英国からやってきた本場(?)のメイドさん、シオリ・シャーロット・K・サージェントが経営する正統派(?)のメイド喫茶を描く、超メイド四コマ『まほろばきっさ』の完結編・3巻が10月27日より発売中!

3巻は駅の反対側にライバル店ができた!という話が中心。

東南アジアのカフェ文化の本場・ベトナムからやってきたグエン・ニオが展開する本格ベトナム喫茶「ホアンカオカフェ」。異国情緒あふれるアオザイを着た店員さんがいるカフェで、メイド喫茶(?)である「まほろばきっさ」にとってはかなり手ごわいライバル!

・・・かと思われたのですが、ニオもシオリに負けず劣らずかなり変な店長で、せっかくのアオザイやメイド服もどこへやら、結果的に奇行対決といった状況になってしまいますが、、、

最終巻も癖になるような独特の会話のテンポと、シュールなギャグが冴えわたっています。

※ ※ ※

まほろばきっさの面々は第27杯目(27話)にて健康ランドに行くのですが、猫耳を付けた猫っぽい店員さん「三ケ田りずな(通称リズ)」は、風呂場でも猫耳を付けています。
普段と色が違うのでわざわざ防水仕様のものをつけているのですかね?
(あるいは手ぬぐいを猫耳の形にしているのかも)
photo_1104






















『まほろばきっさ』3巻P22(tugeneko/竹書房)


単なる猫耳コスプレと「付け耳キャラ」を分けるのは、どんな場面でも付け耳を外さないかどうか
付け耳キャラは付け耳がアイデンティティになっているので、外してしまう(無くしてしまう)とキャラが変わってしまう現象がしばしば見られます。(例:『デ・ジ・キャラットファンタジー』、『月詠』など)

月詠-MOON PHASE- Neko Mimi DVD-BOX
斎藤千和
flying DOG
2009-12-16


眼鏡っ娘属性と似た現象が生じるのが、コスプレを超えた「付け耳属性」の特徴と言えそうです。



萌え ブログランキングへ