頭も体も能天気な女子高生・屋島ふみの正体は化けタヌキ!
化けてない狸の兄と、化けている狐・猫・コウモリの同級生と共に、今日もごく普通??の学生生活を送っています。

『ぶんぶくたぬきのティーパーティー』の続きにあたる、超シュールなアニマルコメディ『ぶんぶくティーポット+』の2巻目が12月16日より発売中です!
今回も屋島ふみとその仲間?たちは
禁断の悪魔を召喚して部室の掃除を手伝わせたり、
地球外生命体・オオクワ星人を捕獲したり、
夜道で人面犬を発見したり、
文化祭でゾンビカフェを開催したりと、

ごくごく普通の高校生活を営んでいるのでした!!

※ ※ ※

この、独特のシュールなノリにハマる人は本当にハマると思います。
基本的にアニマル女子たちはほぼ人間に化けているので、ケモミミ化する場面は希少ですが、たまに見せるケモミミ姿がまた可愛いのですよ。
(今回は尾崎りさのケモミミ率が高い)

あと、ちょこっと動物のことに詳しくなれる解説ネタも良い感じ。

※ ※ ※

今回着目したのが下のコマ。
飼育部の化けアニマルガール四人とも、ハロウィンではほとんど仮装しません。
photo_1556











『ぶんぶくティーポット+』2巻P115(森長あやみ/まんだらけ)


ハロウィンは「ケモミミじゃないキャラにケモミミコスプレさせる」のに最適なイベントですが、本作はわざとそれを避けている感があるのが面白い。

特に近森つばさはコウモリ娘なのだから、ハロウィンでは真っ先にコウモリ感を出してもよさそうなものですが、それをしないところに本作独特の空気感があります。

これは「あぶらあげが嫌いな狐っ娘」の描写と、ちょっと共通する部分があるかもですね。