アラフォー独女の「やよい」氏が、犬一匹・猫三匹と暮らす八丈島での日々を綴ったエッセイ漫画の新装版!
『女ひとりで島に移住しました。』が2月10日より発売中です!

これまで5冊発売されている『流されて八丈島』シリーズの新装版となります。
この本から読み始めても大丈夫なようにこれまでの経緯の説明や、ダイジェスト的な再録もされています。


島の移住事情、島での運転免許講習体験談、島の受験事情、島にコンビニがあれば・・・といった外部の人間にとって気になる話題から、島の書店&玩具屋さん事情といったオタクな話まで、幅広い話が収録されています。

さて、本作の最大の特徴はやよい氏の自画像が猫耳キャラとして描かれている点!

photo_1131

















『女ひとりで島に移住しました。』P46(たかまつやよい/ぶんか社)


単に猫耳尻尾が付いているというだけではなくて、上のコマのように「しみている」ことを表現するのに尻尾が毛羽立ったりして、「漫符」(漫画的な感情表現)としても使われているのですよね。
エッセイ漫画で自画像をケモミミキャラにするのは、感情表現を強調して読者にインパクトを与える意味でも有効な手段なのかもしれません。

『有菜の種』『いりおもてやまねこなんてこわくない』など、「猫耳化エッセイ」というべきいくつかの作品が存在していますが、本作『流されて八丈島』シリーズは連載期間や単行本の数からいっても「猫耳化エッセイ」の代表作という位置づけになりそう。



今後、この作品に続く猫耳化エッセイが出現するのか(この表現がジャンルとして定着するのか)、注目したいところです。



萌え ブログランキングへ