ケモミミ生活 ~獣耳作品情報ブログ~

獣耳のいる生活をはじめてみませんか?
獣耳キャラクターに関連する最新情報と懐かしい情報を織り交ぜて紹介していきます。

※世界で唯一(?)の獣耳評論サークル・S猫出版部のブログです。
※『総解説・猫耳史』『総解説・狐耳史』『総解説・兎耳史』等を頒布しています。
ホームページTwitterはこちら

猫耳

猫のアバターは猫舌ではないようです。『デスゲームから始めるMMOスローライフ』2巻

デスゲームと化したヴァーチャルMMO-RPGの世界で、そんなこととは全く関係なくスローライフを送る主人公たちに、新たな災厄(?)が来襲します!

小説家になろう発の『デスゲームから始めるMMOスローライフ』の2巻目!『押しかけドワーフ嫁と作る究極のグルメ』が4月20日より発売中です!

ヴァーチャルMMO-RPG《サバイバルアーツ・オンライン》は、「ゼロ」と呼ばれる謎の人物によって、ログアウト不可、ゲーム内での死がプレイヤーの本当の死となるデスゲームへと作り変えられました!

そんなこととは全然関係なく、戦闘には役立たない《DIY》スキルを使ってヴァーチャル世界でフルーツを探したり、釣りをしたりとスローライフを満喫していた古参プレイヤー・ミナトのもとには、このゲームの攻略をほぼ諦めて行くあての無くなった女の子たちが集まってくるようになりました。

天才ゲーマーなのに、このゲームと相性が合わずに最弱化してしまった猫耳っ娘アバターのヒノカ。
現実にもゲームにもイマイチやる気のないフェアリーアバターのシーナ。
記憶を失くしているという自称初心者、エルフアバターのココ。

そして今回、「運営会社の社員」と称するドワーフ娘アバターのタマネがミナトたちの前に現れます!
タマネはココがデスゲームを引き起こした張本人「ゼロ」だと確信し、何もわかっていない様子のココに執拗な追及を始めるのですが・・・!

※ ※ ※

記憶を失くしたと言うココが、実は記憶を失くしたふりをしている「ゼロ」なのか、はたまた「ゼロ」だったけれど本当に何も分からなくなっているのか? 作品世界の根幹に関わる謎がストーリーの底流に置かれてはいますが、お話自体は主人公ミナトが女の子たちとイチャイチャしながら新しい料理を作ったりするスローライフな内容です。

※ ※ ※

このゲームにおける「ドワーフ」が、両こめかみに角が生えた容姿であるところが気になります。あまり他作品では見ない設定なのですが、何か元ネタがあるのかな?

本作のケモミミ筆頭である猫娘ヒノカは、今回はとある料理を食べて感涙するシーンが印象に残っていたり。
本物の獣人ではなくあくまでゲームの「アバター」なので、彼女は熱いスープも大丈夫みたいです。
彼女はどちらかというとツンとした猫っぽい性格で、猫らしさを表現している感じですね。



萌え ブログランキングへ

猫の魔王先輩と働く職場。『トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした』

トラックに轢かれて、死後の世界にやってきた少年。
異世界転生できるかと思ったら、ろくな転生ができないことが分かったので、そのまま美少女&ケモミミ美少女のいる天国(?)で働くことにしました!

『トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした』は2月2日より発売中です!

十五歳の梅川志郎はトラックに轢かれて死後の世界にやってきました。

エルフ耳っぽい種族がいたり、獣人っぽい男がいたりと、周囲にいる人(?)はわりとファンタジーなのですが、周辺の光景は完全に役所か銀行のような、ファンタジーもへったくれもない雰囲気。

志郎は番号札で呼ばれて、受付カウンターにいる超絶美少女エルフ(精霊)のフィリアに今後の身の振り方について説明を受けます。
志郎は悪人ではないので転生する権利を有するが、善行も積んでないために「転生ポイント」が全く足りないので、ラノベ好きの志郎が望むような「異世界転生して俺TUEEEEE勇者」な転生はできない、とのこと。

落胆する志郎に対して、フィリアは転生ポイントを稼ぐ方法が一つだけある、とささやきます。
それは・・・この死後の世界の臨時職員としてアルバイトすること!

こうして、死者の転生先をコーディネートする「第1転生課」の臨時職員となった志郎は、理想の転生生活のために、天文学的な転生ポイント稼ぎに挑むことになりますが・・・!

※ ※ ※

異世界転生モノではなくて、異世界人っぽいヒトたち(ヒトじゃないのもいる)と一緒に普通の仕事をするような話です。

実のところ経営ファンタジーに近い内容も含まれていたりします。
(「万単位におよぶ死者と面談して転生先を決める、という仕事をどのように捌くか」とか、「死者が本当に満足する転生先とは?」みたいな顧客満足に関する議論とか)

終盤は志郎のこだわる「異世界転生」というネタを巧くからめていて、「なるほどこうくるのかー」と思わされました。

※ ※ ※

本作の真・ヒロインは、もしかしたら志郎のことをすごく慕っているスライムの「レン」(注:外見は美少女ではなく、ぷにぷにしたゼリー状モンスター)なのかもしれませんが、ケモミミな女性キャラとして元・魔王のセルセラが登場します。

生前に魔王としてずいぶん悪い事をしてきたせいで転生ポイントがマイナスに振りきれているため、転生課の臨時職員として働くことで「普通のお嫁さん」に転生すべく、転生ポイント稼ぎに日々勤しんでいるという猫娘です。
志郎から見ると、頼りになる姉御肌の先輩といった立ち位置。

やたら尻尾の使い方が器用なのが特徴で、尻尾で志郎の背中を痛くなるほど叩いたり、尻尾でレンをぷにぷに弄んだりと、作中でもその器用さを見せつけてくれます。



萌え ブログランキングへ

ケモミミ率高い妖怪日常漫画です。(ついに主人公もケモミミになります)『あやかしこ』3巻

祖母から妖(あやかし)の憑いた共同住宅を引き継いだコミュ障女子高生・真帆路(まほろ)と、人間じみた妖たちとのほのぼのな日常を描く、『あやかしこ』単行本3巻目が3月23日より発売中です!

3巻は主に真帆路に妖以外の友達ができたことで、妖との関係も少し変化していく・・・というお話。

真帆路はドイツ人ハーフの関西人転校生・エミと仲良くなったことで、お昼に一緒に食べるおべんとう作りに力を入れる一方、妖狐の玖雨狐(くうこ)は真帆路の関心が自分からやや離れたことに少し寂しさを感じています。

猫又のネネはもう少し真帆路や他のみんなの役に立ちたいと思っているものの、なかなかうまく行動につなげられずに不自然なことをしてしまったり・・・。

座敷童のきぃは、自分が昔のことをあまり覚えていないこと、そして今の楽しい時間もきっと忘れてしまうだろうからと、写真のような何か「今」の記憶を残せるようなものを欲しがったり・・・。

平穏な日常が続くようだけど、徐々に変化していく「あやかし荘」の日々が描かれる3巻です。

※ ※ ※

あいかわらずケモミミ率の高い妖怪漫画で、玖雨狐、ネネ以外にも、第19話では双子の稲荷狐アキ&クキがメインになるエピソードが描かれます。

そして第25話のハロウィンの話では、ついに主人公の真帆路も猫耳化!
photo_1012




『あやかしこ』3巻P172(ヒジキ/メディアファクトリー/KADOKAWA)








本作、「(獣の)耳と尻尾がある」と妖怪の証拠だ、みたいなネタが時々出ていたんですが、人間の真帆路も猫耳と尻尾が付くことで「妖の一員」になれるという点で、実はある種の伏線になっていたのかなあと考えたりします。



萌え ブログランキングへ

着せ替えクラリオンの回。『紅殻のパンドラ』10巻

サイボーグ技術や神経接続ネットワーク、知能を持つアンドロイドといった夢の技術が実用化されつつある一方で、温暖化と戦争による深刻な自然破壊により、世界の食糧生産に壊滅的な混乱が生じている近未来。

そんな世界の混乱から離れた人工リゾート島≪セナンクル・アイランド≫を舞台に、脳ミソ以外全部機械の全身義体ほんわか娘・七転福音(ナナコロビ・ネネ)と、天才科学者に創られた無愛想なネコミミアンドロイド・クラリオンの、未来の日常が描かれます!

『紅殻のパンドラ』、節目となる単行本10巻目が3月25日より発売中です!

ネネとクラリオンは今のところ平穏な日常を過ごしています。
主に「おばさま」ことタクミちゃんの財団からの繋がりで、牧場プラントの見学をしたり、島の名士が集うパーティーに出席したり。

そんな日常の水面下では、秘密結社「ポセイドン」が「ソ連」の諜報員と抗争を繰り広げていたりするのですが・・・!

そんなことはつゆ知らず、ネネはパーティで知り合ったとある医療会社の社長に招待されて、独特の電脳空間を体験することになるのでした、、、

※ ※ ※

バイオテクノロジーの粋を極めた食糧事情や、まだまだ発展途上にある電脳空間といった、ポストサイバーパンク世界の日常が描かれる10巻。
バトルが無いのにすごくSFしてて、読んでいて愉しい場面が多いです。

そんな中、「(崩壊しなかった)ソ連」や「米ソ連合」などの国家勢力の存在が作中に描写されるようになり、『攻殻機動隊』と同一世界観(前日譚)であるという点が前面に出てくるようになってきました。

ただ、士郎正宗氏のあとがきでは紅殻は『パラレル世界』と表現されているので、完全に話が繋がっているわけではないのかな?(文を見直すと「攻殻SACとパラレル」の意でした、、、ご指摘感謝)

※ ※ ※

今回、クラリオンがメイド服以外の衣装を着る場面が多いです。

パーティーでは礼装。
電脳空間ではゴスパンっぽい衣装に、ハロウィン風コウモリ猫衣装。
そして巻末のおまけでは「〇〇を悩殺(ころ)すセーター」姿が描かれます。
photo_1007





『紅殻のパンドラ』10巻P103(春夏秋冬鈴・六道神士・士郎正宗/角川書店)
















クラリオンは猫耳ですが、猫尻尾は無いので、衣装的な自由度がわりと高いという特徴があります。
近年のケモミミキャラで尻尾が無いのは珍しいですね。(昔は尻尾無しケモミミ娘はそれなりにいたんですが)



萌え ブログランキングへ

猫耳アニメの感想『けものフレンズ』第12話(最終回)

新たなる冒険へ!
けもフレらしい最終回でしたね。

●『けものフレンズ』第12話・・・「ゆうえんち」


なんというか、サーバルが黒セルリアンの足に喰らいつきながら言うセリフが、アプリ版復活を望むジャパリパーカーの心の声を代弁しているようで、切ない気分になったり。

『まだ、おはなしすることも、いっしょに行きたいところも・・・!』

その一方で、フレンズ大集合でみんなの特性を生かして戦うラストバトルは、まさにけもフレ!という感じで感激でした!

※ ※ ※

いろいろと細かいところでアプリ版プレイヤーへのサービス的なネタが出てきて大満足の最終回でした。

●ワシミミズク助手の『野生部分を解放です』は、アプリ版のミミちゃん助手の口癖『~部分を』という言い回しが元ネタ。
●タイリクオオカミの描く漫画にセンちゃん(オオセンザンコウ)が登場している。
●ミライさんが『出会えたたくさんの奇跡に感謝しています』とつぶやく。(このシーン、黄昏時の観覧車というシチュエーションに、優しい音楽が相まって、まさに最高潮だった)
●アニメの舞台は「キュウシュウチホー」(アプリ版の第1ステージ)だった!
●最後のシーンにマルカ(マイルカ)が登場する(スタッフロールを見るとマルカだとわかる)。アプリ版で彼女と初めて出会う場所は、アニメと同じく「ゴコクチホー」。

※ ※ ※

新映像の製作も発表されましたし、BD付図鑑もこれから順次発売されていくようですので、もう少しけもフレを愉しむことができそうですね。

願わくば、アプリ復活・・・というより、アプリ版の内容そのままでオフゲー化されると本当に嬉しいのですが。


 萌え ブログランキングへ
記事検索