産業革命のあけぼのを迎えた異世界に転移し、貴族企業の相談役として名を成した元・日本人のシュンイチロー。
異世界のあり様を変える大事業に携わる彼が、本当に人生を賭けているのは「食べる」こと!
どんな時でも「食」に関することに妥協はありません。

今日もシュンイチローは不愛想な獣人メイドのシルフィンと一緒に海へ山へ空へと繰り出して、異世界の料理を食べまくります!

小説家になろう発のweb料理小説のコミカライズ『幻想グルメ』の3巻目が7月25日より発売中です!

ノーマルな人間型をした種族の方が少ない異世界に転移した元・日本人サラリーマンの桂木俊一郎。

おりしもこの異世界では、魔力を使った機関車や電灯・電信といった発明が次々と生まれ、近代的な企業活動を飛躍的に向上させるような産業革命が進行中。

俊一郎の現代日本のビジネス知識は先進的な思想として受け入れられ、ビジネスパートナーの没落貴族バートの事業拡大に大きく貢献しました。

魔法の産業化を主導する「発明王」こと魔女アイジャ・クルーエルといった、競合他社のキーパーソンの動向に目を光らせながらも、仕事の隙を見ては異世界の珍味に目ざとく喰いついていく俊一郎。

仕事の多忙さに文句をいいながらもなんだかんだで人生を満喫している俊一郎に対し、彼について身の回りの世話をしている狼獣人メイドのシルフィンはふと、俊一郎にかかりきりすぎて自分の個人的な交友関係がすっかり無くなっていることに気付くのでした、、、

※ ※ ※

Web小説原作の第2章15話~20話、25~30話、第3章1話~4話が漫画化されています。
「魔法をエネルギーとみなすことによって機械化・産業化される世界」のあり様がガッツリ描かれていて、異世界グルメ漫画としてだけではなく、スチームパンクSF的な要素も味わえるおいしい作品です。

本の後半部はシルフィンの新しい交友関係にスポットを置いた話になっていて、普段は不愛想なシルフィンがドギマギしたり照れたりするシーンがたくさん見られます。

漫画版のシルフィンは原作小説に比べて「俊一郎に密かな好意を抱いている」感が強めなので(原作の彼女は薄幸というか儚げな要素が強め)、俊一郎との関係について人から訊かれた時の動揺が大きくなっています。

※ ※ ※

シルフィンは少し困ることがあったり照れたりすると、片耳だけピクピクさせる癖があるんですよね。


photo_1228
















『幻想グルメ』3巻P130(おつじ/天那光汰/スクウェア・エニックス)


「犬耳娘/狼耳娘は嬉しいと尻尾を振る」みたいな種族の習性に近い動きも良いですが、彼女の片耳の動きのような、個性的な「癖」に分類される獣耳尻尾の仕草もまた良いものです。



萌え ブログランキングへ