ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

ネコミミアニメの感想。『ほら、耳がみえてるよ!-喂,看见耳朵啦-』第1話

『ようこそジャパリパーク』以外の秋アニメでケモミミ的に注目しているのは、この『ほら耳』ですね~
『縁結びの妖狐ちゃん』につづき、中国原作ケモミミアニメの視聴としては二作目となります。


●第1話『モフモフなルームメイト』

若干ボーイズラブっぽい雰囲気はありますが、そのあたりを抜きにしても全然楽しめます。
ネコミミの生えた可愛い子と同居する時のアレコレを描いた、癒し系ショートアニメです。

アニメ第一話では説明されないのですが、主役のルームメイト二人・・・売れない漫画家のダイスウと、謎の猫耳少年ミョウには色々と背景設定があるみたいです。公式サイトの[作品詳細]を先に読んでおくと良いかもしれません。

ミョウが仕草にしろ性格にしろ、とにかくネコネコカワイイキャラクターなので、難しい事を考えずに彼を眺めて癒されればOK!というのも真理ですね。

※ ※ ※

最近(2010年以降)の日本のケモミミ作品では、ケモミミの正体が普通の人にばれたとしても、「コスプレ」で押し通してそんなに問題にならない、という展開が多いのですが、本作『ほら耳』第1話ではストレートに「正体がバレるかも」ネタを中心にした話が展開します。
ちょっと懐かしい感じのするストーリーです。

日本で「正体バレ」ネタをやらなくなったのはそういう展開がマンネリ化したから、という理由が一つあるのでしょうが、『ほら耳』を見ているとまだまだ工夫できそうだなあと思います。

「帽子で猫耳を押さえつけているから痛い」から始まるダイスウの気遣いやミョウの反応は、なかなか新鮮に感じられますね。

えっちでラブでハートフルな、正統派の猫耳恋愛漫画ですよ!『ミックス。ケモ耳少女と繁殖しちゃお?』

人類と、人類+αの混合種「ミックス」が共存している世界。

研究にしか興味の無い若い大学助教・中嶋圭吾は、ある夜、行き倒れていた猫のミックスの娘を拾います。
保護者どころか名前も分からない、ミックスの娘をどうするべきかと迷っていると、娘はいきなり「せんせぇは、はんしょくのおしごと、しないの?」と服を脱いで圭吾に迫ってきますが・・・!

えっちでラブでハートフルな猫耳漫画『ミックス。ケモ耳少女と繁殖しちゃお?』が10月10日より発売中です!
研究一筋で恋愛に興味が無い若い大学助教・中嶋圭吾が拾ったミックスの猫娘は、かなり奇妙な娘でした。

動物の特徴を持つミックスとはいえ、普通は人並みの知識と常識を備えているはずですが、拾った猫娘は服の着方も分からず、「自分の名前」という概念が理解できなかったりと、まるで野生少女・・・というか動物の飼猫のような雰囲気なのです。

そして一番良く分からないのが、「おしごと」と言ってエッチをせがんでくること。
「黒い服の人間に追われている」等、どうも表沙汰にできない場所にいたのではないかという様子をちらつかせます。

当初はミックスに対する知的好奇心からエリカと名付けた猫娘に接していた圭吾ですが、子供・・・というより仔猫のように無垢な彼女と接しているうちに、徐々に情が移っていきます。
しかしそれが恋愛感情なのか確信できない圭吾は、エリカに一線を引いた態度をとってしまい、結果的に自分を苦しめることになってしまいますが・・・。

 ※ ※ ※

かなり過激な描写もありますが、物語はまさに猫!な猫耳女の子と思いっきりラブするという正統派の猫耳恋愛漫画です。
無垢なようなのに、どことなく暗い部分が見え隠れする野良猫的な一面もとても良い。

エリカの仕草はものすごく猫っぽくて、怯えて机の下に縮こまっているシーンや、帰ってきたら圭吾にどーんと頭突きするところ、なんとも言えない無表情で見上げるところなど、かなりリアリティを感じる描写が多いです。

猫耳萌え漫画の進化を感じる作品です。
(ちなみに兎っ娘も登場しますよ!)

 ※ ※ ※

今回注目したコマ。
表紙絵でも分かるように、エリカは牙がかなり目立つ猫耳娘なのですが、作中では唇部分と牙が一体化した描き方がされています。
photo_1296



















『ミックス。ケモ耳少女と繁殖しちゃお?』P23(東雲龍/少年画報社)


『このはな綺譚』7巻『あいどるスマッシュ!』のルゥのように、最近ケモミミ漫画でもこの『ゆるキャン△』犬山さん的な描き方(唇部分と八重歯が一体化している)をよく見かけます。

ケモミミキャラは八重歯(牙)を持っている率が高いので、この描き方はケモミミ界でさらに広がって一般化していくかもしれませんね。

ふくねことの最後の日々。『ふくねこ』4巻

福猫町に引っ越してきた女子中学生・海子(あこ)のもとに、どう見ても女の子にしか見えない不思議な猫「フク」がやってきます。

フクやその仲間たち「ふくねこ」との交流を経て、突然の引っ越しや両親の不在による寂しさを抱えていた海子も、だいぶ「幸福」を感じられるようになってきました。

でも、海子が幸福になるということは、「ふくねこ」たちとの別れが近付いていることも意味しているのでした、、、

ほっこりする不思議な猫耳漫画『ふくねこ』。感動の完結編4巻が10月12日より発売中です!

「ふくねこ」とは、何かが欠けている人間に寄り添うため、人の姿に変化した猫たち。
それゆえに、寄り添う人間の欠けていたものが埋まって「満たされた」状態になったら、「ふくねこ」は人の姿を失い、普通の猫に戻ってしまいます。

もともとは友達のいない福猫町に引っ越すことが不満で、引っ越した後もずっとゴネていた海子ですが、フクをはじめとする「ふくねこ」たちとの交流によって、だいぶ福猫町にも馴染んできました。
そしてフクの熱心な働きかけによって、海子に欠けていた一番大きなものが満たされる日がついに訪れます。

しかし、それによってフクと別れることになると知った海子は、大泣きしてフクを引き留めようとしますが・・・!

 ※ ※ ※

「ほっこり」と「しんみり」が交互に訪れる最終巻です。
登場人物が喜びor悲しみで強い感情を見せているときも、画面全体にはゆったりした長閑な雰囲気が漂っているのが、ホントに独特の作風をお持ちの作者だと感じます。

こいこいと踊る「ふくねこ」たちも可愛くて癒されるのですが、作品自体に漂うこの空気にも大きな癒しを感じますね。

 ※ ※ ※

今回注目したコマ。
福猫町を守護する「ふくねこ」たちの元締め、大福神様の姿。
猫耳尻尾だけでなくヒゲもあります。
photo_1294


















『ふくねこ』4巻P79(松沢まり/双葉社)


2015年の『魔法医猫といばら姫』の記事にて、日本の猫耳キャラはあまりヒゲが描かれないと述べたのですが、『ばけばけ森の妖稚園』でもヒゲ付き猫耳娘が登場していたりして、近年は「ヒゲ付き猫耳娘」も少しずつ増えてきている感じがしますね。

森山大輔短編集 魔法医猫といばら姫 (電撃コミックスNEXT)
森山大輔
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-11-26

「おねがい師匠ねえねえ、びりびりしたい」(by黒猫娘)『転生したら剣でした』コミカライズ版4巻

数奇な運命により、意志を持った魔剣に転生した30歳の会社員と、その使用者となった黒猫族の奴隷少女。
かりそめの師弟関係を結んだ二人は、手に手を取って悲惨な境遇からの脱出を目指します!

なろうコンこと第4回ネット小説大賞受賞作『転生したら剣でした』、好評のコミカライズ版4巻が9月21日より発売中です!
物語序盤も佳境に入る「46. 顔合わせ」から、蜘蛛のダンジョンのテレポーターでフランと魔剣の「俺」が離れ離れになってしまう「50. トラップとトリック」までが漫画化されています。

まだまだかなり先が長い物語なんですが、あまりエピソードを飛ばさずにものすごく濃密に描かれていて、よくある原作のあらすじでしかないコミカライズとは一線を画しています。

狼耳伝奇作品『月輪に斬り咲く』でケモミミ造形に実力を見せた丸山朝ヲ氏の作品だけあって、黒猫娘フランもめちゃ可愛いのでおススメなのですよ。

追加収録されている特別短編『フランとパンケーキ』あたりは、猫にゴハンやっているかのような癒しを感じます。

※ ※ ※

黒猫娘フランはもともとの性格に悲惨な境遇が相まって、あまり感情表現が豊かなタイプではないのですが(それがわりと猫っぽくもある)、この4巻では結構笑顔を見せている場面が多いです。
師匠がいるので《戦技》の習得が早い、と褒められたり、雷鳴属性の魔術を教えてもらいたくて師匠に甘えるような表情を見せたり、師匠に関連する事柄では表情をほころばせている場面が多いように感じます。
photo_1283


















『転生したら剣でした』漫画版4巻P97(丸山朝ヲ・棚架ユウ・るろお/幻冬舎)


「師匠に対する時だけは笑顔を見せる」というフランの特徴は、漫画版でより印象的に描かれています。
漫画版を読んだうえで、あらためて原作を読んでみると場面がより鮮やかに浮かんできますよ~

撫でると反応がおかしい猫耳っ娘。『借金少年の成り上がり『万能通貨』スキルでどんなものでも楽々ゲット!』

借金まみれの極貧少年が「何でも買える(文字通り)」スキルを手に入れた?
武器防具どころか、レベルやスキルや能力値だって買えちゃう!

元奴隷の猫耳娘と一緒に、金の力で最強を目指すウェブ小説『借金少年の成り上がり『万能通貨』スキルでどんなものでも楽々ゲット!』の書籍版が8月16日より発売中です!
ベルハルト少年は失踪した両親の残した数百万ゴールドもの借金を背負い、人生八方ふさがりの状況にありました。
まだ子供で何のスキルも無い彼は、薬草拾いの重労働でなんとか日々の糧を得ていましたが、借金を返すには全く焼け石に水といった状況。

ある日、彼は魔物に襲われて瀕死の境をさまよった末に、「万能通貨」という謎の能力を身に着けました。
それは「この世のあらゆるもの」を金と引き換えに一瞬で入手することのできるスキル。

普通に街で入手できる武器防具だけでなく、剣術や体術といったスキルの習得、身体能力の強化、果ては「探索のヒントを入手する」といった形の無い情報まで、ありとあらゆるすべてのものを金で買うことができるのです。

この能力の大きな可能性に気付いたベルハルトは薬草拾いを止め、旅の仲間として奴隷の猫娘を“買って”、冒険者として身を立てることを志しますが、はたして・・・!?

 ※ ※ ※

おおむねWeb版の38話付近までが書籍化されてまとまっています。

本作の特徴は、万能通貨スキルのチート的な面白さ以上に、薄幸の奴隷猫耳少女・ミアとのやりとりが重視されているところにあります。

『転生魔術師の英雄譚』『チートな飼い猫のおかげで楽々レベルアップ。』と同じく、「ケモミミ娘が唯一の恋人」タイプの小説ですね。
ケモミミ好きな人にとっては、ハーレムよりもこういう一途な関係の方が好み、という人が多いかもしれません。
転生魔術師の英雄譚 2
佐竹 アキノリ
主婦の友社
2018-07-31



ミアは種族的には猫獣人のようですが、作中でもベルハルトが語っているように、どことこなく忠犬っぽさがある少女です。

ベルハルトがミアの頭を撫でるシーンがあるのですが、やたらとあらたまっているせいで奇妙な緊張感が漂っていて面白いので、その部分だけでもぜひ一読をおススメします。
記事検索
最新コメント