週刊ファミ通誌上にて、2013年~2019年10月末まで連載されていた皆川史生氏の『ファイナルファンタジー14』のゲームネタ四コマ漫画がついに単行本化しました!

『ファイナルファンタジーXIV じゅうよんコマ』が12月20日より発売中です!
当初は新米冒険者・ハイランダーの格闘士モンブランが、やたら知識を披露したがるララフェルの白魔道士オポネとともに冒険を始める・・・といった物語になっていましたが、連載が続くにつれて様々な登場人物が増えてゆき、モンブランもどんどん成長していきます。

最終話に近いあたりでは、モンブランもかなりベテランといった雰囲気になりますね。
(あと物怖じしない性格がパワーアップして、暴走気味になっている)

FF14のプレイヤーのみならず、ゲーム未体験の人もゲーム世界の雰囲気を知るのに良い作品です!

※ ※ ※

FF14でケモミミといえばミコッテ!(最近はヴィエラもいますが)

この漫画でも、他のスクエニゲーに登場することのあるヤ・シュトラをはじめ、様々なミコッテが登場します。
モンブランとパーティーを組んだりするミコッテとしては、ちょっとギャルっぽい感じの白姫が登場します。
photo_1554













『ファイナルファンタジーXIV じゅうよんコマ』P103(皆川史生/株式会社KADOKAWA)


人前ではお淑やかなフリをしつつ、内心では利己的なことを考えていたり、振る舞いに猫っぽさがあります。
彼女もやや暴走気味なので、モンブランとの相乗効果で大変な状況になることもしばしば・・・。