海に面した田舎町・藍ヶ浦を舞台に、猫神さま(2代目)の猫娘こまりが町の人のためにがんばります!
超キュートな山口県的ネコミミ漫画『猫神じゃらし!』の3巻目が7月7日より発売中です!

藍ヶ浦に古くから伝わる恐ろしい「ネコガミ様」は、実は猫耳の生えた可愛い女の子でした!
といっても、今のネコガミ様である「こまり」は二代目であり、一代目のような立派な(?)ネコガミ様になれるように修行中。

でも、実際のところ遊んでるのか修行しているのかよくわかりません!

3巻ではクリスマスプレゼントを配って回ったり、神社に初詣に行ったり(自分も神様なのに!)、九生葵に相変わらず悪霊扱いされて追いかけ回されたりと・・・これまで狭い猫神社の世界で閉じていたこまりの日常は、人間の友達ができたことでずいぶんと賑やかになったのでした。

そして今回、新たな仲間が藍ヶ浦にやってくるのですが・・・!

※ ※ ※

ページの端から端までカワイイ生き物に満ち溢れた漫画ですが、「こまりが猫である」ことをかなり重視していて、猫漫画というカテゴリーでも注目すべき作品になりつつあります。

特に第42話でライオンに憧れたこまりが沙耶を相手に「ケンカごっこ」をする時の描写は必見です。
photo_1054




『猫神じゃらし!』3巻P44(福地カミオ/秋田書店)











猫耳漫画で「猫キック」というと、猫耳キャラが普通にキックするだけということが多いのですが、本作のこまりはちゃんと動物の猫と同じ動作になっているのが素晴らしいです。



萌え ブログランキングへ