マーゲイかわいいなあ。

マーゲイはアニメだと1も2もアイドルオタクっぽい感じなんですが、ネクソン版はオタクというよりサバサバしたサブカル女子っぽい雰囲気があって、あにテレ版マーゲイはちょうどその中間を狙っている感じがしますね。

ネクソン版だと怒っている様子だったけど、あにテレ版は泣いている描写が多いからそういう印象があるのかな。

この時期のカコ博士は上(パーク管理局?)からセルリアン研究のタスクが割り振られていて、仕方なくやっている感じなのね。もしかすると、ぱびりおんのトラブルも尻拭いさせられているのかも。


22話も見所満載だけど、一番良かったのは「アライさんが羨ましがっちゃうからな~」のフェネックの台詞を入れてくれたこと。
あの台詞、ネクソン版世代のフェネックの性格・考え方が凄く出ている台詞なので、これを外さないでくれたのは嬉しかった。

つまるところ、フェネックはアライさんと一緒に何かするのが好きなんだよね。
あの台詞もアライさんのせいにしている感じだけど、実はフェネックがアライさんのいない場では一人で楽しめない(一人で楽しんでいるとアライさんに悪いと感じてしまう)ことを示していて、そのあたりの姿勢がセーバルへの対処の違い(サーバルとの考え方の違い)に繋がるんだろうなあと考えたり。

ゆきよフェネックは、アライさんがいなくなったら病んで消えてしまいそうな、ちょっと危うい感じがあるのがいい・・・よね!

※ ※ ※

ゴコクチホー編はひさびさの1章2話以上の構成になっているので、次は鯨類フレンズが登場することに期待します!