数奇な運命により、意志を持った魔剣に転生した30歳の会社員と、その使用者となった黒猫族の奴隷少女。
かりそめの師弟関係を結んだ二人は、手に手を取って悲惨な境遇からの脱出を目指します!

なろうコンこと第4回ネット小説大賞受賞作『転生したら剣でした』、好評のコミカライズ版3巻が3月24日より発売中です!

物語序盤の山場である「ゴブリン討伐戦」から、アマンダ初登場の「ランクAの帰還」までが漫画化されています。
フランがだいぶ冒険者として力をつけてきた時期、そして、彼女の手が初めて血で汚れてしまう場面を描く、重要な巻になります。

※ ※ ※

コミカライズ版は、壮絶な戦闘を描いた狼耳伝奇作品『月輪に斬り咲く』の丸山朝ヲ氏が手がけているので、そちらとの描写の差異に目が向きますね。
月輪に斬り咲く (3) (バーズコミックス)
丸山朝ヲ
幻冬舎コミックス
2013-03-01


『月輪に斬り咲く』に比べると、原作にエロチックな要素があまり無いのでそのあたりの描写は控えめですが、残酷・狂気描写は制限なくふんだんに盛り込まれている印象です。

例えば、フランが彼女たち黒猫族の仇である青猫族と対面した時の反応。
女の子が怒っているというより、猫科の獣が威嚇しているような凄みがあります。
こういう、人の理性の枠に囚われていない存在の描き方が巧みです。
photo_1158










『転生したら剣でした』漫画版3巻P102(丸山朝ヲ・棚架ユウ・るろお/幻冬舎)


もう一つ気になった表現がこちら。
photo_1159


















『転生したら剣でした』漫画版3巻P91(丸山朝ヲ・棚架ユウ・るろお/幻冬舎)


カレーを食べて驚愕したフランの耳が炸裂してる
美味しいものを食べて「ほっぺたが落ちる」という比喩がありますが、猫耳っ娘の場合は猫耳がぶっ飛ぶ、という形になるのか、、、

これまで古今東西多くの獣耳作品を読んできましたが、こういう表現は初めて見ました。
獣耳キャラの感情表現って、まだまだ色々工夫ができるんですね。



萌え ブログランキングへ