タヌキによる恐るべき人類支配計画が開始されました!
その尖兵となるのが、女子高生に擬態した化け狸・・・田抜たぬ子さんなのです!

ほのぼの学園生活風・タヌキ侵略漫画『目指せ東大!たぬ子さん』の初単行本が8月10日より発売中です!
山を破壊し、川を汚す人類に生活を脅かされてきたタヌキたちは、ついに反撃の狼煙をあげました!
人間に化けるのが上手い「たぬ子」を女子高生に化けさせて人間の高校に送り込み、まずは東大へ進学させることを目標に定めたのです。

たぬ子に東大で力をつけさせ、ゆくゆくは政治の世界に打って出て、合法的に人類を支配しようという壮大な作戦です。

東大合格に向けて猛勉強を開始するたぬ子ですが、彼女にやたらとつきまとうタヌキ好きの変な人間・春風遊(はるかぜゆう)があらわれて、たぬ子の勉強をとことん妨害してきます。

はたして、たぬ子は無事に東大に合格できるのでしょうか!?

※ ※ ※

人間世界の常識を知らない人外種族が人間の学校にあらわれて、騒動を巻き起こす・・・というよくある構図の作品に見えますが・・・本作、実は人外のたぬ子さんよりも、普通の人間の方が常識外れな存在になっている点で異色のギャグ漫画です。

タヌキ狂いといっても良いくらいタヌキにこだわりまくる春風遊や、ジョウロで居合い抜きができる(?)恐怖の生徒会長・橘咲花(たちばな はな)といった奇人変人が多数登場して、常識のないはずのたぬ子さんが比較的常識人に見える、という不思議な状況が生まれています。

シュール&ぶっ飛んでいる独特のギャグと、勉強を邪魔されてばかりで困惑するたぬ子さんの可愛らしさに、お腹一杯になれる一冊です。

※ ※ ※

たぬ子さんの初登場シーンは、まさにお手本といってもいいくらい「ケモミミ登場シーンの様式美」(「獣耳」→「尻尾」→「顔」または「尻尾」→「獣耳」→「顔」の順でコマ送りされる)を満たしていました。
photo_1251
















『目指せ東大!たぬ子さん』1巻P4・5(川井みる/LINE株式会社)


狸耳→尻尾→全身像の順でコマが移り変わっています。

本作の場合は「狸耳と尻尾があるのは変だと学校のみんなが気づいているけど、たぬ子さんだけはバレていないと思っている」という設定があるので、「学校のみんな」の視点に読者を一致させるようなコマになっているのでしょうね。