バーチャルライバープロジェクト《にじさんじ》のトリオユニット「さんばか」こと、リゼ、アンジュ、戌亥の三人のこれまでの活躍を、大胆な解釈で漫画化した『にじさんじ さんばか~にばる』の初単行本が、11月13日より発売中です!

「さんばか」もとい「サンバカーニバル(自称)」の
 静岡っぽい某王国の第二皇女 リゼ・ヘルエスタ
 暴走美少女錬金術師 アンジュ・カトリーナ 
 公式つよつよケルベロス 戌亥とこ

の三人が行ってきた、これまでのさまざまなライバー活動について、
新人アイドル物語風に漫画化した作品になります。

三人のそれぞれおススメの場面が収録された
YouTube配信にすぐ飛べる2次元バーコードが付いていたり、
ファン用語、インターネットミームなども丁寧に解説されているので、
「さんばか」初見だけれど興味を持った人は、この漫画から読んでみるのも
良い選択かと思います。

漫画は『真子さんとハチスカくん。』など、コミカルなケモノ・ケモミミを描くことに定評のある221(ツツイチ)氏が手掛けており、氏の描く愛らしい戌亥とこは必見ですよ!



戌亥とこネタとしては、ホラーゲームが苦手という点をまるまる一話をつかってギャグ形式で描いているほか、「満月の夜になにかが起きる」という例の謎設定についてツッコミを入れたおまけ漫画が見所です。

※ ※ ※

戌亥とこ、喋りや歌もさることながら、ケルベロス娘としての見た目が面白いなといつも思うのですよ。

何度か話題にしていますが、ケルベロス娘に関しては元の魔物の伝承にある「三つの首を持つ」がどう表現されているかに注目しています。

一つの体に三つの人格が宿っていたり(例:『今日のケルベロス』)、三つ子にしたり(例:『大上さんとケルベロスゥ!』)というパターンがありますが・・・

戌亥はバックサイドで結んでいる二つの髪留めが獣の形になっていて、自分の頭を合わせて「三つ首」になっている点が面白いです。



萌え ブログランキングへ