アラフォー独女の「やよい」氏が、犬猫たちと八丈島で暮らす日々を綴ったエッセイ漫画シリーズの最終巻!

《流されて八丈島》シリーズは、これまでも何度か紹介したことがあります
たくさん巻数は出ていますが、基本的にどの巻から読んでも楽しめるようになっているので、この巻から読み始めても全然OKです!


今回は某ゆるいキャンプ漫画に影響されたやよい氏が、島キャンプにハマる話が中心になっています。
最初は島のキャンプ場での「地元キャンプ(八丈島住みだからできること!)」から始まり、続いて日本有数の秘境・青ヶ島でキャンプする話が描かれます。

キャンプに興味がある人だけでなく、孤島に惹かれる人も必読の一冊です!
絶海の孤島 増補改訂版 (驚愕の日本が、そこにある)
カベルナリア吉田
イカロス出版
2015-12-19


そのほかにも、島から本土に脊椎手術に行った話とか、島の虫事情や、光るキノコ写真撮影会の話など、興味深い話が満載で、とにかく一読をオススメします。

※ ※ ※

さて、本作の最大の特徴はやよい氏の自画像が猫耳キャラとして描かれている点!

この作品が出るまで『ゆる〇ャン』パロディのネコミミorケモミミ漫画はありませんでしたが、エッセイ漫画の本作が、実質『ゆる〇ャン』に影響を受けた最初のネコミミキャンプ漫画になった、という点が面白いです。

《流されて八丈島》シリーズは、21世紀を代表する「猫耳化エッセイ」(自画像を猫耳キャラにしているエッセイ)になりましたが、今後、この作品に続く猫耳化エッセイが出現するのか、注目したいですね。



萌え ブログランキングへ