モンスター討伐を仕事とする「狩人」としての生活に嫌気がさした青年。
引退を決心した彼は、新人の獣人武道家に後を引き継ごうとするのですが、なぜか彼女、やたらとモンスターにエロい目に遭わされてしまって全然役に立たず、引き継ぎにならないのですが、、、

狩猟ゲーム風エロコメディ『不徳のギルド』の初単行本が3月22日より発売中です!

子供の頃から訓練と魔物討伐に明け暮れてきた「狩人」キクル・マダン。
彼は同年代の人間が青春を謳歌している一方で、毎日血なまぐさい狩猟の場に身を置いていることに嫌気が差し、狩人を辞めて普通に大学に進学しようと決心しました。

ギルドからは“かわいい”新人も入るから辞めないでほしい、と引き留められますが、キクルはこの新人に仕事を引き継いで、すっぱりやめてしまおうと考えます。

件の“かわいい”新人は、18歳の獣人の女武道家ヒタム・キャン。
通称「ひたむきちゃん」と呼ばれる彼女は、作戦や戦術などいっさいお構いなく、ひたむきに魔物に正面から突撃して、毎度のようにあっさりやられてしまいます!
しかも、なぜか彼女はやられる時にいつもエッチい姿を晒してしまって・・・。

仕事を引き継ぐどころか、色々と危なすぎて一人にできないひたむきちゃんの指導をすることになってしまうキクルですが・・・。

※ ※ ※

エロ担当?とでもいうべき、むっちりケモミミ娘ひたむきちゃんがお約束のように魔物にやられてエッチい状況になってしまう所がウリの作品です。

物語中盤からは、潔癖症&男嫌い白魔術師メイデナ、やる気なし引きこもり黒魔術師トキシッコ、狂化して味方(主にキクル)にまで攻撃してくるお嬢様戦士ハナバタが加わり、手がかかりすぎる仲間(?)たちの世話に忙殺されて、キクルの退職の夢はどんどん遠のいていくことになります。

少年誌的ギリギリエロが見所の作品ではありますが、妙に現代風で世知辛いファンタジー世界の描写や、実は女の子たちに匹敵するくらい変なキクルの性格もあいまって、かなり笑える作品です。

ケモミミ娘がメインヒロインのファンタジーで、主人公も含めて全員残念な性格、という点では『けものみち』と共通するところがありますね。
けものみち(1) (角川コミックス・エース)
まったくモー助
KADOKAWA / 角川書店
2017-04-25


※ ※ ※

ひたむきちゃんの種族は「獣人」と説明されていて、何の獣なのかは明確にされていないのですが、性格や仕草はかなり犬っぽいです。
大きな獣耳で音を拾ったり、匂いを感じて魔物の存在を察知するということができますし、嬉しい時は尻尾を振ります。
あと、下のコマのように何気ないポーズも全体的に犬チックなんですよね。
photo_1156




















『不徳のギルド』1巻P95(河添太一/スクウェア・エニックス)


どことなく狛犬感のある外見。
最近は狛犬系の犬耳キャラも増えましたね!
『ねこむすめ道草日記』の独楽&獅子丸がはしりだと思うのですが、東方Projectのあうんも世間に影響を与えていそうです。
ねこむすめ道草日記(2) (RYU COMICS)
いけ
徳間書店(リュウ・コミックス)
2013-12-14




萌え ブログランキングへ