十二支を司る旧家が大きな力を持つ街、「十二町」。
今、この街では十二の旧家を陥れようとする陰謀が渦巻いています。

その陰謀の根源となっているのが、古き「恨み猫」—―冬歩。

十二支の「子」を司る子国家の恭一と、現「恨み猫」の夏歩は、過去の十二町にまつわる隠された真実を知ることになりますが・・・!

妖怪猫耳奇譚『恨み来、恋、恨み恋。』。
物語の核心に迫る節目の巻・第10巻が11月22日より発売中です!

古き「恨み猫」冬歩の襲来。

全ての陰謀の根源にいたのは彼女だったのか。

恭一と夏歩は、先代の子国家当主・郷一と冬歩との関係について、辰家の当主・勇全から話を聞かされます。

郷一と冬歩は、かつては恭一と夏歩のような関係だったという・・・。

・・・。

「恨み猫」の同族対決となることに関して、夏歩を気遣う恭一ですが、夏歩はそもそも同族がいるなんて全く知らなかった様子で・・・。

何かがおかしいけれど、何がおかしいのか見えてこない、不穏な雰囲気の漂う10巻です。

※ ※ ※

いやー、本当に不安でいっぱいになる感ですね。

この巻で描かれる冬歩のエピソードを呼んでいると、恭一の夏歩の関係もそのうち危うくなるんじゃないか、という予感がしてなりませんし・・・。

しかもここにきて、夏歩がそもそも何者なのか、よくわからなくなってきて・・・!

でも、第53話の流れからすると、本作の真・ヒロインはやっぱり恨み猫・夏歩なんだなあと思ったり。

彼女が良い結末を迎えられるように祈りたいです。

※ ※ ※

おおむね、猫耳キャラクターでのみ見られる特殊な表現「ちぎれ耳」。

冬歩はある事情により片耳がちぎれています。
photo_1323











『恨み来、恋、恨み恋。』10巻P8(秋タカ/スクウェア・エニックス)


この表現が猫耳キャラクターで多く見られる理由としては、リアル猫も耳がちぎれてしまうことがあって、そういう猫をわりと見かけるから、というところに由来するんでしょうね。
「ちぎれ耳」の猫耳がどれくらいいるのか、いつかきちんとデータをまとめてみたいところ。

ちなみに、野良猫の去勢済みの印である「耳カット」も、猫耳キャラクターでは時々みられますねー



萌え ブログランキングへ