魔法文明の最先端を担う学生たちが、タイムスリップして千年前の古き魔法世界を救う!

タイムトラベル&ケモミミヒロイン&魔法バトル小説『そして異端の創換術師(アセンブラ)~現代魔術師、千年前に転移させられたので新たな歴史を創る』2巻目の電子版が8月10日より発売中です!
(ちなみに書籍版も先月より発売しています)
魔法による遠隔通信(念話)に、膨大なエネルギーを生み出す魔力塔、人の代わりに戦う魔導機械など、高度に発達した魔法世界。

その魔法文明の最先端を担うソブルム魔法学院の学生二人・・・独自の魔導工学を専門とする“創換術師”エリオットと、彼の幼馴染で学院首席の猫獣人アーシェは、ある日突然、千年前の世界に時間転移(タイムスリップ)してしまいます。

列強三国が果てしない争いを続ける「魔導大戦」と呼ばれる時代。
この時代の誰もが戦争の行方にしか関心が無い中、未来から来たエリオットたちだけは、これから起こることを知っています。

戦争とは全く関係なく、突如として異世界の魔神が現れ、その軍勢によって人類が滅亡寸前になってしまうことを・・・!

魔神を倒す英雄となるはずの人物・ディランと接触したエリオットとアーシェは、敵国に囚われた姫を助けるため無謀な行動を起こそうとするディランがやられて歴史が変わることの無いように、彼に助太刀することになりますが・・・。

囚われの姫を求めてローエンブルク聖王国に潜入したエリオットらの前に、もう一つの大国・ジルタリア帝国の伝説の大錬金術師――千年後の最新魔法すら超越する術を行使するユーグ=アルマンが立ち塞がります!

※ ※ ※

助かるはずの無かった者を救ったことによる歴史の変化、千年後の技術を「見せてしまった」ことによる技術革新の加速、そして主人公たち以外に未来から干渉している存在の謎など、様々な要素が絡み合って複雑な様相を見せる物語がたまりません!

世界観は一貫して魔法ファンタジーなのですが、時間SFっぽい要素が多数詰め込まれていて、個人的にかなり好きなタイプの物語です。

※ ※ ※

今回も表紙になっているアーシェは相変わらずネコネコしくて可愛らしい。
緊張すると尻尾を膨らませたり、怒ると激しく振ったりして、どちらかというと猫耳よりも尻尾に感情が出るタイプのようです。

本作、冒険におけるメンバーの個性も良く出ていて、
独自の技術開発や応用は得意だけれど魔法力そのものは平凡なエリオット、
使える魔法はスタンダードだけれど天与の才能で無尽蔵の魔力を有するアーシェ、
魔法学院とは異なる系統の幻術で仲間をサポートするラキア、
千年前の世界に関する詳しい知識・情報を提供するフラミリス、
とにかく力押しのパワーで道を切り開くディラン、

といった風に、それぞれの長所と短所をうまく補い合っている点が魅力になっています。



萌え ブログランキングへ