べりべりキュートな魔王様(?)に召喚された、ごくごく普通の青年。

言葉が通じないために、召喚されたけれども何をして欲しいのかさっぱり分からず、結局魔王様(?)とただの日常生活を過ごすことになってしまいますが・・・。

そしてようやく、片言ながら彼の話す言葉が通じるケモミミ娘と出会い、この世界のこと、そして魔王様(?)のことが分かるようになるかと思いきや・・・!

言葉の通じない世界で、世界の謎を解き明かす!?
『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』の単行本3巻目が9月10日より発売中です!

学校の講義をサボって部屋でゴロゴロしていたら、突然、角の生えた紫髪の美少女に異世界召喚されてしまったレン。
何が起こったのかと少女を問い詰めようとしますが、彼女の喋る言葉がさっぱり分かりません!

どうも召喚された場所が魔王城っぽい所で、召喚者が雰囲気的にも魔王・・・というか魔王の娘のような美少女なので、魔王様(?)と仮定して接することに決めたレン。

どうにか彼女の名前が「マリィ」であることまで突き止めましたが、根本的に言葉が通じないので状況はさっぱり分かりません。

そんな時に、ついに出会った言葉の通じるケモミミ娘・ペチカ。
ペチカは片言でしか話せないので完璧なコミュニケーションをとれるわけではありません。
でも、これでようやく少し状況が分かるようになる・・・と期待したのですが・・・。

※ ※ ※

引き続き、異文化コミュニケーションネタの異世界転移ファンタジーです。

「通訳が来たからようやく言葉の問題が解決するかと思ったら、中途半端に意思疎通するせいで、状況が余計に混沌としてしまう」という、異文化あるあるネタを、異世界転移ファンタジーにしてしっかり描いている点が素晴らしい作品です。
(個人的に、今、仕事でこのことを実感しているところであり、なかなかタイムリーなネタなのですよ・・・)

あと、ファンタジー世界としても謎めいた状況が広がっているので(特にマリィが何者なのかという点について)、その世界観を紐解いていくのも愉しいです。

※ ※ ※

マリィも可愛いですが、ケモミミ娘ペチカが超可愛いのですよ!
今回メイド服姿になりますが、レンが口にしている評価に完全同意なのです。
淑やかな服装の中に、獣っぽい野性味のあるところがたまらないのです。

あと、ペチカはかなり尻尾でレンを攻撃(ツッコミ)をするので、そのあたりの描写も注目。
(最近ケモミミ娘の尻尾攻撃の記事をよく書いている気がする・・・ 例1 例2

本作、他にも注目の描写があります。
ペチカがレンに聞き返す時に、手を当てている位置。
photo_1899










『魔王様に召喚されたけど言葉が通じない。』3巻P7(うたしま/COMICメテオ編集部/フレックスコミックス株式会社)


聞き返すときに耳に手を当てる、という仕草は「耳の大きさを広げる」という意味合いの仕草だと思うのですが、元から耳の大きいケモミミ娘だと、手を当てる位置はこの位置になるんですね。
こういう仕草をするケモミミ娘を見たのは彼女が初めてなので、とても新鮮です。



萌え ブログランキングへ