「動物が人間の姿に見えてしまう」という特殊能力?を持った13歳男子。
ある日、彼の兄がネコを拾ってきたのですが・・・そのネコがどう見てもOLのお姉さんの姿にしか見えなくて、彼女(ネコ)との共同生活にドキドキしまくります!

見た目以外はちゃんとネコ!なネココメディ『ネコがOLに見えて困ります』の単行本2巻目が2月5日より発売中です!

新條ミコト13歳には誰にも言えない秘密があります。
それは、動物が人間の姿に見えてしまうこと。

犬、鳥、ネズミまでもが「その動物の外見に近い服装をした人間」の姿に見えてしまうため、人間と動物の区別がつかず、戸惑ってしまうこともしばしば。

そして最近一番困っているのが、兄の拾ってきたネコのこと。
このネコが、グラマーなOLのお姉さんの姿に見えてしまうため、多感な思春期のミコトには、何のてらいもなくスキンシップしてくるOLさん=ネコとの生活は刺激が強ぎるのです。

それでもネコはネコであり、ミコトにわりと懐いていることもあり、元来動物好きであるミコトは、しっかり彼女の世話をしようと色々と努力するのですが・・・。

※ ※ ※

本作、猫を擬人化した猫耳漫画・・・のように見えますが、普通の擬人化猫耳漫画とは一味違います。
猫耳漫画ジャンルだと、擬人化した猫は「猫っぽく見える女の子/男の子」「可愛い猫と美男子美少女の魅力を融合した究極生物」として描かれることが多いのですが、本作のネコ「OLさん」は完全に猫要素の無い普通のOLにしか見えません。

それゆえに「動物が人間に見えてしまう」ミコトの戸惑いが、強く伝わってくる形式になっています。

また、ミコトは動物の真の姿を認識できない(写真の動物ですら人間に見える)、という点も巧い設定で、OLさんを含めた本作の登場動物が、実際にはどんな姿をしているのかが手探りで徐々に分かってくるのも面白い形式です。

とにもかくにも、OLさんの仕草や習性は普通にネコなので、普通のかわいいネコ漫画として読むこともできる、素敵な作品なのですよ~

※ ※ ※
OLさんは作中では完全な人間型か猫型のどちらかでしか登場しませんが、冒頭のカットやイラストなどでは付け耳を付けていることがあります。
だから、このブログで紹介できるわけですが・・・。

photo_1783
























『ネコがOLに見えて困ります』2巻P19(鳴海アミヤ/芳文社)


獣耳好きな人に刺さりそうだから紹介したいけど、作中の動物擬人化キャラに獣耳がないせいで紹介できない、という作品がしばしばあって(多いのが化け狐モノ。『キツネノ木ノ葉』とか)、そういう作品をどう扱うか悩むことがあります、、、



萌え ブログランキングへ