ようジャパの時間ですよ~~!

相変わらず、あにてれ版のバトルシーンは可愛いなあ。
この絵柄でネクソン版システムを乗せた新作ゲームを作ってほしいくらい。
ボスセルリアンに押されてサーバル&カラカルが逃げていくところは、タワーディフェンスみがあってとても良い。

※ ※ ※

トキが光って歌うシーンは感動シーンのようでギャグでもあるという『けものフレンズ』の真骨頂ですね!
ここが一種のギャグだって知っているから、動画予告に表示される「光って浮かぶトキ」を見るとなんだか笑いがこみ上げてくるんですよ。

それにしても、トキちゃんはやっぱり清楚美少女枠なのだなあと感じたり。照井春佳さんの声と演技がつくと、その印象がものすごく強化されます。
ちょっと変わった子、という印象はアニメ版第1期のトキに受け継がれていますが、清楚な印象はフライ先生の漫画版トキと共通しているんですね。
※ ※ ※

なんだか尺が長くなってる?感じがしたのでちょっと調べてみました。

 第1話 本編3分35秒―全4分21秒
 第2話 本編4分35秒―全5分21秒
 第3話 本編5分32秒―全6分20秒
 第4話 本編3分27秒―全4分23秒
 第5話 本編4分12秒―全5分10秒
 第6話 本編4分35秒―全5分33秒
 第7話 本編4分46秒―全6分29秒

本編がだんだん長くなってる?かも!

元のネクソン版も章を重ねるごとにストーリーがどんどん長くなっていったから、あにてれ版も同じ形になるのかな?
(なんとなく、章の後半にあたる回 [ ここでは第3話と第7話 ] に向けて、徐々に長くなっていく傾向にあるのかな)

あまり端折らずに丁寧に作っていただけているので、今後の展開にも本当に期待ですね!