居るだけで不幸を呼び寄せてしまうため、各地の家を転々としている不幸少女・愛乃(よしの)。
彼女が次に引き取られた家は、ナマケモノの陰陽師と、金銭感覚のおかしい家事手伝い・・・もとい狼の式神が営む奇妙な雑貨屋さんでした!

妖怪和菓子店『幽遊菓庵』シリーズの作者・真鍋卓氏が描く新作!
『和雑貨うなゐ堂の友戯帳』が6月15日より発売中です!

14歳の春日愛乃は母親を亡くして以来、各地の親類の間をいくつも渡り歩いてきました。
一つの家庭に半年すら留まることがない彼女。

その理由は、彼女がとんでもない不幸体質を持っていることにあります。
彼女がいるだけでなぜか引き取り先の家庭が何らかの形で崩壊してしまうのです。

そんな境遇もあり、愛乃の性格もすっかりスレた感じになってしまってます。

各地を渡り歩いて、ついに全国コンプリートすることになった彼女がたどり着いた先は、「和雑貨うなゐ堂」という奇妙な店。

そこは、「陰陽師」を自称する驚くほど怠惰な男・清水まつりと、人ならぬ狼の耳を持った「日本狼の式神」だという美青年・うなゐ が経営(?)する店でした。

全く働かない まつり と引きこもり気質で商売事には全く向いていない うなゐ による店は、放漫経営がたたって破たん寸前でしたが、愛乃がやってきたことで少しだけ変化の兆しが見え始めます・・・!

※ ※ ※

『幽遊菓庵』は主人公の名月にしろ妖狐・玉藻にしろ、わりと優秀な人物がそろっていたので店も上手く回っていましたが、本作「うなゐ堂」は(作中でも自虐されているように)まつり&うなゐがダメダメすぎて大変な状況になってます。

日本狼の式神・うなゐはある程度家事ができるので、『幽遊菓庵』の生意気すぎる式神「あずき」よりは有能っぽく見えるのですが、金銭感覚がおかしくて通販で高級品ばかり買っているという点でやっぱり駄目感が漂います。
式神がイマイチ役に立たないのは真鍋作品の特徴なのですかね。

式神といえば狐、という傾向を覆して、珍しい狼の式神である うなゐ の今後の活躍に期待したいところです。

※ ※ ※

本作、他にもケモミミキャラとして妖狐の男の子・おとらが登場。
あと(獣耳があるのかは不明ですが)化け狸の女性・瑠璃が登場します。

瑠璃は『幽遊菓庵』の狸娘・翡翠と同じくロシア帽をかぶった格好です。
化け狸の女性はロシア帽をかぶる、というのは真鍋作品独特の描写ですね。



萌え ブログランキングへ