今日は『みみけっと』&『ジャパリケット』の日でしたね~
参加された人はお疲れさまでした。

私も今年度の冬は何かイベント参加しようと準備中です。
冬コミか、次のみみけっと狙いで、、、

※ ※ ※

今年は『けものフレンズ』の衝撃の大ヒットから始まって、ケモミミメインのアニメが多いですね!
注目の『セントールの悩み』の第1話を見ました。


漫画で長い間人馬種族を見てて、『モンスター娘のいる日常』とかそれ系統の作品をいくつも見て慣れたせいか、自分の中では普通に百合風味の日常作品として受け入れられているんですが、感想を読むと人によってはわりと衝撃的なアニメとしてみなされているみたいですね。

社会風刺的な部分は原作よりもカモフラージュされている感があるので、今後どれくらいそういう色が出てくるのか楽しみ。

アニメは漫画と比較して、姫乃の耳が良く動くなあと感じました。
村山慶氏がキャラクターの動きを表現する効果線や流線をあまり使わない(イラストみたいな一枚絵の雰囲気で動きを表現する)作風の方なので、漫画ではあまり目に留まらなかったのですが、アニメとして動くようになるとかなり耳が動いている感があります。

※ ※ ※

●『縁結びの妖狐ちゃん』第1話・第2話

中国だと獣耳ジャンルは猫耳よりも狐耳が主流になっているという話を聞くのですが、それを体現している『狐妖小红娘』の2015年アニメ版が本作とのことです。

とにかく塗山スースが健気でロリ可愛い! 阿澄佳奈さんの声と演技がとても合っています。

ビジュアル的には本作の妖狐三姉妹が、狐耳としてよく見かける上にピンと立ち上がった耳ではなく、サイドに伸びる横耳として描かれているところが特徴的。

別の妖怪一族・梵一族の耳は縦耳なのですが、彼らも狐なんですかね。塗山ロロの説明シーンを見るかぎり、この世界の妖怪は獣耳が生えているものなのかな?
謎な要素が多数ちりばめられた作品なので、もう少し先の話を見ないと世界観の全貌がみえてこない感じです。

「耳が生えてたらそんなに偉いの!?」という台詞がちょっと好き。



萌え ブログランキングへ