辛辣なシグレ!

●第9話 プリンセス×パンツ
9話は原作第11話・12話と同じ内容に、アニメ版独自のネタが追加されているような感じになってますね。

原作は魔王ネタはこの回で終わりだったけど、アニメ版ではイオアナとMAOが絡んできて、話がさらに膨らむ形になっているのは巧いなあと思いました。

あと、源蔵の決め台詞「俺は勇者じゃない。・・・レスラーだ!」が意外にもカッコ良い。
ファンタジー世界でレスラーって、もともとはネタなんでしょうけど、源蔵クラスの強さだとわりと説得力がついてきて、一種の称号になっている所が素敵です。

源蔵はケモノ狂いさえなければイイ男なんですが、そういう「残念」な所が、暁なつめ作品ならではなんでしょうね。

※ ※ ※

魔王について思い悩む源蔵に対して、反応の辛辣なシグレ。

ほぼ同じ台詞なのですが、原作とアニメ版で印象が異なります。
原作は無関心といった様子ですが、アニメ版は「うんざり」感が凄いんですよね。

このあたりは関根明良さんの演技ならではといった感じです。

関根明良さんの声がシグレにぴったりすぎて、最近は原作のシグレも関根さんの声で再生されます。

※ ※ ※