人から勧められたマッチングアプリで出会った二人の美女。
実は、彼女たちの正体は・・・人間を食べる「もののけ」!?

もののけ系彼女とのドキドキ同棲生活を描く『ものカノ』の単行本1巻目が好評発売中です!
日下侑矢(ひのしたゆうや)は在宅ワーク中心の生活をしている28歳。
「人に見えないものが見えてしまう」という体質のため、あまり人と関わらないようにしてきた侑矢ですが、ある時、大学の後輩の乾和花(いぬいのどか)から「kikai」というマッチングアプリを勧められます。

強い恋愛・結婚願望はないけれども、一緒に寄り添ってくれる家族が欲しいという淡い願いを持っている侑矢。ほとんど期待せずに登録した「kikai」ですが、いきなり二人の女性から「会いたい」というマッチングメールが届きます。

約束の待ち合わせ場所にやってきたのは、業者のサクラかと思われるほどの美女二人!
黒髪の清楚な雰囲気の宮緒ふみと、イマドキの学生といった雰囲気の天野詞奈(あまのことな)。

あれよあれよという間にダブルデートと相成る侑矢ですが、女性二人の側にいるうちに、不穏な感情が沸き上がってきました。
これは「人に見えないものを見ている」時と同じだと気付いた彼。

それもそのはず、ふみと詞奈は人間ではなく、侑矢の体を(食物として)狙う妖怪だったのです!!

妖怪女子二人に目をつけられた侑矢の運命やいかに!?

 ※ ※ ※

もののけ女子たちに色んな意味で狙われたり襲われたりする、侑矢の(うらやましい)災難を描いたエロチックコメディです。
物語的にはまだ導入編といったところで、これからの展開に期待ですね。

ケモミミキャラとしては、表紙の猫又ふみのほか、中盤からもうひとり登場します。

ふみは「女慣れしていない男」を狙うことに特化した姿の女性に化けており、清楚な雰囲気も初対面だけで、本質はかなり気まぐれで自己中心的な猫っぽいタイプです。
逆に軽そうな雰囲気の詞奈のほうが、身持ちが固くしっかりしている部分があります。

ふみはAV等で得た知識で不自然に侑矢を誘惑してくるのですが、それよりも普通に猫らしく振舞ってくれた方が可愛いし魅力的だよ!ってなるのは、わりと侑矢の意見に同意するところです。