サンリオ発の本気のマルチメディア・ケモミミコンテンツ『SHOW BY ROCK!!』より。
正体不明の暗黒系ガールズバンド「BUD VIRGIN LOGIC」を主役にしたダークでキュートなコミック『ひみつの因果律量法則!アイレーンちゃん様』の2巻目(完結)が2月9日より発売中です!

闇音楽でMIDCITYの頂点を目指す「この世の闇を統べる者(ちいさい)」こと、ギター&ボーカル担当のアイレーン。

定期的に充電しないといけない、半分機械の「ミューモロイド」。ドラム担当・ハンドレッコ。

地獄からやってきたメイドさん。アイレーン一筋のベース担当・ペイペイン。

謎につつまれた三人のその実態は・・・実はとってもずぼらでカッコ悪いところも多い、普通(?)の女の子たちなのでした!

今回もアイレーンちゃんはアイドルユニット「アリスビーンズ」に激ハマりしてBVL(BUD VIRGIN LOGIC)の音楽性をアイドルヘビメタバンドに変更しようとしたり・・・。

ハンドレッコとペイペインがいなくなったステージの間を、懸命に「暗黒フリートーク」で繋ごうとしたり・・・。

ネット上の仲良しクラブのオフ会に参加して、中二病邪気眼キャラを全開にしてしまったり・・・。
と、相変わらず「闇を統べる者」らしからぬ日常を送っています。

しかし、そんな彼女たちにも、ついに大きな転機が訪れますが・・・!

 ※ ※ ※

とにかく全編にわたってアイレーンちゃん様がポンコツかわいい作品です。
(#12[第12話]の学園に通う話で見られるように、アイレーンちゃんの能力自体はかなり高いのですが、対人能力のイマイチさでポンコツな感じになってしまってる)

ペイペインもアイレーンちゃんと一緒になって調子に乗ることが多いので、ハンドレッコが唯一のツッコミ役なのですが、クールなハンドレッコはわりと傍観していることも多く、アイレーンちゃんとペイペインが暴走した末に残念な結果になってしまうこともしばしば。

これまでSHOW BY ROCK!!公式コミック&ノベルはプラズマジカ、クリティクリスタ、シンガンクリムゾンズの3つのバンドの話が出ていましたが、それらとはまた一味違ったノリを楽しめる一冊です。




 ※ ※ ※

最近興味を持って見ている「猫の尻尾振り」表現について。
#17(第17話)にて、アイレーンちゃんとプラズマジカのシアンが出会うシーンで、シアンがめっちゃ尻尾を振っています。
photo_1138











『SHOW BY ROCK!! ひみつの因果律量法則!アイレーンちゃん様』2巻P94(ちゅー太/サンリオ/新潮社)


猫耳キャラの尻尾振りは「不機嫌」の表現として使われることが多いのですが、その一方で犬のように「喜び」を表現することもあって、なかなか複雑なところがあります。
(他の猫耳漫画の尻尾振り表現の例 その1 その2 その3

シアンの場合はもともとの性格が微妙に犬っぽいので、犬っぽい動作になってもそこまで不自然でない感じはありますね。