明日からいよいよ夏コミですね。
参加される方は暑さに気を付けて、楽しんできてください!

私は次の冬コミの申込書が届いたので、サークルカットとかいろいろ準備を始めます、、、

※ ※ ※

とりあえず、注目している今期ケモミミアニメの感想です。

●『セントールの悩み』第5話
・南極人って噂が一人歩きしてるみたい。
・でも、結局、南極人って歴史もルーツも謎だよね。

原作の流れ通りのサスサス回ですね。
アニメは作中のホラー映画『南極の恐怖』の内容が原作よりもう少し詳しく描かれています。

ホラー映画でよくある「誰かいる気配を感じる」演出として、「シャワーを浴びている人馬女性の耳がビクッと立つ」という動きが使われているのですが、確かにケモミミ世界にホラー映画があったらこんな感じになりそうだと思ったり。

あと、映画を怖がる姫乃が目を覆うんじゃなくて「頭の耳を押さえる」仕草をするのですが、これもアニメならではの動きですね。

もうひとつ、サスサスのまぶた・・・ではなく「瞬膜」の動きが目立つのもアニメならではだなあと思ったり。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第6話 誤解の真実

「砂雪編」完結です。
もともと中国でもこの話の時点では人気がなかったらしいので、人気の転換点となったらしい次の「王権編」に期待して、引き続き視聴していきます。

「砂雪編」、話自体は王道の転生恋愛エピソードで悪くないと思うのですが、人物関係が一見ややこしく感じられるのが敬遠された原因のように感じます。章のメインであるレキ将軍とハン王子の関係と、物語全体のメインである白月初とスースの関係が同時に描かれるので、どっちに注目すればいいのか視聴者が混乱しやすいのだと、、、

まあ、私としてはスースやロロが可愛いので、それだけでいいんですけどね!
狐っ娘は正義!です。
(ジャージ上着のみ着用スースを見てると特にそう思う)

スースはこの第六話で一瞬大人の姿になってたけど、あの理由もこれからの話で分かるのかな。今後も楽しみにしています。





萌え ブログランキングへ