ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

ぼっち猫娘、立派な店員になれるか!?『猫娘症候群』2巻

猫化する病気(!)で猫耳娘になったぼっち気質の雪と、彼女のことを気にかけるポジティブ少女・りこ。
雪は りこ との様々な交流を経た末に、なぜか猫喫茶の店員として働くことになりますが・・・!

新たな展開に注目の『猫娘症候群【かとるすしんどろーむ】』、2巻目が7月27日より発売中です!
【カトルスシンドローム】と呼ばれる原因不明の病気により、0~12歳の頃に猫耳が生えてしまう(カトルス化する)ことがある世界。

カトルス化した少女の一人・白椛雪は、幼い頃に変な目で見られたりした経験から、自分がカトルスであることを意識しすぎて人との関係をうまく結べない状況にありました。

そんな中、ポジティブで猫にやたらと好かれている「変な人」彩野りこが、雪のことを積極的に構うようになります。

雪は戸惑ってツンツンな態度をとりながらも、次第にりこに好意を持つようになり、ついには彼女の家が経営する「猫喫茶アヤノ」を手伝うことになるのですが・・・。

それが雪の世界を大きく広げることになるのでした――!

※ ※ ※

1巻は猫耳化した女の子と猫でない女の子の交友、といった内容でしたが、2巻は「女子高生による喫茶店経営&百合漫画」という前代未聞の内容になっています。

りこ大好きで強引に「猫喫茶アヤノ」の仲間に加わるスコティッシュのお嬢様猫娘・垂山美々果(すやまみみか)や、メイド喫茶「@ほぉ~むカフェ」(現実にある店とコラボしています!)の無表情な猫メイド・小栗さん(マロンさん)といった新たなカトルスも続々登場し、展開も二転三転していきます。

特に小栗さんは「一見とっつきにくいカトルス」という点で雪と属性が似ているけど、自分の個性を生かした接客で高い人気を誇っているという点で、雪の目標とすべき人物になりそうな雰囲気です。

※ ※ ※
今回気になった描写。
本作、猫耳作品として目新しい表現が多く、気になる点が多いのですが、今回はやはり雪がゲーム(FPS)をする時につけている「ヘッドフォン」に着目してみたいと思います。
photo_1240























『猫娘症候群』2巻P107(ネコ太郎/一迅社)


ヘッドフォンをつけたケモミミ娘というシーンは『ようこそ幻界集落へ!』でも描かれていましたが、そちらの方ではイヤホン部分のみが見えていて、ヘッドバンド部分がどうなっているのかが分からなかったんですよね。
『猫娘症候群』ではちゃんとヘッドバンド部分が見えていて、わりとカトルスでもフィットするように作られていることが分かります。

『猫娘症候群』の世界では病気で猫娘になる人がそれなりにいるので、猫娘向けの生活用品が普通に売られているのかもしれませんね。



萌え ブログランキングへ

旅の終着点。クロと双子猫娘の運命は・・・?『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』第7集

自分に呪いをかけた魔女を探して、棺を担いで旅をするクロ。
本来の性格を失い身体が朽ちゆくほどの長い長い時間、旅を続けてきたクロは、とうとう旅の終着点にたどり着きます・・・!
ロングセラー・ストーリー四コマ漫画、ついに完結! 第7集が7月26日より発売中です!

クロの旅の結末が描かれた最終巻です。
ものすごく長い物語だったような気がするけれど、巻数としては7巻なんだねー
それだけこの作品の世界観の広がりと奥行きが途轍もなかったということなんでしょうけど。

双子の猫型ホムンクルス、ニジュクとサンジュの行く末に関しては、本当に予想外といっていい結末でした。
ここまで(良い意味での)意外性を見ることのできた作品は久々かも。

作者あとがきによると、番外編がもう一巻出版されるみたいなので、まだクロたちの旅を垣間見る機会がありそうです。楽しみ。

※ ※ ※

物語当初は何の動物のケモミミ娘か判別できなかった双子のホムンクルス、ニジュクとサンジュですが、物語後半でちゃんと「猫娘」であることがハッキリしました。

二人の尻尾、カクカクしてくるっと巻いているのは、きゆづきさとこ氏独特の描き方です。
猫耳キャラの尻尾ってキャラクターに「しなやかさ」を付与するために、すらっとした印象になることが多いのですが、ニジュクとサンジュの場合はどちらかというと「ちまっこさ」を印象付ける尻尾の形になっています。
photo_1238















『棺担ぎのクロ』第7集P3(きゆづきさとこ/芳文社)



萌え ブログランキングへ

りんカップ!! ~ねこさば記録その7

アニメ化してほしいスマホゲー第一位(自分の中調べ)のアルティメット猫耳RPG猫耳さばいばー!のプレイ記録です。

飼い主さん同士のバトル「にゃん殺」・・・じゃなくて「にゃんコロ」は現在「りんカップ」開催中!

この「ねこさば記録」でも時々書いているのですが、わたしはこのゲームの登場にゃんこの中ではりんちゃんが一番好きなのですよ。
なので、今回は結構頑張ってます!

我がりんちゃん部隊を御覧じろ!
photo_1232












・SRお誕生日りん
・SRクールサマーりん
・SRイースターバニーりん
・SRりん
のSR中心りんりん部隊です。
photo_1233













一番りんちゃんに似合っている格好は個人的にノーマル制服のりんちゃんだと思っているけど、にゃんコロの勝負ではちょっと力不足なので今回はお休み中。
というか、このりんちゃんのキャラデザ考えた方は本当に神懸かってると思いますよ、、、
いかにも「黒猫の女の子」っぽさがあって凄く良い、、、
photo_1234












ランキングはどうにか20位内まで到達したけど、このまま維持できるかな・・・。
いつかランキングトップ10入りを目指したいところ。
photo_1235













※ ※ ※

このりんりん部隊、今まで使っていたどのパーティよりも強いみたいで、久々にチャレンジバトルやってみたら長い間突破することができなかった12戦目をあっさりクリア。
photo_1236












あっさりと18戦目まで到達してランキング15位に入りました。
photo_1237












今更ながらコツに気付いたのですが、素早くて追撃数の多いにゃんこ(ここでは「お誕生日りん」や「イースターバニーりん」)を多くパーティーに入れておけば、敵わんこの攻撃をキャンセルする率が高まるので、生き残り率が高くなるんですね~

「にゃんコロ」もいいけど、こっちのチャレンジバトルも本腰いれて攻略してみようかなあ。



萌え ブログランキングへ

十二支の家の抗争!恭一と猫さん(夏歩)はどうなる?『恨み来、恋、恨み恋。』9巻

十二支を司る旧家が大きな力を持つ街、「十二町」。
今、この街では十二の旧家を陥れようとする陰謀が渦巻いています。

十二支の「子」を司る子国家の恭一は、自分を殺しに来たはずのコミュ障妖怪「恨み猫」・夏歩や、彼に仄かな恋心を抱く丑蔵家の朱華と協力して、十二町に襲い掛かる悪意を退けようと奮闘してきました。

しかしその努力も及ばず、とうとう子国家と「午」を司る午坂家の間に、決定的な亀裂が生じてしまいます・・・!

物語の大きな転換点に差し掛かった『恨み来、恋、恨み恋。』。
単行本9巻目が6月22日より発売中です!

恭一と夏帆と朱華。
三人はそれぞれに対して好意を伝えたにも関わらず、お互いにその真意を測りかねて戸惑い、前に進めない状況に陥っています。

そんな三人の恋模様とは別に、十二町の旧家の間では決定的な衝突が勃発。
町のためとはいえ、子国家のとった強引な手段に反発した午坂家が、子国家に「十二家対抗戦」を申し込みます。
決闘をするのは現・子国家頭領の恭一の妹・宮湖と、午坂家当主の遥菜。

家のことから意識して離れていた恭一は、宮湖が気負いすぎて危機的な状況にあることに、ようやく気付くことになりますが・・・!

※ ※ ※

恭一の立場に再び変化があり、物語の大きな転換点となっている9巻です。
表紙の遥菜のほか、宮湖と夏歩の関係についてもがっつり描かれています。

夏歩の全身像が結構出てくるので、それを見ていて今更ながら気付いたんですが、彼女の髪のサイドテールって猫の尻尾を模しているんですかね?
photo_1220























『恨み来、恋、恨み恋。』9巻P170(秋タカ/スクウェア・エニックス)


頭の猫耳も含めて、髪の部分だけで一匹の猫の形になっています。
彼女は恨み猫モードになると本物の尻尾も生えてくるので、四つ耳ならぬ「二つ尻尾」なキャラクターなわけですね。



萌え ブログランキングへ

猫嫁は雷も怖い。『異世界駅舎の喫茶店』(コミカライズ版)3巻

特急列車での移動中、19世紀風の異世界の駅に転移してしまった若い夫婦。
しかも、お嫁さんの方はなぜか猫耳娘に変身し、記憶を失ってしまいました。

夫婦は生活のために異世界の駅舎の一部を喫茶店に改装して、故郷・名古屋の喫茶店料理の提供を始めたところ、予想以上の大評判!
遠方のお客さんの間でも話題になる一方、今回はその噂を聞きつけた異世界料理界からの「刺客」が来襲することになりますが・・・!

第4回ネット小説大賞受賞の異世界喫茶店グルメ小説『異世界駅舎の喫茶店』、コミカライズ版3巻目が6月23日より発売中です!
19世紀風の異世界の駅・ハーパータウン駅での喫茶店経営も順調に進んでいる、若店主タクミと猫娘ニャーチのカップル。

相変わらずニャーチが本来の妻「柚(ゆう)」だった頃の記憶を取り戻す様子はありませんが、タクミは妻というより娘のようなニャーチとの日々を大切にしながら過ごしています。

そんなある日、タクミ宛に大量の「不幸のお便り」が届けられます。
それは、名古屋料理で異世界グルメに新風を吹き込んでいることをよく思わない錬金術師にして世界一の料理人(自称)、ジェシー・クロニクルからの挑戦状なのでした!

タクミはジェシーとの料理対決を通じて、こちらの地球では一般的なのに、なぜかこの異世界では一切見つからなかった、ある重要食材を目にすることになります・・・!

※ ※ ※

漫画版は原作小説のストーリーを下敷きにしつつも、大幅に味付けが変わっていますので、原作既読の人でも全く新しい感覚で読めますよ!

特に漫画版はニャーチがセクシー(?)ポーズを決めたり濡れ濡れすけすけになったりと、とにかくニャーチが可愛らしく目立って描かれています。ネコミミ萌え漫画としても十分以上の内容です。

漫画版は流行の異世界転移ファンタジーらしさが前面に押し出されているのに対し、5月に新しく出版された文庫版の方は一般小説らしい(中間小説っぽい)装丁になっているのが面白い。
本当に幅広い楽しみ方ができる作品なのだなあと再認識させられます。

※ ※ ※

前の巻「第8列車(第8話)」の時は蛇を怖がっていたニャーチですが、今回の3巻「第14列車」では雷にビビっています。
photo_1204















『異世界駅舎の喫茶店』3巻P79(神名ゆゆ/Swind/pon-marsh/メディアファクトリー)


この作品、ニャーチの習性がことさら猫っぽく描かれているんですよね。
語尾にときどき「にゃ」がつくとか、手を招くようにポーズをとるとか、そういうよくある猫耳娘的な仕草に加えて、「驚くと机の下などにすかさず隠れる」「こっそりタクミの帽子のにおいを嗅いでいる」といった、いかにも猫っぽい行動もします。

原作のweb小説版でもニャーチの瞳孔の大きさが変化する様子が描かれていたりしましたので、ニャーチを猫っぽく描く、という点はかなり徹底されています。

「猫娘が蛇を怖がる」に続いて、「猫娘が雷を怖がる」シーンも他の作品で見られるようになるのか、要注目ですね。
記事検索
最新コメント