紳士淑女の育成を目指す盟琳学園に、人間に化けて通っているタヌキのぽんこ。
彼女の目的は・・・優秀な人間の雄をGETすること!

ところが、癖のありすぎる「二ノ宮兄弟」と関係をもったばっかりに、他の男が追い払われてしまい、なかなか彼女の雄探し=婚活は捗りません。

しかも、タヌキの永遠のライバルである化けキツネの「いなり」が転校してきて、ぽんこの婚活はさらに熾烈を極めることになりますが・・・!

怒涛の学園タヌキ&キツネラブコメ『ラブ・ミー・ぽんぽこ!』の2巻目が先月より発売中です!
「たぬ沢蘭子」は、学園でも一際目立つお嬢様。
その正体は・・・婚活のために人里に降りてきた化け狸の「ぽんこ」です!

彼女は人間の雄の方が同族よりも生活力がある(=食糧備蓄の量が多い)という話を聞いて、人間に化けて学園に通っています。

そして、新たに転校してきた「こんの里稲荷」。
じつは彼女も人間ではなく・・・婚活の為に人里に降りてきた化け狐「いなり」なのでした!

「キュート&セクシーでパーフェクト」を自称するいなりですが、実際のところはぽんこと同じくらいポンコツな狐で、淑女どころか野生動物全開の低レベルな争いをぽんこと繰り広げることになりますが・・・。

そんな二匹にとって鍵となる人間が、二ノ宮兄弟。
人間に化けたぽんこをストーカーのように偏愛する兄・二ノ宮一(にのみや はじめ)と、超動物好きでタヌキ状態のぽんこに首ったけの弟・二ノ宮真(にのみや まこと)。

実は二ノ宮兄弟にも、ある秘密があることが明らかになります・・・!

※ ※ ※

今回も華麗なお嬢様学園モノっぽい絵柄で、かなりえげつないギャグを展開して笑わせてくれます。

ぽんこも発言がアレですが、新しく登場した化けキツネいなりも人間の水準からいうとケダモノ感満載なので、二匹の相乗効果ですさまじくカオスなことになります。

いなりの登場で、動物ギャグ漫画としての要素も付与されてきたので、動物好きで笑いを求めている人におススメです!

※ ※ ※

いなりもぽんこと同じく、人間に化けている時はケモミミ尻尾無しの完全な人間形態、キツネに戻った時は完全な動物のキツネとして描写され、基本的にはケモミミ娘ではないのですが・・・。
いなりの場合、「髪型が狐耳っぽい」という特徴があります。

photo_1591























『ラブ・ミー・ぽんぽこ!』2巻P34(赤瓦もどむ/白泉社)


髪を結んでいるフワフワのリボンが狐耳の耳毛に見えるようなっている、かなり計算されたキャラデザです。

髪型で獣耳を表現する手法は『戦国妖狐』のたまをはじめ、近年でも『神サー!~僕と女神の芸大生活~』のバステトといったキャラクターで適用されており、今後も注目したい表現ですね。