とにかくサーバルとカラカルとトキとミライさんと博士&助手が可愛いのですよ~
というか、みんな可愛い。

ほんと、5分以下の尺なのに、ネクソン版ストーリーのエッセンスを見事に濃縮していて凄いアニメだなあ・・・。

配慮一切無くズバズバ言う博士&助手と、鋼メンタルのトキ、そして何にも考えていないおバカ・・・じゃなくて「ほんの少し、うっかりさん(自称)」なサーバルの魅力が最大限に伝わってくる感じで本当に良い。

ネクソン版の該当部分(第2章)を見直してみると結構省かれている美味エピソードがあるんですが(「森の賢者」がどういうフレンズかみんなで想像するシーン、お守りをくんかくんかする博士&助手、ミミちゃん助手の「ワシ的な部分が火を吹くのですよ。しゃー」等)、それでも十分以上にネクソン版ストーリーの魅力を描き切っているのは、制作陣の取捨選択のやり方が絶妙だからなんでしょうね。

※ ※ ※

ミライさんの「いいお客さんですね」という言い方、とてもミライさんらしいポジティブな言い換えで素敵だなあと思うわけで。

ネクソン版のシナリオ制作者がどれくらいこのアニメに関わっているのかは分かりませんが、ネクソン版の人たちが今のミライさんの台詞を考えているのならまさに「続編」という意味で感動だし、新・制作陣が考えているのならよくぞここまでキャラクターをとらえてくれた、という意味で感動なのです。

公開ペースがゆっくりで常に待ち遠しい点には贅沢を言わないので、このクオリティは最後まで保ってほしい。

※ ※ ※

ネクソン版だとこの時点で、尾行ギンギツネと後追いアラフェネのエピソードもあるのですが、『ようジャパ』では彼女らの登場はまだ一回だけなんですよね。

いつ頃本格登場&合流するのかな~

“その時”がどんな風に描かれるのか、今から凄く楽しみですね!