今期注目しているケモミミアニメの感想です。
先週は『縁結びの妖狐ちゃん』がお休みだったので、セントールだけです。
10月からは『このはな綺譚』が始まるので感想は狐耳アニメオンリーになりそうかな?


●『セントールの悩み』第12話
ファンタジーをRPG気分で作ってみた。
・激闘! 腕相撲! 女(ヒロイン)だらけの勝負の行方は


最終話!

Aパートは『セントール』世界の価値観でファンタジーRPGをやったらどうなるかの例のネタ。
原作漫画は徹底的にシュールなんですが、アニメは色々動いて色々な角度で姫乃たちのえっちぃ格好が見られるので、これはこれで良い感じ。

途中でアメーバに装備溶かされるけど、下手に裸にするより普通に着ている方がエッチな気がするなあ。

※ ※ ※

最後の最後Bパートは「ラストの話にこの腕相撲エピソードはちょっと地味じゃないか」と最初思ったのですが、姫乃と真奈美が対決する場面を見て、「ああ、そういうことなのか」と合点させられました。

このアニメの主役が誰と誰だったのかを、最後に明確に示したわけですね。

『セントールの悩み』なので当然姫乃が主役なのですが、アニメ版については真奈美がもう一人の主役である、ということを。だからエンドロールでメインに描かれているのは真奈美だし、アニメ全体で見ても真奈美がらみのエピソードが多かったわけだ。

「真奈美⇒アニメのもう一人の主役」ということ、私は最後の最後で気づいたんですが、みんなは早くから気づいていたのかな?

・・・とにもかくにも、癖の強い漫画の雰囲気を損なわない形で、アニメならではの演出が盛り込まれた本作は十二分に愉しめる作品でした。
姫乃の実家帰りエピソードとか、他にもアニメにして欲しかった話がたくさんあるので、また続編に期待したいと思います!

※ ※ ※





萌え ブログランキングへ