VR世界で賢狼ホロと触れ合える!!!
PCで先行発売されていた『狼と香辛料VR』の家庭用ゲーム機版(PS4版・Switch版)が9月5日より発売中です!



いや~、このソフト、先にSteam版が出た時に凄くプレイしたかったんですが、自分のPCのスペックだとちょっと厳しいのと、PC自体買い替えて2年経って無かったので、VRのためだけに新PCを買うのもな~と二の足を踏んでいたのですが・・・。

ニンテンドースイッチ版がかなりお手頃な値段で体験できそうだったので、そちらで購入してみました。
スイッチ本体さえあれば、VRキットのちょびっと版+本編ソフトの組み合わせで、6000円くらいで体験できるので、他のメディアよりはかなり安く上がります。



※ ※ ※

本編ドラマは30分くらい。
アニメというより、「演劇」っぽい印象を物凄く受けます。
ホロが舞台で演じているみたいな臨場感があって、不思議な感覚です。

プレイヤーはロレンス視点で、ホロがいろいろ話しかけてくるのを聞いたり、ホロの仕草を眺めたりすることになります。

しばらく視聴していると・・・ホロ、思ったよりもちっちゃいんだな~・・・というか、なんだこの可愛い生き物・・・っていう感情がふつふつと湧いてきます。

ちょっと大きめの犬科の獣が目の前にいるみたいな、そんな感じ。

顔を覗き込んでくる時とか、隣に座って側に寄ってくる時とかに「おおっ」と思うんですよ。
ちょうど、無関心そうにしていた野良猫が急に側に近寄ってきた時と、同じような感情が湧いてきます。

※ ※ ※

ニンテンドースイッチ版も本編後の「ふれあい」モードがありますが、残念ながらSteam版にあったナデナデ機能はオミットされているようです。

凄く残念だけど、このモードでホロがパンを食べる様子が尊すぎるので、それが見られるだけでOKなのです。
いかにも動物っぽい野性味あふれる食べ方をするから、本当にかわいい・・・かわいい。

・・・とりあえず、そのうちPC買い換えたら、あらためて完全版をプレイしたいです。



萌え ブログランキングへ