迎えられた白火は、帝国軍に組した獣人の戦士たちを封命具でやすやすと打ち破ってその力を見せつけます。
けれども、その封命具を作るために生命が素材として使われたこと・・・自分の愛犬が封命具の素材として犠牲になったことを知ったグウィンは、白火の力を借りたことを後悔しますが・・・。

しかし、戦局は悩んでいる間もないほどに、深刻な状況へと推移していくのでした、、、

※ ※ ※

タイトルが最近の異世界転生モノっぽくって、内容が誤解されそうだなあと感じるのですが、かなり硬派なハイ・ファンタジー小説です。

神獣の末裔を自称するソウガ一族の独特の価値観や、命を封じて作る究極のマジック・アイテム《封命具》、そして完璧な《封命具》を作ることに全霊を懸けている、常人には理解しがたい職人魂の権化である主人公の白火。

いかにも別世界といった雰囲気が強く漂っていて、ゲーム色の無いファンタジーが読みたい!という人にオススメです。
近年のラノベファンタジーの系統としては『血翼王亡命譚』とちょっと似てるかな?


※ ※ ※

《封命具》を作ることが全ての価値基準の中心になっている白火のキャラも面白いのですが、猫の姫グウィンも無口な白火と対になるかのように騒々しいタイプで、なかなか良いキャラをしています。仕草もかなり猫っぽいです(特に瞳の描写の仕方に力が入っています)。

あと、グウィンのお付の侍女の茶猫娘ダナがずっと白火を警戒して不信感を抱いている様が、侍女っぽくて良いです。普通のメイドと、貴人に付く侍女はわりと違う役割、というのがきちんと描かれています。



萌え ブログランキングへ

猫のアバターは猫舌ではないようです。『デスゲームから始めるMMOスローライフ』2巻

デスゲームと化したヴァーチャルMMO-RPGの世界で、そんなこととは全く関係なくスローライフを送る主人公たちに、新たな災厄(?)が来襲します!

小説家になろう発の『デスゲームから始めるMMOスローライフ』の2巻目!『押しかけドワーフ嫁と作る究極のグルメ』が4月20日より発売中です!

ヴァーチャルMMO-RPG《サバイバルアーツ・オンライン》は、「ゼロ」と呼ばれる謎の人物によって、ログアウト不可、ゲーム内での死がプレイヤーの本当の死となるデスゲームへと作り変えられました!

そんなこととは全然関係なく、戦闘には役立たない《DIY》スキルを使ってヴァーチャル世界でフルーツを探したり、釣りをしたりとスローライフを満喫していた古参プレイヤー・ミナトのもとには、このゲームの攻略をほぼ諦めて行くあての無くなった女の子たちが集まってくるようになりました。

天才ゲーマーなのに、このゲームと相性が合わずに最弱化してしまった猫耳っ娘アバターのヒノカ。
現実にもゲームにもイマイチやる気のないフェアリーアバターのシーナ。
記憶を失くしているという自称初心者、エルフアバターのココ。

そして今回、「運営会社の社員」と称するドワーフ娘アバターのタマネがミナトたちの前に現れます!
タマネはココがデスゲームを引き起こした張本人「ゼロ」だと確信し、何もわかっていない様子のココに執拗な追及を始めるのですが・・・!

※ ※ ※

記憶を失くしたと言うココが、実は記憶を失くしたふりをしている「ゼロ」なのか、はたまた「ゼロ」だったけれど本当に何も分からなくなっているのか? 作品世界の根幹に関わる謎がストーリーの底流に置かれてはいますが、お話自体は主人公ミナトが女の子たちとイチャイチャしながら新しい料理を作ったりするスローライフな内容です。

※ ※ ※

このゲームにおける「ドワーフ」が、両こめかみに角が生えた容姿であるところが気になります。あまり他作品では見ない設定なのですが、何か元ネタがあるのかな?

本作のケモミミ筆頭である猫娘ヒノカは、今回はとある料理を食べて感涙するシーンが印象に残っていたり。
本物の獣人ではなくあくまでゲームの「アバター」なので、彼女は熱いスープも大丈夫みたいです。
彼女はどちらかというとツンとした猫っぽい性格で、猫らしさを表現している感じですね。



萌え ブログランキングへ

猫の魔王先輩と働く職場。『トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした』

トラックに轢かれて、死後の世界にやってきた少年。
異世界転生できるかと思ったら、ろくな転生ができないことが分かったので、そのまま美少女&ケモミミ美少女のいる天国(?)で働くことにしました!

『トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした』は2月2日より発売中です!

十五歳の梅川志郎はトラックに轢かれて死後の世界にやってきました。

エルフ耳っぽい種族がいたり、獣人っぽい男がいたりと、周囲にいる人(?)はわりとファンタジーなのですが、周辺の光景は完全に役所か銀行のような、ファンタジーもへったくれもない雰囲気。

志郎は番号札で呼ばれて、受付カウンターにいる超絶美少女エルフ(精霊)のフィリアに今後の身の振り方について説明を受けます。
志郎は悪人ではないので転生する権利を有するが、善行も積んでないために「転生ポイント」が全く足りないので、ラノベ好きの志郎が望むような「異世界転生して俺TUEEEEE勇者」な転生はできない、とのこと。

落胆する志郎に対して、フィリアは転生ポイントを稼ぐ方法が一つだけある、とささやきます。
それは・・・この死後の世界の臨時職員としてアルバイトすること!

こうして、死者の転生先をコーディネートする「第1転生課」の臨時職員となった志郎は、理想の転生生活のために、天文学的な転生ポイント稼ぎに挑むことになりますが・・・!

※ ※ ※

異世界転生モノではなくて、異世界人っぽいヒトたち(ヒトじゃないのもいる)と一緒に普通の仕事をするような話です。

実のところ経営ファンタジーに近い内容も含まれていたりします。
(「万単位におよぶ死者と面談して転生先を決める、という仕事をどのように捌くか」とか、「死者が本当に満足する転生先とは?」みたいな顧客満足に関する議論とか)

終盤は志郎のこだわる「異世界転生」というネタを巧くからめていて、「なるほどこうくるのかー」と思わされました。

※ ※ ※

本作の真・ヒロインは、もしかしたら志郎のことをすごく慕っているスライムの「レン」(注:外見は美少女ではなく、ぷにぷにしたゼリー状モンスター)なのかもしれませんが、ケモミミな女性キャラとして元・魔王のセルセラが登場します。

生前に魔王としてずいぶん悪い事をしてきたせいで転生ポイントがマイナスに振りきれているため、転生課の臨時職員として働くことで「普通のお嫁さん」に転生すべく、転生ポイント稼ぎに日々勤しんでいるという猫娘です。
志郎から見ると、頼りになる姉御肌の先輩といった立ち位置。

やたら尻尾の使い方が器用なのが特徴で、尻尾で志郎の背中を痛くなるほど叩いたり、尻尾でレンをぷにぷに弄んだりと、作中でもその器用さを見せつけてくれます。



萌え ブログランキングへ

ケモミミ率高い妖怪日常漫画です。(ついに主人公もケモミミになります)『あやかしこ』3巻

祖母から妖(あやかし)の憑いた共同住宅を引き継いだコミュ障女子高生・真帆路(まほろ)と、人間じみた妖たちとのほのぼのな日常を描く、『あやかしこ』単行本3巻目が3月23日より発売中です!

3巻は主に真帆路に妖以外の友達ができたことで、妖との関係も少し変化していく・・・というお話。

真帆路はドイツ人ハーフの関西人転校生・エミと仲良くなったことで、お昼に一緒に食べるおべんとう作りに力を入れる一方、妖狐の玖雨狐(くうこ)は真帆路の関心が自分からやや離れたことに少し寂しさを感じています。

猫又のネネはもう少し真帆路や他のみんなの役に立ちたいと思っているものの、なかなかうまく行動につなげられずに不自然なことをしてしまったり・・・。

座敷童のきぃは、自分が昔のことをあまり覚えていないこと、そして今の楽しい時間もきっと忘れてしまうだろうからと、写真のような何か「今」の記憶を残せるようなものを欲しがったり・・・。

平穏な日常が続くようだけど、徐々に変化していく「あやかし荘」の日々が描かれる3巻です。

※ ※ ※

あいかわらずケモミミ率の高い妖怪漫画で、玖雨狐、ネネ以外にも、第19話では双子の稲荷狐アキ&クキがメインになるエピソードが描かれます。

そして第25話のハロウィンの話では、ついに主人公の真帆路も猫耳化!
photo_1012




『あやかしこ』3巻P172(ヒジキ/メディアファクトリー/KADOKAWA)








本作、「(獣の)耳と尻尾がある」と妖怪の証拠だ、みたいなネタが時々出ていたんですが、人間の真帆路も猫耳と尻尾が付くことで「妖の一員」になれるという点で、実はある種の伏線になっていたのかなあと考えたりします。



萌え ブログランキングへ
記事検索