人外のモンスター娘による格闘技興行が人気を博する世界。
様々な経験を経て一皮むけたケルベロス娘・チロルは、世界大会「モンレスワールドタッグ」に挑みますが・・・勝ち進むにしたがって、大会は異様な色を帯びてきます!

もはや、競技の域を超えた「虐殺」になる中で、チロルはモンレスラーとしての魂を貫き通すことができるのか!?

モンスター娘界に新風を吹き込んできた、モン娘×プロレス漫画『もんれす』の最終巻・4巻目が好評発売中です!
魔王に召喚された魔物と人間の混血種族「亜人」が演じる「モンスターレスリング」、略して「モンレス」が大ブームとなっている世界。

“美しさ”をモットーにする新興モンレス団体ベレッツァに属する新人・ケルベロス種のチロルは、世界大会「モンレスワールドタッグ」に挑み、様々な困難を乗り越えて勝ち進んでいきました・・・が!?

謎のフリー団体「ラテプ」と「ユーゴス」が大会に乱入したあたりから、大会の雰囲気が一変します。

過去に大災厄を引き起こした星界の邪神そのものではないかと推測されるラテプとユーゴス。
偽りのモンレスラーの皮を脱ぎ捨てて、新たな混沌を導こうとする邪神に、チロルが全霊をもって挑みます!!

※ ※ ※

今回も「モンスター娘」という設定をフルに使った、エロくてエグい戦闘描写が売りの『もんれす』です。
最終巻だけに、特殊性癖な要素も「触手」「石化」「丸のみ」と、リミッターが外れた感じになっていてとても良いですね!

もはや競技として成り立っていない中でも、チロルが正々堂々と「モンレスラー」として立ち向かうところ、きちんと熱血プロレス漫画になっているところが流石だなあと感じさせられます。

※ ※ ※

モンスター娘がテーマの作品だけど、大部分はケルベロス娘チロルの活躍を描いた物語なので、希少な「イヌミミ娘主役」のバトル作品を読みたい人にはおススメの作品です。

イヌミミ娘主役のバトル作品って少なくて、本作以外できちんと長期ストーリーが語られているのは『ぷちはうんど』くらいではないかと思うのですよ。

ぷちはうんど 1巻 (ブレイドコミックス)
ねこねこ
マッグガーデン
2018-11-05