狐型宇宙人(?)たちの戦争に巻き込まれてしまった福岡県立織峰高等学校の女子生徒たち。
現代戦の戦場を模したFPSゲームのような異世界で、謎のゾンビ兵士との戦闘を繰り広げながら、元の世界へ帰るための手段を探し続けてきました。

ようやく狐たちの軍の本隊との合流を果たし、元の世界に戻れる算段がついたと思った矢先、一部の女子生徒が敵軍に拉致されてしまいます。
危険な救出作戦が展開されますが・・・!

銃と狐と魔法少女!が織りなす新感覚ミリタリー・SFファンタジー『放課後アサルト×ガールズ』の6巻目が9月11日より発売中です!

教室に突然現れた狐耳少女によって、地球の平行世界「中空地球」にクラス丸ごと転送させられた織峰高校の女子生徒たち。
そこはさらに別の平行世界である「第5太陽地球」の二大勢力「イズナ」と「フタナ」が争う戦場でした。

前回、なんとか孤立状態を脱しイズナ軍・上陸部隊本隊との合流を果たした女子生徒たちと、狐耳少女こと「イズナ」の陸軍少尉・諏訪原サキ。
これで女子生徒たちはイズナ本国の転送装置で元の日本に戻る、という流れになるはずでしたが・・・。

一部の女子生徒が敵軍に拉致される事態が発生します!

いつも一緒の四人の女の子・・・突撃兵のアヤコ、工兵のハルカ、偵察兵のマチ、衛生兵のキヨミの間にも衝撃が走り、特にアヤコは拉致のきっかけに関わってしまったことで強い自責の念にかられます。
クラスの仲間を助けようと焦って、余計に危険な状況を作り出してしまうアヤコを、いつもニコニコして落ち着いているマチがなだめようとしますが・・・。

※ ※ ※

今回は15才なのに「お母さん」と評されるマチが中心の巻。
もしかしてこの作品、前の巻で表紙になった人物が最新巻の中心になる法則があるんですかね?
前の5巻表紙がマチで、5巻で活躍したキヨミは4巻の表紙だったし。

この法則でいくと、7巻はのじゃロリ狐娘レンジャーおばさんこと、笠森シマ中佐が中心になることになりますがはたしてどうなるか!?

※ ※ ※

今回気になったコマ。
敵の捕虜収容所を偵察するサキとマチ。
敵の歩哨を見つけてとっさにサキの頭を押さえるマチですが、サキの狐耳が隠しきれていません。
photo_1269

















『放課後アサルト×ガールズ』6巻P118(高田慎一郎/フレックスコミックス株式会社)


このあたり『狐のお嫁ちゃん』でも問題になるのかもしれませんが、「頭のてっぺんにピンと立った大きな耳を持つ狐系種族は、伏せて隠れる時は耳も伏せないと隠れきれない」ことが分かります。「頭隠して耳隠さず」状態とでもいったところでしょうか。

サキは戦闘技術も若干ポンコツなのでとっさの動きに対処できていませんが、この世界のイヅナ軍人は戦闘時の狐耳の動きもちゃんと訓練しているのかもしれませんね~



萌え ブログランキングへ